時 任三郎 リゲイン。 【画像】リゲインCMで一世風靡した時任三郎さん、ラジオのスタッフから「時 任三郎様」なる台本を渡される

花嫁とパパ: 花嫁とパパ 時任三郎

時 任三郎 リゲイン

1988年に武田薬品工業の「アリナミンV」に対抗する形で当時の三共が開発した栄養ドリンク「リゲイン」。 今でも多くの人に愛飲されているだろう。 発売当時の日本はバブル真っ只中。 「エコノミックアニマル」と海外から評されるほど、多くの日本人は労働時間の長さを美徳としていた。 もちろん今でもその風土は残っており、「他の人が残業している中、帰りにくい」といった声は多く聞かれる。 さらにその当時は今の若者達からは「社畜」と評されるような会社員が多かっただろう。 当時のCMではCMソング「勇気のしるし」が話題となったリゲインの「24時間戦えますか」の他、高田純次がCMに出演していたグロンサンの「5時から男」が共に流行語になった。 それから30年経った今、CMの変化からその社会状況が読み取れる。 しかし、歌詞が「24時間戦うなんてしんどい」や「それぞれのエナジー」とされ、歌詞も8分の1から6分の1の労働時間である「3、4時間戦えますか」となった。 歴代広告のキャッチコピーを見ると時代背景がよくわかるだろう。 24時間、戦えますか。 (1988年6月〜1992年7月、2006年5月〜現行) 全力で行く。 リゲインで行く(1992年12月〜? ) くやしいけれど、仕事が好き。 (1994年〜? ) その疲れに、リゲインを。 (1996年?? ) たまった疲れに。 (1999年2月〜? ) ポジティブリゲイン 2001年 疲れに効く理由(わけ)がある。 (2004年4月〜2006年4月) 飲むところ敵なし。 攻めの一本。 (2014年) 引用:Wikipedia 3,4時間戦えますかのCMは3分30秒から.

次の

時任三郎の嫁は元女優の橋本千佳!娘のCanaが歌手デビューで話題に!

