日蓮宗 と 日蓮 正宗。 日蓮正宗

[mixi]日蓮宗と日蓮正宗の教義の違い

日蓮宗 と 日蓮 正宗

日蓮宗と日蓮正宗の違い まず、「正宗」の意味であるが、古来からお経を研究する時、そのお経を(序文=序分)(本論=正宗分)と(流通分)の三段に分けてみることが行われた。 正宗とは正宗分のことで、本論の意味である。 日蓮正宗は別名、日興派とも富士門流とも言い、日蓮聖人の直弟子である六老僧の一門流である。 日興上人は、純信一徹で妥協を許さぬ厳格な人であったようで、しばしば同じ六老僧の一人、日向上人との間で、信者の指導方法で対立があった。 結局は、他の五老僧と訣別して分立し、富士の大石ヶ原に大石寺を…また重須に本門寺を建立した。 このような、日興上人のやり方について行けない人も多かったようで、多くの離反者を出し、ますます孤立化していったという。 やがて、自分たちの門流を富士方、他の五老僧たちを鎌倉方と称して、さらに独立の意識を鮮明にしていった。 これに対し正宗では、六老僧の一人である日興上人だけを正式な直弟子と認め、日蓮聖人から日興上人に秘密の法門(教え)が伝授された…として他の五老僧を否定する。 もっとも重要な法門(教え)は、法主一人しか知ることが出来ず、代々の法主から法主へと伝授されるのであり、文字通りの法門の主なのである。 日蓮宗では、南無妙法蓮華経を唱えることを「正行」と言い、法華経の本文を読誦することを「助行」と言う。 これは、正宗も同じである。 ただ、日蓮宗では、方便品・寿量品・神力品などの要品を必要に応じて読誦するが、正宗では方便品と寿量品の二品しか読誦しない。 お曼荼羅を本尊とするのは、日蓮宗も正宗も同じであるが、その授与については異なっている。 日蓮宗では、各寺の住職が日蓮聖人の書かれた本尊曼荼羅を拝写して、檀信徒に授与できる。 しかし正宗では、大石寺の貫主(法燈職)だけが、本尊を書写し授与することが出来るのである。 明治頃には、全国に50ヶ寺ほどしか末寺がなかった正宗であるが、創価学会の急成長で信徒数・公称800万世帯と言われ、会員への本尊授与システムが変わっていないのは、ある意味で立派だと言えよう。 日蓮宗では、お曼荼羅の他に仏像形式の本尊を認める。 正宗では、彫刻した仏像形式の本尊は認めない。 日蓮正宗の著しい特徴は、「宗祖本仏論」あるいは「日蓮本仏論」と呼ばれる教えである。 真の本仏から、最初に教えを受けた上行菩薩と呼ばれる菩薩は、法華経だけに現れ、他のお経のどこにも現れない。 上行菩薩は、もっとも高貴な菩薩である。 日蓮宗では、その上行菩薩こそ日蓮聖人その人であるとして『日蓮大菩薩』と尊称している。 正宗の主張する日蓮本仏論では、日蓮聖人が上行菩薩と認めはするが、本当の解釈は少し違うのである。 日蓮聖人は、真の本仏の再来であり、久遠(永遠の存在)の釈尊の生まれ変わりであるというのである。 日蓮宗も日蓮正宗も、日本国を「妙法蓮華経」で浄土化、妙法化することが信仰運動の目的となっている。 正宗は、富士山本門寺に戒壇(本尊を祀って正式に師匠弟子の関係をつくる場)を建立することが、日蓮聖人の御遺命であるとする。 その為に、折伏が実践され、信徒の増大を目指している。 日蓮宗では、そのような戒壇を建立する為に、宗門として運動を起こすことはしていない。 「寺院」をもって戒場、戒壇と考え、妙法蓮華経を受け保つ信念を持戒(戒を受ける)と考える。 日蓮宗では、日蓮聖人の御真蹟か、またはそれに準ずる御遺文に基づき…、 現代の世の仏宝とは、久遠実成(永遠の存在)の釈迦牟尼仏。 同じく法宝は、南無妙法蓮華経。 同じく僧宝は、本化上行菩薩の日蓮聖人。 これを三宝とする。 日蓮正宗では………、 仏宝は、日蓮聖人。 法宝は、お曼荼羅(日蓮聖人の直筆) 僧宝は、六老僧の一人である日興上人を以て三宝としている。 創価学会は、昭和五年に牧口常三郎が「創価教育学会」を創設し、同じく二十一年に、戸田城聖が「創価学会」に改名して再建。 日蓮聖人の教え(教学)に、美・利・善の価値論を結合したものである。 現在、創価学会は大石寺と決別している。

