日本たばこ産業 配当。 【JT】日本たばこ産業2019年通期決算発表。配当性向は約90%に

配当金生活に向けて;日本たばこ産業【2914】(JT)からの受け取り配当金推移

日本たばこ産業 配当

[2914]日本たばこ産業(JT)企業情報 企業概要 [2914]日本たばこ産業(JT) は、たばこ製造・販売会社です。 医薬品、食品・飲料の製造、販売も手掛けています。 日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立され、日本専売公社のタバコ事業を引き継いでいます。 本社は東京都港区虎ノ門。 日本たばこ産業株式会社法により、 全株式のうち3分の1以上を日本政府が保有するため、安定度の高い銘柄と考えられます。 5%超えの高い 配当金利回りと高い 株主還元意識が非常に魅力的な会社です。 プルーム・エス(Ploom S) 高温加熱型の電子たばこです。 紙巻たばこ セブンスター(Seven Stars) 1969年の2月に日本で初めてチャコールフィルターを採用したタバコとして発売されているタバコブランド。 現在でも JT の全銘柄の中で販売実績上位に必ず入っている人気銘柄。 メビウス(MEVIUS) 日本たばこ産業の JT の製品の中で最も銘柄数が多いタバコブランド。 喫煙者の様々なニーズに合わせて様々なラインナップを揃えているブランドです。 ピース(Peace) バニラ豆のバニリン風加工を施していて、「ほのかに甘く華やかな香りと深みのある風味」が特徴。 [2914]日本たばこ産業(JT) 株価 ( 2020/07/11時点) [2914]日本たばこ産業(JT)の 株価は、 1930円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約19.3万円です。 1年チャート 5年チャート [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [2914]日本たばこ産業(JT)の 1株当たりの配当金は、 154円です。 100株保有の場合、 年間15400円の配当金が支払われます。 配当利回り [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当利回りは、 7.98%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 7. 79685= 6. 36% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [2914]日本たばこ産業(JT)の 権利確定月は、 6月・12月です。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の 配当性向は、 90%です。 [2914]日本たばこ産業(JT) 配当金まとめ 株価 1930円 年間配当 154円 最低購入額(100株) 約19.3万円 年間配当(100株) 15400円 利回り(税引き前) 7.98% 実質利回り(税引き後) 6.36% ( 2020/07/11時点) [2914]日本たばこ産業(JT)配当金の支払い実績・配当性向 配当金の支払い実績 [2914]日本たばこ産業(JT)過去の配当支払い実績です。 2012年以降、 増配を継続中です。 この間の上昇率は3~41%、平均で12%と素晴らしい 配当の増配上昇率です。 企業として 非常に高い株主還元意識が感じられます。 配当性向 [2914]日本たばこ産業(JT)の配当性向です。 2015年までは 40%程度の配当性向を維持していますが、2015年以降、配当性向は連続上昇し、2020年予想では、 80%に達しています。 少しずつ増配余地は少なくなってきていると言えます。 [2914]日本たばこ産業(JT)業績 売上高 [2914]日本たばこ産業(JT)の売上高は、毎年 2兆円弱程度で極めて安定的に推移しています。 この安定性は、たばこという商品独特の 特異性・中毒性のなせる業だと思います。 営業利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の営業利益は、毎年 5000億円程度でこちらも極めて安定的に推移しています。 純利益 [2914]日本たばこ産業(JT)の純利益は、毎年 3000億~4000億円程度でこちらも安定的に推移しています。 まとめ [2914]日本たばこ産業(JT)は、5%超えの高い配当利回りと増配傾向が魅力の銘柄です。 50%以下の配当性向と増配余地も大きく、配当金狙いのポートフォリオにぜひ組み込みたい銘柄です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

