コール オブ デューティ モバイル 最強。 『CoDモバイル』で勝つために抑えておきたい5つのポイント [ファミ通App]

CoDモバイル エイム加速を切る方法!ボタン配置変更・操作設定!感度設定のやり方!射撃場は?単砂のスコープ覗く速度が遅い!PS4コントローラーは非対応?【コールオブデューティー】

コール オブ デューティ モバイル 最強

リリース初月に本作は1億4800万回以上ダウンロードされ、約5400万ドルの収益を生み出したモバイルゲーム史上最大のローンチ(開始)となった。 2019年末、リリースから3か月で1億8000万回ダウンロードされ、2019年第4四半期で最も多く、2019年で2番目に多くダウンロードされたゲームとなった。 開発とリリース [ ] アクティビジョン・ブリザードが『』のデベロッパー「」を59億ドルで正式に買収した1年以上後の2017年4月、KingはCall of Dutyをベースとした新作モバイルゲームを開発中であることが明らかになり 、同社のサイトの求人情報にもその件が掲載された。 それらによると、Call of Dutyチームは新たに結成され、「ファンが知っており、愛している最高の家庭用ゲーム機の体験を変革し、モバイル向けの新境地を開拓しこのジャンルを再定義する」ことを目指している。 当初の作品名が「Call of Duty: Legends of War」であった本作は2018年12月15日にオーストラリアでクローズドのアルファテストで開始されたが、AndroidデバイスのGoogle Playストアからしかダウンロードできなかった。 2019年5月16日、インドでクローズドのベータテストが実施され 、2019年6月6日に終了した。 6月10日には新たなベータテストが開始されたが、今回はオーストラリアのみで実施された。 6月14日、iOSベータテストがリリースされ、7月3日に終了した。 2019年9月16日、別のクローズドベータテストが東南アジア諸国と台湾で開始された(9月26日終了)。 9月25日、韓国でテストが開始された(9月27日終了)。 Call of Duty Mobileは2019年3月に明らかにされ、アクティビジョンの西部開発スタジオの代わりに中国のの子会社「Timi Studios」が開発を主導することも併せて発表された。 ゲームの特徴の多くもこの発表の際に明らかにされ、家庭用ゲーム機のファンのために馴染みの体験を約束した。 ゲームの狙いはシリーズの過去作から馴染みのある側面を取り入れ、ユーザーが自身のモバイル端末からそれらにアクセスできるようにすることだった。 本作の特徴として2種類のゲーム内通貨とを備えている。 2019年7月18日にカナダとオーストラリアでソフトローンチ(限られた地域でのみリリースしてユーザーの反応を見て修正する手法 )が開始された。 その後8月15日にペルーでも利用が可能になった。 プレリリース後の2019年10月1日に世界配信された(ベルギー、中国本土、ベトナムを除く)。 本作はCall of Dutyシリーズに登場した多くのキャラクターが操作できる他、過去作のマップやゲームモード 、プレイヤーの好みに合わせた様々な操作設定機能も搭載されている。 2019年11月には新ゲームモード「ゾンビ」が追加された。 この「ゾンビ」モードはプレイヤーがウェーブ形式でゾンビの群れと終わりのない戦いを繰り広げて出来る限り長く生き延びることを目指す伝統的なCall of Duty Zombieの方式を踏襲している。 一定数のウェーブのゾンビを倒し、その後ボスと戦う「レイド」モードも追加された。 Call of Duty: Mobileのゾンビモードはアクティビジョンの基準を満たしていないとして2020年3月25日に削除されたが、アクティビジョンは後のアップデートでゾンビモードを復活させるかもしれないと述べている。 ゲームプレイ [ ] Call of Duty: Mobileには3種類のゲームモード(マルチプレイヤー、バトルロイヤル、ゾンビ)がある。 プレイヤーはマルチプレイヤーモードにおいてランク試合か非ランク試合のどちらでプレイするのかを選択できる。 本作のゲーム内通貨は2種類存在し、一つはゲームをプレイすることで獲得できるクレジット(C)であり、もう一つは現実世界の金で購入する必要があるCODポイント(CP)である。 支払いをせずともゲーム全てをプレイできるが、一部の専用キャラクターと武器スキンはCODポイントでしか購入できない。 オンラインでのランダムなプレイヤー同士との戦闘以外にも、マルチプレイヤーとバトルロイヤルモード両方のプライベートルームに入り、ゲーム内フレンドだけを招待してバトルを行うこともできる。 加えて、本作では期間限定(数日、数週間または1シーズン)の特別マルチプレイヤーモードがある。 それらにはProp Hunt 、Rapid Fire、Sticks and Stones 、2v2 、Capture the Flag 、One Shot One Kill 、Snipers Only 、Gun Game などがある。 ゾンビモードはシーズン2(2019年11月)に追加された。 本モードではプレイヤーがチームを組みウェーブ形式で襲い来るゾンビに立ち向かう。 