コカ・コーラ 株価。 【KO】コカ・コーラの株価・配当金の推移と銘柄分析

コカ・コーラ(Coca

コカ・コーラ 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

2000年前後にコカ・コーラ株に投資していたら、10年保有してもリターンはマイナスだった | Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

コカ・コーラ 株価

コカ・コーラ(KO)ってどんな会社? 日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーなんでも、簡単に説明したいと思います。 世界最大の清涼飲料水メーカーということで、商品名となっているコカコーラは日本でも飲んだことのない人はいないぐらい有名ですよね。 コカコーラ以外にも、ダイエットコークやファンタ、スプライト、ミニッツメイドのようなブランドも展開しています。 清涼飲料水の分野では日本でもおなじみペプシと2強。 ただペプシは、ブランド力はコカ・コーラに勝てないこともあり、清涼飲料水の分野ではコカコーラに勝てないので、ポテトチップスなどのスナック菓子に力を入れていますね。 創立1892年で、100年以上の歴史と200を超える国や地域に展開していて、世界中でコカコーラを販売している、グローバル巨大企業です。 コカ・コーラ(KO)の株価の状況は? では早速ですが、コカ・コーラの株価の状況をみていきましょう。 ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。 コカコーラの株価データ コカ・コーラの株価データ(2019年1月17日現在)を簡単にまとめました。 ・圧倒的ブランド力 ・バフェット銘柄 と言うこと。 クイックにみていきます。 日本でもコカ・コーラこと知らないない人というのはおそらくいないですよね。 子供からお年寄りまでみんなが知っているブランド。 このブランド力というのが、投資するにあたって重要なポイントとなります。 世界最大級のブランドコンサルティング会社のインターブランド社は、世界規模で事業展開を行う企業を対象としたブランドランキングを毎年発表しています。 コカ・コーラは2013年にアップル社に1位を譲ったものの、13年間常に1位だったんですよね。 聞いたこともないようなメーカーが作った炭酸飲料と、コカコーラ社が製造販売している炭酸飲料どちらを選ぶか? おそらく多くの人は、口にはいる飲み物なので若干コカコーラ製品が割高だったとしても、コカコーラ社のものを選択する。 なので、同じような 清涼飲料水メーカーと競合したとしても、ブランド力があるので売上が落ちずらいし、業績が安定化しやすいと言うことです。 コカ・コーラの筆頭株主はバフェット コカ・コーラは投資の神様と言われるウォーレン・バフェットが投資している銘柄として有名です。 発行済株式数の約10%をバフェットが運営するバークシャーハサウェーが占めていますね。 バフェットは、少数銘柄への集中投資によって巨額の富を築いた投資家。 このスタイルは今でも変わらずです。 バフェットがコカ・コーラに目をつけたのは、まさにそのブランド力が他社の追従を許さないほどの圧倒的なものだったからです。 バフェットはIBMのように魅力のなくなった銘柄は容赦無く手放しますから、 投資の神様が今でも大量保有する銘柄ということで、そのコカ・コーラの価値が色あせていないという裏付けにもなっていますね。 コカ・コーラの株価推移(チャート)は? 次にコカ・コーラの5年チャートをみていきましょう。 以下が、過去5年のチャートです。 それに対してコカコーラはそこまでではないかな、と言ったところです。 2018年までは株価が下値を切り上げて、ゆっくりと値上がりはしていましたが微増。 コカ・コーラでは収益構造の転換を進めていて、この時期の業績は減収していた影響もあります。 チャートを見ると、投資するタイミングが重要に見えますが、長期投資で肝心なのは銘柄の分散や積立を行うことです。 株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着けることから。 以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。 以下の配当推移をみていただくとわかるとおり、配当金は綺麗な右肩上がりとなっています。 コカ・コーラは、 ・連続増配57年 ・配当利回り約3% と言うことで、 これはもうすごいなと思います。 過去5年の増配率の平均値が5. これぐらいの増配率を維持しつつ57年連続増配っていうのは、やはりすごいなと思います。 とはいえ、2019年の増配金額っていうのは 0. 04ドルしか増配してなくて、2015年、16、17、2018年が 0. 08ドルということを考えると、ちょっと苦しくなってきているのかなと行ったところです。 なお、連続増配銘柄として有名なコカ・コーラですが、米国株にはこの他に多くの高配当でしかも連続増配を続けている企業があります。 中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。 おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。 コカ・コーラの売上高や利益は? 次にコカ・コーラの業績をみていきます。 以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。 圧倒的なブランド力で業績鉄板と思われていたコカ・コーラですが、収益は2012年をピークに右肩下がりですね。 それはコカコーラの製品を製造する事業の縮小しているためなんですよね。 2019年は収益構造の転換が奏功して、営業利益率が上昇するなど業績が改善。 これに伴い、株価も大幅に上昇しています。 コカ・コーラの株は成長期待で買いか? 圧倒的なブランド力を有するコカ・コーラは、長期保有に向いた銘柄ですね。 実績をみても57年連続増配で配当利回りも3%程度で悪くない。 これに プラスして値上がり益も期待できるという銘柄といえます。 なので、成長を期待して投資している人もいますが、値上がり益よりは安定した高い配当金と増配率を期待していて、配当金を再投資していくとい投資手法を取っている人が多い。 業績も営業利益率が上昇していて、収益構造の改善が進んでいることもあり、長期的に安心して保有できる銘柄といえますね。 米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0. 45%(最大20ドル)。 日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。 その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 「コカ・コーラの株価」まとめ 今回は、コカ・コーラの株価ということで、株価推移(チャート)と株は買いかについて述べてきました。 先進国を中心に健康意識が高まり、砂糖入り清涼飲料水の売り上げが伸びていませんが、ゼロシュガーコーラやエナジードリンクの販売、コーヒチェーンの買収などの取り組みを進めており業績は改善していますね。 圧倒的ブランド力と57年連続増配中。 景気が悪化しても売り上げが落ちないコカ・コーラはまさに長期保有に向いた銘柄といえるでしょう。 最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 米国株に関する情報を効率よく収集するには? 日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信する モトリーフール。 メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が 無料で送られてきます。 自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。 モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。 米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。 登録は無料です。 >> なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。 米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは? 株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。 やはり資産運用の基本は 、 米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 特に NTTドコモユーザーには、ドコモ口座と連携させたり、dポイントを通常より1. 5倍もらえるなどメリットがいっぱいです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 40年以上連続増配を続けているマクドナルドの銘柄分析です。 新型コロナ拡大により業績が落ち込んでいる中、今後の株価の見通しとは? コカ・コーラの業績についてまとめています。 生活必需品株の代表銘柄ということもあり業績も底堅いです。 新型コロナ拡大でも、家庭用洗剤などの需要が底堅く、業績も堅調です。 今後の株価の見通しについて分析です。 しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。 今後の見通しについてまとめました。 米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。 主要ネット証券会社の手数料を比較。 オススメの証券会社はどこか?.

