自家 発電 機 家庭 用。 自家発電

家庭用自家発電機

自家 発電 機 家庭 用

家庭用蓄電池とは? 「家庭用蓄電池」とは、簡単に言ってしまうと電気を貯められる電池です。 貯めてある電気は、放電することで好きなときに家庭内の家電などを動かす電力として使用できます。 ほとんどの家庭用蓄電池では、小型で大容量化が可能な「リチウムイオン電池」が使用されています。 リチウムイオン電池はノートパソコンやスマートフォンなどにも使用されており、実はとても身近な電池と言えます。 家庭用蓄電池が注目される理由は太陽光発電の「卒FIT」 この家庭用蓄電池が2019年以降大きな注目を集め始めます。 家庭用蓄電池が注目される理由として、太陽光発電の「卒FIT」が関係しています。 卒FITとは、住宅用太陽光発電システムの売電期間(固定価格買取制度が適用される期間)である「10年間」が終了し、国が定めた価格での電力の買取が終了することを指します。 家庭用太陽光発電システムの固定価格買取制度(FIT)は2009年から開始しており、2019年以降に順次満了を迎えます。 (2009年11月1日から2012年7月1日までは「余剰電力買取制度」) 「卒FIT」を迎えた人の選択肢は2つ この「卒FIT」を迎えた太陽光発電設置者は、電力会社と契約して「売電」するか、発電した電気を自宅で消費する「自家消費」にするかという選択を迫られます。 電力会社と契約して「売電」する場合、売電価格は「8~12円/kWh」程度(2019年11月21日時点)となっているため、2009年当時の売電価格「48円」と比べると大きな差があります。 また、近年は電気代も値上がりしており、東京電力では「26円48銭/kWh(従量電灯B 第2段階料金の場合)」と比べても新たな売電価格のほうが安いため、自家消費して電気の購入量を削減したほうがお得です。 家庭用蓄電池は自家消費の強い味方 こうした理由から、近年では「太陽光発電の自家消費」という流れが出来つつあるのですが、晴れている昼間にしか発電を行えない太陽光発電システムでは、夜間や日照量が少ない曇りや雨の日などは電気を購入しなければなりません。 この問題を解決してくれるのが、家庭用蓄電池というわけです。 太陽光発電で創った電気を家庭用蓄電池に貯めておき、夜間や雨の日など太陽光発電が電気を創れないときに放電して使用することで、電力会社からの電気購入量をより減らすことができます。 「卒FIT」を迎える人は2009年以降、順次増えていきます。 つまり、家庭用蓄電池の需要は、今後もっと増加していくことが予想され、注目は更に増していくでしょう。 家庭用蓄電池のメリット ここからは、家庭用蓄電池のメリットについてご紹介します。 太陽光発電の電気を貯めて自家消費できる 先程もご紹介しましたが、太陽光発電で創った電気を貯めて、自家消費(自宅の家電などで電気を消費すること)を行うことができる点が、メリットとしてまず挙げることができます。 特にこれから卒FITを迎える人にとっては、家庭用蓄電池は太陽光発電で自家消費するための大きな味方になることは間違いありません。 深夜の割安な電気を貯められる オール電化住宅(エコキュートを導入しているご家庭)は、夜間の電力が安くなる「オール電化プラン」というものを契約することができます。 このプランは、深夜にお湯を沸かすエコキュートのために、夜間時間帯は電気代が割安になっています。 このオール電化プランを契約中のご家庭は、家庭用蓄電池を導入することで深夜の割安な電気を蓄電池に貯めておき、昼間に放電することで昼間の割高な電気を購入しなくて済むようになります。 つまり、昼間の電気代と深夜の電気代の差額分だけ得をするという計算になります。 停電時でも蓄電池の電気が使える 家庭用蓄電池は、近年多発している強力な台風や大雨などによる災害への備えとしても心強い支えとなります。 2019年10月に関東地方や甲信地方へ被害をもたらした台風19号は、東京電力管轄内で約20万軒の停電被害が発生しました。 また、特に千葉県に甚大な被害を及ぼし、復旧までに時間がかかったことはテレビなどでも報道されました。 家庭用蓄電池は、電力の使用制限はあるものの停電中でも蓄電池に貯めておいた電気を放電することで普段通りの生活を送ることができます。 災害中の停電への危機感が高まるにつれて、家庭用蓄電池の購入を検討している人は増えています。 家庭用蓄電池のデメリット 続いて、家庭用蓄電池のデメリットについても解説していきます。 初期投資の費用が高額 家庭用蓄電池のデメリットとしてまず挙げなければいけないのが、初期費用が高額なことです。 つまり、価格が高いということです。 費用について詳しくはまた後でご紹介しますが、災害への備えなど実用性を考えた場合ですと、2019年末現在では最低でも「80万円以上」は必要となります。 (容量5kWh以上とした場合) 家庭用蓄電池の価格・費用について詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。 たしかに太陽光発電の自家消費や、オール電化プランによる深夜の割安電気を活用することで電気代を削減することはできますが、そういった経済メリットで家庭用蓄電池の初期費用を回収するまでには長い年月がかかります。 そのため、2019年末時点で家庭用蓄電池をお求めになる方は、長期スパンでの自家消費を考えている方や、本気で災害時の停電に備えたい方になるでしょう。 ただし、今後は冒頭でもご紹介した通り、蓄電池の需要は増えていく傾向にあります。 そのため、もっと安価な家庭用蓄電池が発売されることが期待されています。 蓄電池の容量が劣化していく(寿命がある) 家庭用蓄電池に電気を貯めることが出来る容量は、機種ごとにあらかじめ決まっています。 実は蓄電池に貯めた電力を充放電していくにつれて、蓄電容量は徐々に少なくなっていきます。 