次の

日蓮宗と日蓮正宗の違いをわかりやすく解説します

日蓮宗 と 日蓮 正宗

ネットを閲覧していると『日蓮宗がやばい』という情報をよく見かけます。 『創価学会と繋がりがあるんでしょ?』 『日蓮って過激な人だったんじゃない?』 確かに、それらは事実といえば事実です。 ただ、日蓮は何百年も前の人ですし、今ある日蓮宗は宗派がたくさんあります。 日蓮宗は創価学会の元というのも本当です。 ですが、すでに破門されています。 正しい情報を知らず、憶測が飛び交っているのが現状のようです。 ただし・・・ 日蓮宗の荒行で亡くなっている人は、平成に入ってからも数人います。 この事実は無視できませんね。 修行が厳しすぎて死ぬって・・・さすがに現代社会にはミスマッチです。 今回は、日蓮宗について紹介していきます! どうして日蓮宗は『やばい』と言われてしまうのか? 日蓮正宗ってヤバい宗教ですか? 元々、 創価学会と同じ宗教だったそうですが… 私の友達の1人に日蓮正宗の信者がいます。 両親も信者で、生まれた時から宗教に入ってるようです。 その子はよく偽善的な発言をします。 そんなことしたらダメだよとか言ってくるくせに、その子が一番してるんです。 例えば、人の悪口はダメだよと言うのに、その子が友達の中で一番陰で悪口言ってます でも、その子の一番の友達は、怪しい宗教信者だからだって言うのです。 やはり、宗教に入ると教えとか叩き込まれて、いい子ぶるような人になってしまうのでしょうか…? その子と気が合わないし、偽善者なんで最近イライラしてます。 引用: 日蓮正宗の友達が、偽善的な発言をするという意見です。 日蓮正宗は日蓮の弟子『日興』が作った宗派です。 なので、日蓮の考えを色濃く継承しています。 日蓮には、複数の弟子がいました。 日朗 日蓮宗とは、基本的に他宗教を否定するスタンスです。 浄土信仰を批判する意見書(立正安国論)を、鎌倉幕府に提出したりもしています。 そういった意味で『他を受け入れない過激な思想を持った宗教』というイメージが浸透していきました。 さらに、ある組織との結びつきによって、より一層イメージが変わっていきます。 日蓮の弟子『日興』は、 日蓮正宗という宗派を作りました。 100日間荒行|命を落とす荒行の実態 日蓮宗の「荒行」で起きた死亡事故が波紋を呼んでいる。 千葉県市川市の中山法華経寺で毎年11月1日から2月10日にかけて行われる「100日間荒行」は、過酷なことで知られる。 極寒のなか、修行僧は1日7回水を浴び、その合間に読経を続ける。 食事は朝夕2回、粥と汁物のみ。 睡眠時間は約3時間しかない。 そんな厳しい荒行で昨年度、30代の僧侶が死亡する事故が起きた。 引用: 日蓮宗には、 『100日間荒行』という修行があります。 厳しい修行によって悟りを開くことを目的としています。 真冬に1日7回の水浴び• 睡眠時間は3時間• 食事は1日2回(粥と汁物のみ)• その他の時間は読経 考えただけでも恐ろしい修行内容ですね。 100日間もこのような荒行を続ければ、死者が出るのも仕方ないのかもしれません。 そもそも日蓮宗とはどんな宗派? 日蓮宗は、鎌倉時代1,253年に日蓮が開宗した宗派です。 鎌倉時代といえば、それ以前の仏教に不満を持った僧侶が多かった時です。 現在の日本仏教に残る宗派の多くは、この時に誕生しました。 浄土宗• 浄土真宗• 臨済宗• 曹洞宗• 日蓮宗• 時宗 があります。 法華経とは『緒経の王』と呼ばれるくらい重要な経典で、大乗仏教の中核をなしています。 仏陀が晩年にまとめた説法とされています。 山梨県にあります。 曼荼羅とは死後の世界、極楽浄土を表現したモノです。 そのため、数珠の素材は黒檀・紫檀という硬い材質の珠を用いて作ります。 『数珠曼荼羅』というものもあり、珠の一つ一つに諸天・菩薩・星などの意味を持たせています。 特に四天の小珠を 末世に法華経を伝える4人の菩薩に見立て、四菩薩と呼びます。 また、創価学会と結びついたことも要因となっていますが、現在では破門しています。 ですが、創価学会は日蓮宗の思想をやめてはいないので、混同されてしまうのでしょう。 荒行に関しては本当にやばいです。 死ぬほどの修行は現在の価値観にはマッチないでしょう。 ・・・やばいかどうかは、人によるのかもしれませんね。

