相棒 ブラック パール の 女。 第6話「ブラックパールの女」2018年11月21日(水)|ストーリー|相棒 season17|テレビ朝日

相棒17第6話の感想と第7話のあらすじ 平成の毒婦は,カッツアイの西田尚美。次週は特命係の亀?

相棒 ブラック パール の 女

ハンニバル・レクター博士か! 『相棒season17』(テレビ朝日系、水曜午後9時)(公式)の第6話「ブラックパールの女」。 平均視聴率は16. 脚本・山本むつみ。 監督・権野元。 相棒 season16 上 朝日文庫 遠峰小夜子とレクター博士 西田尚美演じる遠峰小夜子は、連続殺人事件で塀の中にいる。 詐欺は認めているが、殺人は否認。 塀の中から、特命係の杉下右京と冠城亘を使って事件を解決するというキャラクターなのだ。 ハンニバル・レクター博士か! ハンニバル・レクターは、トマス・ハリスの『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『ハンニバル・ライジング』に登場するキャラクター。 なんといっても、アンソニー・ホプキンスがレクターを演じた映画『羊たちの沈黙』で知名度をあげた。 レクター博士は、優秀な精神科医。 塀の中にいながら、新人FBI捜査官クラリス(ジョディ・フォスター)を翻弄し、主導権を握り、事件を解明するのだ。 挿核手術っていわれても 遠峰小夜子は、まさに相棒版ハンニバル・レクター。 「弁護士は利害のためにしか動かないでしょ。 わたし真実を追求する人と話しがしたかったんです。 記事がいかにデタラメか分かってほしくて」 と語りニヤリと笑う遠峰小夜子。 真実の追求は、記事のデタラメさだけではない。 警察が事件性がないとみていた溺死事件の真実を追求するのが裏の目的だったのだ。 平成の毒婦・遠峰小夜子が黒真珠詐欺をする回想シーンで出てくる。 これが、すごい。 「真珠は取れるんじゃなくて生まれるんです」 と言いながら、四つん這いで男の横に移動。 「美しい真珠を育ませるあめに」 手をとり、男の手を開く。 「貝にメスで切り込みを入れて」 男の手のひらに指を置き、すーっと動かす。 「挿核手術っていうですけど」 ぎゅっと手を握りしめさせて 「核を仕込みます」 指二本、握った手に挿入する。 そして、手を開くと、黒真珠がそこにある。 これは、騙される男がいるよなー。 怖いなー。 しかも、彼女は相貌認識能力が高く、一度見た顔は忘れない。 初対面と思わせて、話をピッタリとあわせてくる。 天才的詐欺師だ。 『相棒season16』の第9話「目撃しない女」では、人の顔が覚えられない相貌失認が扱われていた。 この話も、脚本は山本むつみだ。 モンスターにはモンスターを 毒婦・遠峰小夜子の言葉をきっかけに捜査を進める右京と冠城。 冠城亘「魔性の女が美女に限るなんて経験値が低いヤツの言うことです」 青木敏夫「あなたのようにストライクゾーンが広ければぼくの経験値もあがるんですけどね」 などと能天気な会話をしている間も、冠城さんは毒婦の手玉に乗っていたわけである。 連城の「モンスターにはモンスターをと考えましたがね」というセリフ。 「いつもあなたの思惑どおりに行くとは限りませんよ」右京さんの宣戦布告。 「あの2人、使える」遠峰小夜子の独り言。 さらに、「彼女にはうかつに近づかないように。 彼女は危険です」「なに言ってるんですか。 俺は会うことはありませんよ」「そうだといいのですかねぇ」右京と冠城の会話は、ダチョウ倶楽部さんの「押すな押すな」だ。 いずれ遠峰小夜子が再登場して、冠城さんがもっとたぶらかされて、右京さんとの全面対決の時がくるのだろう。 次回、「特命係の亀」がTwitterのトレンドになった第7話「うさぎとかめ」 2018年11月28日水曜日よる9時から。 ゲストは、山中崇、関幸治、松田賢二と亀。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