これがいわゆる蓄電池の寿命(耐用年数)や劣化と言われているものです。 蓄電池の寿命はメーカーや機種ごとに異なりますが、「サイクル」という独特の単位で表されます。 以下、参考までに家庭用蓄電池の主要メーカーごとの寿命(サイクル回数)をご紹介します。 家庭用蓄電池のサイクル回数• パナソニック蓄電池(LJB1156):10,000サイクル• 京セラ蓄電池(EGS-ML0650):6,000サイクル• シャープ蓄電池(JH-WB1621):12,000サイクル• ニチコン蓄電池(ESS-H1L1):6,000サイクル• オムロン蓄電池(KP-BU65-A):8,000サイクル なお、上記の寿命を迎えた家庭用蓄電池は、すぐに使用できなくなってしまう訳ではなく、容量が劣化した状態となります。 (実際には突然劣化するわけではなく、徐々に劣化していきます。 ) 劣化の度合いはメーカーごとに異なりますが、東芝は「減少率10%程度」、京セラは「減少率20%程度」、シャープは「減少率30%以内」などと公表されています。 設置スペースを確保する必要がある 家庭用蓄電池には、屋外に設置するタイプと、屋内に設置するタイプの2種類が存在します。 太陽光発電で創った電気を貯めたい場合は、ほとんどの場合で屋外に設置する「定置型(系統連系型)」を購入する必要があるのですが、このタイプの蓄電池はおおよそエアコン室外機2台分以上の大きさになります。 家庭用蓄電池の大きさは機種によって異なりますが、それなりのスペースを確保できないと設置できないということになります。 なお、屋内型の家庭用蓄電池のなかには、部屋の片隅に置けるような省スペースの機種も存在しています。 (パナソニック「LJ-SF50B」など) 庭用蓄電池の設置費用と相場価格 ここからは、家庭用蓄電池の設置費用と相場価格についてご紹介していきます。 家庭用蓄電池の導入で発生する費用 家庭用蓄電池の導入で発生する費用には、「本体価格」、「設置費用」、「電気系統の工賃」の3種類があります。 本体価格 家庭用蓄電池本体の価格になります。 なお、蓄電池の価格を最も左右するのは容量で、容量が大きい蓄電池ほど高額になる傾向にあります。 設置費用 屋外に設置する「定置型(系統連系型)」蓄電池の場合、設置工事が必要となります。 設置工事の内容は、基礎工事や蓄電池ユニットの設置などが含まれます。 電気系統の工事費 家庭用蓄電池と太陽光発電を系統接続したり、配線を繋いだりする工事にも費用がかかります。 家庭用蓄電池の相場価格 上記でもお伝えしましたが、家庭用蓄電池の価格はメーカーや容量などによって異なります。 2019年末時点での家庭用蓄電池の取引相場は、以下のようになっています。 8kWh…約80~125万円(約16~25万円/kWh)• 5kWh…約139~150万円(約21~23万円/kWh)• 蓄電池の容量やメーカー、購入店舗によっても価格は異なります。 上記を見ると、容量が少ない蓄電池ほど価格は安いですが、1kWhあたりの価格は容量が大きい蓄電池ほど安くなる傾向にあることがわかると思います。 その他にも保証費用や修理費用がかかることも 上記の初期費用とは別に、家庭用蓄電池を設置後にかかる費用として以下のものもあります。 保証費用(有料延長保証に加入した場合)• 修理費用(保証外の修理が発生した場合) また、家庭用蓄電池は基本的にメンテナンスをあまり必要としない商品のため、メンテナンス費用については考えなくても大丈夫です。 補助金を使えばお得に設置可能! 家庭用蓄電池の導入に関しては、地方自治体によっては補助金が交付されています。 うまく利用できれば導入費用を大幅に削減することができます。 ここでは、2019年11月時点で申込みを受付けている補助金の一例をご紹介します。 災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金 「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」は、国(一般社団法人環境共創イニシアチブ)が交付している補助金で、太陽光発電を設置している人か、太陽光発電を新規設置する人が対象となります。 申請受付期間:2019年10月1日~2019年11月29日(二次公募) 蓄電池、燃料電池 エネファーム 等に対する助成金 「蓄電池、燃料電池 エネファーム 等に対する助成金」は、東京都が交付している補助金で、都内の住宅に新品の蓄電池を設置する場合で、領収書などの日付が「2016年4月1日~2020年3月31日」の期間内であることなどの条件があります。 その他にも、太陽光発電がすでに設置されている、もしくは新たに設置する必要があります。 申請受付期間:2016年6月27日~2020年3月31日(予算が終了すると受付終了) まとめ この記事では、家庭用蓄電池について、注目される背景や太陽光発電の卒FITとの関連性、メリット・デメリット、設置費用や相場についてご紹介してきました。 結論を言ってしまうと、残念ながら2019年末時点では、家庭用蓄電池に経済的なメリットは余りありません。 しかしながら、卒FITを迎えた人が太陽光発電で自家消費(自宅の家電などで電気を消費すること)を行う場合、蓄電池があれば太陽光発電で創った電気を貯めておけるため、夜間や悪天候の日などに使用することができます。 また、ここ数年で多発している台風や大雨などによる停電に備える意味でも、家庭用蓄電池には注目が集まっています。 現状では価格が高いことがネックとなっている家庭用蓄電池ですが、今後は需要の増加にともない、海外企業が参入することで価格が安い製品が発表されると予想されます。 家庭用蓄電池の導入を検討している人は、これからの蓄電池業界の動向にも注目していきましょう。