次の

日蓮宗用正式数珠 お数珠の安田念珠店へ。数珠の購入なら総本山御用達の安田念珠店へ。

日蓮宗 と 日蓮 正宗

日蓮宗とは 日蓮宗は、お釈迦様が説法された中で最も尊いと言われている 『法華経』をよりどころとして、それを信じていれば仏となれるという教えです。 南無妙法蓮華経という一説を唱えることで、仏に近づけると信じられています。 これを説いたのが日蓮聖人で、とても気性が激しく、 日蓮宗以外の宗派に対して激しく反論したりなど、 その当時評判が良くなかったそうです。 そのため日蓮聖人は山で弟子を育てることに専念しました。 日蓮正宗とは 日蓮の弟子の中で直弟子となった6人の僧侶がおり、 それぞれ、日昭、日朗、日興、日向、日項、日持と言います。 この弟子たちは、日蓮聖人のように激しく批判したり、 日蓮宗を信じろと強く広めていくのはやめようと決めて、 もう少し優しく教えを説いていこうではないかと決めました。 しかし、6人のうちの一人である日興は、原理主義だったために他の5人に反発し、 新たに日蓮正宗を作り上げたのです。 日蓮正宗は、別名日興派とも呼ばれています。 しかし、日興のやり方についていけないものも多く、 さらに孤立化してしまったという事です。 日蓮宗と日蓮正宗 2つの宗教の違い まず、日蓮宗では日蓮の直弟子6人で、それぞれを認め合って 大きな組織として形成されていました。 一方、日蓮正宗は、宗教を立ち上げた日興のみを弟子として認めるよう変更し、 他の5人をないがしろにしました。 その後は、日蓮から日興へ、そしてまた次の弟子へと、 一人の師匠から一人の弟子へと伝えていく形式になっています。 次に、ご本尊の違いです。 2つの宗派とも、曼荼羅を本尊としていますが、 日蓮宗の場合は仏像がご本尊でも認められます。 しかし、日蓮正宗では仏像をみとめていないのです。 また、日蓮宗では、お寺の住職が書き写した曼荼羅を、 信徒に与えることができるのですが、日蓮正宗では大石寺の貫主だけが、 書き写して与えることができる唯一の役割となっています。 このように、宗派の成り立ちから見ても、対立している2つの宗派。 人を救う立場のお坊さんたちが争っているとはどういうことだ…と感じてしまいますが、 そんな2つの宗派でも同じ点があります。 それが、救われる呪文である「南無妙法蓮華経」を唱えるという点なのです。

次の