成長 痛 ふくらはぎ。 子供の「膝が痛い」は成長痛じゃない場合も。原因と病院選びのコツ|ひざ痛チャンネル

5歳児の成長痛の対処法と古来からある療法について

成長 痛 ふくらはぎ

「成長痛」という疾患は存在しない!? まず最初に知っておくべきことがあります。 それは、医学的には「成長痛」という明確な疾患は存在しない、ということ。 つまり、「成長痛とはこういう現象によって起こるこういう疾患を指す」という、はっきりとした定義はないのです。 しかし一般的に「成長痛」という名称で通されている症状としては、おおまかに2種類があります。 低年齢で起こる成長痛の原因 まず比較的低年齢で起こる足の痛みを指す「成長痛」について、ご説明します。 下半身のなかでも痛む部位は様々で、日によって痛む部位が変わることもよくあります。 また足の痛みが起こるのは夜であり、日中はまったく問題なく元気に走り回るため、足の機能自体に異常は認められません。 このような、低年齢での夜間に起こる成長痛の原因のひとつとして、精神的な問題から発症しているのではないかという説が挙げられます。 成長痛の原因は身長の伸びじゃない!? 一般的な解釈では、「成長痛」は「成長期にグングンと体が大きくなり、骨が伸びるスピードが早いために周りの筋肉や腱、靭帯などが無理に引っ張られて痛む」など、「骨(身長)が伸びている証拠」のように思われています。 しかし現在では、医学的にそのような現象(身長が伸びている証拠)はないとされています。 では精神的な問題とはどのようなことを指すのでしょうか。 よく挙げられるのが、「弟・妹ができて、親の目がそちらにいくようになった」などの、愛情に対しての精神的ストレスが痛みを生み出しているのではないか、という説です。 これは子供がウソを言っているのではなく、本当に下半身に肉体的な痛みを感じています。 しかしその痛みの根本原因は心にあるのです。 そのためもしも成長痛を訴える子供さんが該当する年齢であり、心当たりがあるのなら、話を聞いたり抱きしめてあげるなど、1対1できちんとコミュニケーションを取り、不安やストレスを取り除くようにしてあげましょう。 ただし、低年齢での成長痛の原因についての、もうひとつの説に「筋肉痛」が挙げられます。 日中に動きまわって筋肉を酷使したために、夜になると痛むことがあるのです。 そのため、子供が下半身の痛みである成長痛を訴えてきた際は、状況を踏まえて観察しましょう。 10代の成長痛は身長の伸びではなく「スポーツのしすぎ」? では低年齢の成長痛ではなく、およそ11歳以上からおこる下半身・足の痛みである成長痛とは、どのようなメカニズムで起こるのでしょうか。 いくつか原因はあるものの、代表的なものに「オスグッド・シュラッター病」が挙げられます。 「オスグッド・シュラッター病」(もしくは「オスグッド病」)とは、スポーツなど激し運動をよくする10代の子供の足に発症する、成長痛のひとつです。 膝のお皿の下部分に痛みが走ります。 そして骨には筋肉が付着しています。 そこに運動で長期的に過度な力が掛かると、激しい筋肉の収縮によって、筋肉についている骨が剥がれたり隆起したりしてしまうのです。 「オスグッド・シュラッター病」を起こしやすい動きは「ジャンプ」や「ダッシュ」などです。 そのためバスケットボール、バレーボール、サッカーなどの球技から、陸上競技まで、幅広いスポーツに渡って発症リスクの可能性が高いと言えます。 「オスグッド・シュラッター病」になった場合、特別な治療方法はなく、筋肉を過剰に動かさないように安静にするしかありません。 自然と骨の剥離や炎症が治るまで、ひたすら待つ必要があるのです。 この安静期間はおよそ10日間。 その間にしっかりと治して長くスポーツが楽しめるようにするほうが、無理をして手術をしなくてはいけないほどに悪化させるよりも重要だと考えましょう。

次の

子供のふくらはぎの痛みは「骨肉腫」の可能性も!症状や対処法は?

