プロゲスタン 通販。 プロゲスタン 注射 (プロゲステロン)通販、購入(個人輸入)

プロゲスタン通販、購入(個人輸入)

プロゲスタン 通販

プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。 プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。 プロゲスタンとはイギリスのKocak FARMA社が、製造・販売しているプロゲステロンを薬効成分とした治療薬です。 女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは妊娠に関わる黄体ホルモンで、 子宮内膜や子宮筋の働きを調節したり、受精卵の着床を促す働きをしています。 他にも乳腺の発達や体内の水分量を保ったり、基礎体温を上昇させる働きもあるのでプロゲスタンは 月経前症候群や産後うつ病の治療薬として使われるのです。 プロゲスタンは内服薬として用いられますが、膣剤としても使用することができ、内服をする場合には月経周期の15日から26日目の間に、就寝前に200mgを服用します。 プロゲスタンは1カプセルで100mgと200mgのものがあるので、100mgなら2カプセル、200mgであれば1カプセルを服用します。 服用するには医師や薬剤師へ相談することが大事で、乳房が腫れたり、むくんだり体重が増える等の副作用が出ることもありますが、プロゲスタンは女性のホルモンバランスを保つのに必要な、プロゲステロンが含まれているので、 黄体ホルモンを補充し様々な症状を改善に導いてくれます。 プロゲスタンを通販で購入できます プロゲスタンを通販で購入できます 生理前の不快な症状や、産後のうつの症状を改善したい方はプロゲスタンを服用することで症状が良くなることがあります。 プロゲスタンは、黄体ホルモンが配合された薬ですので女性に不足している黄体ホルモンを補充して ホルモンバランスを整える作用が期待できます。 そんなプロゲスタンですが通販で購入可能です。 おすすめの オオサカ堂の通販を利用することで、 ポイントも付与されますし 全国で送料は無料しかも最安値です。 通販ですと梱包が気になりますがプライバシーの配慮がされていますので、より安心して通販したいという方にもお勧めします。 プロゲスタン製剤を服用することによって、 PMSや産後うつの症状が改善されたという人は少なくありません。 その様子は、オオサカ堂の通販ウェブサイトのレビューの部分で知ることが出来ます。 オオサカ堂の通販では、 プロゲスタンをまとめ買いすることでよりお得に通販することが出来ますし、クレジットカードを使って通販購入することも可能ですので利用してみてはいかがでしょうか。 プロゲスタンは、内服薬ですが膣剤としても使うことが出来ますしそのほうが効果を実感できたというレビューも多く見られます。 女性特有の様々な症状に悩んでいる、という方は オオサカ堂の通販ならホルモンを補充できる薬を最安値で購入することが出来るのが特徴です。 女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段 女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段 プロゲスタンは 女性ホルモンのバランスを整えることを目的に開発された薬であり、月経前症候群や産後うつの治療に効果のある薬です。 女性専用の薬であることから、男性が服用することはできません。 プロゲスタンは内服薬と膣錠があり、服用方法が異なります。 内服薬の場合には、就寝時に置いて1日2カプセルの服用が認められています。 月経前症候群の治療に用いられる薬であることから、月経周期を正確に把握した上で、15日目から26日目に服用することが推奨されています。 他方、膣剤として使用する場合には排卵日から最長で10週間の間膣内に投与する必要があります。 これは、1回につき1カプセルで1日に2回から3回の頻度で膣内に投与します。 プロゲスタンは比較的安価な薬であることから、 通販で販売されている値段は1500円と とても安いです。 女性の体というのは黄体ホルモンが不足することにより、様々な症状を引き起こすことが分かっています。 月経前症候群をはじめ産後うつも黄体ホルモンのバランスが崩れて不足することで引き起こされる症状であることから、プロゲスタンを服用してホルモン治療を行なうことで、症状を緩和し、体調を整える効果を得られます。 プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる プロゲスタンは個人輸入で通販できますが、外国語は使わなくても注文できるので通常の通販と同じように利用できます。 プロゲスタンは海外からの取り寄せになり、パッケージや製品の説明書などの記載が外国語になっているので使い方が分からないように見えますが、これらは 個人輸入代行サイトに日本語で掲載されているので安心です。 もし掲載されていない場合には適切なサイトではないので、 価格が安くても利用しない方が良いでしょう。 プロゲスタンを個人輸入するときには、騙されないように 信頼できるサイトから通販で購入することが重要になります。 薬によっては多くの偽物が見つかったという調査結果もあるので、それに該当しないものであっても注意した方が良いです。 大手であれば運営実績が20年以上あって利用者も多く、大きな問題が起きていないので安心して利用できます。 また、自己責任で利用することになるので、副作用が出ないように 使用方法は十分に確認して守るようにし、 異常を感じたときには中止して医師に相談しに行きましょう。 注文する際には税関で確認されたときに販売用と判断されることを避けるため大量に注文しない方が良く、配達先も企業の事務所は使わずに自宅や郵便局留めにします。 ホルモン製剤の投与や採卵に伴う顆粒膜細胞の剥奪により黄体機能が低下し、不妊に繋がることがあります。 プロゲスタンは、ホルモン採卵日から最長で10週間まで 膣内に投与することで黄体機能低下を防ぐことができます。 また、体内の成長因子やサイトカインなどを調整し膣の子宮内膜へ着床しやすくなる効果があり子宮内膜機能の改善に繋がります。 今まで日本ではあまり知られていない治療方法でしたが、 海外ではたくさんの方が使用しています。 このような海外での使用状況を考慮し、日本でも2009年に日本受精着床学会からプロゲスタンを開発する要請が出されました。 プロゲスタンの使い方は、通常1日に2回か3回使用し昼間に使用しない方は 就寝前に1回使用する場合もあります。 指で直接入れることに抵抗がある方は、小さなビニール袋などを使用して膣の中に薬を入れても構いません。 プロゲスタンに 何か問題がある時はすぐに使用を辞めて医師の指示に従って使用するように心がけてください。 このようにプロゲスタンは、今まで不妊治療をしていたけれど効果がなかった人でも使うことができ適切に使うことが大切です。 プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用 プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用 プロゲスタンは黄体ホルモンを補充することで、 月経などの悩みを解決できます。 しかしプロゲスタンには 副作用がでるかもしれませんから慎重に投与しなければいけません。 副作用の中でも後遺症が残る可能性がある重大なものとしては、 血栓症、うっ血心不全、ショック、乳頭水腫があります。 血栓症は血液の塊が出来て血管が塞がれるもので脳梗塞や心筋梗塞と言った形で出てきます。 うっ血心不全も血液の流れが滞るということでは同じです。 肺や全身に血液が滞り呼吸困難になったり、疲れやすくなります。 乳頭浮腫は何らかの原因で目の中にある視神経が腫れてしまうものです、視力の低下や失明がおき、頭痛や吐き気なども出てきます。 視力の低下や失明は一時的なものですから、すぐに回復します。 深刻な状況にはならない副作用は、発疹やむくみ、食欲不振、吐き気、めまい月経異常などが出る可能性があります。 もし何らかの異常がおきたときには、すぐに服用を中止して医師に相談をしましょう。 なお、 妊婦や授乳中の母親の場合には、プロゲスタンの 成分が子供にまで回ってしまう恐れがあります。 性機能に異常がでることがありますから、 服用しないほうがいいでしょう。 プロゲスタンの効果的な使い方とは? プロゲスタンの効果的な使い方とは? 薬効成分プロゲステロンを含有している「プロゲスタン」は、月経前症候群の緩和や改善・産後うつ病治療薬としての効果が期待できる内服薬です。 プロゲスタンは、卵巣の黄体から分泌されエストロゲンとともに排卵の制御に関わる神経内分泌へ作用し、子宮内膜の受精卵着床準備に重要な役割を果たす黄体ホルモンである「プロゲステロン」を含有しており、子宮内膜環境を充実・維持させ、受精卵の着床を促す効果や子宮筋の緊張をゆるめる作用、生殖補助医療における黄体補充といった作用を持ちます。 