テント おすすめ。 ファミリーテントのおすすめ14選。家族連れでのキャンプにはこれ

エアフレームテントの選び方とおすすめ8選【キャンプ初心者に人気】

テント おすすめ

代表取締役 1987年5月8日生まれ。 一橋大学大学院商学研究科経営学修士 MBA コース修了。 学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。 2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。 1987年5月8日生まれ。 一橋大学大学院商学研究科経営学修士 MBA コース修了。 学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。 2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。 コンパクトに持ち歩きたい人は使う人数のサイズでもOK。 どのテントも床面積と高さが記載されているので、購入前にスペックを確認してどのくらいの広さなのかイメージしておくとよいでしょう。 家族が多い場合は、2ルーム型テントがおすすめ。 荷物をリビングにおけて寝室を広く使うことができます。 テント内の高さが気になる人は、ティピー型がおすすめ。 センターポールが高いのでテント内で立ち上がることもできます。 6人以上で使用する場合、大型のテントだと重いので持ち運びも設営も大変です。 大型のテントを1つ用意するよりも、2~3人用のテントをいくつか用意するのがおすすめ。 設営のしやすさならドーム型がおすすめ なぜこのスノーピークのテントが選ばれたのか アメニティドームは、スノーピークならではの高品質と永久保証で安心して保有できる1台。 使い勝手も非常に良く、入門用としても問題ないベストセラーモデルです。 初めてテントを購入する人でも、問題なく設営ができるように工夫された設計。 前室が広くタープがなくても完結可能な仕様です。 また、スノーピークらしい地上高を抑え風によるダメージを受けにくくした、耐久性の高さにも注目。 耐水圧はミニマム 最低 1800mmと比較的高く、防水性も問題ありません。 高い全高とサークルベンチレーション 外気を取り込みテント内の空気を循環させる機能 が優れた快適性を実現しています。 天井高は185cmと大人が立っても問題ない高さ。 耐水圧は約2000mmあるので、急な大雨でも安心して使用することができます。 入門者にも人気のモデル。 6kg 収容人数 4~6人 なぜこのテントが選ばれたのか ブラウンと緑が大半を占めるキャンプ場の中で、ちょっと異なる色味でまわりにアピールできるのがこちら。 それでいて形はアメニティドームのような、かわいいドームテントです。 もちろん見た目だけではなく、設営のしやすさとハイスペックな機能も兼ね揃えています。 ポール、スリーブ、アタッチメントテープが同色で統一されているカラーアシストにより、初めての設営でも迷うことがありません。 天井高は170cmと高く快適に過ごすことができ、耐水圧も3000mmと高めです。 さまざまなシチュエーションに対応可能で、トンネル型ゆえにテントとタープを分けて立てる必要がなく、ポール数も少なく済むため設営が簡単です。 ひとつのテントで完結させたい人向けのテント。 また、テント内は日光が遮断されるため昼間でも窓を閉め切ると、室内を暗くすることができます。 さらに、天井や側面から採光ができるため、好みの明るに調整することもできます。 スノーピークならではの高い品質と、さまざまなアレンジを実現する細かな仕様。 高価だが、その分の見返りはしっかりと得られるテントです。 インナールームの天井高は190cmと高く、大人でも屈むことなく移動が可能です。 また、天井にはループが付いており、ライトなどを引っかけて使うこともできます。 ベンチレーションは大型で快適性が確保されており、室内には小物を入れられるポケットもついています。 汎用性が高いのでさまざまなシチュエーションにも活用できます。 インナーテントの高さは130cmあるので、座って過ごす分には問題ありません。 ポール2本でできたシンプル構造のため設営が簡単なことも高ポイント。 許容人数は4人で重量は4300gと比較的軽いです。 テント上部には通気性のある素材を使用しており、テント内を快適に保ってくれます。 ファミリーキャンプにもおすすめのテントです。 3kg 収容人数 4人 テントおすすめランキングTOP5【楽に設営できる】 なぜこのテントが選ばれたのか ワンタッチテントでは珍しい5人用仕様。 可愛いデザイン性が定評のDODが販売しており、通常のドームテントに遜色ないデザイン性がよいです。 