奥川恭伸 中学校。 奥川恭伸

奥川恭伸(星稜)の出身中学校は?中学校時代には全国優勝を経験も!

奥川恭伸 中学校

C O N T E N T S• 奥川恭伸はイケメンだけど彼女はいる? 星稜・奥川恭伸、目標は「無失点」と「150キロ」さあ開幕戦登場 — スポーツ報知 SportsHochi 野球の実力もありイケメンである奥川恭伸投手は、中学生、いや小学生あたりからきっと女の子にモテていたのではないかと思います。 高校になったらより男らしくたくましくなったので、さらにモテ期継続中で、もしかして甲子園のアルプススタンドあたりから奥川恭伸投手を見守るかわいい女の子がいるんじゃないかとか勝手に想像しています。。。 当然昔も彼女がいたし、今も彼女がいるのだろうと勝手に決めつけているのですが、さすがに芸能人というわけではないので熱愛彼女報道!も現段階ではありません。 TwitterやInstagram、Facebookも見当たらないので、表立っての彼女情報は見当たらない状況です。 ドラフトを経てプロ野球に入ったら、ある意味「熱愛彼女情報解禁」のタイミングなのかもしれませんね! それまでは見る側としても野球に集中したいと思います。 奥川恭伸のドラフト評価や進路先は? 2019年のドラフト上位候補だと今から話題になってますね! 地肩も強く、すでに球速150kmも出しているのでドラフト評価が高くなるのも当然ではあります。 課題としていたスタミナ不足も解消されてきて、プロで通用する投手としてのベースがより固まって来ている状況です。 球種も、ストレート以外にスライダー、チェンジアップ、シンカー、フォークボールをすでに持っていて、即戦力としても期待できる魅力もあります。 低めに力のある球を投げるのが持ち味。 コントロールが良く、守備も含めて野球センスがある」 引用:日刊スポーツ といった高い評価が出ています。 ドラフトにかかる2019年までには今よりもっと力を付けていると思うので、ドラフト上位指名は間違いないのではないかと思っています。 進路先としては、大学に進むということも可能性としては有ると思います。 しかし、今のところ奥川恭伸投手の口から進路先がプロ野球なのか大学なのかは語られていないと思います。 まだ高校2年生ですしね。 管理人も気になるので、また情報が入ったら追記したいと思います。 スポンサーリンク 奥川恭伸の出身中学校や中学時代の活躍は? 奥川恭伸投手は、地元・石川県の かほく市立宇ノ気中学校に進学しました。 1年生の冬から投手に専念し、3年時に 全国中学校軟式大会(全中)優勝に貢献しています。 そんな奥川恭伸投手が中学時代から心がけていることは、 笑顔を絶やさないこと。 「常に笑顔でいることで、観客やいろんな人を味方につけられる。 野手にも安心感を与えられる」 と話しています。 若いのにすばらしい心がけです。 管理人も見習わないと。。。 常に笑顔の投手がいたら目を引きますし、ちょっと心が安らぐ気がしますね。 (笑) 笑顔が、あの田中将大投手に似ているのもポイントが高いですね。 将来田中将大投手のようなプロの世界でもスゴい投手になるんじゃないかと楽しみになります。 入学して早速ベンチ入りを果たします。 1年生の秋の北信越大会では非常に重要とされる背番号1を付けました。 