みのもんた 死亡。 みのもんたの息子(次男)の逮捕事件&現在!現在はうつで目がおかしい!

みのもんたのSOS

みのもんた 死亡

かつて「テレビ界の帝王」と呼ばれたタレントのが、3月末で日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」を降板することになった。 それがゼロになるのだから、これも時代の移り変わりか……。 みのは降板理由について、17日放送の文化放送「ゴールデンラジオ」で「若いタレントの名前を覚えられないし、絶叫と阿鼻叫喚のテンポについていけなくなった。 視聴率が2ケタで好調な今が潮時かなと思った」と告白。 昨年、免許更新の高齢者講習で急ブレーキに失敗して「落第」してしまい「年老いたなと実感した」ことも降板の決め手になったという。 テレビ関係者の話。 「ケンミンSHOWでは収録中に居眠りしていたと報じられたこともありましたし、会話のテンポが年々ズレてきているというのは感じていました。 ここだけの話、ある時収録が中断して、何ごとかと思ったら『尿漏れしてパンツが汚れてしまった』なんてこともあったようです。 『老害』と揶揄される前に潔く身を引くというのは、みのさんらしい決断だと思いますね」 対照的に、現場では「みのもんたより断然深刻」と言われながら、一向にその座にしがみついているのがTBSの帝王ことだ。 御年はみのの1つ上の76歳。 現在のレギュラー番組はTBS系「サンデーモーニング」のみとなっているが、関係者によると「いまも〝御前会議〟と呼ばれる番組会議は行われていて、相変わらず、その時々によって発言内容がコロコロ変わります。 先週までAというプランだったのに、今週はBだなんてことはしょっちゅうです」という。 人気コーナー「週間御意見番」でコンビを組む元プロ野球選手・氏の仲も不穏だ。 昨年、関口が周囲に「(張本とは)やりづらい」とこぼしていたと一部週刊誌で報じられ、それを伝え聞いた張本氏が激怒したこともあった。 「ぶっちゃけ、どっちもどっち。 最近の番組を見てもらえればわかりますが、2人の関係はギクシャクしています。 張本さんの話を関口さんが無視したり、関口さんが『あっぱれ』を出すよう煽り、張本氏は『せかさないで下さいよ。 それは俺が決めることなんだから』と反発したこともありました。 2人が御意見番のコーナー以外で顔を合わせることはありません」(前出テレビ関係者) 同番組は安定した視聴率を稼ぎ、なかでも御意見番のコーナーは水戸黄門や遠山の金さんにも通ずる、勧善懲悪な展開でお年寄り人気が異様に高い。 スポーツ紙記者は「だから局もサンモニを終わらせることはありませんし、御意見番のコーナーをなくすことはありません。 ただ、関口、張本の関係が不穏なので、番組スタッフはいつもヒヤヒヤ。 何がトラブルが起きれば、スタッフにとばっちりがいくんです」と明かす。 少しはみのを見習ってもらいたいものだが…。

次の

みのもんたの息子は現在ニッコク勤務だがオヤジが社長退任で居場所がなくなるのでは

みのもんた 死亡

かつて「テレビ界の帝王」と呼ばれたタレントのが、3月末で日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」を降板することになった。 それがゼロになるのだから、これも時代の移り変わりか……。 みのは降板理由について、17日放送の文化放送「ゴールデンラジオ」で「若いタレントの名前を覚えられないし、絶叫と阿鼻叫喚のテンポについていけなくなった。 視聴率が2ケタで好調な今が潮時かなと思った」と告白。 昨年、免許更新の高齢者講習で急ブレーキに失敗して「落第」してしまい「年老いたなと実感した」ことも降板の決め手になったという。 テレビ関係者の話。 「ケンミンSHOWでは収録中に居眠りしていたと報じられたこともありましたし、会話のテンポが年々ズレてきているというのは感じていました。 ここだけの話、ある時収録が中断して、何ごとかと思ったら『尿漏れしてパンツが汚れてしまった』なんてこともあったようです。 『老害』と揶揄される前に潔く身を引くというのは、みのさんらしい決断だと思いますね」 対照的に、現場では「みのもんたより断然深刻」と言われながら、一向にその座にしがみついているのがTBSの帝王ことだ。 御年はみのの1つ上の76歳。 現在のレギュラー番組はTBS系「サンデーモーニング」のみとなっているが、関係者によると「いまも〝御前会議〟と呼ばれる番組会議は行われていて、相変わらず、その時々によって発言内容がコロコロ変わります。 先週までAというプランだったのに、今週はBだなんてことはしょっちゅうです」という。 人気コーナー「週間御意見番」でコンビを組む元プロ野球選手・氏の仲も不穏だ。 昨年、関口が周囲に「(張本とは)やりづらい」とこぼしていたと一部週刊誌で報じられ、それを伝え聞いた張本氏が激怒したこともあった。 「ぶっちゃけ、どっちもどっち。 最近の番組を見てもらえればわかりますが、2人の関係はギクシャクしています。 張本さんの話を関口さんが無視したり、関口さんが『あっぱれ』を出すよう煽り、張本氏は『せかさないで下さいよ。 それは俺が決めることなんだから』と反発したこともありました。 2人が御意見番のコーナー以外で顔を合わせることはありません」(前出テレビ関係者) 同番組は安定した視聴率を稼ぎ、なかでも御意見番のコーナーは水戸黄門や遠山の金さんにも通ずる、勧善懲悪な展開でお年寄り人気が異様に高い。 スポーツ紙記者は「だから局もサンモニを終わらせることはありませんし、御意見番のコーナーをなくすことはありません。 ただ、関口、張本の関係が不穏なので、番組スタッフはいつもヒヤヒヤ。 何がトラブルが起きれば、スタッフにとばっちりがいくんです」と明かす。 少しはみのを見習ってもらいたいものだが…。