天井高は190cmとワンタッチテントの中では最大級の高さ。 付属のキャノピーポールを使用すればタープ代わりに日陰エリアを作ることもできます。 テントの前後に大きなD型ドアが2つ設定されており、出入りがしやすい構造になっています。 耐水圧は2000mmと高く、大雨でも安心なテントです。 現在、生産終了になっており在庫分のみ販売中。 7kg 収容人数 5名 なぜこのテントが選ばれたのか ベンチレーションやペグポイントもあり、快適性が高いモデル。 ケシュアならではのデザインも特徴的でかっこいいです。 2 SECONDS 2秒 の名のとおり、まさにワンタッチで簡単に設営ができるのが1番のポイント。 遮光性が高いため昼間でもテントの中は暗く、室内を涼しく保つことができます。 テントは自立可能で風のない場所であればペグを打つ必要もありません。 ベッドルームには小物を入れるポケットも完備。 許容人数は3人で重量は4. 02kg。 価格もお手頃でどこでも使える仕様のため、ついつい欲しくなる商品です。 02kg 収容人数 3人 なぜこのテントが選ばれたのか ドイツの本格派・アウトドアブランドであるQEEDO キィード 製という品質の安定感と、山岳テントのような形がワンタッチテントの概念を覆す商品。 「ヨーロッパのカリスマブランド」と呼ばれるだけあり、デザイン性も高く、見た目にも特徴のあるテントです。 設営時間は約60秒。 キャノピーが入り口と天井に設置され、通気性を確保しています。 台風に遭遇しても倒壊しない風に強いモデル。 土砂降りの雨でも問題ない耐水圧2000mmのテントです。 許容人数は3人で重量は4. 7kg。 他のワンタッチテント同様、お求めやすい価格となっています。 7kg 収容人数 3人 なぜこのテントが選ばれたのか 「フェスに行きたいからテントを買う」といったライトな動機であれば、このテントで問題ないでしょう。 こちらも1万円でお釣りがくる高コスパモデル。 テントの前後には大きなD型の入り口が設けられており、出入りがしやすいです。 ベンチレーションも搭載されており、室内の空気を入れ替えることが可能。 耐水圧は2000mm以上。 シルバーコーティング加工により、遮熱性もアップさせています。 相棒として長い付き合いになりそうなテントです。 その美しいデザインのみならず、素材や使用パーツ、縫製方法までLOCUS GEARのノウハウが盛り込まれたテントです。 縫い目にはシームテープ 防水テープ が施されており、水の侵入を防ぎます。 最大許容人数は4人ですが、軽量で設営も比較的ラクなためソロキャンプに持って行っても快適に使用することができます。 1度見たら忘れられないフォルムにも注目。 名前のとおり、ツーリングキャンプのときにはこの前室が重宝すること間違いなし。 ポールポケット式 テントにポールを挿すフックがついている を採用しており、1人でも設営がしやすい仕様になっています。 耐水圧は1500mmで問題なし。 もちろんベンチレーションもついています。 コールマン特有のオリーブカラーも見逃せないディテール。 お求めやすい価格となっており、迷ったら買って良しのテントです。 山岳用なので品質も申し分ありません。 ポールを直角に交差させて、広い居住スペースを確保する仕様。 テント用の雨よけ布であるフライシートには、テントの中から開閉できるベンチレーションが前後2箇所に設置されており、効果的な換気が可能です。 通気性が高いためキャンプだけでなく、ツーリングやトレッキングなど幅広い用途に使えるテントです。 また、難燃加工が施されているため、通常のテントより燃えにくく、火の粉にも強い仕様となっています。 18kg 収容人数 2人 なぜこのスノーピークのテントが選ばれたのか キャンプ用品の一流ブランドが考えるソロキャンプテント。 同社の人気商品「ラゴ」よりも安価で設営が容易なので、スノーピーク品質の安心したソロキャンプをすることが可能です。 耐水圧はSnowpeak特有のミニマム1500mmと特殊な単位表記で、これは生地のどの部分を測っても1500mm以上耐水圧が確保されているという意味になります。 開閉可能なベンチレーションを装備。 インナーテントを取り外すとシェルターとして利用することもできます。 総重量1710gで持ち運びも苦になりません。 ソロ向け万能テント フォルムと実用性を兼ね揃えたテント ツーリングにも最適の大きな前室 設営簡単。 高クオリティ山岳テント 軽量コンパクトなソロキャンプテント 商品画像 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