内服薬での使用が一般的ですが、 膣錠で服用することも可能です。 内服薬としてのプロゲスタンの効果的な使い方は通常用量、月経周期の15日目から26日目において、 就寝時に1日あたり2カプセル・約200ミリグラムを摂取します。 膣錠プロゲステロンとして使用する場合は、採卵日からから最長 10週間の期間に、1回1カプセル・約100ミリグラムを1日2回、または3回腟内に投与します。 口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想 口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想 生理前のひどいPMSに長年悩んでいたのですが、ネット通販で評判の良いプロゲスタンを見つけて早速購入してみたところ、とても楽になりました。 毎月生理の一週間くらい前から身体が重くなったり怒りっぽくなって、とてつもなく眠くなるといった症状がずっと続いていたのですがプロゲスタンをつかったらそれが無くなったので驚きです。 プロゲスタンは、日本国内では処方してもらえないですし ネット通販の方が安いのでまとめ買いをしています。 傾向でも良いのですが膣剤としても使えるというのを知ってから、膣剤として使うようになりましたがそのほうが調子が良いです。 PMSの辛さはなったことがある人にしかわからないと思いますが、本当に毎月の事なのでとてもつらかったのですが プロゲスタン通販をつかったらこんなに楽になるとは。 口コミを見て購入してよかったと感じています。 ネット通販のサイトで口コミが沢山あったのですが、 良いレビューばかりだったのでそれを信じて買ってよかったです。 飲んでも膣剤でも良いというフレキシブルなところも優れていますし、どちらでも効果はありました。 こんなに良い薬がなぜ国内で簡単に手に入らないのか、不思議ですし販売してほしいです。 なお、こちらはあくまでも個人の感想です。 オオサカ堂の通販のサイトにも口コミが沢山掲載されています。 気になる方はぜひみてくださいね。

次の

プロゲスタンは服用より膣座薬が効果的!?口コミから効果と飲み方・使い方、副作用を検証

プロゲスタン 通販

プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。 プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。 プロゲスタンとはイギリスのKocak FARMA社が、製造・販売しているプロゲステロンを薬効成分とした治療薬です。 女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは妊娠に関わる黄体ホルモンで、 子宮内膜や子宮筋の働きを調節したり、受精卵の着床を促す働きをしています。 他にも乳腺の発達や体内の水分量を保ったり、基礎体温を上昇させる働きもあるのでプロゲスタンは 月経前症候群や産後うつ病の治療薬として使われるのです。 プロゲスタンは内服薬として用いられますが、膣剤としても使用することができ、内服をする場合には月経周期の15日から26日目の間に、就寝前に200mgを服用します。 プロゲスタンは1カプセルで100mgと200mgのものがあるので、100mgなら2カプセル、200mgであれば1カプセルを服用します。 服用するには医師や薬剤師へ相談することが大事で、乳房が腫れたり、むくんだり体重が増える等の副作用が出ることもありますが、プロゲスタンは女性のホルモンバランスを保つのに必要な、プロゲステロンが含まれているので、 黄体ホルモンを補充し様々な症状を改善に導いてくれます。 プロゲスタンを通販で購入できます プロゲスタンを通販で購入できます 生理前の不快な症状や、産後のうつの症状を改善したい方はプロゲスタンを服用することで症状が良くなることがあります。 プロゲスタンは、黄体ホルモンが配合された薬ですので女性に不足している黄体ホルモンを補充して ホルモンバランスを整える作用が期待できます。 そんなプロゲスタンですが通販で購入可能です。 おすすめの オオサカ堂の通販を利用することで、 ポイントも付与されますし 全国で送料は無料しかも最安値です。 通販ですと梱包が気になりますがプライバシーの配慮がされていますので、より安心して通販したいという方にもお勧めします。 