このモードのマップは『』のマップ「死の沼」である。 過去のCoDの「ゾンビ」のように死ぬまで終わらない「Endless Survival Mode」や一定数のウェーブのゾンビの後にボスが登場する「レイドモード」でもプレイができる。 プレイヤーは本モードをノーマルかヒーローのどちらかの難易度でプレイできる。 レイドモードでは難易度によってウェーブ形式でのゾンビが異なる。 アクティビジョンは本モードは望ましい品質水準に達していないとして2020年3月25日に削除した。 バトルロイヤル [ ] ノーマルモード Classicモード [ ] バトルロイヤルは最大100人のプレイヤーが一つの大規模マップでプレイする20分間の試合である。 Crash、Killhouse、Standoff及びNuketownを含むマルチプレイヤーのマップが大規模マップの一部を構成している。 プレイヤーは1人、2人チーム、4人スクアッドのいずれかの編成でプレイするか選ぶことができる。 プレイヤーは試合前に他のプレイヤーを「ルーム」に招待することで自分のチームを結成できる。 ゲームでは一人称視点(FPP)でプレイするか三人称視点(TPP)でプレイするかを選択できる。 バトルロイヤルゲームの開始時にマップを一直線に飛行する(飛行路はゲーム毎に異なる)航空機に搭乗している。 全チームにいつどこで降下を始めるのかを決めるジャンプリーダーが自動的に設定されるが、プレイヤーは自分で降下することもでき、1人プレイヤーはいつでも降下できる。 ゲーム開始時には各プレイヤーはナイフのみを装備している。 マップには武器、弾薬、武器アタッチメント、保護ベストが散在しており、プレイヤーは生き残りながら他のチームのメンバーを殺すためにそれらを用いる。 マルチプレイヤーと同様に、同じチームのプレイヤーはお互いを殺すことはできない。 プレイヤーが死亡すると、大きなドッグタグが載った緑色の木箱が死亡地点に出現する。 プレイヤーのチームメイトはこのドッグタグを集めてプレイヤーを蘇生させることができる。 蘇生したプレイヤーは別の飛行機に乗ってマップに再び登場するが、今回はMW11自動拳銃を装備している。 蘇生したプレイヤーは、チームメイトと合流したい時に好きな場所に降下できる。 マップ上の安全地帯はゲームが進むにつれて縮小していき、安全地帯外にいるプレイヤーの体力は急激に減少していく(最終的に死亡する)ため安全地帯への移動を余儀なくされ、必然的にプレイヤー同士の距離が次第に縮まっていく。 他のチームとの戦闘を経て最後まで生き残ったチームがゲームに勝利する。 Warfare 20vs20 モード [ ] Warfareモードは、20人対20人の計40人のプレイヤーで試合を行うモード。 期間限定で開催される。 敵を倒すことでポイントを稼ぎ、先に目標ポイント数に達したチームの勝利となる。 プレイヤーは死亡しても、武器とアイテムを保持した状態で何度でも復活できる。 マップ上空からゲームに復帰するため、自分の降りたい場所に降下可能。 最初から安全地帯がある程度縮小した状態で始まるため、安全地帯内に降下して物資を集めることになる。 安全地帯がある程度縮小するとバトルゾーンが生成され、最終決戦開始となる。 本モードは視点が三人称視点 TPP 固定 ゲーム内で視点を切り替えることはできる で、分隊モード スクワッド 以外ではプレイできない仕様となっている。 また、このモードの試合結果はランクには反映されない。 eスポーツ [ ] 「Call of Duty: Mobileワールドチャンピオンシップ2020トーナメント」はアクティビジョンとソニー・モバイルコミュニケーションズのパートナーシップによるもので、本作がeスポーツのティア1に進出することを意味する。 本大会の賞金総額は100万ドル以上である(現金とゲーム内スキン)。 4月20日から5月24日までの4回のオープンオンライン予選(参加資格はベテランランク以上)でゲームのコミュニティから直接チームが選出される。 ただし、デスクトップエミュレーターやコントローラー、キーボードなどの外部機器の使用は禁止されている。 のカイル・ヒリアードはCall of Duty: Mobileを「大フランチャイズが携帯型のプラットフォームでこれまでにない最高のものになったことを表している。 金を使わなくてもレベル上げはやりがいがあり、印象的なバトルロイヤルモードなどの数多くのモードの間を飛び回れる」と記述した。 GameSpotのアレサンドロ・バーボサは「本作の厄介なマイクロトランザクションメニューとわずかな時間節約のための購入以上に主要シリーズの爽快で速いペースのマルチプレイヤーアクションを忠実に再現することを損なうようなものはCall of Duty Mobileにはほかにあまりない」と述べた。 スコア無しのレビューでポリゴンのアンドリュー・ヘイワードもまた本作を称賛し、「Call of Duty Mobileは昔からのマルチプレイヤーのフォーマットを深く妥協したり、水で薄めたりするようなものではなく、まさにCall of Dutyのように感じる」と述べた。 米調査会社Sensor Towerの発表によれば、本作は配信開始から一週間で1億ダウンロードを突破し、『』や『』(PUBG)などの記録を超え「モバイルゲーム史上最大のローンチ(開始)」となった。