次の

キャンプに使えるおしゃれなテントおすすめ19選!タイプ別で紹介

テント おすすめ

— 2019年 9月月16日午前3時28分PDT 目的を決める テントを選ぶ上で一番大切で一番難しいのが、目的を決めることです。 一人用で軽いテントを選ぶか二人用で快適なテントを選ぶか、冬のテント泊まで見据えて買うのかなど 重視する項目は重さ、タイプ(シングルウォール、ダブルウォール)、拡張性、価格になります。 重さ 言わずもがなテントの重さです。 一人用では1kgを下回るものも存在するので、 体力に自身がないなら一人用の軽量テントを選んだ方が良いです。 グループ登山をするなら、大人数用のテントをバラバラにして持つ方法もあります。 平均的な重さは1. 6kgくらいかと思います。 以前までは軽量テントと言えば2kg以下を指す事も多かったようですが、最近は技術の進歩でさらに軽くなりました。 タイプ(シングルウォール、ダブルウォール) 簡単に言うと、テントの生地が1枚か2枚かです。 1枚の場合、日本の多湿な山では、結露が発生することもあり、快適性はダブルウォールの方が上です。 その分重さはシングルウォール < ダブルウォールになります。 快適性を求めるならダブルウォール、軽さを重視するならシングルウォールになります。 拡張性 冬用のフライシートが別売りであり、冬季も使用できるようなものや、 グランドシートが別売りであり、耐久性をあげるようなものがあります。 価格 メーカーにもよりますが、重さが軽いほど価格は高くなります。 価格が安く高性能なものが一番良いですよね。 ・テント泊できるザックを探す テント泊ができるザックを探す テントを買ったけど、ザックに入らないとなってしまうと困ってしまいますよね。 テントを探す前にテント泊用のザックを探してみましょう。 35l~40lでも行ける方もいらっしゃいますが、 50l~60lくらいがちょうど良いかと思います。 初心者では必要な荷物がわからず、多くなりがちなことと、嵩張らない軽いものは値段が高くつくためです。 日帰り~テント泊縦走のザックは ウルトラライトハイク向けのザックは 70Lで1万以下という破格のザックを3年使用した感想は ・特徴別おすすめテント一覧 おすすめのテント 自分ならどれを選ぶかを考えて調べてみました。 皆さんはどれが好きですか。 他にこんなのおすすめだよというテントがあれば教えてください。 私自身はプロモンテのVLシリーズを使っています。 この最新モデルが初心者に最もおすすめできます!どれを選べばよいか決められない人はこちらでok。 なんでもこなせる汎用性が魅力です。 テント泊になれた上級者にはとがった特徴がなくて面白みがないかもしれませんが、どんな楽しみにも挑戦できる点がおすすめの大きな理由です。 そのため、失敗も少ないです。 デメリットは、テント場で同じようなテントが並ぶと、どのテントが自分かわからなくなることがあることです。 人が選ばないモデルを選ぶメリットは、テント場で注目してもらえたり、人に話しかけてもらえることもあるので、コミュニケーションをとりたい人におすすめです。 難点は情報が少ないので、設営で上手くいかない点などを相談しにくいことでしょうか。 これより多くのテントを紹介しますが、あまりに多すぎてどれを選ぶか迷う方もいるかもしれません。 そんな方のために私なら何を選ぶか考えてみました。 人気モデルはどれを選んでも後悔しないと思います。 シートが不要なのでトータルで軽い ニーモのホーネットストームの耐久性が気になる人は、 ほぼ同じ性能で少し重いが耐久性が高いヘリテイジのハイレヴォやクロスオーバードームを検討しても良いかもしれません。 23kg 最も人気なモデルと言えるでしょう。 (私が山で数えてみた限り) 夏のテント場に必ず1張はあります。 私の友人も使っている人が多いです。 その人気は価格の安さと性能のバランスの良さにあります。 特に欠点もないので、初めてのテントとしてもおすすめです。 脅威の軽さから女性を中心に人気 で テントなのに760gという実力で多くの人に愛されています。 大人気過ぎて夏前は在庫がなくなることも多いので買うなら早めに買わないと値段が高騰します。 デメリットとして、軽さゆえに耐久性は低めです。 扱いが雑だと穴を開けてしまいますので、大雑把な人にはおすすめできません。 破損時はリペアシートで補修しましょう。 実際に穴が開いた人には会った事がないので、以外と丈夫なのかもしれません。 