プロゲスタン製剤を服用することによって、 PMSや産後うつの症状が改善されたという人は少なくありません。 その様子は、オオサカ堂の通販ウェブサイトのレビューの部分で知ることが出来ます。 オオサカ堂の通販では、 プロゲスタンをまとめ買いすることでよりお得に通販することが出来ますし、クレジットカードを使って通販購入することも可能ですので利用してみてはいかがでしょうか。 プロゲスタンは、内服薬ですが膣剤としても使うことが出来ますしそのほうが効果を実感できたというレビューも多く見られます。 女性特有の様々な症状に悩んでいる、という方は オオサカ堂の通販ならホルモンを補充できる薬を最安値で購入することが出来るのが特徴です。 女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段 女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段 プロゲスタンは 女性ホルモンのバランスを整えることを目的に開発された薬であり、月経前症候群や産後うつの治療に効果のある薬です。 女性専用の薬であることから、男性が服用することはできません。 プロゲスタンは内服薬と膣錠があり、服用方法が異なります。 内服薬の場合には、就寝時に置いて1日2カプセルの服用が認められています。 月経前症候群の治療に用いられる薬であることから、月経周期を正確に把握した上で、15日目から26日目に服用することが推奨されています。 他方、膣剤として使用する場合には排卵日から最長で10週間の間膣内に投与する必要があります。 これは、1回につき1カプセルで1日に2回から3回の頻度で膣内に投与します。 プロゲスタンは比較的安価な薬であることから、 通販で販売されている値段は1500円と とても安いです。 女性の体というのは黄体ホルモンが不足することにより、様々な症状を引き起こすことが分かっています。 月経前症候群をはじめ産後うつも黄体ホルモンのバランスが崩れて不足することで引き起こされる症状であることから、プロゲスタンを服用してホルモン治療を行なうことで、症状を緩和し、体調を整える効果を得られます。 プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる プロゲスタンは個人輸入で通販できますが、外国語は使わなくても注文できるので通常の通販と同じように利用できます。 プロゲスタンは海外からの取り寄せになり、パッケージや製品の説明書などの記載が外国語になっているので使い方が分からないように見えますが、これらは 個人輸入代行サイトに日本語で掲載されているので安心です。 もし掲載されていない場合には適切なサイトではないので、 価格が安くても利用しない方が良いでしょう。 プロゲスタンを個人輸入するときには、騙されないように 信頼できるサイトから通販で購入することが重要になります。 薬によっては多くの偽物が見つかったという調査結果もあるので、それに該当しないものであっても注意した方が良いです。 大手であれば運営実績が20年以上あって利用者も多く、大きな問題が起きていないので安心して利用できます。 また、自己責任で利用することになるので、副作用が出ないように 使用方法は十分に確認して守るようにし、 異常を感じたときには中止して医師に相談しに行きましょう。 注文する際には税関で確認されたときに販売用と判断されることを避けるため大量に注文しない方が良く、配達先も企業の事務所は使わずに自宅や郵便局留めにします。 ホルモン製剤の投与や採卵に伴う顆粒膜細胞の剥奪により黄体機能が低下し、不妊に繋がることがあります。 プロゲスタンは、ホルモン採卵日から最長で10週間まで 膣内に投与することで黄体機能低下を防ぐことができます。 また、体内の成長因子やサイトカインなどを調整し膣の子宮内膜へ着床しやすくなる効果があり子宮内膜機能の改善に繋がります。 今まで日本ではあまり知られていない治療方法でしたが、 海外ではたくさんの方が使用しています。 このような海外での使用状況を考慮し、日本でも2009年に日本受精着床学会からプロゲスタンを開発する要請が出されました。 プロゲスタンの使い方は、通常1日に2回か3回使用し昼間に使用しない方は 就寝前に1回使用する場合もあります。 指で直接入れることに抵抗がある方は、小さなビニール袋などを使用して膣の中に薬を入れても構いません。 