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 The Verge. 2020年5月5日閲覧。 Polygon. 2020年5月5日閲覧。 Pocket Gamer. 2020年5月5日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Machkovech 2019年3月19日. Ars Technica. 2019年6月25日閲覧。 Mukherjee 2019年5月24日. India Today. 2019年5月24日閲覧。 Morgans. VGR. 2019年7月21日閲覧。 ファミ通App. 2020年5月19日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Carpenter, Nicole 2019年9月18日. Polygon. 2020年4月24日閲覧。 Avard 2019-05-22T09:43:34Z, Alex. gamesradar. 2019年12月14日閲覧。 blog. activision. com. 2019年12月14日閲覧。 Sheridan 2019-11-25T15:54:47Z, Connor. gamesradar. 2019年12月14日閲覧。 Metabomb. 2020年5月5日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 GameSpot. 2020年5月6日閲覧。 Express UK. 2020年5月6日閲覧。 GameSpot. 2020年5月6日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月6日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 2020年5月5日閲覧。 Polygon. 2020年5月5日閲覧。 Times of India. 2020年5月5日閲覧。 2020年5月2日閲覧。 The Verge. 2020年5月2日閲覧。 www. callofduty. com. 2020年5月19日閲覧。 2020年5月2日閲覧。 2019年10月23日閲覧。 IGN. 2020年5月1日閲覧。 GAMESPOT. 2020年5月1日閲覧。 GameZebo. 2020年5月3日閲覧。 4Players. 2020年5月3日閲覧。 Destructoid. 2020年5月3日閲覧。 Eurogamer. 2020年5月3日閲覧。 Jeuxvideo. com. 2020年5月3日閲覧。 Metacritic. 2019年12月14日閲覧。 IGN JAPAN 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧• 2019年11月4日. 2019年11月6日閲覧。 Makuch, Eddie 2019年12月13日. 2019年12月13日閲覧。 Chalk, Andy 2020年1月13日. 2020年1月20日閲覧。 National Academy of Video Game Trade Reviewers 2020年1月13日. 2020年1月20日閲覧。 Shanley, Patrick 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 Grayshadow 2020年2月17日. NoobFeed. 2020年2月18日閲覧。 Chilton, Louis 2020年4月2日. 2020年4月3日閲覧。 Tangcay, Jazz 2020年5月6日. 2020年5月7日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

CoDモバイル エイム加速を切る方法!ボタン配置変更・操作設定!感度設定のやり方!射撃場は?単砂のスコープ覗く速度が遅い!PS4コントローラーは非対応?【コールオブデューティー】

コール オブ デューティ モバイル 最強

視点の散らばり具合は武器によって差がある為に異なるよ。 カメラ感度は撃ってない時の視点移動のスピードを自分で設定する事ができます。 カメラ感度を上げる事でスピーディーに立ち回る事が可能になります。 スポンサードリンク CoDモバイル 射撃場は?【コールオブデューティー】 感度設定のやり方は上述した通りだけど、微調整をしながら感度設定を行いたい人が多いはず。 従来のゲームでは「射撃場」と呼ばれる練習場にて感度設定の微調整をするよね〜。 敵は全てBOT• 味方はプレイヤー CoDモバイル 単砂のスコープ覗く速度が遅い! 単砂のスコープ レンズ を覗くのが遅いと感じるプレイヤーは多かったと思います。 私だけでなくこれだけ多くのツイートもあるのです。 codモバやってわかったこと。 砂のスコープ開くの遅い。 これやってたら絶対荒野下手になる。

次の

PS4 コール オブ デューティ ブラックオプス 4プレイしてみて 値段は?