ニーモとの違いはこちらはシングルウォールテントということくらいです。 わずか770gで2~3人用という驚異的なモデルで、品切れ続出の人気です。 とはいえ3人だとかなり窮屈なので大きめの2人用と考えるべきでしょう。 雨への耐性や結露の少なさは、ニーモの方が優れています。 二人用で軽さをとるならクロスオーバードーム、快適性をとるならホーネットストーム。 そもそも一人用で十分ならホーネットストームです。 通気性が良いモデルなので、冬も使えそうです。 冬用の外張りもあるので、もしかしたら冬も登山したくなるかもと考えるなら選びたいモデルです。 おそらくテント泊をする人のほとんどは、登山を始めるときにテント泊をすることを想像していなかったでしょう。 私もそうでした。 どうせテントを買うなら冬も使えるものにしましょう。 更に慎重が180cmを超えるような方には、VL-26Tというテントもあります。 これらVLシリーズの最大の利点は拡張性です。 底部の強度を補強するグランドシートもありますし、冬用のアタッチメントもあります。 4シーズン使うことを考えればコスパが良いのではと思います。 軽さはないものの、1万以下というのは驚きです。 私は始めてのテントに安いけど2kg以上のモデルを選び、即効で買い直した経験があるので、あまりおすすめしません。 お試しで試してみたいならら選択して良いと思います。 もっといいテントはいっぱいあるけど、使用する条件等割り切ればかなり良いと思う。 良い点は収納がコンパクト設営も簡単、直感的に設営できる。 前室も多少は確保できる。 ソロのバイクツーリングとかなら必要十分かな。 不安な点しょうがないと思うが、生地がペラペラ グランドシートは必須。 内張りがフルメッシュで、高い場所は少々寒いかも。 過大な期待はしないでフライ併用するとかすればかなり使えます。 ヘビーな使用には向かないですね。 快適さと軽さを兼ね備えた定番の人気モデルです。 難点は値段が高いことくらいなので、予算が気にならない人はぜひ選びたいモデルです。 シングル・ダブル、様々な山岳テントを使ってきて、久々にフライ付きのテントを買いました。 1人寝れる十分なスペース。 そして頭上が広くて前室も広い。 80Lザックでも前室に置けます。 ガイロープはフライに結ぶタイプですが、台風直撃みたいな状況でなければ大丈夫でしょう。 ポールの形状から、インナーやグランドシートを使わず、フライ単体での設営も可能ですので寒くないときはコットとフライですごすにも便利な構造です。 さらにオプションのギアシェッドを加えればより広い土間が得られ、ガソリンバーナーも悠々使えます。 軽量ゆえにボトムが薄いため、小石交じりの場所で張ることが想定されるならグランドシートはあった方がいいです。 この価格なら仕方ないと割り切れる人におすすめです。 値段は安いですが、ポールの品質は良いです。 但し、フライシートの取り付けがざっくりしすぎ、ペグ以外は4スミの連結と天井のヒモのみで固定中央と天井の固定が甘いので強風では揺れそう、風のある時はロープとペグで補強が必要です素材はパラシュート生地にシリコンコーティングしてあります。 防水性は確かにありそうですが、風で揺れやすいテンションかけないと安っぽい感じ、ここは軽量テントなのでここはしょうがないかも4シーズンと書かれてますが、インナーはネットの蚊帳ですから冬はどうでしょう? 私は3シーズン使えるようにスカート有りを買いました。 重量はスカート付き グランドシートなしで実測1. 6kg グランドシート込みで1. 8kgいらない付属品を外せば、1. 5kgは下回るので、まあまあ軽量テントと言っていいと思います。 グランドシートが不要とうたっているので、トータルの重さはかなり軽くなります。 ハードに使用したい人におすすめ 難点は価格の高さです。 初めてのテントとして購入。 自宅で1度試し張りした後、北岳の肩の小屋のテン場で使用。 台風が接近中で夜から朝方にかけて荒れ模様でしたが、特にトラブルもなく夜が明けました。 設営はポールをグロメットに固定するときに少々力がいること以外は特に難しいこともなく、初心者の私でも簡単に設営できました。 カミナドーム1(1人用)では狭いと思ったらこっち。 ここから下は、普通のテントには飽きた人向けです。 初心者にはおすすめできないモデルなので、2つめのテントや買い替えを検討中の方はご覧ください。 6割くらいしか数えられていないので、参考まで モンベルのステラリッジが圧倒的に多かったです。

