いよかん カロリー。 【カロリー】「いよかん」の栄養バランス(2020/3/25調べ)

いよかん

いよかん カロリー

スポンサードリンク 伊予柑とは まず伊予柑とは何なのか?ということですが、柑橘類のなかのタンゴールというミカンの一種で、なんと日本の在来種なのだそうです。 でもそのルーツは、瀬戸内海を挟んだお向かいの山口県萩市で発見されたのが発祥だそうです。 ではなぜ伊予柑というのかということですが、これは主に伊予で生産されているからです。 伊予柑と呼ばれるようになったのは1930年以降からで、それまで複数名で呼ばれていたのを統一するために名称使用を始めたそうです。 種類 伊予柑の中にも種類があるのはご存知ですか。 宮内、大谷、勝山、沢田、山田、野本という伊予柑の種類があります。 代表的なのは宮内伊予柑です。 全伊予柑の中でも8割を占めているといわれています。 生産地と出荷量 伊予柑の生産地は実は愛媛県だけではありません。 和歌山県、佐賀県、発祥である山口県など多数の件で生産されています。 でも生産量はというと圧倒的に愛媛県が多く、全体の90%近い生産量をほこっています。 逆に言うと愛媛県で生産されていないと伊予柑は食べれないともいえるほどの生産量比率ですね。 でも全体の生産量が減少してきているのはご存知ですか? 1992年の23万トン余りをピークに徐々に収穫量は減少し続けています。 2014年には伊予柑の収穫量は3万6千トン余りとなっておりピーク時の約8分の1程度まで落ち込んでいます。 原因は、いま日本の農家が抱えている高齢化の問題が大きくかかわっています。 また、2018年には豪雨の影響などでミカン農家に大きな影響が出たといわれています。 きびしい状況の中でも頑張っておられる生産者に感謝ですね。 収穫時期と旬 伊予柑の収穫時期は主に1月から2月にかけて収穫されています。 でも食べ頃は3月となっています。 これは収穫したての伊予柑は酸味が強く、食べるには少々難アリということになってしまうからです。 そこで貯蔵し食べやすくなるまで寝かせてから出荷するためなのです。 ですから 伊予柑の旬は3月であり、そのころ出荷のピークを迎えます。 貯蔵して旬を迎えた伊予柑は「弥生紅」というブランドミカンとして販売されています。 弥生紅も代表的な宮内伊予柑を貯蔵したものです。 弥生紅は4月の中頃までは店頭販売されている定番商品です。 スポンサードリンク 伊予柑は通販で買える? 伊予柑や、それに関連した商品は通信販売で購入することも可能です。 在庫状況は変動しますので、下記のバナーからそれぞれの検索結果をチェックしてみてください。 最後に 以前、愛媛県のある港に立ち寄る機会がありました。 その時地元の学生が配っていたミカンをいただきましたが、ちょうど旬に当たっていたのか芳醇な香りと甘みが印象残っています。 そこで伊予柑のとりこになって売店でついつい買ってしまった記憶があります。 普段の生活の中でも伊予柑で「コタツミカン」もほっとしますが、旅のおともの伊予柑も最高です。 伊予柑の皮をむきつつ、伊予柑のこと少しでも知っているともっとおいしく食べれると思いますよ。

次の

いよかん【カロリーと栄養成分】【GAROP】

いよかん カロリー

それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。 水分 灰分 46 kcal 86. 7 g 0. 9 g 0. 1 g 11. 8 g 0. 5 g -g -g 0 1. 1 mg 0. 06 mg 0. 03 mg 0. 3 mg 0. 36 mg 35 mg 無機質 ナトリウム リン 鉄 2mg 190mg 17mg 14mg 18mg 0. 2mg 七訂日本食品標準成分表より.

次の

いよかん

いよかん カロリー

スポンサードリンク 伊予柑とは まず伊予柑とは何なのか?ということですが、柑橘類のなかのタンゴールというミカンの一種で、なんと日本の在来種なのだそうです。 でもそのルーツは、瀬戸内海を挟んだお向かいの山口県萩市で発見されたのが発祥だそうです。 ではなぜ伊予柑というのかということですが、これは主に伊予で生産されているからです。 伊予柑と呼ばれるようになったのは1930年以降からで、それまで複数名で呼ばれていたのを統一するために名称使用を始めたそうです。 種類 伊予柑の中にも種類があるのはご存知ですか。 宮内、大谷、勝山、沢田、山田、野本という伊予柑の種類があります。 代表的なのは宮内伊予柑です。 全伊予柑の中でも8割を占めているといわれています。 生産地と出荷量 伊予柑の生産地は実は愛媛県だけではありません。 和歌山県、佐賀県、発祥である山口県など多数の件で生産されています。 でも生産量はというと圧倒的に愛媛県が多く、全体の90%近い生産量をほこっています。 逆に言うと愛媛県で生産されていないと伊予柑は食べれないともいえるほどの生産量比率ですね。 でも全体の生産量が減少してきているのはご存知ですか? 1992年の23万トン余りをピークに徐々に収穫量は減少し続けています。 2014年には伊予柑の収穫量は3万6千トン余りとなっておりピーク時の約8分の1程度まで落ち込んでいます。 原因は、いま日本の農家が抱えている高齢化の問題が大きくかかわっています。 また、2018年には豪雨の影響などでミカン農家に大きな影響が出たといわれています。 きびしい状況の中でも頑張っておられる生産者に感謝ですね。 収穫時期と旬 伊予柑の収穫時期は主に1月から2月にかけて収穫されています。 でも食べ頃は3月となっています。 これは収穫したての伊予柑は酸味が強く、食べるには少々難アリということになってしまうからです。 そこで貯蔵し食べやすくなるまで寝かせてから出荷するためなのです。 ですから 伊予柑の旬は3月であり、そのころ出荷のピークを迎えます。 貯蔵して旬を迎えた伊予柑は「弥生紅」というブランドミカンとして販売されています。 弥生紅も代表的な宮内伊予柑を貯蔵したものです。 弥生紅は4月の中頃までは店頭販売されている定番商品です。 スポンサードリンク 伊予柑は通販で買える? 伊予柑や、それに関連した商品は通信販売で購入することも可能です。 在庫状況は変動しますので、下記のバナーからそれぞれの検索結果をチェックしてみてください。 最後に 以前、愛媛県のある港に立ち寄る機会がありました。 その時地元の学生が配っていたミカンをいただきましたが、ちょうど旬に当たっていたのか芳醇な香りと甘みが印象残っています。 そこで伊予柑のとりこになって売店でついつい買ってしまった記憶があります。 普段の生活の中でも伊予柑で「コタツミカン」もほっとしますが、旅のおともの伊予柑も最高です。 伊予柑の皮をむきつつ、伊予柑のこと少しでも知っているともっとおいしく食べれると思いますよ。

次の