コール オブ デューティ モバイル 最強

リリース初月に本作は1億4800万回以上ダウンロードされ、約5400万ドルの収益を生み出したモバイルゲーム史上最大のローンチ(開始)となった。 2019年末、リリースから3か月で1億8000万回ダウンロードされ、2019年第4四半期で最も多く、2019年で2番目に多くダウンロードされたゲームとなった。 開発とリリース [ ] アクティビジョン・ブリザードが『』のデベロッパー「」を59億ドルで正式に買収した1年以上後の2017年4月、KingはCall of Dutyをベースとした新作モバイルゲームを開発中であることが明らかになり 、同社のサイトの求人情報にもその件が掲載された。 それらによると、Call of Dutyチームは新たに結成され、「ファンが知っており、愛している最高の家庭用ゲーム機の体験を変革し、モバイル向けの新境地を開拓しこのジャンルを再定義する」ことを目指している。 当初の作品名が「Call of Duty: Legends of War」であった本作は2018年12月15日にオーストラリアでクローズドのアルファテストで開始されたが、AndroidデバイスのGoogle Playストアからしかダウンロードできなかった。 2019年5月16日、インドでクローズドのベータテストが実施され 、2019年6月6日に終了した。 6月10日には新たなベータテストが開始されたが、今回はオーストラリアのみで実施された。 6月14日、iOSベータテストがリリースされ、7月3日に終了した。 2019年9月16日、別のクローズドベータテストが東南アジア諸国と台湾で開始された(9月26日終了)。 9月25日、韓国でテストが開始された(9月27日終了)。 Call of Duty Mobileは2019年3月に明らかにされ、アクティビジョンの西部開発スタジオの代わりに中国のの子会社「Timi Studios」が開発を主導することも併せて発表された。 ゲームの特徴の多くもこの発表の際に明らかにされ、家庭用ゲーム機のファンのために馴染みの体験を約束した。 ゲームの狙いはシリーズの過去作から馴染みのある側面を取り入れ、ユーザーが自身のモバイル端末からそれらにアクセスできるようにすることだった。 本作の特徴として2種類のゲーム内通貨とを備えている。 2019年7月18日にカナダとオーストラリアでソフトローンチ(限られた地域でのみリリースしてユーザーの反応を見て修正する手法 )が開始された。 その後8月15日にペルーでも利用が可能になった。 プレリリース後の2019年10月1日に世界配信された(ベルギー、中国本土、ベトナムを除く)。 本作はCall of Dutyシリーズに登場した多くのキャラクターが操作できる他、過去作のマップやゲームモード 、プレイヤーの好みに合わせた様々な操作設定機能も搭載されている。 2019年11月には新ゲームモード「ゾンビ」が追加された。 この「ゾンビ」モードはプレイヤーがウェーブ形式でゾンビの群れと終わりのない戦いを繰り広げて出来る限り長く生き延びることを目指す伝統的なCall of Duty Zombieの方式を踏襲している。 一定数のウェーブのゾンビを倒し、その後ボスと戦う「レイド」モードも追加された。 Call of Duty: Mobileのゾンビモードはアクティビジョンの基準を満たしていないとして2020年3月25日に削除されたが、アクティビジョンは後のアップデートでゾンビモードを復活させるかもしれないと述べている。 ゲームプレイ [ ] Call of Duty: Mobileには3種類のゲームモード(マルチプレイヤー、バトルロイヤル、ゾンビ)がある。 プレイヤーはマルチプレイヤーモードにおいてランク試合か非ランク試合のどちらでプレイするのかを選択できる。 本作のゲーム内通貨は2種類存在し、一つはゲームをプレイすることで獲得できるクレジット(C)であり、もう一つは現実世界の金で購入する必要があるCODポイント(CP)である。 支払いをせずともゲーム全てをプレイできるが、一部の専用キャラクターと武器スキンはCODポイントでしか購入できない。 オンラインでのランダムなプレイヤー同士との戦闘以外にも、マルチプレイヤーとバトルロイヤルモード両方のプライベートルームに入り、ゲーム内フレンドだけを招待してバトルを行うこともできる。 加えて、本作では期間限定(数日、数週間または1シーズン)の特別マルチプレイヤーモードがある。 それらにはProp Hunt 、Rapid Fire、Sticks and Stones 、2v2 、Capture the Flag 、One Shot One Kill 、Snipers Only 、Gun Game などがある。 