【2914】JT(日本たばこ産業)の株価分析。高配当利回りと株主優待も魅力なので、長期保有に適した銘柄です

日本たばこ産業 配当

JTからの配当金推移 2019. 09 2017年3月以降の、日本たばこ産業(JT)からの受取配当金推移です。 私は基本的にを構築しています。 といいつつも、数銘柄だけ日本株を保有しているのですよ。 では、英国株ADRと同様にグローバル戦略として捉えても良いだろう。 ということで、日本株からの配当金もブログに記録することにしました。 にはまだまだ遠いのですけどね。 尚、しています。 結果、受取配当金は増えましたが、見事に評価損を抱えています。 タバコ株の下落トレンドは、しばらく継続しそうです。 日本たばこ産業(JT)からの受取配当金推移(2017年~) 受渡日 数量 単価 受渡額 Mar-17 100 66 5,260 Sep-17 200 70 11,156 Mar-18 200 70 11,156 Sep-18 200 75 11,953 Mar-19 200 75 11,953 Sep-19 300 77 18,408 日本たばこ産業(JT)の株価推移 日本たばこ産業(JT)は、高配当株でありインカム投資家から人気が高いです。 しかしながら株価の伸び率はいまひとつ。 トータルリターンという意味では、日本たばこ産業(JT)への投資を再検討してもよさそうです。 そう思いながらも売るに売れないだけの魅力がある高配当株ですね。 かなり高い配当利回り。 をしている私は、売りたいというよりもむしろ買い増しをしたいと考えています。 とはいえタバコ株は他にも保有しています。 米国株の• 英国株の これ以上買い増しするとが、たばこ臭で充満しそう。 ですから追加投資したい気持ちをこらえ、のんびりと継続保有でいいかなと思っています。 そんなこと言いつつ、衝動買いするかもしれませんけど。 とにもかくにも、を中心としていく方針は変わりありません。 参考 関連記事の紹介 受取配当金の状況を、ブログ公開中です。

次の

【2914】日本たばこ産業(JT)は高配当・連続増配株。株価、配当推移、配当性向まとめ。

日本たばこ産業 配当

JTこと日本たばこ産業 2914 が株価下落によって高配当株になり、一部で話題になっています。 JTの配当利回りはもともと控えめでしたが、増配と株価下落によって立派に高配当株と言えるようになってきました。 2018年2月8日終値で3243円、予想配当は150円で配当利回りは4. 63%です。 JTが特殊な配当株である理由は、その株主構成にあります。 NTTこと日本電信電話 9432 同様に旧国営の会社であり、現在も政府(財務大臣名義)が筆頭株主になっています。 JTの発行済株式総数は20億株で、そのうち政府は財務大臣名義で33. 3%の6億6692万株を保有しています。 これは「日本たばこ産業株式会社法」(JT法)という法律に規定されている最低保有数です。 つまり、法律が改正されないかぎりこれ以下になることはありません。 政府は、常時、日本たばこ産業株式会社(以下「会社」という。 )が発行している株式(株主総会において決議することができる事項の全部について議決権を行使することができないものと定められた種類の株式を除く。 以下この項において同じ。 )の総数の3分の1を超える株式を保有していなければならない。 第2条 もともとJTの株は政府が50%を保有していたのですが、東日本大震災の復興財源にあてるために政府保有分の3分の一を売り出す事になり、法律が改正されました。 筆頭株主の保有分の33. 3%というのは経営権を握るために必要な数字なので、また法律を改正してまでこれ以上減らすという事は考えにくいです。 実は前回の改正時に当時の与党の民主党は全株売却を主張していましたが、野党の自民党や利害関係者の猛反対にあって挫折しました。 財務省もJTの利権は手放したくないでしょうしね…… このような会社はその株主構成により、配当をする意欲も義務もあります。 配当余力があるのに配当しない、などという事は許されません。 NTTやドコモなどと同じく配当さえしていればそれでいい会社と言えます。 こうした特殊な株主構成の会社は配当政策が分かりやすいので、配当金狙いの投資には向いています。 関連記事: 個人投資家の思惑などは通用しない銘柄なので、配当利回りだけを考えていれば良いのです。 株価の上昇などには期待しない事です。 株価の上昇に期待できないと言う事は、生半可な株価や配当利回りでは買えないし、逆に買える価格帯になれば株価に期待せず配当政策が分かりやすい分冷静に計画的に買い進めることができます。 将来的にもし完全民営化が実現すれば、配当意欲の根拠は無くなるかもしれませんが、同時にその時は経営上政府の足かせが外れる(国内たばこ農家から割高な葉を買う義務が無くなる)ので、成長性に魅力が出てくるでしょう。 関連記事:.

次の