プロゲスタンに 何か問題がある時はすぐに使用を辞めて医師の指示に従って使用するように心がけてください。 このようにプロゲスタンは、今まで不妊治療をしていたけれど効果がなかった人でも使うことができ適切に使うことが大切です。 プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用 プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用 プロゲスタンは黄体ホルモンを補充することで、 月経などの悩みを解決できます。 しかしプロゲスタンには 副作用がでるかもしれませんから慎重に投与しなければいけません。 副作用の中でも後遺症が残る可能性がある重大なものとしては、 血栓症、うっ血心不全、ショック、乳頭水腫があります。 血栓症は血液の塊が出来て血管が塞がれるもので脳梗塞や心筋梗塞と言った形で出てきます。 うっ血心不全も血液の流れが滞るということでは同じです。 肺や全身に血液が滞り呼吸困難になったり、疲れやすくなります。 乳頭浮腫は何らかの原因で目の中にある視神経が腫れてしまうものです、視力の低下や失明がおき、頭痛や吐き気なども出てきます。 視力の低下や失明は一時的なものですから、すぐに回復します。 深刻な状況にはならない副作用は、発疹やむくみ、食欲不振、吐き気、めまい月経異常などが出る可能性があります。 もし何らかの異常がおきたときには、すぐに服用を中止して医師に相談をしましょう。 なお、 妊婦や授乳中の母親の場合には、プロゲスタンの 成分が子供にまで回ってしまう恐れがあります。 性機能に異常がでることがありますから、 服用しないほうがいいでしょう。 プロゲスタンの効果的な使い方とは? プロゲスタンの効果的な使い方とは? 薬効成分プロゲステロンを含有している「プロゲスタン」は、月経前症候群の緩和や改善・産後うつ病治療薬としての効果が期待できる内服薬です。 プロゲスタンは、卵巣の黄体から分泌されエストロゲンとともに排卵の制御に関わる神経内分泌へ作用し、子宮内膜の受精卵着床準備に重要な役割を果たす黄体ホルモンである「プロゲステロン」を含有しており、子宮内膜環境を充実・維持させ、受精卵の着床を促す効果や子宮筋の緊張をゆるめる作用、生殖補助医療における黄体補充といった作用を持ちます。 内服薬での使用が一般的ですが、 膣錠で服用することも可能です。 内服薬としてのプロゲスタンの効果的な使い方は通常用量、月経周期の15日目から26日目において、 就寝時に1日あたり2カプセル・約200ミリグラムを摂取します。 膣錠プロゲステロンとして使用する場合は、採卵日からから最長 10週間の期間に、1回1カプセル・約100ミリグラムを1日2回、または3回腟内に投与します。 口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想 口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想 生理前のひどいPMSに長年悩んでいたのですが、ネット通販で評判の良いプロゲスタンを見つけて早速購入してみたところ、とても楽になりました。 毎月生理の一週間くらい前から身体が重くなったり怒りっぽくなって、とてつもなく眠くなるといった症状がずっと続いていたのですがプロゲスタンをつかったらそれが無くなったので驚きです。 プロゲスタンは、日本国内では処方してもらえないですし ネット通販の方が安いのでまとめ買いをしています。 傾向でも良いのですが膣剤としても使えるというのを知ってから、膣剤として使うようになりましたがそのほうが調子が良いです。 PMSの辛さはなったことがある人にしかわからないと思いますが、本当に毎月の事なのでとてもつらかったのですが プロゲスタン通販をつかったらこんなに楽になるとは。 口コミを見て購入してよかったと感じています。 ネット通販のサイトで口コミが沢山あったのですが、 良いレビューばかりだったのでそれを信じて買ってよかったです。 飲んでも膣剤でも良いというフレキシブルなところも優れていますし、どちらでも効果はありました。 こんなに良い薬がなぜ国内で簡単に手に入らないのか、不思議ですし販売してほしいです。 なお、こちらはあくまでも個人の感想です。 オオサカ堂の通販のサイトにも口コミが沢山掲載されています。 気になる方はぜひみてくださいね。

次の

プロゲスタン(プロゲステロン)200mgは通販で買える?おすすめの販売サイトは?

