お隣 さん と 秘密 の 生活。 エッチ体験告白「隣の若いお母さんとの秘密」

ハイヒールの小部屋(144) おばさんとの秘密のエッチ生活

お隣 さん と 秘密 の 生活

お部屋もご飯も二人で一緒。 節約から始まるムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテスト ラブコメ部門〈特別賞〉受賞作! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」 一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど…劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテストラブコメ部門特別賞。 著者について 高校生で一人暮らしするかなぁ…寮なら分かるけど…奥手な主人公と、お隣の同じ高校に通う 1コ上の可愛いお姉さんとの節約生活から始まる恋愛ものだ。 GA文庫「お隣の天使様にいつの 間にか駄目人間にされていた件」には及ばないが、もう少し身近というか庶民的というか、日 常系的な雰囲気で、これはこれで良い。 ぶっちゃけ、表紙買いでしたが!! 遊ぶお金に余裕を持たせるために節約生活を始める2人が、次第に相思相愛になっていくのに、 互いに平気なふりをして相手に悟らせず、影で凹ませている恋模様がじれったくも楽しい。 節 約面はまだまだ甘いぞ!私なんて学生時代は昼飯ケチって週3~4は栄養調整焼き菓子だったわ。 あと、薄切りや切り落としなら安いけど、生姜焼き用のロース肉だと豚肉でも結構高いぞ? 話が逸れた。 大いに気になる点。 主人公とお隣山野さんの軽快な言葉の遣り取りがこの物語の主 要部分のハズだが、やたらめったら「~ね」が出てくる。 「普通だね」「でしょうね」「ないか らね」「話し合いだね」「ここら辺ですね」etc…。 他のキャラはそうでもないのに、主人公と 山野さんは「ねねねねね」って感じだ。 会話にわざとらしさを感じてしまうのだが…そんなに「 ね」って会話で使いますか「ね」? まず、文章力・表現力が不足していると思います。 生活の場であるアパート、スーパーやコンビニ、町の様子、高校のイメージが全くと言って良いほど描かれておらず、読んでいて退屈になりました。 二人の気持ちの動きはともかく、行動と発言の重なりだけで物語が進み、登場人物の台詞回しも口調が異なるだけで人物像がはっきりしません。 折角の「節約」と言うキーワードも生かし切れていないように感じます。 もっと、工夫を凝らした節約術が出てきて欲しかった。 料理、電気代、水道代だけではないはず。 トップクラスの成績を誇る割には勉強している様子もないし、頭を使っていないのには違和感を覚えます。 ここは例えば冷暖房完備の図書館や公共施設を利用するような場面も考えられたのではないでしょうか。 時間の過ごし方もダラダラし過ぎ。 二人で過ごす空間に母や姉が突然訪問と言ったドタバタも期待したのですが・・・。 盛り上がりに欠けますね。 エンディングも中途半端でした。 作者の今後に期待して、星は二つとしました。