時 任三郎 リゲイン

1980年代、 「24時間戦えますか!」のキャッチフレーズと共に大流行した、リゲインのCMに出演され、一躍ブレイクされた、俳優の時任三郎(ときとう さぶろう)さん。 その渋い声を活かして 「勇気のしるし」をCMで歌われ、一大ブームを巻き起こしました。 俳優としても、その存在感と抜群の演技力で、男性からも女性からも、今尚、根強く支持されています。 時任さんは東京生まれですが、 お父さんのお仕事の都合でしょうか、 その後、青森弘前市へ、 そして、幼稚園から大学までを、 大阪府松原市で過ごされたそうです。 幼い頃から物作りが大好きで、 大工に憧れていた時任さん。 大工さんになりたくて、高校は、 大阪市立工芸高等学校木材工芸科(現インテリアデザイン科) に進学されました。 その後、大学は、 大阪芸術大学デザイン学科に入学されましたが、 そこでお芝居に目覚められたそうです。 大学に入ったときに芝居と出合った。 昔、絵を描くのが好きで、 でも絵を描くときには鉛筆とか筆を使うよね。 立体の場合も、木材と鑿(のみ)が必要。 道具を使って作るじゃないですか。 大学の小さいアングラ劇団で演じてみたとき、 「これだ! 」と思ったんです。 それまでは道具を使って物を作っていくことをやろうとしていた。 その道具が、自分の身体であり、精神である。 全部がつながりました。 自分のやることはこれなんだという、確信に近い感覚。 と、インタビューで、 お芝居との出会いを語っておられました。 昔から好きだった物づくりと、 お芝居が見事に融合したわけですね! そんなお芝居との衝撃的な出会いから、 約1年後には大学をやめ、上京されたのだそうです。 Sponsored Link デビューは? 1980年、時任さんが22歳の時、 ミュージカル 「ヘアー」で俳優デビューを飾られ、 その翌年、テレビドラマ 「虹色の森」で、 テレビドラマ初出演を果たされました。 時任さんは、 シンガーソングライターの北村和明役を演じられ、 時任さんが歌われた挿入歌 「川の流れを抱いて眠りたい」が大ヒットを記録! 歌手としても、この歌でデビューされます。 1983年には、 「ふぞろいの林檎たち」で、 落ちこぼれの大学生、岩田 健一役を演じ、注目を集められます。 「ふぞろいの林檎たち」より。 (左から)さん、 さん、さん、さん、 時任三郎さん、さん。 そして、1984年の映画 「海燕ジョーの奇跡」では、 主人公の海燕(うみつばめ)ジョー役で、 その人気を不動のものとされました。 その後、映画やドラマに多数出演され、 順調すぎるほど順調にキャリアを積まれた時任さん。 当時、映画やドラマの制作者は、誰もが、 時任さんを起用したかったと言われています。 突然の休養 しかし、人気絶頂だった1988年、 時任さんは突然休養に入られます。 その理由を、 コミュニケーションがうまくとれないのが、 俺の欠点だと思うんだけど、 そのころは、ものごとが自分の思いとは、 全然違う方向に動いていました。 他人の作った線路を走ってる状況で、 そういう自分にガマンならなかったんです。 自分で敷いた線路を走りたいし、 石橋を叩いて壊したうえで、自分で橋作って渡りたいタチだし(笑)。 やっぱりどこか風来坊的なところがあるんです。 と語っておられました。 役者としての才能をお持ちで、 見事、開花された時任さんですが、 人気が出るにつれて、 必ずしもご自分がやりたいことを、 やっているわけではないと、気づかれたようです。 恵まれた悩みにも思えますが、 あまりに才能あふれる人、 ならではの、悩みなのかもしれません。 そんな時任さんですが、 プライベートはどのような感じなのでしょうか? 調べてみました! 嫁は? 時任さんは、1991年、33歳の時に、 元女優でタレントだった、 橋本千佳(はしもと ちか)さんという方と、 結婚されたようです。 千佳さんは現在、 スピリチュアルカウンセラーや、 ヨガのインストラクターとして、活動されており、 本なども出版されているようです。 どうやら、時任さんとの結婚前後に、 自らの能力に目覚めてしまったのだとか! 馴れ初めは? 中日新聞の 「家族のことを話そう」というコーナーに 千佳さんがご自身のことと、 時任さんの出会いを語っておられました。 幼稚園の頃に両親が離婚され、 お母さんに引き取られた、千佳さんでしたが、 お母さんは、おばあさんが経営する飲食店で、 1日中働いておられたため、 朝しかお母さんの姿を見ることができず、 寂しい幼少期を過ごされたのだそうです。 北九州市の高校を卒業後、上京され、 モデルの仕事を始められた千佳さんですが、 子どもの頃から患っていた、 ぜんそくやアレルギー体質で、常に体調が悪く、 忙しくなると、症状がひどくなり、 病院に運ばれることもあったそうです。 起き上がれず、部屋で寝ている日々が続き、 たまたま読んだ本の影響で、 健康な自分をイメージされ、祈っていたのだそうです。 24歳で結婚し、4半世紀がすぎた今も、 家族という絆の中で、 私たちを静かに守り続けてくれています。 と、千佳さん。 1999年、千佳さんが、 3人目のお子さんを妊娠された時から、 ニュージーランドへ移住されたのだとか! 時任さんの、 大好きな子どもたちと一緒にいる時間を増やしたい との思いと、 千佳さんの体調を気遣っての決断だったようです。 その間、時任さんは仕事をほとんど入れず、 すべての時間を、家族と過ごすことに使ったのだそうです! そんな生活の甲斐あって、千佳さんは癒され、 体調も回復に向かったのだそうです。 時任さん、すご過ぎですね~.

次の

時任三郎!嫁は?馴れ初めは?子どもは?移住?