成長 痛 ふくらはぎ

私は小学生の頃から高校生まで成長痛に異常なほど悩まされた人でして、毎晩のように泣くほど苦しんでました。 今は悲しくも30代の立派なおじさんですが、過去の自分と同じ目に合っているのが現在の娘です。 前にこんな記事を書きまして 口内炎も成長痛も、もしかすると遺伝性ある?と思えるくらい娘とは悩むポイントが同じなんですよね。 ただ、自分が経験してきたからこそ教えられることもありまして、この成長痛に関しても 泣くレベルの痛みを劇的に緩和する方法はお湯に浸かることです。 そしてそれは娘にも同じ効果が得られたので確信しました。 夕方から夜中にかけて子供が訴える足の痛みを、なめちゃいけません。 私の体験談と共に少しお付き合い頂ければ幸いです。 泣くほど痛い、成長痛の対処方法 成長痛の痛みは入浴で治まります。 これは誰に教わったわけでもなく、毎日苦しめられた私が即効で痛みを和らげる方法として体験したこと。 どんなに激しく立てない程の痛みでも、少なくともお風呂に入っている間は痛みが和らぎます。 例えるなら地獄から天国ほどに劇的回復。 温度は高めの方が効果的。 メリットは即効性があり、入浴の瞬間から痛みが消えていく。 デメリットは成長痛に合わせると遅い時間になりがち。 高い確率でそのまま痛みとさよならできまして、更にお風呂の中で痛む足をマッサージすることで効果はいっそう高まります。 そもそも、原因は骨の痛みや筋肉の疲労とも言われています。 昼間活発に動いた反動で夜になって悲鳴をあげている状態なので、マッサージやストレッチでも痛みは多少抑えられます。 娘の痛みもお風呂で完治 これまで何度も娘が成長痛に苦しんで泣いてたので、そんな時にはお風呂を用意してきました。 入浴法をおすすめするのは即効性がり、副作用など皆無だからです。 耐えられずしくしく泣いている娘もお風呂に入った瞬間から 「あれ?だいぶ楽!治ったかも!」と言い始めます。 だけどちょっと落ち着こう。 入浴すると楽になり始めますが、すぐに出てしまうと時間経過とともに再び成長痛がぶり返す可能性もあります。 治ったからと安心せず、少しまったりするぐらいの余裕をもっていただきたい。 そしてこの過程があれば安眠に繋がります。 極端な話、痛みのある部位がお湯に浸ればOKです。 お子様のサイズに合わせた足湯の容器、バケツ、ベビーバス、これらは十分活用できます。 深夜のお風呂は大変だと想像がつくので、色々試してみて下さいね。 スポンサーリンク 成長痛に鎮痛剤は効くの? 鎮痛剤は成長痛に効果があり市販のものでも変わりありません。 病院に行った時に処方してもらうのも有りかと。 ただし成長痛の本人は子供のため、一般家庭にありそうなイブやバファリンは対象年齢15歳以上なので注意が必要です。 子供用でしたら が有名ですが、鎮痛剤はちょっと…。 または薬を嫌がるお子さんもいるので、ここらは親の判断によりけりです。 若かりし頃の成長痛体験談 もしあなたが成長痛を経験したことがなく、子供が成長痛で痛みに襲われてるのなら、想像以上にお子さんの痛みは大きいと感じてほしい。 3歳から成長痛は始まると言われてますが、痛みに泣く我が子を「どうしたら良いかわからない」で終わらせないでほしい。 夕方から深夜にかけて突然やってくる痛みは主に膝、腰、時には腕。 「どこら辺が痛いの?」と聞かれても良く分かりません。 だまってじっとするのは耐えがたい苦しみで、ただただのたうち回るほど痛いです。 痛みの程度は日によって異なりますが、激しい時には立ち上がることすら困難で、激痛に崩れ落ちてしまうほど。 タイミングは寝る前の時もあれば深夜に痛みで目覚めることもあります。 私の場合は小学生~中学生の頃がピークでして、部屋の布団で1人我慢するのに必死でした。 時には苦痛に耐えながらもなんとか眠りにつき、ようやく朝を迎えたもののまだ痛いことに気づく。 足を引きずりながら登校することもありました。 スポンサーリンク 成長痛の明確な定義は存在していない 一般的に成長痛が起こるのは成長期であり、子供の成長時期に合わせて発生するので「成長痛」。 医学的に明確な定義が現在もなされていません。 理解してほしいのは、 成長痛はとても便利な言葉だということ。 症状は主に下半身に集中• かかと・膝・脛・腰・股関節。 膝から下の痛みを訴えることが多い。 夕方から朝方にかけてまで鈍い痛みを伴う。 多くの場合は30分から1時間程度の短時間で快方に向かう。 簡潔に以上の特徴が成長痛でして、病院に連れて行ってもこの症状を伝えれば成長痛と答えが返ってくることが多いです。 子供が毎日のように痛みを訴えるので病院に連れて行った。 レントゲンを撮る。 だけど問題はなかった。 「成長痛」と答えを頂いて終わる。 ただそう言われると安心できるのが親でもありますが、結局はなんの対策もないまま自分たちでこれから成長痛と向き合っていくことになります。 とはいえ病院は大事。 違和感を覚えた時には真っ先に病院に通って下さい。 成長痛なのか、違うのかの判断がとても重要になります。 まとめ 確かな原因は不明とされる成長痛のお話しですが、成長痛とちょっと違うかな?と思われた場合には診察されるべきです。 実は成長痛ではないケースも存在します。 また、なりやすい人とそうでない人がいます。 私も昔、兄弟で発症したのは自分だけでした。 そして今もうちの家族では次女だけが頻繁に悩まされています。 明確な対処方法がないので、とにかくお子さんに対して親がとれる行動は気にかけてあげること。 小さいお子さんだと親に興味をもってもらいたくて 「痛い」と表現する場合もあります。 安心させてあげるだけでも快方に向かうこともあり得まして、だからこそ心のケアも大切です。 成長痛には入浴法:お子さんが辛い時には是非ためしてみてはいかがでしょうか?.

