れい 漢字。 隷書体

女の子の名前で「れい」の漢字89選と由来のヒント

れい 漢字

概要 [ ] という下級役人がを得て獄中にあったとき、隷書を発明しこれを献上することでに許されたというがあるが、これは俗説に過ぎない。 頃から日常に通用されていた筆記体が、代になって業務効率を上げるために公文書でも用いられるようになったものが、隷書だと考えられている。 紀元前3世紀後半の「」などに見られる、を簡略化した過渡的な書風を「秦隷」と呼ぶ。 前期には篆書から隷書への移行が進み、秦隷と平行して、のもととなる早書きの「草隷」・秦隷の要素を残したの小さい「」・波磔を強調した装飾的な「八分」など、多様な書風が展開されていたことが、「」「銀雀山竹簡」「鳳凰山木牘」などのや簡牘類によって確められる。 また、前漢中後期を中心とする資料「」では、これらの書風がすでに様式として確立されている姿を見ることができる。 を経てに入ると、としての隷書はさらに発展し、草隷より進んだ速写体である「」(「武威旱灘坡医牘」)や、現在のないしのもととなる書風の萌芽(「永寿二年三月瓶」)をも見ることができる。 そして、隷書が盛んに通行したこの時代、安定した政権のもとでの形式化が進むにつれ、隷書を用いて石に半永続的な記録を刻むことが流行した。 それら後漢の刻石資料に見られる書風は、おおむねまたはの前後で二分することができ、その前半期には古隷が多く、後半期には八分が多い。 これらはいずれもにおける隷書体の範を示すものとして、後世から最高の評価を与えられている。 漢王朝の衰退に伴って、書体としての隷書の知識や技法は失われていった。 の発明と普及が、筆記の方法や形態に何らかの影響を及ぼしたことも考えられる。 いずれにせよ、その後隷書が広く用いられることはなく、研究や表現の一形式として試みられるに留まっている。 書の歴史上「古隷」と呼ばれている一群の書がある。 「古隷」は字義からいえば、古い隷書体ということだが、はっきりとした定義は確立していない。 とはいえ、それらの書は「古朴」「古拙」とでもいうべき共通の美をそなえていて、熱狂的なファンも数多くいる。 具体例を挙げれば、「開通褒斜道刻石」、「三老諱字忌日記」、「石門頌」、「楊淮表紀」などの石核の文字である。 特徴 [ ] 楷書(左)、隷書(右) 左右の払いで波打つような運筆( 波磔)をもち、一字一字が横長であるのが主な特徴。 字体が篆書と異なり横長になったのは、記録媒体が柾目のに変化したためで、柾目を横切る横画に大きな負担がかかるためである。 木簡・竹簡・帛書に書く場合は少々右上がりの字体も見られるが、石碑に彫る場合には字全体は水平になるよう彫り師が修正する。 また書者ものようなを好まず、横画をドーム状に膨らませたり(など)、で言う「」を取って字を引き締めたり(など)、重心を字の左に寄せて長く太い波磔でを取る(など)、1字の中で筆跡の強弱を極端に変化させる(など)、あえて古式な字体に戻しながらも波磔の妙と折衷させる(など)といったように、字の書き方に創意工夫を加えるようになる。 なお、波磔は1字につき1回しか認めないが確立していた。 篆書から隷書への変化は字形の違いが大きく、これを「隷変」と呼ぶ。 隷書は主に直線と鉤状の折れ線によって成っている。 ここに至って初めてとが生まれた。 それに従って、筆記のための省画や「 氵」(さんずい)や「 亻」(にんべん)などの部首の変形が広く行われるようになり、筆記に適した文字に変化した。 その一方、隷書以降の文字は一見して字源を知ることが困難になった。 定義 [ ] 上述した現代用語としての隷書の定義は、時代にが提唱したものである。 後期~時代には、「隷書」という用語は、現在の楷書を意味した。 筆跡 [ ] 『曹全碑』(部分) 隷書体の主なには以下のものがある。 乙瑛碑 [ ] 乙瑛碑(いつえいひ、八分隷)の全名は『魯相乙瑛置孔廟百石卒史碑(ろしょういつえいちこうびょうひゃくせきそつしひ)』などという。 建碑は元年()。 のに現存する。 碑文は、全18行、各行40字で、内容は、のとき、の相であったの申請によって魯の孔子廟に百石の卒史(そつし、漢代の書記の官名)を置いて廟を守らせることになった次第およびその関係者の功績を記したものである。 は緊密で謹厳、筆力は雄健で波磔は力強く、漢代の隷書の中でも優れた碑である。 曹全碑 [ ] 曹全碑(そうぜんひ、八分隷)の全名は『郃陽令曹全碑(こうようれいそうぜんひ)』という。 建碑は2年()。 のからの間にの旧城から出土した。 碑額は出土の時からないが碑文はほぼ完全に残っており、全20行で初行から19行は各行45字、末行に「中平二年十月丙辰造」の9字で建碑の年月日(185年10月21日)が明記されている。 碑陰の文字はやや小さく、建立関係者の名が5列57行で列挙されている。 現在はにある。 碑は(字は景完)の治績を記した頌徳碑である。 曹全はの人で、7年()郃陽令となり、を収拾した功績により建碑された。 数多い漢碑の代表的名品であり、完成された八分の技法を示すものである。 他の碑と比較して女性的とする評が多い。 石質が堅牢で文字が非常に鮮明であり、出土以後によって多くのに学ばれている。 年間に日本へ伝えられた。 特記事項 [ ].