時 任三郎 リゲイン

商品沿革 [ ] 、(当時、現在は)の『』に対抗する形で発売。 三共が開発した薬用成分で、これまで他のや医家向けに多く配合されていた「ビオタミン(ベンフォチアミン、)」をドリンク剤で初めて配合。 以降ミニドリンク市場ではアリナミンVシリーズやの『チョコラBBドリンクシリーズ(女性向け)』、の『シリーズ』、の『//アルフェシリーズ(女性向け)』、の「エスカップシリーズ」、の「チオビタシリーズ」、の「ビタシーシリーズ」などとシェアを競っている。 また、商品の知名度向上に大きく貢献し20年以上たった今でもアレンジやキャッチコピー等で使用され続けている「」(歌ったのは初代キャラクターであるの扮する牛若丸三郎太。 作詞:、作曲:)は後にCD化され各社・サイトでも配信されている。 歌の中にも出てくる 『24時間戦えますか』というキャッチフレーズは特に有名であり、(当時。 現在は)「強力内服液」の 「5時から男」と共ににもなった。 この歌および当時のCMはの(歌詞中では)を題材にしているが奇しくもこの頃からバブル期は終焉に向かって動き出すことになる。 そして、後の不況が慢性化した時期にはその世相を反映する形で、CM曲としてのピアノによる「」が使われ、「勇気のしるし」とは正反対と言える静謐なメロディーのピアノソロ曲はOA当時に支持を集めた。 また、この時期に扮するサラリーマンが電柱、銅像など至るものにぶつかったり、下車駅で降り損ねる、ゴミの代わりにカバンを捨ててしまうなどロクな目に遭わないCMも放送され、『24時間戦えますか』の時代とは正反対の当時の世相を反映していた。 1999年4月、の改正でされ、一部の商品を除き「」から「」となり、薬局、薬店のみならず、、、等でも発売されるようになった。 2000年代に入り国内景気が若干上向いたあたりから「勇気のしるし」が再度使われているが、歌詞は若干変更されている。 改良当初はキャップ部分まで覆うタイプだったが、現在は、ボトル全体を覆う「セミシュリンクボトル」となっており、「リゲインZERO」と「リゲインSTYLE」に採用している。 なお、この「セミシュリンクボトル」は環境にも配慮されており、ラベルにミシン目が入っているため、キャップ・ラベル・ビンを分別することが可能である。 キャップはこれまで金色・黄色を使用していたが、社名が「第一三共ヘルスケア」になった2006年4月以降、「MJ-リゲイン」・「リゲインR(販売終了品)」のキャップも金色に変更された。 2008年9月に「リゲイン24DRY」が発売されたのを機にアイテム整理を行い、一部を除き、商品名にキャッチコピーである「24時間、戦えますか。 」をイメージさせる「24」が付くラインナップとなった。 これに伴って、発売当初からの主力製品であった2代目「リゲイン(販売名:リゲインII)」は「リゲイン24(販売名:リゲイン)」へ移行のため、一旦製造を終了した。 2009年9月に栄養ドリンク剤では珍しい糖類0設計の「リゲインZERO」が発売された。 5kcal(1本あたり)を実現した。 パッケージはリゲインでなじみのある黄色のラベルではなく、黒いラベルを使用している。 また、2011年3月に発売された「リゲインSTYLE」では、ラベルだけでなく、キャップもピンク色で統一されており、これまでの「リゲイン」とは異なるデザインとなっている。 2012年3月には主にコンビニエンスストアなどに向けた製品として「リゲインX」、同年4月には主に薬局やドラッグストアなどに向けた製品として3代目「リゲイン(販売名:リゲインS1)」を発売。 初代「リゲイン」のデザインを踏襲したパッケージを採用しており、ラベルも紙製となっている。 また、添加物としてNaとNaが配合されており、「リゲイン」特有の風味に改良を施した。 なお、3代目「リゲイン」の発売に伴い、「リゲイン24」は製造終了となった。 2014年7月1日にはタウリンをシリーズ内で最大量となる3,000mgを配合したコンビニエンスストア向け製品「リゲインs」を発売し、同時に、規格の「リゲイン エナジードリンク」を発売した。 