プロゲスタン 通販

生体内で黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロンである。 黄体ホルモンの主な働きは、の体、特にを妊娠の準備をするように変化させ、周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどである。 人工的に合成された、黄体ホルモン作用を持つを治療目的で投与する場合があるが、これらの黄体ホルモン類似物質は プロゲスチン または プロゲストーゲン と総称される。 プロゲステロンは錠剤として経口投与されると腸管からの吸収後、肝臓にて大部分が急速に代謝されてしまい、ほとんど効果をもたらさないため、多くの場合プロゲスチンが用いられてきた。 その一方で、近年では経膣座薬や膣ジェルなどの投与法を使い、プロゲステロンそのものを使用する方法も一般化しつつある。 分泌 [ ] プロゲステロンは、卵巣の黄体で合成される。 また、卵巣を除去した乳牛の血液中にもプロゲステロンは含まれる。 これは、副腎皮質からもプロゲステロンが微量ではあるが分泌されているからである。 また、プロゲステロンは代謝作用に必要不可欠な物である。 作用 [ ] プロゲステロンは血中から細胞に入ると、細胞内に存在するプロゲステロン受容体タンパク質に結合して複合体を形成する。 この複合体は核内のDNAの特定の部分に結合することで、多くの遺伝子の発現を変化させる。 この機構により、やの働きを調整したり、の発達や妊娠の維持などに関わる。 また体温上昇の作用もあり、女性の性周期のうち、黄体期に基礎体温が高くなる理由は、主にプロゲステロンの体温上昇作用のためである。 プロゲステロンは抗エストロゲン作用も持つ。 なお、女性のエストロゲンの分泌能力は健康であれば閉経までほぼ一定に保たれるのに対して 、黄体期に黄体から分泌されるプロゲステロンは30歳代に入ると減少を始め、以後、加齢に伴って徐々に低下する。 これに伴って、黄体期の基礎体温も低下してゆく。 また、プロゲステロンはを促進する作用も有する。 サプリメントとしてのプロゲステロン [ ] 特に米国においては、プロゲステロンを配合したクリームが多数発売され、としての一大市場となっている。 エストロゲンを投与されている際の過剰な子宮内膜の肥厚を抑制したり、、症状、生理不順や生理前後の肉体的、精神的不調の緩和などに効果があるとされている。 日本国内においてもこれらを輸入販売している業者が存在する。 しかしこのような市販のプロゲステロンクリームに関しては、科学的根拠に乏しいという批判がある。 前述のようにプロゲステロンは通常の経口投与などでは代謝分解されやすく、医療現場ではめったに使用されることはなかった。 プロゲステロンクリームのメーカーや、これを推奨する一部の医師は、クリームを肌に塗布することがこの問題点を克服する方法であると主張する。 また多数のメーカーが生産しており、医薬品のホルモン製剤に比べてFDAの監視も緩やかとなるため、品質やホルモンの含有量に必ずしも信頼が置けないという問題もある。 (その一方で、評価法によっては(赤血球を含むサンプルを測定し、数日間分のプロゲステロンの血中濃度の変化を積分する)、医師の処方箋が必要なプロゲステロン錠剤に匹敵する値が得られるとして、このようなホルモン剤を一般の人が自由に購入できる状況に懸念を示す研究者もいる ) この問題に関して、クリームの使用を薦める医師、メーカーなどは、• クリーム塗布後に吸収されたプロゲステロンは赤血球の膜に結合するため、これまでの血清を用いた検査法では見逃されてきた• クリーム塗布後の唾液検査では高いプロゲステロン濃度が検出され、こちらを真の値として用いるべきだ と反論してきた。 に関する検討であるが、実際に赤血球からの検出を試みた研究でもプロゲステロンはわずかしか検出されなかった。 に関して、クリーム塗布後の唾液による検査値は、健康な黄体期の女性の数倍にもなる高値を示し、むしろ高すぎて不自然である。 また唾液による高値が検出される間、血清のみならず、尿へのプロゲステロン分解物の排出も少ないことから、唾液を用いた検査結果を治療効果を類推するために用いるのは不適切であると思われる。 これらの非医薬品扱いのプロゲステロン製品の実際の治療効果に関して、メーカーや、著書などで使用を推奨する一部の医師が専門誌などに研究結果を発表したことは少ない。 幾人かの研究者が臨床試験を行っているが、否定的な結果が大多数である。 閉経後の女性に塗布し、血管調節、血中の脂質、骨代謝、心理的影響に関して診断した報告では、変化が無いという結果が示されている。 骨粗鬆症に対する効果が主張されることを受けて、Leonettiらは閉経後の女性達を被験者として検討を行ったが、1年にわたるプロゲステロンクリームの使用においても骨密度には変化をもたらさなかった。 近年になってからも骨粗鬆症の予防や治療、更年期障害の緩和の効果が検討されたが、偽薬との差を見出すことは出来なかった。 以上のように、市販のプロゲステロンクリームの薬理作用、治療効果は現状では立証されていない点が多く、特にメーカー側の説明は誇大ともいえる状況にある。 近年、医療の現場ではプロゲステロンを膣座薬や膣ジェルなどに加工したものが使用されており、一定の効果を上げている が、「自然なプロゲステロンを使用している」というキーワードで自らの製品を関連付けて宣伝するメーカーも散見される。 現状では、プロゲステロンクリームは医学的根拠に乏しいサプリメントであると言わざるを得ない。 医薬品としてのプロゲステロン [ ] 収載品は、プロゲステロン(結晶性の粉末)、プロゲステロン注射液(油性の注射液)の2品。 生殖補助医療(ART)の(Hormone Replacement Therapy; HRT)に用いられる。 これまでは天然型プロゲステロンの筋注製剤を用いたり、ウトロゲスタン膣坐剤などの海外製品を医師が個人輸入の形で入手、あるいはとして自作していたが、2014年9月26日に「ルティナス膣剤」(フェリング・ファーマ)の製造販売が承認された。 