次の

第1話 お隣さんの秘密

お隣 さん と 秘密 の 生活

お部屋もご飯も二人で一緒。 節約から始まるムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテスト ラブコメ部門〈特別賞〉受賞作! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」 一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど…劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテストラブコメ部門特別賞。 著者について 高校生で一人暮らしするかなぁ…寮なら分かるけど…奥手な主人公と、お隣の同じ高校に通う 1コ上の可愛いお姉さんとの節約生活から始まる恋愛ものだ。 GA文庫「お隣の天使様にいつの 間にか駄目人間にされていた件」には及ばないが、もう少し身近というか庶民的というか、日 常系的な雰囲気で、これはこれで良い。 ぶっちゃけ、表紙買いでしたが!! 遊ぶお金に余裕を持たせるために節約生活を始める2人が、次第に相思相愛になっていくのに、 互いに平気なふりをして相手に悟らせず、影で凹ませている恋模様がじれったくも楽しい。 節 約面はまだまだ甘いぞ!私なんて学生時代は昼飯ケチって週3~4は栄養調整焼き菓子だったわ。 あと、薄切りや切り落としなら安いけど、生姜焼き用のロース肉だと豚肉でも結構高いぞ? 話が逸れた。 大いに気になる点。 主人公とお隣山野さんの軽快な言葉の遣り取りがこの物語の主 要部分のハズだが、やたらめったら「~ね」が出てくる。 「普通だね」「でしょうね」「ないか らね」「話し合いだね」「ここら辺ですね」etc…。 他のキャラはそうでもないのに、主人公と 山野さんは「ねねねねね」って感じだ。 会話にわざとらしさを感じてしまうのだが…そんなに「 ね」って会話で使いますか「ね」? まず、文章力・表現力が不足していると思います。 生活の場であるアパート、スーパーやコンビニ、町の様子、高校のイメージが全くと言って良いほど描かれておらず、読んでいて退屈になりました。 二人の気持ちの動きはともかく、行動と発言の重なりだけで物語が進み、登場人物の台詞回しも口調が異なるだけで人物像がはっきりしません。 折角の「節約」と言うキーワードも生かし切れていないように感じます。 もっと、工夫を凝らした節約術が出てきて欲しかった。 料理、電気代、水道代だけではないはず。 トップクラスの成績を誇る割には勉強している様子もないし、頭を使っていないのには違和感を覚えます。 ここは例えば冷暖房完備の図書館や公共施設を利用するような場面も考えられたのではないでしょうか。 時間の過ごし方もダラダラし過ぎ。 二人で過ごす空間に母や姉が突然訪問と言ったドタバタも期待したのですが・・・。 盛り上がりに欠けますね。 エンディングも中途半端でした。 作者の今後に期待して、星は二つとしました。

次の

お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (ファンタジア文庫)

お隣 さん と 秘密 の 生活

お部屋もご飯も二人で一緒。 節約から始まるムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテスト ラブコメ部門〈特別賞〉受賞作! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」 一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。 最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど…劇的な家計の変化はない。 夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。 二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的? 一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ! 第4回カクヨムWeb小説コンテストラブコメ部門特別賞。 著者について 高校生で一人暮らしするかなぁ…寮なら分かるけど…奥手な主人公と、お隣の同じ高校に通う 1コ上の可愛いお姉さんとの節約生活から始まる恋愛ものだ。 GA文庫「お隣の天使様にいつの 間にか駄目人間にされていた件」には及ばないが、もう少し身近というか庶民的というか、日 常系的な雰囲気で、これはこれで良い。 ぶっちゃけ、表紙買いでしたが!! 遊ぶお金に余裕を持たせるために節約生活を始める2人が、次第に相思相愛になっていくのに、 互いに平気なふりをして相手に悟らせず、影で凹ませている恋模様がじれったくも楽しい。 節 約面はまだまだ甘いぞ!私なんて学生時代は昼飯ケチって週3~4は栄養調整焼き菓子だったわ。 あと、薄切りや切り落としなら安いけど、生姜焼き用のロース肉だと豚肉でも結構高いぞ? 話が逸れた。 大いに気になる点。 主人公とお隣山野さんの軽快な言葉の遣り取りがこの物語の主 要部分のハズだが、やたらめったら「~ね」が出てくる。 「普通だね」「でしょうね」「ないか らね」「話し合いだね」「ここら辺ですね」etc…。 他のキャラはそうでもないのに、主人公と 山野さんは「ねねねねね」って感じだ。 会話にわざとらしさを感じてしまうのだが…そんなに「 ね」って会話で使いますか「ね」? まず、文章力・表現力が不足していると思います。 生活の場であるアパート、スーパーやコンビニ、町の様子、高校のイメージが全くと言って良いほど描かれておらず、読んでいて退屈になりました。 二人の気持ちの動きはともかく、行動と発言の重なりだけで物語が進み、登場人物の台詞回しも口調が異なるだけで人物像がはっきりしません。 折角の「節約」と言うキーワードも生かし切れていないように感じます。 もっと、工夫を凝らした節約術が出てきて欲しかった。 料理、電気代、水道代だけではないはず。 トップクラスの成績を誇る割には勉強している様子もないし、頭を使っていないのには違和感を覚えます。 ここは例えば冷暖房完備の図書館や公共施設を利用するような場面も考えられたのではないでしょうか。 時間の過ごし方もダラダラし過ぎ。 二人で過ごす空間に母や姉が突然訪問と言ったドタバタも期待したのですが・・・。 盛り上がりに欠けますね。 エンディングも中途半端でした。 作者の今後に期待して、星は二つとしました。

次の