相棒17 第6話 「ブラックパールの女」あらすじ(ネタバレあり)、感想、キャストなど

相棒 ブラック パール の 女

あらすじ 公式 未決囚の女が世界的研究者の不審死に関与!? 顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。 小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した疑いを掛けられている人物。 亘(反町隆史)と共に面会に出向いた右京は、小夜子から気になる話を聞く。 海外に行く飛行機の中で知り合った谷岡という科学者に、若い女性向けの黒真珠のネックレスを紹介したという小夜子。 谷岡は、数日前、風呂場で溺死したことが報じられた世界的なバイオ技術の研究者。 小夜子がなぜ、わざわざ刑事を呼んでそんな話をしたのか、興味を抱いた右京は、事故死として処理されている谷岡の一件も調べ始める。 特命係を捜査に駆り出した 狡猾でしたたかな女詐欺師の目的とは…!? 危うさをはらんだ拘禁中の連続殺人犯が特命係を翻弄する! ネタバレあり• 右京は、弁護士の連城から依頼を受ける。 連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子から「有能な刑事と話がしたい」という要求があったという。 右京、冠城は遠峰に話を聞きに行き、そこで谷岡(数日前、風呂場で溺死したことが報じられた世界的なバイオ技術の研究者)の名前が出てきて谷岡の件に興味を持つ。 遠峰は以前シンガポールに行く飛行機の中で谷岡と隣になり、ブラックパールのネックレスを薦めたから買ったはずだという。 麻子(谷岡の妻)に話を聞くもネックレスについては知らず。 しかし、谷岡がシンガポールに着いた翌日にネックレスが売れたことが確認される。 データの横流しを調べるという名目で谷岡のパソコンを調べてドライアイスの購入履歴を見つけて麻子を問い詰めて白状させる。 ネックレスは好待遇の企業に転職するため、採用担当者への贈り物として買ったものだったが、麻子は浮気していると勘違いしてドライアイスを風呂場の天井に仕掛け、殺したのだった。 右京、遠峰は「記憶力が良く飛行機の中やネックレスを買うところを見掛けたのを覚えていただけではないか」「自分も今回と同じ手口を用いて殺したことがあるからすぐにわかったのではないか」と推理。 感想/気になる点など• 夕方に常温で放置したドライアイスが夜まで残るものか? 追記• 連城が見せた過去の新聞記事には「2017年6月~11月に3人の男性を殺害」とあるが、遠峰は面会で「最初の事件の後、マレーシアで豪遊」は事実ではないと言った後、「それに、記事に書かれている去年(2017年)の11月、私が旅行したのはマレーシアではなくシンガポール」と言うが、「最初の事件(6月)の後」という内容はどこ行ったの?• 連城が見せた過去の新聞記事には「足立さんの遺体は昨年11月15日朝、あきるの市の駐車場のレンタカー内で見つかった。 車内に置かれた七輪内には練炭が燃えた跡があり、死因は一酸化炭素中毒だった。 」「女は当初、警視庁の調べに対し、遺体発見前日の行動について、当時住んでいた東京都中野区のマンションで足立さんとシチューを」とあるが、「登場記録によると去年の11月14日、遠峰と谷岡は確かにシンガポール行きの飛行機に乗っていた」のが確かだとすると、「遺体発見(11月15日)の前日にシチューがどうこう」というのは無理なのでは?• 「Aさんを飛び込み自殺に見せかけて殺害」を「名誉毀損」と言い、「Aさん」のことを遠峰は「足立さん」と言うが、足立は自殺か他殺かはともかく、練炭による一酸化炭素中毒死。 遠峰が足立と話をしている回想シーンでは遠峰は髪が長いが、遠峰が詐欺被害者と知り合う前に見掛けるシーンの回想では髪が短い。 詐欺をする時はウイッグという設定なの?.