ARTにおける黄体補充の適応を有した日本初の膣内投与製剤となる。 専用のアプリケータ(使い捨て)を用いて膣内に挿入する。 同年12月販売開始となったが、未収載である。 関連 [ ]• 出典 [ ]• : progestin• : progestogen• 河合 忠、屋形 稔、伊藤 喜久、山田 俊幸 編集 『異常値の出るメカニズム(第6版)』 p. 329 医学書院 2013年2月1日発行• 河合 忠、屋形 稔、伊藤 喜久、山田 俊幸 編集 『異常値の出るメカニズム(第6版)』 p. 332 医学書院 2013年2月1日発行• Lee JR: Use of Pro-Gest cream in postmenopausal women. 352: 905; author reply 906, 1998• Lee JR. 原著 , 今村 光一 翻訳 、医者も知らないホルモン・バランス:中央アート出版. 1997年• Cooper A, Spencer C, Whitehead MI, et al: Systemic absorption of progesterone from Progest cream in postmenopausal women. 351: 1255-1256, 1998• Am J Obstet Gynecol 180: 1504-1511, 1999• Hermann AC, Nafziger AN, Victory J, et al: Over-the-counter progesterone cream produces significant drug exposure compared to a food and drug administration-approved oral progesterone product. J Clin Pharmacol 45: 614-619, 2005• Lee JR: Use of Pro-Gest cream in postmenopausal women. 352: 905; author reply 906, 1998• Lewis JG, McGill H, Patton VM, et al: Caution on the use of saliva measurements to monitor absorption of progesterone from transdermal creams in postmenopausal women. Maturitas 41: 1-6, 2002• O'Leary P, Feddema P, Chan K, et al: Salivary, but not serum or urinary levels of progesterone are elevated after topical application of progesterone cream to pre-and postmenopausal women. Clin Endocrinol Oxf 53: 615-620, 2000• Wren BG, Champion SM, Willetts K, et al: Transdermal progesterone and its effect on vasomotor symptoms, blood lipid levels, bone metabolic markers, moods, and quality of life for postmenopausal women. Menopause 10: 13-18, 2003• Wren BG, McFarland K, Edwards L, et al: Effect of sequential transdermal progesterone cream on endometrium, bleeding pattern, and plasma progesterone and salivary progesterone levels in postmenopausal women. Climacteric 3: 155-160, 2000• Obstet Gynecol 94: 225-228, 1999• Benster B, Carey A, Wadsworth F, Griffin M, Nicolaides A, Studd J. : Double-blind placebo-controlled study to evaluate the effect of pro-juven progesterone cream on atherosclerosis and bone density. Menopause Int. 2009 Sep;15 3 :100-6. Benster B, Carey A, Wadsworth F, Vashisht A, Domoney C, Studd J. : A double-blind placebo-controlled study to evaluate the effect of progestelle progesterone cream on postmenopausal women. Menopause Int. 2009 Jun;15 2 :63-9. Click here to read• Cicinelli E, de Ziegler D, Alfonso R, et al: Endometrial effects, bleeding control, and compliance with a new postmenopausal hormone therapy regimen based on transdermal estradiol gel and every-other-day vaginal progesterone in capsules: a 3-year pilot study. Fertil Steril 83: 1859-1863, 2005• 日経メディカル. 2015年1月13日閲覧。

次の