次の

軽量登山用【テント】のおすすめ商品5選!|山岳写真家に聞く選び方

テント おすすめ

ドーム型テント-一番多いテントの形で風にも強く安定します。 ワンポール型テント-別名がティピ型テントです。 1本のポールで支えるだけなので初心者でも張りやすい形です。 トンネル型テント-別名がカマボコ型テント。 流行のスタイルでコンパクトになります。 ワンタッチ型テント-公園やデイキャンプ用として使われることが多い形。 張るのが簡単です。 気候と天気 テントは基本的には4シーズン使えます。 ただし、テントの周囲にスカートがきちんと付いていないと冬のキャンプでは隙間風が寒いです。 また、夏はメッシュの窓が付いているタイプだと風を入れられるのでよいですね。 雨が降った時にテントで必要なのは耐水圧です。 耐水圧は1,500mm以上あれば十分です。 テントはほとんど1500mm以上あるのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。 ちなみに、テントを立てる前には、テントの下にを敷くのがおすすめです。 朝の湿気や雨の浸水を防いでくれます。 重さ 4人用テントだと軽くて4kg。 重いものだと12kgぐらいあります。 (上の画像はタープとしては、めちゃ軽そうで面白いので入れてみました。 ) ということで、テントの重さについてまとめてみると、 テントの「重さ」の違いは、テントのポールの長さと本数が関係します。 また、ポールの素材によっても重さがかなり変わってきます。 登山をしてテントをかついで運ぶなら重さはテント選びで重要なポイントになります。 もし、車でキャンプ場の近くまで行けるのであれば、駐車場からテントを運ぶだけなのでそれほど問題ないでしょう。 それでも重ければに乗せて運ぶという方法もあります。 テントの素材 テントの素材も選ぶ大事なポイントです。 よく使われるのはポリエステル、ナイロン、コットンです。 ほとんどのテントがポリエステルで、熱に弱いので「焚き火」の火の粉があたらないように注意です。 ナイロンは軽い素材です。 ポリエステルよりは火に強い素材です。 インナーテントによく使われています。 コットンはあまりみかけなくなりました。 とにかく重いです。 8人以上の大きな「ベル型」のテントでは、コットンのテントがあったりします。 4人用テントのおすすめ10選 コールマンテント BCクロスドーム 270 コールマンテント BCクロスドーム 270はキャンプ場で時間をかけずに設営ができるシンプルな構造をしている4人~5人用のテントです。 ドーム型で大人4人ぐらいが寝られるテントです。 中に入ると 裏地が明るい色なので圧迫感はなく快適なテントです。 ファミリー向けのテントなのでテントには前室が付いています。 荷物を置いておけるので便利なんですよね。 雨が降った時には雨が直接テントの中に入らないようにする役割があります。 コールマンテント BCクロスドーム 270のレビュー• 値段が安い!雨でも大丈夫です。 ハンマーが付いていますがちょっとショボい。 信頼性の高いコールマンなので長くずっと使っていきます。 スノーピーク テント エントリーパックTT 4人用 スノーピーク テント エントリーパックTT 4人用の「ヴォールト」です。 フレームが本なので初心者でもテントを建てやすいタイプです。 インナーのテントは取り外せるのでデイキャンプとして屋根だけ使えるのもポイントです。 シェルターとして使う時にはローチェアとローテーブルを入れて使うこともできます。 とかテントの中で使うのに丁度よいサイズですね。 広げると長さところで5m以上ありますが、収納すると0. 6mに収まる構造のテントです。 車のトランクでは横に入るサイズですね。 スノーピーク テント エントリーパックTT 4人用のレビュー• 設営や片付けが簡単でした。 見た目よりも中が広いです。 テントは2人で建てる必要があります。 タープ付きにしとけば良かったかな。 スノーピークがこの値段で買えるって品質的にも大満足です。 DOD ワンポールテントM:おしゃれなテント DOD ディーオーディー ワンポールテントMは、4~5人で使えるオシャレなテントです。 広すぎるっている感じはしないので2人ぐらいで使うのも良いですね。 DODといえばワンポールテントが評判が良いですね。 