次の

Wiktionary:漢字索引 音訓 れ

れい 漢字

この記事の目次• 聡明なイメージの『れい』20選 女優の壇れいさんや、菊川怜さんなど、美しく聡明な女性にも多い 『れい』 の響き。 聡明さを表す漢字を集めてみました。 神のお告げは清らかなものであるとされることから 「清らかな心を持ち、人からの信頼が厚い子に」 「正しい行いができる子に」 のような、優れた由来で使うことができます。 常用漢字表の詳細は文化庁が告示してます「」をご参照ください。 【伶】人名用漢字 音読み「れい」・人名読み「れ」 その昔、人は神に対して踊りや音楽を捧げてきました。 このように神や精霊と交流してきた儀式が、『人(人偏)』と『清らか(令)』を組み合わせた『伶』の成り立ちです。 ここでいう音楽や踊りは、日本の伝統芸能である雅楽に結びついています。 「清らかな心の女の子に」 「芸術分野で才能を開花させてほしい」 などの願いを込めて使うことができるでしょう。 「心が美しく、賢さも併せ持った聡明な女性に」 のような素敵な想いで使うこともできます。 人名用漢字の詳細については、法務省の「」をご参照ください。 字面に丸みがあり、画数もそれほど多くないため、深い意味がありながらも柔らかさを感じさせてくれます。 「周囲の人への感謝の気持ちを持ち、人として大きく成長してほしい」 「好意や感謝の気持ちを伝えられる素直な心を育ててほしい」 などの由来を持って使ってみてはいかがでしょう。 【禮】人名用漢字 音読み「れい」 『禮』 は『 礼』 の旧字体。 同じ意味があります。 画数が多いので、字面の好みや姓名判断を参考に選ぶと良いでしょう。 落ち着きをイメージする『れい』15選 上品で落ち着きのある、おしとやかな女の子。 心を穏やかに保ち、素敵な女性に育ってくれるとうれしいですね。 そんな想いを込めた名前をご紹介します。 【位】常用漢字 音読み「い」 『位』 は日常の中でもよく目にする漢字ですね。 「自分の力を過信せず、気品ある態度と心で人に接することができる子に」 「いつどこでも取り乱すことなく冷静で、どっしりと構えていられる土台のしっかりした子に」 のような願いを込めて使うことができるでしょう。 【居】常用漢字 訓読み「い(る)」 『居』の字は、名前に使われることは珍しいものの、日常的になじみ深い漢字ですね。 「心が落ち着く自分の居場所を見つけてほしい」 「時間と居場所を大切に落ち着きある毎日を過ごしてほしい」 のような願いを込めて使うことができます。 美しさをイメージする『れい』24選 美しさを表す漢字、美しい物を意味する漢字を集めてみました。 精神的に豊かで気品があり、その心の在り方が人に感銘を与える、そんな素敵な女性にぴったりの漢字です。 「美しく温かな心で人を癒す魅力のある子に」 のような、素敵な願いを込めて使うことができそうです。 透明感、清涼感というイメージで使うと良いでしょう。 「容姿・内面ともに美しい女の子に」 「清らかな愛に恵まれ、美しい輝きのある人生を築いてほしい」 などの由来で使うことができます。 【鈴】常用漢字 音読み「れい」 『鈴』 は女の子の名前ではよく使われる漢字ですが、「れい」の読みで用いられることは数多くありません。 個性的でおしゃれな印象を与えそうです。 鈴が奏でる繊細な美しい響きに重ね、 「美しく可愛らしい魅力の女の子に」 と願いを込めて使うことができます。 