グリーンスプリングス 建築。 グリーンスプリングスに福永紙工のショップ テラダモケイなど800種

注目スポットが立川に。まる1日楽しめるミュージアム&パーク(Webマガジン コロカル)

グリーンスプリングス 建築

東京・立川北口の新しい複合施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」内に、絵と言葉をテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」が6月10日にオープン。 もうひとつの核となる親子の遊び場「PLAY! PARK(プレイパーク)」も本日6月19日にオープンした。 いずれも手塚建築研究所が内装設計を手掛けている。 (写真:長井美暁、以下も) 渦巻き状の壁で、来場者を夢の世界へ GREEN SPRINGSは地元・立川の立飛ホールディングスが開発した新しい街区で、敷地の広さは約3. 9万㎡。 多摩地区最大の2500席規模の多機能ホールや、グエナエル・ニコラ氏がデザインを手掛けた「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」、オフィス、商業施設で構成し、ホールを含めて大小9棟の建物が約1万㎡の中央広場を囲んで立つ。 新型コロナウイルス感染拡大により、今年4月から順次開業となっていたが、6月19日現在、商業施設の一部店舗を除いてほぼ全てが開業となった。 場所はJR立川駅から徒歩8分ほど。 多摩都市モノレールに沿って北へ向かう、幅40mの自転車・歩行者専用道路「サンサンロード」を歩いて、音響のよい映画館として知られる「シネマシティ」のシネマ・ツーの前を過ぎた先に、GREEN SPRINGSのサウスゲートがある。 地上2階が中央広場のあるメインフロアだ。 中央広場では街路がX字型に交差している。 PLAY! は左側の街路を進んで、左手にある。 PLAY! MUSEUMとPARKの入り口は一緒。 中央広場と同じ地上2階にMUSEUM、3階にPARKがある。 PLAY! MUSEUMは大人から子どもまで楽しめる美術館としてつくられた。 年間を通して著名な絵本作家を紹介する常設展と、企画展を同時に開催していく。 オープン記念は常設展が『はらぺこあおむし』で知られる絵本作家エリック・カール氏による「エリック・カール 遊ぶための本」(2021年3月28日まで)、企画展はクリエイティブユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)による「顔」がテーマの「tupera tuperaのかおてん. 」(2020年12月29日まで)だ。 MUSEUMの内部は、桟木のような細長い木材を張った壁が大きくカーブし、渦巻き状になっていて、来場者を奥へと導く。 内装設計を担当した手塚建築研究所の手塚貴晴氏が「ぐるぐると夢の世界に入っていくように」と説明するように、渦巻きに沿って進むと気付かないうちに展示の中に入り込む仕掛けだ。 壁は桟木の他にも木毛セメント板などの下地材、天井はダクトが剥き出し、床には墨出しの跡も残る。 手塚氏は「(展示に)参加するというメッセージが来場者に伝わるように、あえてまだ途中、完成していないような雰囲気にした」と話す。 tupera tuperaは亀山達矢氏と中川敦子氏によるユニットだ。 2人にとって「顔」は、ブレイク作となった絵本『かおノート』をはじめ、アイデアとユーモアの源泉だという。 