ウサギのマークでどちらかというと女性に人気があります。 ワンポールテントの場合には「棒が立つとテントも立つ」という、わかりやすい仕組みなので初テントにもおすすめです。 DOD ディーオーディー ワンポールテントMのレビュー• 見た目がおしゃれで、アウターとポールだけだと2kgなので運ぶのが楽。 雨の日は雨が入ってきてしまうのでタープと組み合わせた方が良い。 説明書を見なくても作れるほど簡単でした。 FIELDOOR ドームテント:かっこいいシルバー FIELDOOR ドームテントは、少し大型のテントでおすすめ。 4人から6人ぐらいで使えます。 4人家族ならゆったりとテントの中のスペースを使えます。 デザインも良いのでファミリーで使っていたらカッコいいテントですね。 シルバーコーティングのテントで色もカッコいいですが、これはUVカットの機能があります。 春から夏にかけてキャンプでもテントの中が暑くならないメリットがあります。 FIELDOORの資料ではコーティング無しと比べると最大で10度違ってきます。 耐水性にも優れており、1,500mm以上あるので雨でも安心です。 ちなみに傘の耐水圧は一般的に500mmなので土砂降りでも十分ですね。 FIELDOOR ドームテントのレビュー• 1万5千円以内で買えたのでコスパの良いテントだと思います。 子供や女性にはちょっと重いが男性なら使える。 フライシートやキャノピーポール付きなのが良いところ。 山善 キャンパーズコレクション:ファミリーテントにおすすめ 山善 キャンパーズコレクションは、空間がゆったりしていて4人~5人ぐらいのファミリーキャンプにおすすめです。 四角に近いドーム型のテントなので広く使えます。 前室もあるので薪を置いたり、雨で濡らしたくないものを置いておくスペースとして使えます。 テントの中にはランタンフックがあり夜には灯りをぶら下げておくこともできますね。 楽天でも人気のファミリー向けのテントです。 山善 キャンパーズコレクションのレビュー• 大きめのテントで買って良かった。 フロアシートが薄いのでグランドシートが必要。 初心者でも設営できるテント。 雑誌に載っていたので買いました。 ロゴス ティピーテント:超軽量のテント ロゴス ティピーテントは、見た目が可愛いテントですね。 重さは5. 8kgほどなのでとても軽量なテントです。 テントは12kg前後が多いので半分ぐらいの重さといえます。 なぜそんなに軽いのかというと 超々 ( ちょうちょう )ジュラルミンを使っているので軽いんです。 このアルミは航空機などにも使われており丈夫で軽いのが特徴。 なぜ、他のメーカーは使わないかというと加工が難しいからです。 持ち運びも楽で見た目も楽しいテントですね。 ロゴス ティピーテントのレビュー• 一人でも建てられて4人家族でも広いテントです。 フロアシート(防水マット)は一緒に買ったほうが良い。 写真映えするし楽しいキャンプになるテント。 HUI LINGYANG テント アウトドア 3-4人用 HUI LINGYANG テント アウトドア 3-4人用は、小さめのテントです。 価格的にも安いのでテント初心者向けですね。 前室もあるので靴を置いておけますね。 テントのブランドにこだわらずに、まずはキャンプで泊まってみたいという方におすすめですね。 HUI LINGYANG テント アウトドア 3-4人用のレビュー• 思っていたよりも大きくて大人3人で寝ることができました。 返し縫いが無い部分がある。 安いですがテントの生地もしっかりしておすすめです。 ギアトップ テント 4人用 ギアトップ テント 4人用は、必要なアイテムがそろっていてすぐにキャンプが楽しめるテントです。 テントの機能はバランスが良く、重さは4. 15kgと軽量で耐水性にも優れています。 フライシートが付いているタイプなので結露の心配もありません。 メッシュ付きの窓なので夏のキャンプでも虫が入ってきにくいですね。 GeerTopはが評価されているメーカーだけあって、小物類はしっかりそろっています。 4シーズン対応しているファミリー向けのテントでおすすめです。 ギアトップ テント 4人用のレビュー• 設営しやすくて中も広くて快適です。 収納袋がちょっと小さいです。 モンベルとか色々なメーカー使ってきましたが、冬キャンプでも使えて軽いのが良い。

次の