今は11番ですが、どちらの番号もエースを意味しています。 奥川恭伸投手が1年生からエースを任されているというのは、実力が先輩と違うことが誰の目にも明らかだっということ。 おそらくみんな納得のエースだったと思います。 2018年には選抜高等学校野球大会ベスト8進出も果たしています。 さらに、日本代表としてBFA U-18アジア投手権のメンバーにも選抜され、実力の程を証明しました。 U-18の試合は9月に行われるので、甲子園が終わった後すぐになりますね。 8月は甲子園、9月は日本代表と、休める時間がありませんね・・・ 奥川恭伸投手は高校生なので本業の勉強も頑張らなけれないけないですからね、すごく多忙です・・・ さて、2018年夏の甲子園の初日に藤蔭戦がありましたが、奥川恭伸投手の成績は以下の通りです。 名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)生年月日:2001年4月16日 星座:おひつじ座 出身:石川県かほく市 ポジション:投手 投打:右投右打 身長:183cm 体重:82kg 優勝直後の 投手。 2年生エースはいつまでも笑顔でした。 石川県スポーツ少年団準優勝・河北郡市 夏季大会優勝・かほく市招待野球優勝 など、数々の試合で優勝を果たしています。 そして4年生の時から現在チームメンバーである、山瀬慎之助選手を捕手としてバッテリーを組んできました。 中学・高校も同じなんですよ! 星稜高校に進学する際も山瀬慎之助選手と「高校でも全国制覇しよう」と誓い、一緒に行くことにしたそうです。 小学4年生からだったらかれこれ8年近くの付き合いになりますね! 奥川恭伸投手は 「これまで何千、何万球と受けてもらっている。 日々の積み重ねが信頼を生んでいる。 」 と話します。 深い絆と信頼関係では奥川恭伸投手・山瀬慎之助捕手のコンビが最強ではないでしょうか!? 10年近く前にあさのあつこさん作の小説、「バッテリー」が流行しましたが、そんな感じの素晴らしい関係なのだと思います。 奥川恭伸投手といえば、150キロの速球を投げることもあって、速球派という印象ありますが、スライダー、フォーク、チェンジアップなどの変化球も得意とします。 それらの変化球は独特の練習方法でコツをつかんだと言います。 その独特の練習方法とは・・・? 通学電車内でバインダークリップを指先でつまむという自己流の練習なのだとか! これで指先にボールが引っ掛かる感覚がつかめたそうです。 身近にあるもので出来るっていうのがいいですね~! 電車内でバインダークリップをつまんでいる野球児がいたら練習だと思うようにします。 ちなみに、奥川恭伸投手がフォークを覚えたのは選抜出場直前のことだったらしいですよ! なお、家族構成は両親と兄、奥川恭伸投手です。 宇ノ気ブルーサンダーの名簿を見ると、同じ奥川姓で奥川恭伸投手より年上の子がいたので、もしかしたらお兄さんなのかもしれないです。 そうだとしたらお兄さんがきっかけで野球を始めたのでしょうね。 まとめ 将来の夢はプロ野球投手だという奥川恭伸投手ですが、プロ入りが濃厚となってきましたね。 甲子園での試合が続きますが、また150キロ越えの新記録が出るのか!? 要注目です!.