【莉】人名用漢字 音読み「れい」 「り」の読みで人気のある 『莉』 も、「れい」と読ませることができます。 香り高いアラビアジャスミンの和名「茉莉花(マツリカ)」に使われる漢字であることも有名ですね。 「心の美しい女の子に」 という由来がぴったりです。 [co-8] たくましいイメージの『れい』13選 五十音にはそれぞれ、その音が持たせるイメージがあります。 「り」の音は、強さや自信、理性など、強くたくましい印象を与えやすく、「凛とした・凛々しい」という言葉が思いつきますね。 そのようなイメージにぴったりな意味を持つ漢字を集めてみました。 「雄大な大自然のように、強く大きな心の子に育ってほしい」 「一歩一歩を踏みしめながら目標に向かって邁進してほしい」 などの願いを込めて使うことができます。 かもしかは大きく鋭いツノを持ち、そのツノは鹿のように生え変わることなく、一生伸び続けます。 またニホンカモシカは、性格はおとなしいものの、急な斜面でも素早く動くことができるという能力を持っています。 「未来に向かって大きく成長してほしい」 「俊びんで器用な女の子に」 などの由来で使うことができそうです。 知恵や才能が豊かに開花させる活発な様子や、水つながりで爽やかさを印象付けることができるでしょう。 「生命力にあふれ、元気いっぱいの女の子に」 「豊かな才能に恵まれ、活気ある人生を送ってほしい」 のような願いを込めて使うことができます。 結びつきをイメージする『れい』17選 絆、縁、仲間などをイメージする漢字を集めてみました。 水路は、水を流すため、また船を通すために人工的に作られたもので、人々の生活を豊かにするために必要不可欠なもの。 「人の立つ職に就いてほしい」 「困った人に手を差し伸べることのできる、心の優しい子に」 と由来付けることができます。 「重要・要点・要求・必要」など様々な熟語に用いられ、日常の中でもなじみ深い漢字のひとつではないでしょうか。 「仲間に頼らるリーダー的存在の子に」 「意見をまとめることのできる知的な子に」 「約束を守り、誰からも信頼される子に」 「多くの人と強い絆を育んでほしい」 など、しっかり者のイメージで使うと良いでしょう。 多くの人との縁をつなぎ、支え合い、その絆を保つという、素敵な想いを込めて使うことができます。 「人との縁を大切に、自分を高めて立派に成長してほしい」 「仲間や家族との絆を大切に深めてほしい」 などの由来で使ってみてはいかがでしょう。 『令』を含む漢字 令・鈴・零・怜・玲・伶・羚・澪・冷など 常用漢字表では『|』で記載されており、そう書くのが正確です。 つまり、『|』と書いても『ヽ』と書いても、同じ漢字であるとされ、出生届は受理されるのです。 詳しくは、文化庁のについての資料に掲載されていますので、興味のある方はご参照ください。 『令』を含む漢字を使った場合、生活の中で困ることは!? 例えば学校のテストなどで『ヽ』にして書いた場合、誤りだと判断されることはありません。 しかし、印刷文書などではフォントによって『|』と表記されたり、『ヽ』と表記されたり様々です。 ですから、子供がどちらか一方を正しいと判断している場合、片方を「誤っている」ととらえてしまう場面が出てくることもあるでしょう。 そのため、どちらでも正しいことを理解し、そう子供自身にも教える必要がありそうです。 女の子のラ行の名前については、を、 女の子の二文字の名前については、に詳しく書かれていますので、参考にされてください。 [co-9].