渦巻き状の木の壁に並ぶのは新作の「かお10(テン)」で、2m大の顔はそれぞれ、まな板の上で切った野菜や洗濯物などでつくられている。 上の写真の「床田愉男(ゆかだゆかお)」は参加型の作品で、来場者は周りに置いてあるものを使って黄色の円の中に自由に顔をつくり、天井の鏡でそれを見て楽しめる。 しかし、新型コロナ対策のために当面は見るだけの展示になった。 子どもたちが遊ぶための「大きなお皿」 一方、3階のPLAY! PARKは子どものための屋内広場だ。 床がモルタルからコルクタイルに変わるところで靴を脱いで入ると、中央に、縁が迫り上がった直径22mの「大きなお皿」がある。 手塚貴晴氏は「親子が一緒にいられる場所を考えたとき、動物園が思い浮かんだ。 ここで動物を飼うわけにはいかないから、代わりに子どもを檻に入れるというところからアイデアが膨らんだ。 円形なら子どもはぐるぐると走り回るだろう。 子どもたちが自ら考え、自ら動く。 そういう場所をアートの名のもとにつくろうと思った」と話す。 手塚由比氏も「子どもが決まった遊びをするのではなく、遊び方を自由に発見しながら遊べると良いと思ってこのお皿をつくった」と語る。 子どもたちが走り回ることを想定して、24カ月未満の子ども向けに直径7mの「小さなお皿」もつくってある。 見学者たちも思わず童心にかえって、よじ上ったり、寝転んだり。 内覧会で貴晴氏と由比氏は、「お皿」の中をぐるぐると走ったり、縁に腰掛けたりして、遊び方をデモンストレーションして見せた。 「お皿」の外に置いてある発泡スチロール製の椅子も両氏のデザイン。 『はらぺこあおむし』の青虫をモチーフにしたわけではないという。 「お皿」の中には当初、段ボールや風船でつくった遊具を置く予定だったが、新型コロナ対策で当面は空っぽな状態での利用となる。 「お皿」の周りは、ファクトリーやライブラリー、シアターなどのスペース。 グランドピアノも置いてある。 空間と時間が交差するランドスケープを、緑と水のつながりで表現 再び2階に戻る。 MUSEUMはカフェとショップを併設し、カフェでは展覧会に合わせたメニューも。 ショップもオリジナルグッズが豊富で楽しい。 PLAY! の両施設は親子で楽しめる。 外に出て周りを見ると、GREEN SPRINGS自体に親子連れが多いことに気付いた。 ホールの横には長さ約120mの、なだらかな階段状のカスケード(人工滝)があり、子どもたちが水遊びしている。 カスケードは、かつてこの地にあった飛行場の滑走路をモチーフにしているという。 また、敷地の西側に広がる昭和記念公園の豊かな自然を引き入れるように、中央広場は緑が多い。 ビオトープもある。 ランドスケープデザインは、ランドスケープ・プラスの平賀達也氏が手掛けた。 商業施設の軒天井には、地元の多摩産材を約5000㎡分、使っているという。 憩いの場の演出として効いている。 店舗の中に、福永紙工の名前を掲げたショップ「TAKEOFF-SITE」を発見。 トラフ建築設計事務所との協働プロジェクト「空気の器」や、建築家でありインターオフィス代表取締役社長でもある寺田尚樹氏との協働プロジェクト「テラダモケイ」などで知られる会社だ。 同社は立飛ホールディングスと同様に、ここ立川を拠点としている。 ショップの企画・運営は初の試みだ。 代表の山田明良氏は「今まで、福永紙工の地域との連携は限られた施設での展開に留まっていました。 (中略)改めて地域に目を向け、自社製品のみならず、このエリアで活動している企業、作家をつなぐ役割を担っていこうと思っています」と、店舗運営への意気込みを述べている。 (長井美暁).