ゾンビモードはシーズン2(2019年11月)に追加された。 本モードではプレイヤーがチームを組みウェーブ形式で襲い来るゾンビに立ち向かう。 このモードのマップは『』のマップ「死の沼」である。 過去のCoDの「ゾンビ」のように死ぬまで終わらない「Endless Survival Mode」や一定数のウェーブのゾンビの後にボスが登場する「レイドモード」でもプレイができる。 プレイヤーは本モードをノーマルかヒーローのどちらかの難易度でプレイできる。 レイドモードでは難易度によってウェーブ形式でのゾンビが異なる。 アクティビジョンは本モードは望ましい品質水準に達していないとして2020年3月25日に削除した。 バトルロイヤル [ ] ノーマルモード Classicモード [ ] バトルロイヤルは最大100人のプレイヤーが一つの大規模マップでプレイする20分間の試合である。 Crash、Killhouse、Standoff及びNuketownを含むマルチプレイヤーのマップが大規模マップの一部を構成している。 プレイヤーは1人、2人チーム、4人スクアッドのいずれかの編成でプレイするか選ぶことができる。 プレイヤーは試合前に他のプレイヤーを「ルーム」に招待することで自分のチームを結成できる。 ゲームでは一人称視点(FPP)でプレイするか三人称視点(TPP)でプレイするかを選択できる。 バトルロイヤルゲームの開始時にマップを一直線に飛行する(飛行路はゲーム毎に異なる)航空機に搭乗している。 全チームにいつどこで降下を始めるのかを決めるジャンプリーダーが自動的に設定されるが、プレイヤーは自分で降下することもでき、1人プレイヤーはいつでも降下できる。 ゲーム開始時には各プレイヤーはナイフのみを装備している。 マップには武器、弾薬、武器アタッチメント、保護ベストが散在しており、プレイヤーは生き残りながら他のチームのメンバーを殺すためにそれらを用いる。 マルチプレイヤーと同様に、同じチームのプレイヤーはお互いを殺すことはできない。 プレイヤーが死亡すると、大きなドッグタグが載った緑色の木箱が死亡地点に出現する。 プレイヤーのチームメイトはこのドッグタグを集めてプレイヤーを蘇生させることができる。 蘇生したプレイヤーは別の飛行機に乗ってマップに再び登場するが、今回はMW11自動拳銃を装備している。 蘇生したプレイヤーは、チームメイトと合流したい時に好きな場所に降下できる。 マップ上の安全地帯はゲームが進むにつれて縮小していき、安全地帯外にいるプレイヤーの体力は急激に減少していく(最終的に死亡する)ため安全地帯への移動を余儀なくされ、必然的にプレイヤー同士の距離が次第に縮まっていく。 他のチームとの戦闘を経て最後まで生き残ったチームがゲームに勝利する。 Warfare 20vs20 モード [ ] Warfareモードは、20人対20人の計40人のプレイヤーで試合を行うモード。 期間限定で開催される。 敵を倒すことでポイントを稼ぎ、先に目標ポイント数に達したチームの勝利となる。 プレイヤーは死亡しても、武器とアイテムを保持した状態で何度でも復活できる。 マップ上空からゲームに復帰するため、自分の降りたい場所に降下可能。 最初から安全地帯がある程度縮小した状態で始まるため、安全地帯内に降下して物資を集めることになる。 安全地帯がある程度縮小するとバトルゾーンが生成され、最終決戦開始となる。 本モードは視点が三人称視点 TPP 固定 ゲーム内で視点を切り替えることはできる で、分隊モード スクワッド 以外ではプレイできない仕様となっている。 また、このモードの試合結果はランクには反映されない。 eスポーツ [ ] 「Call of Duty: Mobileワールドチャンピオンシップ2020トーナメント」はアクティビジョンとソニー・モバイルコミュニケーションズのパートナーシップによるもので、本作がeスポーツのティア1に進出することを意味する。 本大会の賞金総額は100万ドル以上である(現金とゲーム内スキン)。 4月20日から5月24日までの4回のオープンオンライン予選(参加資格はベテランランク以上)でゲームのコミュニティから直接チームが選出される。 ただし、デスクトップエミュレーターやコントローラー、キーボードなどの外部機器の使用は禁止されている。 のカイル・ヒリアードはCall of Duty: Mobileを「大フランチャイズが携帯型のプラットフォームでこれまでにない最高のものになったことを表している。 金を使わなくてもレベル上げはやりがいがあり、印象的なバトルロイヤルモードなどの数多くのモードの間を飛び回れる」と記述した。 