次の

【KO】コカコーラの株価と決算、配当

コカ・コーラ 株価

Contents• コカコーラ KO の歴史 19世紀末期アメリカでは医者不足から代替医療が庶民に多く受け入れられました。 自然療法医や薬剤師が自らの治療法や薬剤を売り込んでいました。 その一方、1867年に人工的な炭酸水が発明されました。 当時は何らかの効能があると思われていた炭酸水を調合して飲ませるソーダファウンテンが薬局に併設されるようになりました。 そんな自然療法家の一人のジョン・S・ペンパートンがコカインを使った薬品酒の開発を思いつきました。 ワインにコカインとコーラのエキスを調合したものを開発しました。 精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出しました。 もともとは薬だったんじゃな!驚きじゃ・・・。 しかしコカイン中毒が問題になり、禁酒運動により売れなくなる恐れがでてきました。 ワインに代えて炭酸水のシロップとして売り出すことに成功しました。 ペンパートンのビジネスに参加したフランク・M・ロビンソンによってコカコーラと名付けられました。 時は1886年のことです。 ペンパートン博士が発明し、友人であるロビンソンが名付けました。 これがコカコーラのはじまりです。 翌年にコカコーラの試飲クーポンを配布、1892年にコカコーラカンパニーを設立。 1895年に全米で販売し、この頃から国民的飲料となります。 「いつでも、どこでも、誰にでも」コカコーラを提供するために積極的に市場へ展開していき、徐々に世界へ広がっていきました。 近年では、中核事業である炭酸飲料水事業の事業戦略を見直し、売上と収益性を重視する方針へと転換しています。 同時に市場における健康志向の高まり、消費者の嗜好の多様化を受け、 ミネラルウォーターやコーヒーなど非炭酸飲料水のラインナップを拡充しています。 この取り組みにより、売上高成長率は米国の大手小売企業の平均成長率を継続的に上回っています。 清涼飲料市場におけるシェアも26四半期連続で維持拡大し続けています。 1987年3月12日からに採用されておるぞ! コカコーラの業績 バフェット銘柄でもあるコカコーラの業績も見ていきましょう。 年度 Dec-20 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 Dec-20 売上高 45,998. 00 44,294. 00 41,863. 00 36,212. 00 34,300. 00 37,266. 00 38,921. 63 営業利益 8,505. 00 7,722. 00 7,400. 00 7,417. 00 7,741. 00 9,322. 00 11,036. 95 税引前当期利益 9,325. 00 9,605. 00 8,136. 00 6,890. 00 8,225. 00 10,786. 00 — 当期利益 7,098. 00 7,351. 00 6,527. 00 1,248. 00 6,434. 00 8,920. 00 9,699. 05 売上高は5年前に比べ低迷していますが営業利益、当期利益は拡大しています。 年間の売上高は2012年をピークに減少していますがその背景には消費者の世界的な健康志向の高まり、 つまり時代のニーズにあった商品開発が急がれています。 また分かりやすくグラフ化するとあまり良くないように見えます。 しかしコカコーラはボトラー業務を本体から切り離す手続きをしています。 そのため売上高が落ち込んでいるといっても業績が悪いわけではありません。 利益率の低いボトラー業務をせずに、製品の企画や原液の供給のみに経営資源を集中させることでグループ再編を目指しています。 収益性の高い企業へと生まれ変わっている途中であるといえるでしょう。 コカコーラのEPSとBPSについて 1株あたりの純利益(EPS)と純資産(BPS)をみてみましょう。 Dec-14 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 Dec-20 EPS ドル 1. 