次の

奥川恭伸(投手)wiki風プロフィールなど!星稜高校

奥川恭伸 中学校

星稜高校の奥川恭伸選手が、投手として非常に高い評価を受けていますよね。 星稜奥川恭伸の出身地や小中学校はどこ?• 身長体重は?• 最速158キロ!?• 投球 ピッチング動画 は? ということについて、あれこれ詳しく見ていこうと思います! 1球に思いを込めて白球を追いかけている球児たちの姿は、本当に感動します。 高校野球は、プロ野球とはまた違った「 一瞬一瞬の戦い」で、「 諦める」という文字が選手それぞれから全く見えないですよね。 意地と意地とのぶつかりあい、気持ちの込めあい、仲間との助け合い・・・、 何をとっても本当に素晴らしいプレーの応酬で、一瞬たりとも目が離せません! 私は引退してからかなり経ちましたが、毎年甲子園のシーズンには熱い気持ちがフツフツと。。。 宇ノ気駅の真ん前に位置しています。 星稜高校・奥川恭伸投手は宇ノ気小学校に入学し、 小学校3年生から野球を始めました。 星稜高校・奥川恭伸投手は、小学校3年生の時に 宇ノ気ブルーザンダーにて野球を始めます。 ちなみにこれが宇ノ気ブルーサンダーの横断幕! — ちょび whitychobi 地元の小学生野球チームですね。 甲子園でも奥川恭伸投手とバッテリーを組んでいる キャッチャーの山瀬慎之介選手とは、 宇ノ気ブルーサンダーのころからの切っても切れない絆。 なんと小学校4年生のころからバッテリーを組んでいます。 今秋ドラ1必須と噂される奥川恭伸 2年 と共に自らを高め続け、自身も今秋ドラフト候補にまで上り詰めた甲斐二世・山瀬慎之介 2年。 小学4年からバッテリーを組み始め、中学3年時には全中優勝を経験。 二塁送球1. 8秒と驚異の数値を誇り、この世代で山瀬の右に出る者はいない。 当時所属していた宇ノ気ブルーサンダーの代表・広瀬勝巳さんが 奥川恭伸投手を応援している姿が新聞にも載っています。 今日の読売新聞から。 星稜の奥川投手と山瀬捕手が小学校時代に所属した宇ノ気ブルーサンダーの代表、広瀬勝巳さんがアルプス席から教え子の活躍を見守った。 「夢の舞台で2人の成長を感じ、感動した。 野球を楽しむ姿は、昔と全く変わっていない」 — 緑 jikkyonomidori 最初に「野球」を教えた広瀬勝巳さんからすると、教え子が大きくなって大きな舞台で活躍しているのを見るのは、 これ以上ない気持ちでしょうね^^ 星稜高校・奥川恭伸投手の出身中学校は? 小学3年生の頃から野球を始めた星稜高校・奥川恭伸投手。 中学校は、そのまま地元の 宇ノ気中学校に進学します。 石川県では、私の周りも中学校受験とかまったくいませんでした。 石川県はほとんど当たり前のように地元の小学校に通い、そのまま地元の中学校に通う子ばかりです。 そんな奥川恭伸選手は宇ノ気中学校で軟式野球部に入部。 宇ノ気中学校で全国に名を馳せたバッテリーは、 2人揃って星陵高校に進学することに。。 2人の目標は同じ。 同じ夢を心に誓い、星陵高校に進学しました。 奥川恭伸投手 星陵高校に進学 奥川恭伸投手の星陵高校での活躍っぷりは知っての通り。 1年生ですでに石川県内の大会でエース登板。 県内での優勝を飾っています。 奥川恭伸投手は2年生の頃に練習試合で、報徳学園と戦っています。 その試合で 7回11奪三振を奪い、当時の報徳学園を引っ張る存在だった 小園海斗選手 U-18野球W杯にも選出されている・現広島東洋カープ も、 「久々にすごい投手だった」 と、奥川恭伸投手のことを絶賛!!! 世界の強豪を身をもって知っている小園海斗選手がこう語るくらいなのですから、 やはり奥川恭伸投手のポテンシャルはかなり相当なものなんですね。 星陵高校・奥川恭伸投手 158キロ動画 その後も成長を続けた星陵高校・奥川恭伸投手は、先日夏の甲子園で 自己最速の158キロをマーク。 奥川恭伸投手まとめ• 出身地は 石川県かほく市• 宇ノ気小学校で3年生の頃から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始める• 今もバッテリーを組む 山瀬慎之介選手とは、小学校4年生からバッテリーを組んでいる• 中学校は宇ノ気中学校• 中学3年生の頃には、 第38回中学校軟式野球大会で優勝を果たす• 高校は山瀬慎之介選手とともに星陵高校に進学• 身長183cm、体重84kg• 甲子園でも大活躍、プロ注目ナンバー1投手!• 自己最高 158キロ! 自己ベストを甲子園の本番で出すというのは本当にすごいですよね! 日々の練習の賜物。 そこには想像できないほどの自分との戦いがあったと思います。 1球1球、毎回ボールに触れるピッチャーの精神力。 そしてそこで自己最速を出す=自分の最高のプレーができるという、その姿に本当に感服です。。

次の

ドラフト2019候補予想高校生奥川恭伸!評価・球団評価が凄い!