次の

成長痛とは?痛みを和らげる為の対処法は?治すことはできるの?

成長 痛 ふくらはぎ

子供のふくらはぎの痛みについて 子供が身体の一部の痛みを訴えてくることは、成長していく過程でよくあることですよね。 「ふくらはぎが痛い」と訴えられたことのある方もいらっしゃるでしょう。 原因や対処法は続きでご紹介します! ふくらはぎの痛みの原因や症状は? 子供のふくらはぎの痛みの原因は、 【成長痛】や【骨端症】などが考えられます。 幼児期の成長痛は 3~5歳頃に起こることが多く、夜中に痛みを訴えることも。 翌朝にはケロッとしていることが多く、精神的に不安定なときに起こるとも言われていますが原因は不明です。 小学校低学年では踵が痛くなることもあるようですが、成長痛であればレントゲンを撮っても何の異常も見られません。 小学校高学年になると運動量も増え、 「軟骨の炎症による骨端症」と診断されることが多いようです。 成長期に気を付けることとは? 子供の成長期には 骨だけが急激に伸びるため、筋肉や腱もそれに伴って引っ張られて成長していきます。 しかし、筋肉や腱は骨と同じように成長出来ないため、【成長痛】が起こります。 さらに成長痛が起こる時期に部活などで激しい運動を行うと、筋肉が固く緊張状態になってしまうので、 ストレッチなどのケアが十分に行われていないと痛みを引き起こす原因の1つになるようです。 スポンサーリンク 成長痛の治療や対処法について 成長痛の治療や対処法としてストレッチ方法の指導や生活習慣の見直し、身体の歪みの改善や姿勢の矯正、筋肉と骨格のバランスを取るといった方法が行われます。 幼児であれば、痛いと訴える部分をさすってあげ、ぎゅっと抱きしめてあげることで落ち着くこともあるようです。 お子さんがふくらはぎの痛みを訴えてきたときは、ぜひ参考にしてくださいね。

次の