62 1. 69 1. 51 1. 14 1. 51 2. 09 2. 25 BPS ドル 6. 94 5. 91 5. 38 4. 01 3. 98 4. 43 4. 92 わかりやすくグラフ化してみます。 2016年、2017年のEPSが減っているのは再フランチャイズ化に伴う費用がかかっているためです。 上記の売上高のところで触れたように、原液を作りボトラーに売る上流工程の方が利益率が高くなります。 そのため再フランチャイズ化を実施することで経営の効率化を図ろうとしています。 ですのでEPSの減少の年は未来への投資を行なっているからです。 その結果が翌年以降にでているのがグラフでよくわかります。 2012年以降は1%前後の自社株買いを毎年実施しています。 67 3. 61 3. 54 2. 46 3. 38 3. 32 3. 22 2. 12 2. 02 2. 94 2. 88 2. 82 2. 76 3. 68 2. 62 2. 56 2. 50 2. 44 1. 40 1. 36 1. 34 1. 32 1. 30 0. 28 0. 25 1. 22 1. 20 1. 17 1. 14 1. 12 1. 10 1. 一貫して右肩上がりの配当金額となります。 Dec-14 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 Dec-20 PER(倍) 26. 09 25. 43 27. 42 41. 2 33. 77 23. 07 21. 39 グラフで見てみましょう。 26倍とやや高めではありますが、これは将来の利益成長に対する投資家の期待が高いからではなく、 将来の利益の「安定さ」に対する期待が高いからです。 また飲料や日用品の需要は安定はしていますが、急に増えるわけではありませんし世界人口も急に増加するわけではありません。 しかしコカコーラは景気に左右されず安定しています。 なぜなら高いブランド力があり景気循環に関係なく高収益を得られる企業の株だからです。 多少割高でも買いたいと思う投資家は多いはずです。 コカコーラは利益安定度ばかり注目されていますが、将来の利益成長力が過少評価されている可能性があると思います。 実際26倍で高いと思われているPERですが遠い遠い未来の利益成長余地まで考えれば、 もっと高いPERでもいいのではないでしょうか。 まとめ これだけの成長を続けるコカコーラ。 今後の目指す姿は製品展開、業績指標、事業運営がポイントになってくるのではないかと思います。 2017年はコカコーラにとって変革の年でした。 売上高、利益ともに通年で業績目標を達成しつつ、2018年さらに業績を伸ばすために幅広い製品カテゴリでブランドの価値を高めトップシェアを獲得、または維持する土台を築きました。 製品展開として消費者を全ての中心に据えて、ブランドのポートフォリオを拡大、消費者の動向に変化があれば、それに合わせて動くように消費者を出発点と考えています。 実際、買い物の仕方も変化してきており、日常のあらゆる場面でデジタル化がすすみ売り手の企業も大きく変化しています。 また業績指標としては売れた数よりも収益を重視するように方針転換しました。 その戦略の一環で小型パッケージの販売を推進しています。 事業運営としては身軽でダイナミックな体制の構築です。 1国で成功したブランドを迅速に他国へ展開しています。 各国の現地法人はさまざまな製品を世界中に展開できる可能性があるということは大きな強みになります。 この変革により現在の業績につながっているのではないかと思います。 何度も言いますがコカコーラは50年を超える連続増配記録をもつ配当王です。 もし1957年から保有し、配当を再投資していれば年利約15%という結果になります。 キャッシュフローもリーマン時でも本業の稼ぎは減らず、不況に強いディフェンシブ銘柄であるとも言えます。 中長期的にみれば、保有し続ける銘柄であり、今後も利益の安定さには期待できるのではないでしょうか。

次の