「リゲイン エナジードリンク」は第一三共ヘルスケアと契約を締結したサントリー食品インターナショナルを通じてが販売する(詳細は後述)。 CMソングは「勇気のしるし」のアレンジながらも、歌詞が「24時間戦うなんてしんどい」や「それぞれのエナジー」とされ、キャッチコピーも「3、4時間戦えますか」になるなど、「24時間、戦えますか。 」の時代とは異なる世相を反映したものとなっている。 同年11月4日には3種類のビタミン(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6)を1日分(日本人の食事摂取基準 2010年版 推奨量 成人 に基づく)、アルギニンを「リゲイン エナジードリンク」の2倍量にあたる2,000mgを配合し、カフェインを約1. 4倍、ブラックジンジャーエキスも2倍配合。 2015年8月4日には、サントリー食品インターナショナルが扱う炭酸飲料を刷新し、を配合した「集中リゲイン」と「スーパー集中リゲイン200」を発売(現在は共に製造終了済み)。 2017年3月7日には、のとの共同取組として、同社オリジナルのドリンク剤「スイッチリゲイン」シリーズ2種を、ファミリーマート、、サンクスで発売を開始した。 2019年2月には、第一三共ヘルスケアのグループ会社で、事業を行うが通信販売向けの「リゲイン」ブランドを扱うようになり、第1弾として「リゲイン トリプルフォース」を。 同年10月には第2弾となる「リゲイン メディラクト」が発売された。 リゲインのロゴデザインは2度変更されており、「MJ-リゲイン」が初代のロゴフォントを継続している。 初代と2代目ではロゴフォントが小変更されている程度なので、一見すると新旧ロゴフォントの見分けがつきにくい。 なお、3代目「リゲイン」・「リゲインX」からは3代目ロゴフォントが使われており、2代目のロゴフォントをベースにブランド名の由来である「再び、獲得する(取り戻す)」というメッセージを力強く表現するために、「Re」が赤に変更されている。 リゲインブランドのドリンク剤は、全てに製造を委託している。 「リゲイン」の商標はに登録されている(第787385号)。 歴代広告キャラクター [ ]• - BGM「Energy Flow」をCD化した『』は大ヒットとなった。 (リゲイン スタイル)• 【リゲインエナジードリンク】• 歴代広告キャッチコピー [ ]• 24時間、戦えますか。 (1988年6月〜、〜現行)• 全力で行く。 リゲインで行く(1992年〜? くやしいけれど、仕事が好き。 (1994年〜? その疲れに、リゲインを。 たまった疲れに。 ポジティブリゲイン• 疲れに効く理由(わけ)がある。 (〜2006年)• 飲むところ敵なし。 攻めの一本。 24時間戦うのはしんどい。 () 取扱商品 [ ] ミニドリンク剤 [ ] リゲイン(販売名:リゲインS1)【】 2012年4月発売。 初代「リゲイン」の処方をベースに、独自成分のリバオールと2種類の生薬(・)をプラスした第3世代品。 リゲインZERO(販売名:リゲインZ1)【指定医薬部外品】 2009年9月発売。 糖類0・超低カロリー設計のドリンク。 リバオールとビオタミンに加え、生薬のとを配合。 リゲインSTYLE(販売名:リゲインZ2)【指定医薬部外品】 2011年3月発売。 成分は「リゲインZERO」と同一。 なお、女性向けの製品として区別するため、ピンクのパッケージデザインとしており、フルーツ系の風味に変更されている。 ドリンク剤 [ ] MJ-リゲイン【指定医薬部外品】 すっきりした飲み心地のよい味に仕上がっている。 タウリン1,000mg配合。 販売先限定製品 [ ] 以下は、ファミリーマート、サークルK、サンクスで販売されている。 いずれも100ml入り。 スイッチリゲインA(販売名:アミノリゲイン)【指定医薬部外品】 (BCAA L-・L-・L- 、L-)を配合。 本品は以前発売されていた「スタートアップリゲイン」の実質的な後継製品で、配合されている有効成分並びに含有量は「スタートアップリゲイン」と同一である。 