グッドラック 司会。 グッとラック(立川志らくの情報番組)はつまらないのか?早くも終了か降板?

グッとラック!

グッドラック 司会

9月30日にスタートしたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」が苦戦を強いられている。 TOKIOの国分太一(45)が司会を務めた「ビビット」から、立川志らく(56)を新司会に迎えて新番組を立ち上げたが、数字的には大幅なアップとはならなかった。 9日のオンエアでは1・9%と、ついに1%台にまで落ち込んだ。 ただ、そんな現状にもTBS内は意外と落ち着いているというのだ。 「局内には『ビビットと同じくらいの視聴率を取れているなら、まだマシ』という空気がある」とは前出のテレビ関係者。 というのも、新番組では、前番組の「ビビット」で女優の真矢ミキが務めていたアシスタントを、局アナに切り替えるなど制作費を削減しているという。 とはいえ、これは経営体力のあるTBS内部の事情であって、体力に乏しい地方の系列局からは、それこそ「視聴率命!」という悲鳴も聞かれる。 視聴率が低迷する現状に「スポンサーが取れない」と泣きの声が上がっているという。 出鼻をくじかれた格好の「グッとラック!」だが、希望もある。 2009年にスタートした同局昼の情報番組「ひるおび!」も番組開始当初は鳴かず飛ばずだったが、 11年度から8年度連続で昼の時間帯の年度平均視聴率1位を獲得と大化けしたという例がある。 「グッとラック!」も同じように大化けする時が来るか。 yahoo.

次の

富山を象徴する四季の風物詩を、自信を持って発信しよう!

グッドラック 司会

タレントの(41)が5月12日放送の『グッとラック』(TBS系)に、リモートで出演した。 番組では、内閣が検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁法改正案を巡る問題について特集された。 だが、上地に対する番組の進行が物議を醸している。 法改正されることによって内閣による恣意的な人事が可能になり、検察官の政治的な独立性や中立性が脅かされると危惧されている。 そのため、多くの芸能人も「#検察庁法案改正に抗議します」とTwitterで反対を表明していた。 コロナ禍である現タイミングで改正が進められることについて、意見を求められた上地は「この時期ではなくても改正されるわけですよね?」と司会の立川志らく(56)に質問。 すると志らくは、「それは別にコロナが収束した後でも十分審議すればいいわけですから」と回答。 上地が「コロナの収束時期がわからないから、今でもいいのではないかなと思うんですけど」と続けると、志らくは「だから今やっちゃおう(改正してしまおう)ということなんですよね」と説明。 だが上地は「今やるべきことではないかもしれないですけど、今やるべきことでもあるのかもしれない」と私見を述べた。 「番組内で上地さんは『法案を読みました』と話していましたが、『何が問題かわかっていますか?』や『わかってない感じがする』といった言葉をかけられていました。 志らくさんや他の出演者はギャグを交えたつもりだったのかもしれません。 だが、なかには上地のような意見を持つ人もいる。 あたかも「上地が理解していない」と見せる番組進行に、視聴者からは異論が上がっている。 《最近、朝はグッとラックを見てるけど、昨日の上地雄輔いじりは見ててあんまり気持ちよくなかったよ。 ひとつの話題について、アナウンサーがさ、ほんとに分かってますか? と何度も聞いてた。 そう思ってたとしても失礼じゃない??》 《議論はいいけど説得はダメでしょ。 これこそ同調圧力じゃないの?》 《改正案に反対しなきゃいけないみたいな流れが気持ち悪い。 反対も賛成も個人の自由である筈なのに》 外部サイト.

次の

グッとラック見逃し 動画 フル 無料配信視聴 再放送/立川志らく/TBS 2019年9月30日~初回放送|シネマVODファン

グッドラック 司会

9月30日にスタートしたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」が苦戦を強いられている。 TOKIOの国分太一(45)が司会を務めた「ビビット」から、立川志らく(56)を新司会に迎えて新番組を立ち上げたが、数字的には大幅なアップとはならなかった。 9日のオンエアでは1・9%と、ついに1%台にまで落ち込んだ。 ただ、そんな現状にもTBS内は意外と落ち着いているというのだ。 「局内には『ビビットと同じくらいの視聴率を取れているなら、まだマシ』という空気がある」とは前出のテレビ関係者。 というのも、新番組では、前番組の「ビビット」で女優の真矢ミキが務めていたアシスタントを、局アナに切り替えるなど制作費を削減しているという。 とはいえ、これは経営体力のあるTBS内部の事情であって、体力に乏しい地方の系列局からは、それこそ「視聴率命!」という悲鳴も聞かれる。 視聴率が低迷する現状に「スポンサーが取れない」と泣きの声が上がっているという。 出鼻をくじかれた格好の「グッとラック!」だが、希望もある。 2009年にスタートした同局昼の情報番組「ひるおび!」も番組開始当初は鳴かず飛ばずだったが、 11年度から8年度連続で昼の時間帯の年度平均視聴率1位を獲得と大化けしたという例がある。 「グッとラック!」も同じように大化けする時が来るか。 yahoo.

次の