次の

テレ朝POST » 亘(反町隆史)のもとに、連城(松尾諭)から連絡「会いたがっている人がいる」

相棒 ブラック パール の 女

郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された。 そんな中、亘(反町隆史)は弁護士の連城建彦(松尾諭)から突然、「会いたがっている人がいる」との連絡を受ける。 指定された場所は、東京拘置所。 小夜子といえば、かつて刑務所にいながら人身を操り、右京さえ翻弄した危険な存在。 亘は最大限の警戒をしながら相対するが、彼女が口にしたのは、思ってもみないことだった。 相貌認識能力に長けている小夜子は、知人の中に、女性の指に異常な執着を持つ男がいたこと、さらに亘の大切な人が行方不明になる夢を見たと言い、ここで話したことは右京に内緒という条件をつける。 亘は、以前、事件を通じて知り合ったキッチンカーの店主・新崎芽依(朝倉あき)から久々にメールが来たものの、その後、連絡が途絶えてしまった件に、小夜子がかかわっているのではないかと嫌な予感を覚えたが、はぐらかされるばかり。 その頃、右京は指切り男の事件を調べ続け、周辺に真珠に繋がる話がいくつも出てくることに、何か理由があるのではないかと推理し…。 気づかぬうち小夜子の術中にはまっていく亘 現在の猟奇殺人と過去の因縁が交錯し、 事件はやがて予想外の事態に発展する! ゲスト:西田尚美 朝倉あき 松尾諭 ネタバレあり• 両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された。 右京は事件を知り冠城に話し掛けるが、冠城は芽依から2週間前に「東京でまたキッチンカーを始めた」とメールが来たもののその後「早く君に会いたい」と返事をして以降連絡がなくて上の空だった。 角田から話を聞き、鑑識に行って死体の喉から出たブラックパール(バロック真珠、いびつな真珠)を見に行き、右京は「これまでの被害者は飲み込んで溶けたか、今回だけやり方を変えたか」と推理。 冠城は連城から呼び出され、遠峰小夜子に会いに行くと「知人の中に女性の指に異常な執着を持つ男(飲食店関係)がいたこと、さらに冠城の大切な人が行方不明になる夢を見たこと」などの話をされ、ここで話したことは右京に内緒にするよう言われる。 冠城はまた遠峰に会いに行き、「以前その女性を火の中から助けたことありますよね、彼女が助けを求めてあなたを呼んでいる夢を見た、彼女はいるけどいない、隠されてるから」などと言われる。 右京は遠峰の手記に「真珠を入れた瓶に死体から切り取った指で栓をする」話を見つけ、「真珠貝の成長は大潮から始まる」という記述から事件は満月か新月の夜に起きていると気付く。 冠城が伊丹と芹沢に「捜査線上に飲食店関係の男は?」と聞くと右京が「凶器は黒いシルクのクロスタイ」と思い付く(四角い痕はアジャスターの痕、バーテンダーなど日常的に使う人もいる)。 被害者の部屋にあったレシートからバー「木曜島」が浮上し、伊丹と芹沢が話を聞きに行くとオーナー兼店長の平川は自殺。 店の中の冷凍庫から切り取った指で栓をした瓶などを発見。 冠城はまた遠峰に会いに行き、「君が見た夢の続きが聞きたい」と言っても「きらきら星」の鼻歌だけだったので帰ろうとすると「キッチンカーはどこでしょう」と書いた紙を持っていて「私の手記が載った雑誌見てくれました?」と聞かれる。 冠城が拘置所を出て車に乗ったところに右京が現れ、「僕に話して彼女が何も話さなくなることを恐れているがそれに従っている時点で君はすでに操られている、彼女は君に芽依を探すという目的を与えて見つけ出すためのヒントを出したのだろう、君はあと一歩まで行くがたどり着けない、そしてまた次のヒントが出る、それは洗脳の手口、目を覚ましなさい」と諭し、これまでの話をさせる。 青木に芽依の写真を解析させてキッチンカーを出していた場所を特定させ話を聞きに行くと、城西冷機(業務用冷凍庫のメーカー)の紹介とのこと(木曜島にも城西冷機の冷凍庫あり)。 