奥川恭伸 中学校

昨年、甲子園を沸かせた高校生のスター球児達がプロの世界に飛び込み、連日その活躍が報道されています。 そんな中、春のセンバツ甲子園も近づき、次世代の高校球児への期待が膨らんでいます。 数々の球児に注目が集まる中、ひときわ注目されているのが、「高校生投手四天王」と呼ばれる球児達がいます。 ・投手としての完成度が高い、石川・星稜高校の奥川恭伸投手 ・最速157kmを誇る東北の豪腕、岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手、 ・最速152kmを誇る快速左腕、神奈川・横浜高校の及川雅貴投手、 ・気迫あふれる投球が持ち味、岡山・創志学園高校の西純矢投手 すでにこの4投手は、今秋のドラフト会議での上位指名が予想されています。 今回は、この4投手の中で、石川・星稜高校の奥川恭伸投手について紹介していきます。 奥川恭伸投手のプロフィール・経歴・成績について 引用元: 奥川恭伸投手は、2001年4月16日生まれの17歳(2019年2月現在)。 身長183cm、体重82kgとプロ顔負けの体格の持ち主です。 石川県出身で、地元のかほく市立宇ノ気中学校から、地元の星稜高校に入学しました。 宇ノ気中学校までは軟式野球でプレーをしており、中学時代は全国優勝を果たすなど、この頃から注目を浴びる存在でした。 高校入学後は、1年生の秋の北信越大会からチームのエースとして登板。 1年生の時から、最速146kmを計測するなど、大器の片鱗を見せつけていました。 2年生の時には、春、夏と連続して甲子園に出場。 快投を続けていました。 2018年のU-18日本代表にも選出されており、高校2年生としては唯一の選出となりました。 秋の明治神宮大会では、準々決勝の広陵高校戦で11奪三振を奪い、完投勝利を挙げると、続く準決勝の高松商業高校戦でも12奪三振を挙げ、勝利しました。 決勝では惜しくも敗れ、準優勝となりましたが、U-18日本代表に選出されたその才能を見せつけました。 投球内容に関しては、最速150kmを誇る快速球に加え、スライダーやツーシームなどの変化球を交えたピッチングスタイルです。 奪三振を奪う力、制球力、完投能力にも自信がある投手で、将来の日本球界を背負う投手として非常に期待のできる投手です。 関連記事 奥川恭伸投手の名前の読み方は? 期待の高校球児として、マスコミの報道などで名前を目にするようになった、奥川恭伸投手。 一見すると、難しい名前ではないように見えますが、実際に読んでみようとすると、意外と読めない名前です。 奥川恭伸投手の名前はどのように読むのでしょうか。 調べてみたところ、 奥川恭伸投手の名前は「おくがわ やすのぶ」と読むそうです。 名前が「やすのぶ」という点も去ることながら、実は名字の「奥川」は「おくがわ」と「が」が濁る読み方だそうです。 ちなみに同じく注目されている高校球児、横浜高校の及川雅貴投手の名字は「おいかわ」ではなく「およかわ」と読みます。 「意外と違った読み方をする」という意味では、奥川恭伸投手と及川雅貴投手はセットで覚えておきたいですね。 関連記事 奥川恭伸がかわいい! 引用元: プロ注目の奥川恭伸投手のモットーがとっても可愛いんです。 実は、奥川恭伸投手が試合中に心掛けていることがあるそうです。 それは 「試合中は笑顔を絶やさない」ということだそうです。 登板中に爽やかな笑顔を見せられたら、ますます人気も出そうですね。 「笑顔」といえば、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手も、近年の不調を脱出するべく、矢野新監督から「大阪桐蔭高校時代の表情に戻れ」とアドバイスを受けたようです。 藤浪晋太郎投手も大阪桐蔭高校時代には、マウンドで見せる爽やかな表情が特徴的でした。 高校時代には笑顔を見せていた投手も、プロに入り険しい表情になってしまい、不調に陥るということもあるので、奥川恭伸投手には是非この「笑顔」を絶やさず、投げ続けてほしいですね。

次の