次の

男の子の名前で「れい」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

れい 漢字

概要 [ ] という下級役人がを得て獄中にあったとき、隷書を発明しこれを献上することでに許されたというがあるが、これは俗説に過ぎない。 頃から日常に通用されていた筆記体が、代になって業務効率を上げるために公文書でも用いられるようになったものが、隷書だと考えられている。 紀元前3世紀後半の「」などに見られる、を簡略化した過渡的な書風を「秦隷」と呼ぶ。 前期には篆書から隷書への移行が進み、秦隷と平行して、のもととなる早書きの「草隷」・秦隷の要素を残したの小さい「」・波磔を強調した装飾的な「八分」など、多様な書風が展開されていたことが、「」「銀雀山竹簡」「鳳凰山木牘」などのや簡牘類によって確められる。 また、前漢中後期を中心とする資料「」では、これらの書風がすでに様式として確立されている姿を見ることができる。 を経てに入ると、としての隷書はさらに発展し、草隷より進んだ速写体である「」(「武威旱灘坡医牘」)や、現在のないしのもととなる書風の萌芽(「永寿二年三月瓶」)をも見ることができる。 そして、隷書が盛んに通行したこの時代、安定した政権のもとでの形式化が進むにつれ、隷書を用いて石に半永続的な記録を刻むことが流行した。 それら後漢の刻石資料に見られる書風は、おおむねまたはの前後で二分することができ、その前半期には古隷が多く、後半期には八分が多い。 これらはいずれもにおける隷書体の範を示すものとして、後世から最高の評価を与えられている。 漢王朝の衰退に伴って、書体としての隷書の知識や技法は失われていった。 の発明と普及が、筆記の方法や形態に何らかの影響を及ぼしたことも考えられる。 いずれにせよ、その後隷書が広く用いられることはなく、研究や表現の一形式として試みられるに留まっている。 書の歴史上「古隷」と呼ばれている一群の書がある。 「古隷」は字義からいえば、古い隷書体ということだが、はっきりとした定義は確立していない。 とはいえ、それらの書は「古朴」「古拙」とでもいうべき共通の美をそなえていて、熱狂的なファンも数多くいる。 具体例を挙げれば、「開通褒斜道刻石」、「三老諱字忌日記」、「石門頌」、「楊淮表紀」などの石核の文字である。 特徴 [ ] 楷書(左)、隷書(右) 左右の払いで波打つような運筆( 波磔)をもち、一字一字が横長であるのが主な特徴。 字体が篆書と異なり横長になったのは、記録媒体が柾目のに変化したためで、柾目を横切る横画に大きな負担がかかるためである。 木簡・竹簡・帛書に書く場合は少々右上がりの字体も見られるが、石碑に彫る場合には字全体は水平になるよう彫り師が修正する。 また書者ものようなを好まず、横画をドーム状に膨らませたり(など)、で言う「」を取って字を引き締めたり(など)、重心を字の左に寄せて長く太い波磔でを取る(など)、1字の中で筆跡の強弱を極端に変化させる(など)、あえて古式な字体に戻しながらも波磔の妙と折衷させる(など)といったように、字の書き方に創意工夫を加えるようになる。 なお、波磔は1字につき1回しか認めないが確立していた。 篆書から隷書への変化は字形の違いが大きく、これを「隷変」と呼ぶ。 隷書は主に直線と鉤状の折れ線によって成っている。 ここに至って初めてとが生まれた。 それに従って、筆記のための省画や「 氵」(さんずい)や「 亻」(にんべん)などの部首の変形が広く行われるようになり、筆記に適した文字に変化した。 その一方、隷書以降の文字は一見して字源を知ることが困難になった。 定義 [ ] 上述した現代用語としての隷書の定義は、時代にが提唱したものである。 後期~時代には、「隷書」という用語は、現在の楷書を意味した。 筆跡 [ ] 『曹全碑』(部分) 隷書体の主なには以下のものがある。 乙瑛碑 [ ] 乙瑛碑(いつえいひ、八分隷)の全名は『魯相乙瑛置孔廟百石卒史碑(ろしょういつえいちこうびょうひゃくせきそつしひ)』などという。 建碑は元年()。 のに現存する。 碑文は、全18行、各行40字で、内容は、のとき、の相であったの申請によって魯の孔子廟に百石の卒史(そつし、漢代の書記の官名)を置いて廟を守らせることになった次第およびその関係者の功績を記したものである。 は緊密で謹厳、筆力は雄健で波磔は力強く、漢代の隷書の中でも優れた碑である。 曹全碑 [ ] 曹全碑(そうぜんひ、八分隷)の全名は『郃陽令曹全碑(こうようれいそうぜんひ)』という。 建碑は2年()。 のからの間にの旧城から出土した。 碑額は出土の時からないが碑文はほぼ完全に残っており、全20行で初行から19行は各行45字、末行に「中平二年十月丙辰造」の9字で建碑の年月日(185年10月21日)が明記されている。 碑陰の文字はやや小さく、建立関係者の名が5列57行で列挙されている。 現在はにある。 碑は(字は景完)の治績を記した頌徳碑である。 曹全はの人で、7年()郃陽令となり、を収拾した功績により建碑された。 数多い漢碑の代表的名品であり、完成された八分の技法を示すものである。 他の碑と比較して女性的とする評が多い。 石質が堅牢で文字が非常に鮮明であり、出土以後によって多くのに学ばれている。 年間に日本へ伝えられた。 特記事項 [ ].

次の