城西冷機で話を聞くと、芽依の担当の中安は「芽依を病院に紹介した、木曜島の担当は深堀、深堀は客から集めた金を使い込んで1カ月ほど前に退職」。 右京は捜査一課に深掘のことを伝える。 冠城は遠峰が「雑誌を見ろ」と言っていたことを思い出し、手記を載せた月刊プレスの森尾に話を聞くと、「遠峰のおかげで広告が入った、クライアントの指示で記事の途中に入ることになった、広告ページにはノンブルを入れず隠しノンブルと言う」とのこと。 広告の入ったページは「32」「43」「47」「54」の4つで、座標の情報とすると都内近郊であれば北緯35度東経139度までは固定、それぞれが緯度経度の分と秒を表すと推理するがそれだと24通りの組み合わせあり特定できず。 そこで冠城は遠峰が「キッチンカーはどこでしょう」とメモを見せてきたのを思い出し、青木にキッチンカーの写真をSNSに上げて目撃情報を求めると、「川並運動公園」が一致。 公園に行ってもキッチンカーは見当たらないものの、右京は遠峰が「きらきら星」を鼻歌で歌っていたと聞き、「原曲とはまったく違う」ことから違うものを探し、野菜の直販所の台を見ると城西冷機製の冷凍庫の中にパンの材料を発見。 そこからケーブルが倉庫までつながっており、窓を破って中に入るとキッチンカーがあり、地下室から芽依を発見。 深堀は逮捕され、「300万で平川から頼まれた、営業担当の中安になりすまして点検と偽って近づいた」と供述。 右京は遠峰に会いに行き、「おそらくあなたは芽依のことを一方的に知っていて逮捕される前から芽依をさらう計画を平川に持ち掛けていたのではないか、しかし芽依が東京を離れたため実行の機会を失った、遠峰の手記が雑誌に掲載されたのが計画実行の合図、平川が絞殺した女性の喉を切り喉にバロック真珠を押し込んだのはあなたと冠城にゲーム(芽依を探すゲーム)を始めたことを知らせるためではないか」などと推理をぶつける。 右京は一人で芽依を見舞い、芽依は「いつか私のパンを買いに来てください」「いつか会えるようになったら探してください」「焼きたてのパンを用意して待ってますから」と伝言を頼む。 冠城は「遠峰にはまだ他に協力者がいる、二度とあの子を標的にさせないためには俺はもう近づいちゃいけない」と決める(そう話している時、連城が写る)。 遠峰小夜子(西田尚美)はに登場。 新崎芽依(朝倉あき)はに登場。 連城建彦(松尾諭)は、、に登場。 感想/気になる点など• 公式には「郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された」とあるけど、ドラマでは「港区台場」で発見。 台場ってどこが郊外?• 「大潮」と新月・満月は厳密には一致しないのでは?• 「月の引力が最大になる満月か新月の日」って、月の引力はそうそう変わらないと思いますが。 もうちょっと科学的に正しい書き方をですね……。 被害者は飲食店勤務となっているので、「飲食店関係者が怪しい」と言ってもそれほど絞り込めないのではないかという気もしますが。 平川がクロスタイをしているのを見て伊丹は「ビンゴだな」って言ったけど、それはさすがにビンゴと言うには早すぎるのでは。 指で栓をした瓶は8本見えましたが、認知されていない被害者がいたということでしょうか。 それとも、以前は親指以外も切った?• 右京が「あなたは冠城が芽依をキッチンカーから助けるところを見ていたのでしょう」と言ったけど、遠峰は2017年12月に逮捕されており(「ブラックパールの女」で写った記事より)、冠城が芽依をキッチンカーから助けたのは2018年1月の出来事で見ることはできないはず。 まあ、遠峰が認めたわけじゃないので「右京の推理が間違っていた」で済む話ではあるけど。 殺人罪も視野に入れてただろうから保釈されてたなんてわけないだろうし。 冠城が近づかなかったとしても、新崎芽依は格好のターゲットだと思うんだけど。 例えば、新崎芽依を拉致したことを冠城に告げればどう考えたって動くでしょ。 連城は、依頼されれば伝達ぐらいはしそうよね。 メモも残さないから証拠はないし。

次の