スイッチリゲインK(販売名:リゲイン2000)【指定医薬部外品】 タウリン2,000mgを配合。 本品は以前発売されていた「リゲイン24DX」の実質的な後継製品で、配合されている有効成分並びに含有量は「リゲイン24DX」と同一である。 特納用製品 [ ] リゲインs(販売名:リゲイン3000)【指定医薬部外品】 タウリンを他の「リゲイン」シリーズ(リゲイン、MJ-リゲイン)の3倍量にあたる3,000mg(シリーズ最大量)を配合するとともに、ビタミンB1誘導体のビオタミンとを「リゲイン」と同量配合。 さらに、独自成分のリバオールも配合している。 発売当初はコンビニエンスストアで発売されていたが、2015年に特納用仕様が発売され、コンビニエンスストアでの販売終了後に特納用へ移行した。 通信販売限定品 [ ] 以下の製品は、第一三共ヘルスケアが発売元となり、グループ会社のアイムを通じて通信販売限定で発売されている。 また、チャック付パウチ包装としている。 リゲイン トリプルフォース【指定医薬部外品】 独自成分のリバオールとビオタミンにを配合した錠剤タイプのビタミン含有保健剤(販売元:アイム、製造販売元:)。 リゲイン メディラクト【指定医薬部外品】 有性(ラクボン)と2種類の(性消化酵素TA、ビオヂアスターゼ1000)が配合されたブランド初の整腸・消化薬。 製造終了品 [ ]• 医薬品ミニドリンク剤• リゲイン(初代)• リゲイン4-8• リゲイン8-8 - ユンケルシリーズ・ゼナシリーズと同じ小箱梱包のミニドリンク剤• リゲインDX - ビオタミン不配合• リゲインゴールド• リゲインR• リゲイン@ - 「24ゴールド」へ継承• リゲインPC【第3類医薬品】 - 限定販売品。 リゲイン24ゴールド【第3類医薬品】 - ビオタミンとの無臭有効成分「加工大蒜(かこうだいせん)」を配合。 小箱包装品。 2013年末製造終了。 医薬部外品ミニドリンク剤• リゲインA• リゲイン24ローヤル - 2007年10月のリニューアル時に「ローヤルJ」に名称変更• リゲイン24ローヤルJ(販売名:リゲインローヤル)【指定医薬部外品】• リゲイン(2代目、販売名:リゲインII)• リゲイン24(販売名:リゲイン)【指定医薬部外品】 - 1988年に発売された初代「リゲイン」の「ピリッと辛く、コクのある味わい」を再現している。 「リゲイン(販売名:リゲインS1)」へ継承。 医薬部外品ドリンク剤• J-リゲイン(初代)• J-リゲイン(2代目、販売名:J-リゲインII)• ゴルフ-GS• スタートアップリゲイン(販売名:リゲインS)• リゲイン3000 - 「24エグゼクティブ」へ継承• リゲイン24エグゼクティブ(販売名:リゲインX3) - 2009年3月のリニューアル時に「24エグゼクティブII」に名称変更• リゲイン24エグゼクティブII(販売名:リゲイン3000)【指定医薬部外品】• リゲイン24DX(販売名:リゲイン2000)【指定医薬部外品】• リゲインX(販売名:リゲインX1)【指定医薬部外品】 - 「MJ-リゲイン」の処方をベースに、を30mgに増量し、独自成分のリバオールと2種類の生薬(当帰・黄精)を加えた処方強化品の位置づけ。 「リゲインs」の発売に伴い、2014年11月で製造終了。 リゲイン24X(販売名:J-リゲイン)【指定医薬部外品】 - 初代「J-リゲイン」を引き継ぐ特納用(等の特定ルート向け)仕様の「リゲイン」の為、店頭では販売されなかった。 特納用仕様の「リゲインs(販売名:リゲイン3000)」発売に伴い製造終了。 ビタミン主薬製剤【医薬品】• リゲインEB錠 - 旧三共で発売されていた「トリメートエース」と機能統合し、「リゲインEB錠II」へ• リゲインEB錠II【第3類医薬品】 - 天然型ビタミンEを配合。 商号変更後も販売を継続していたが、旧が発売していた「ノイビタZE」へ機能統合のため、2014年9月で製造終了• ブラックリゲイン• エナジードリンク(サントリーフーズ扱い)• リゲインエナジードリンク• リゲインエナジードリンク2000• 集中リゲイン• スーパー集中リゲイン200 - 100mlボトル缶入り。 ・交通売店限定で発売されていた。 関連情報 [ ] ゲームとのコラボレーション [ ]• 、セガ(後の)が用『牛若丸三郎太物語 〜24時間戦えますか? 〜』を開発していたが、に画面写真が1枚掲載されたのみで開発中止となった。 、同年に全世界同時発売された専用ソフト『』に、ゲーム内アイテムとして「リゲイン24」が登場した。 主人公のが飲むと、ライフと気力が回復する効果がある。 、から末の間に全国の(一部を除く)にて、『』(プレイステーション3専用版)のゲーム上でオリジナルTシャツを獲得できるシークレットコード付きのステッカーが貼られた「リゲイン24」が発売された。 全部で4枚あるが、4枚とも揃えるともれなくオリジナルアイテムが取得できる。 8月5日から9月5日の期間で『 我龍転生』にて「第16回特別大会 リゲイン杯」が行われた。 キャッチコピーは「24時間格闘(たたか)えますか? 」で、プレイ時間24時間分(連続プレイでなくてもよい)の成績を集計する。 販売分のリゲイン24DXについている「リゲインコード」を使うことで特殊なカスタマイズが行える。 Regain Rejapan プロジェクト [ ] 発売24年目を機に「日本の元気を取り戻そう! 」をキーメッセージに、CMソングである「勇気のしるし」を本プロジェクトのために新たに書き下ろされた2012年バージョンとしてTVCM放映するほか、専用のキャンペーンサイトではを活用したオリジナルCMソングの作成、専用アプリを利用したオリジナルCMの作成、とのメディアタイアップが行われた。 また、復興支援の一環として、プロジェクト開始日の2012年4月19日から2013年3月31日までの期間、リゲインシリーズのドリンク剤1本につき1円が東日本大震災の義援金として拠出される。 その後、対象期間中の売り上げから拠出された義援金は1,050万9,529円となり、へ寄付された。 登録商標の専用使用権設定と他社への使用許諾締結 [ ] 2014年4月2日に登録商標である「リゲイン」の専用使用権を設定し、独占的な使用許諾契約をの飲料・食品事業における子会社であるサントリー食品インターナショナルと締結したことを同年5月21日に発表した。 同社と使用許諾を締結した専用使用権は日本国内での清涼飲料の分野が設定範囲となる。 これにより、「リゲイン」は第一三共ヘルスケアが開発・販売する医薬品や医薬部外品のブランドとして残しながら、新たに、サントリー食品インターナショナル株式会社が開発・プロモーションを行う清涼飲料のブランド名を兼ねるようになった。 なお、「リゲイン」ブランドの清涼飲料の販売は同社子会社のが担う。 この契約に基づき、同年7月1日にサントリー食品インターナショナルの製品として、「リゲインエナジードリンク」が発売された。 なお、第一三共ヘルスケアの親会社である第一三共は、旧時代にサントリー(現在のサントリーホールディングス)の医薬事業部が開発した抗治療剤「サンリズム」の販売提携を手始めに、両社の共同出資による第一サントリーファーマ(を経て、2018年4月に第一三共へ吸収合併)を設立するなど、長きにわたって医薬分野におけるビジネスパートナーとしての関係を築いてきた経緯がある。 脚注 [ ] []• J-Liryc. net• プレスリリース , 株式会社ファミリーマート, 2017年3月3日 , 2017年3月8日閲覧。 株式会社アイム 2019年2月27日. 2019年5月5日閲覧。 株式会社アイム 2019年10月9日. 2019年10月9日閲覧。 なお坂本はリゲインのCM起用以前の1990年にアリナミンA25錠のCMに起用されていたことがある。 2014年7月20日. 2014年9月20日閲覧。 ファミ通. com• - 第一三共ヘルスケア株式会社 ニュースリリース 2012年4月19日(2012年5月19日閲覧)• - 第一三共ヘルスケア株式会社 ニュースリリース 2014年5月21日 外部リンク [ ]•

次の