次の

GREEN SPRINGS — 設計:スタジオタクシミズ(マスターデザインアーキテクト) ランドスケープ・プラス(マスターデザインランドスケープアーキテクト) 山下設計・大林組設計共同企業体(A2地区 :W・E棟) 清水建設(A2地区:S棟 多摩信用金庫本店本部) 山下設計(A3地区:N棟 立川ステージガーデン) 施工:大林組(A2地区:W・E棟 A3地区:N棟 立川ステージガーデン) 清水建設・中島建設・中村建設共同企業体(A2地区:S棟 多摩信用金庫本店本部)

グリーンスプリングス 建築

立川グリーンスプリングスができるのは 都会のオアシス・昭和記念公園のすぐ隣。 広大なスペースの中央には、緑あふれる広場もあり、 ご家族でゆっくりとした時間を過ごせる空間となっています。 そんな場所にオープンする私たちの新しいお店は、 マザーハウス史上最大の広さをもつ、 西東京エリアの旗艦店です! 「家と庭」をコンセプトにつくられた店内では 今までのマザーハウスのお店とは一味ちがう、 心地のよい空間を、みなさまにお届けしていきます。 お客さまと新しいお店で、お会いできることを楽しみにしています。 お店の中心には、家の象徴として大きな屋根が登場! 屋根の下では、お子様にお楽しみいただけるDIYや レザーのセルフケアなど、 大人も子どもも楽しめるコンテンツをご用意。 家のように、ゆっくりとくつろげる空間になります。 店奥には、バングラデシュの自社工場・マトリゴールを再現したスペースも。 ここでしかご覧いただけないムービーなどもご用意し、 リアルな「バッグの向こう側」を体験いただけます。 (イードット)」のお洋服も常設でされていて、 すべてのブランドの商品を、一つのお店でご覧いただけます。 西東京エリアの旗艦店として、 すべての生産国のプロダクトを通して、途上国の可能性をお伝えすることで、 お客さまに新しい世界との出会いをお届けします。 本件に関するお問い合わせ マザーハウスお客さま窓口 TEL:03-4455-7407(平日 09:30-17:30) MAIL:client mother-house.

次の

アート

グリーンスプリングス 建築

[広告] 同館は、ユニークな視点で作家や作品を特集する企画展 年に2、3種類)と、年間を通して著名な絵本作家を紹介する常設展の2つの展覧会を同時開催し、大人から子どもまで「誰もが楽しめる」美術館を目指す。 オープニングを飾る企画展は、「かおノート」で人気のクリエーティブ・ユニット「tupera tupera(ツペラツペラ)」の「顔」をテーマにした展覧会。 2メートルの大きな顔が並ぶ新作や床の上での顔遊びなど、平面・映像・立体とさまざまな表現の新作を多数展示。 ツペラツペラは「来場者に『かおシール』で変身してもらい、来場者が作品の一部となりお互い他人の顔を見て笑ってもらう楽しい仕掛けなど、参加型の作品を用意した。 感染防止対策で参加型の作品が見るだけになっているものも多くなってしまったが、見るだけでも『自分も何か作れる、手を動かしたくなる』という思いに不思議となるので、家に帰ってからも、料理する時、洗濯物を畳む時など、身近なもので『顔』を作って楽しんでいただければ」と話す。 常設展は、世界的ベストセラー絵本「はらぺこあおむし」で有名な作家「エリック・カール」。 アメリカのエリック・カール絵本美術館との共同企画で、絵本をおもちゃに見立て、虫の音が聞こえたり、光ったり、おもちゃのような絵本で遊びながら、「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」などの遊び方に分けて紹介しながら、エリック・カール独自のコラージュで描かれた美しい原画を展示する。 施設内のカフェでは展覧会に関連したオリジナルフードを提供。 現在は、はらぺこあおむしのサンドイッチやパフェ、ラテアートなどを用意する。 美術館上の3階が、子どもの遊び場の屋内施設。 広場の中央には、直径22メートルの大きな皿型のスペースがあり、子どもたちは体を動かして遊ぶことができる。 コロナウイルス感染防止対策として、同スペースには当初予定していた遊具は当分置かず、代わりにいろいろな遊びを提案するという。 しばらくの間は、安全に遊べる予約・入れ替え制の暫定プログラムとなり、土曜・日曜は同スペースで生演奏やパフォーマンスを披露する。 施設を設計した建築家の手塚貴晴さん、由比さんは「子どもと大人が一緒に家族で楽しめる場所とした。 広場で身体を使って遊んで、美術館で静かな時間を過ごすなど、動きのある場所と疲れたら休める場所を組み合わせて、子どもと一緒に大人も楽しんでいただければ」と来館を呼び掛ける。 開館時間は10時~18時。 プレイミュージアムの入館料は、一般=1,500円、大学生=1,000円、高校生=800円、中・小学生=500円、未就学児無料。 プレイパークはイベントごとに異なる(予約・入れ替え制)。

次の