次の

みのもんた

みのもんた 死亡

みのもんたのプロフィール みのもんたの本名は御法川法夫(みのりかわ のりお)さんといいます。 1944年8月22日生まれで、東京都世田谷区出身です。 お父さんは実業家で、ニッコクの代表取締役会長でした。 3歳で亡くなったお兄さんと、妹がいます。 伯父さんがお芝居を一緒にしていた昭和の国民的俳優、森繁久彌さんが離れに下宿していた事があり、 映画のチケットなどをよく貰っていたため、映画やお芝居に興味を持っていたそうです。 最終学歴である立教大学経済学部で放送研究会に所属。 4年先輩の徳光さんに「アナウンサーは良いよ」と言われ、スタジオを見学した事もあったとか。 第一志望のTBSには採用試験で不採用になってしまい、1967年に文化放送に入社しました。 24歳で『セイ!ヤング』などのラジオのパーソナリティに抜擢されましたが、28歳になると年齢を理由に降板させられてしまったそうです。 そんな1970年に、立教大学の先輩だった大手建設会社の令嬢、靖子さんと結婚。 長男の隼斗さん、次男の雄斗さん、長女のなみさんが生まれました。 人事異動後はスーパーで、ラジオのスポンサー企業の商品を店頭販売する営業に回されました。 華々しい仕事から閑古鳥の鳴く現場に移ったのはみのもんたにとっては屈辱で、6年後に文化放送を退社し、お父さんの水道メーターの会社、日国工業に入社しました。 10年ほど営業の仕事をしていたんですね! その間に声をかけられたフジテレビで、ナレーションやリポーターの仕事で徐々に人気に。 この番組で特集された食材がスーパーで売り切れになるほどの人気番組でしたね。 1999年にお父さんの日国工業を受け継ぎ、代表取締役になっています。 自分の個人事務所を吸収合併し、「ニッコク」に社名を変更しました。 2012年に妻の靖子さんが癌で亡くなりました。 みのもんたの専属スタイリストだった靖子さんが亡くなり、オックスフォードを卒業し研究者だった長女のなみさんが、スタイリストに転身したのだそうです。 2013年にはみのもんたがアナウンサーにセクハラ疑惑、次男が窃盗未遂で逮捕され、 「一週間で最も多く生番組に出演する司会者」 としてギネスに載るほど出演していた番組を、ほとんど降板となりました。 みのもんたが喋らない理由は寝てるから? 喋らないみのもんたは、なんだか目がほとんど開いていないように見えます。 まさか喋らない理由は寝てるから…? みのもんたは元々、目が細いですよね。 最近の画像だとますます目が開いていません。 老けたのも理由の一つだと思いますが。 これで喋らないで動きもしなかったら、寝ていると思われても仕方ないですね。 Yoshikawa swyskw まるでやる気のない国会議員のような振る舞い…。 司会なのに喋らないって、見てる方はちょっと怖いですよね…。 みのもんたは病気なの? みのもんたが喋らない理由は、病気なのではないかという噂もあります。 みのもんたは2006年に腰痛の手術で入院しています。 立っていられない程の激痛で、脊柱管狭窄症という病気です。 布施博さんも同じ病気だと診断されていましたね。 下半身にしびれが起こったりするそうです。 また、みのもんたはうつ病なのではないかとも言われています。 うつ病が理由で目がおかしくなる事があるそうです。 「秘密のケンミンSHOW」におけるみのもんたの置物感が凄い。 認知症を疑ってしまうほど。 つかほんとに認知症じゃないかな? もしくは、うつ病。 それほど深刻な事態だと思われる — 吉村 正春 yosimasa みのもんたが番組中にセクハラをしている事が問題になったり、次男が窃盗未遂で逮捕されたりと不祥事が続きました。 みのもんたが喋らない理由はうつ病なのでしょうか。

次の