GameSpotのアレサンドロ・バーボサは「本作の厄介なマイクロトランザクションメニューとわずかな時間節約のための購入以上に主要シリーズの爽快で速いペースのマルチプレイヤーアクションを忠実に再現することを損なうようなものはCall of Duty Mobileにはほかにあまりない」と述べた。 スコア無しのレビューでポリゴンのアンドリュー・ヘイワードもまた本作を称賛し、「Call of Duty Mobileは昔からのマルチプレイヤーのフォーマットを深く妥協したり、水で薄めたりするようなものではなく、まさにCall of Dutyのように感じる」と述べた。 米調査会社Sensor Towerの発表によれば、本作は配信開始から一週間で1億ダウンロードを突破し、『』や『』(PUBG)などの記録を超え「モバイルゲーム史上最大のローンチ(開始)」となった。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 GamesIndustry. biz. 2020年5月6日閲覧。 The Verge. 2020年5月5日閲覧。 Polygon. 2020年5月5日閲覧。 Pocket Gamer. 2020年5月5日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Machkovech 2019年3月19日. Ars Technica. 2019年6月25日閲覧。 Mukherjee 2019年5月24日. India Today. 2019年5月24日閲覧。 Morgans. VGR. 2019年7月21日閲覧。 ファミ通App. 2020年5月19日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月5日閲覧。 Carpenter, Nicole 2019年9月18日. Polygon. 2020年4月24日閲覧。 Avard 2019-05-22T09:43:34Z, Alex. gamesradar. 2019年12月14日閲覧。 blog. activision. com. 2019年12月14日閲覧。 Sheridan 2019-11-25T15:54:47Z, Connor. gamesradar. 2019年12月14日閲覧。 Metabomb. 2020年5月5日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 GameSpot. 2020年5月6日閲覧。 Express UK. 2020年5月6日閲覧。 GameSpot. 2020年5月6日閲覧。 Activision Games Blog. 2020年5月6日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 Dot Esports. 2020年5月6日閲覧。 2020年5月5日閲覧。 Polygon. 2020年5月5日閲覧。 Times of India. 2020年5月5日閲覧。 2020年5月2日閲覧。 The Verge. 2020年5月2日閲覧。 www. callofduty. com. 2020年5月19日閲覧。 2020年5月2日閲覧。 2019年10月23日閲覧。 IGN. 2020年5月1日閲覧。 GAMESPOT. 2020年5月1日閲覧。 GameZebo. 2020年5月3日閲覧。 4Players. 2020年5月3日閲覧。 Destructoid. 2020年5月3日閲覧。 Eurogamer. 2020年5月3日閲覧。 Jeuxvideo. com. 2020年5月3日閲覧。 Metacritic. 2019年12月14日閲覧。 IGN JAPAN 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧• 2019年11月4日. 2019年11月6日閲覧。 Makuch, Eddie 2019年12月13日. 2019年12月13日閲覧。 Chalk, Andy 2020年1月13日. 2020年1月20日閲覧。 National Academy of Video Game Trade Reviewers 2020年1月13日. 2020年1月20日閲覧。 Shanley, Patrick 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 Grayshadow 2020年2月17日. NoobFeed. 2020年2月18日閲覧。 Chilton, Louis 2020年4月2日. 2020年4月3日閲覧。 Tangcay, Jazz 2020年5月6日. 2020年5月7日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の