ハイ スピード コーポレーション。 ハイスピードコーポレーション(株) 企業詳細|マルワカリWEB

【アットホーム】鎌田駅 1分 6DK[6970017952]松山市の中古一戸建て(提供元:ハイスピードコーポレーション(株))|一軒家・家の購入

ハイ スピード コーポレーション

地盤調査、地盤補強工事、土木一般工事などを行っているハイスピードコーポレーション株式会社の製品カタログです。 】 HySPEED工法とは、既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。 新技術のピストンバルブ 先端ドリル部分 で施工材 砕石 を突き固めます。 ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減。 砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。 HySPEED工法とは、既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。 新技術のピストンバルブ 先端ドリル部分 で施工材 砕石 を突き固めます。 ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減。 砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。 () 東日本大震災では津波の被害がクローズアップされていますが、首都圏に おいて大きな被害をもたらしたのは「液状化」です。 沿岸の埋め立て地だけでなく内陸部でも数多く発生し、住宅地に被害を 及ぼした液状化現象。 そんな怖い液状化を当社の『地盤改良』により、 未然に防ぐことができます。 『地盤改良』とは建物などを地盤上に構築するにあたり、地盤沈下・ 不同沈下の影響が及びにくくするため、地盤に人工的な改良を加え安定性を 保つために行なう工事のことです。 基礎地盤の改良工法には、砕石パイル工法・表層改良工法・柱状改良工法・ 鋼管杭工法などがありますが、当社では天然砕石のみを材料に使用した 環境に良い工法である天然砕石パイル工法の「HySPEED工法」を お勧めしています。 () 液状化対策型砕石パイルを想定した液状化実験をご紹介します。 家の直下とその周りに砕石を敷きつめることで、過剰間隙水圧の消散効果が 飛躍的にあがり、液状化による地盤の変化がダイレクトに伝わらず、 不同沈下の影響が小さくてすみます。 砕石はその隙間に水が通りやすいため、地震の揺れにより上昇した 水圧 水 は砕石パイルを通じて外部に排出。 液状化の影響を抑制します。 () 「液状化保証付地盤保証」は、液状化判定を行い、判断結果から必要により 適切な地盤対策工事を提案するとともに、地震に起因する地盤の 液状化により不同沈下した建物の損害を保証するものです。 液状化の恐れのある住宅地盤に対して『ハイスピード工法S-type』を 施工することにより、ハウスワランティの「液状化保証付地盤保証」を 付けることが可能です。

次の

ハイスピードコーポレーション株式会社(愛媛県)

ハイ スピード コーポレーション

間取図 広々6DKの平屋です。 介護設備付きの16帖の居室があります。 介護設備付きの16帖の居室があります。 室内 ゆとりのあるスペースは介護が必要になっても安心です。 その他 介護設備付きのお部屋から直接外へでることができます。 広い土間とスロープがあります。 広い土間とスロープがあります。 室内 居室にある浴室は、引き戸で入浴もスムーズに行えます。 トイレ トイレは引き戸や手すりなど、一人でも介護者が一緒でも使いやすいつくりとなっています。 収納 嬉しい大型クローゼットで収納も安心です。 外観 南東・北側に接道があります。 その他 北側前面道路撮影・伊予鉄郡中線鎌田駅が目の前です。 その他 外環状線へのアクセス良好です。 その他 南東前面道路は県道326号線です。 室内 和室の続き間になっています。 玄関 飾り棚のある広々とした玄関は、風情のあるつくりとなっています。 建物名 間取り 6DK 和 6・6・6 洋 6・6・16 DK 6 建物面積 119. 0m 公道 接面34. 0m ・北 4. 0m 公道 接面23. 提携サイト等より掲載されている物件情報につきましては、不動産会社詳細情報にリンクされていないものがあります。 物件に関するお問い合わせは、物件詳細ページの「情報提供会社」に表示されている不動産会社へ直接お願いいたします。 間取図は、現況を優先させていただきます。 映像は物件の一部を撮影したものです。 物件の契約にあたっての最終判断はご自身の判断に基づいて行ってください。 アットホームは物件情報の適正化に努めております。 鎌田駅 1分 6DK(6970017952)の一戸建て物件に関する詳細ページです。 気になる価格やこだわりの条件(間取り・築年数・駅からの距離・周辺情報など)をチェック!さらに詳しく鎌田駅 1分 6DK(6970017952)の物件情報について知りたい場合は、無料で不動産会社にお問い合わせいただくことが可能です。 松山市で初めて家探しする方も、安心してアットホームにお任せください。

次の

ハイスピードコーポレーション株式会社(愛媛県)

ハイ スピード コーポレーション

私たちは住宅や店舗、アパートなどの建築をされる皆さまに安全な地盤をご提供させていただくことを何よりもありがたく思います。 皆さまの大切な財産づくりのお手伝いをさせていただく以上、誠心誠意、地盤をしめかためて皆さまが建築される建物以上に強い地盤を造ること、将来に渡って劣化しない材質であること、環境を汚染しない材料を使うこと、しめかため後に十分な強度があるか確認してお渡しすることが私たちの使命と考えております。 お一人お一人との出会いを大切にし、いい仕事をして皆さまにご愛顧いただけますよう、そして 「是非とも皆さまの地盤をしめかためたい!」と心より熱望しております。 3. 日本の歴史と文化に鑑み、常に礼節を重んじて行動することで、社会から最も信頼される企業であり続けること 社是 スローガン 人が集まるところと言えば、家、マンション、学校、デパート、シネマ、ショッピングセンター、遊園地、駅、病院などの建物が中心となります。 場所によっては建物が傾くような軟弱な土地や地震時に液状化の危険がある土地があり、建物を守るために地盤を強くする必要があります。 私たちは地盤を強くすることによって、社会の皆様に貢献したいと考え、ハイスピード工法を開発いたしました。 開発するに当たり、経営理念にありますように、私たちしかできない独自の技術を目指しました。 また、社会環境の汚染や将来の資産価値を下げるような材料は使わないことを考えました。 その結果当社社員は、仕事で社会に貢献できる喜びを持ち、希望と誇りを持って働いております。 私たちは、刻々と変わる社会状況の中、日本の歴史と文化を大切に受け継ぎながら、独自の技術を育み、希望と誇りを胸に、大いなる挑戦を続けてまいります。 私がセメントを使いたくない理由について ハイスピード工法はセメントを使いません。 それはセメントそのものを否定しているわけでなく、理由があるのです。 セメントはコンクリートを作る材料で、世の中に必要なものです。 ですが、そのデメリットもあり、用途によって使わない方が良い時もあります。 そのひとつが地盤改良と考えています。 セメントはpHが12~13と非常に強いアルカリ性です。 pHは7が中性で、最大のアルカリ性は14です。 12~13ならそんなに大したことないとお考えになるかもしれませんが、私は過去の現場の体験からその凄さを身にしみて知っています。 土木工事の現場監督をしていたころ、生コンクリートを型枠に入れ、表面をコテで均す仕事を20年ほど経験しました。 その時に素手で生コンを触ると次の日には手の皮がボロボロになって剥けます。 なぜかというと手の表面は中性に近く、非常に強いアルカリに触れると手の皮が溶けるのです。 セメントのpH12~13という数値は家庭用塩素系漂白剤ブリーチと同等です。 なぜ手がボロボロになるかご想像できると思います。 もう一つの例としてセメントと対極の非常に強い酸性の代表として硫酸があります。 pHは0~1です。 中心を7として最も酸性の強いのが0~1の硫酸、最もアルカリ性が強いのがセメントとなります。 つまり硫酸に手を付けるとたちまち皮が溶けますが、セメントも同じようなものであると言えます。 このセメントを地盤改良で使うことは、そのような劇物を家の下の土と混ぜているということですから、健康や環境に良い訳がありません。 また、セメントにはクロムという物質が入っており、土と混ぜることで六価クロムが出来ることがあります。 これは国が指定している発癌性物質で、土壌汚染防止対策法にも規定されている汚染物質です。 過去の国土交通省の記録によるとセメントと土を混ぜると5~30%の確率で六価クロムが規定の濃度以上で発生することが知られており、現在もセメントメーカーの取扱書には危険性が指摘されています。 このような中、住宅地盤の補強では、セメントの危険性をエンドユーザーに知らせないまま使っていることが常識です。 ハイスピードを開発するに当たり、できれば危険な物質は使わないで地盤補強をしたいと考えた末に、天然の砕石しか使わないことに決めました。 HySPEEDとは.

次の