次の

太陽光発電は「自家消費の時代」に。家庭用も産業用も自家消費が必須化。【ソーラーパートナーズ】

自家 発電 機 家庭 用

いざ!という時に作動します• 発電機には世界に認められた日立の技術を活用。 心臓部のディーゼルエンジンは、実績豊富なメーカーの製品を採用。 コンパクトタイプだから省スペースです• キュービクル式なので省スペースです。 屋上などに設置でき、基礎工事も簡単です。 短納期で対応します• イージーオーダー式のため、普通の発電設備に比べ短納期で設置できます。 燃料は、軽油またはA重油を使用。 自動始動装置を組み込んでいます• 停電からわずか10秒(または40秒)で送電を開始します。 豊富に選べるワイドセレクションシステムです• 必要電力量に合わせてお選びいただけます。 全国をネットするサービス網。 キメ細かなアフターサービス体制• 全国各地にディーラー(営業所、特約店、販売所)があります。 全国のサービス店で修理や部品交換に応じられます。

次の

太陽光発電は「自家消費の時代」に。家庭用も産業用も自家消費が必須化。【ソーラーパートナーズ】

自家 発電 機 家庭 用

この記事の目次• 近年、環境に優しい乗り物として注目を集めている 電気自動車 EV。 電気自動車にはさまざまな種類があり、車種の選び方や使い方によって、ランニングコストをかなり抑えられます。 さらに注目したい点は、電気自動車が 自宅の太陽光発電パネルとの併用により蓄電池としての役割も果たすことです。 蓄電池の購入を検討している方は、この記事で蓄電池と電気自動車の使い勝手を比較検討してみましょう。 電気自動車の仕組みや種類、メリット・デメリットなど基本的な項目についても解説しているので、電気自動車の購入を考えている方、電気自動車か蓄電池のどちら購入するべきか迷っている方は必見です。 電気自動車 EV とは? 電気自動車とは、どのような自動車をさすのでしょうか。 まずは、仕組みや種類について解説していきます。 電気自動車の仕組みは?ガソリン自動車と、どこが違う? 電気自動車は、その名の通り電気の力で走る車です。 Electric Vehicleを略してEVと呼ばれることもあります。 ガソリン自動車が燃料を燃やしたときに発生するエネルギーを駆動力にするのに対し、電気自動車は電気の力でモーターを動かして推進力にします。 電気自動車は、電気で動くモーター、電気を蓄えるバッテリー、動きを制御するコントローラーの主に3つで構成されています。 ガソリン自動車と違い 二酸化炭素の排出がないため、環境に優しい乗り物として注目を集めているのです。 電気自動車の種類は? 電気の力で走る自動車には、全て電気の力で走る「 電気自動車(EV)」、電気とガソリンを組み合わせて走る「 ハイブリッドカー(PHV)」の2種類があります。 充電設備を自宅に備えることで、たとえば自動車を使用しない夜間などの時間帯に自動車を充電し、翌朝充電が完了した状態で乗ることができます。 ハイブリッドカー(PHV) 電気とガソリンを併用して走る車です。 主な動力は、今のところガソリンの割合が高く、電気モーターは走り出しのときなどに補助的な役割をしているものが多いです。 しかし車種によっては、電気モーターで走行できる割合が大きくなっているものもあり、近距離ならほぼガソリンを使わずに済むような車も出てきています。 電気自動車のメリット、デメリット 環境に優しく便利に思える電気自動車ですが、メリットもデメリットも存在します。 購入を検討している場合は、両方をしっかり把握した上で選びましょう。 電気自動車のメリット 環境に優しい 電気自動車の最大の特長は、環境に優しいという点です。 ガソリン自動車と違い、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出がありません。 電気とガソリンを併用するハイブリッドカーも、ガソリン自動車よりも二酸化炭素の排出量を削減できます。 ランニングコストが抑えられる 同じ距離を走行する場合、ガソリン自動車よりも電気自動車の方がランニングコストを抑えられます。 たとえば1,000キロメートルの距離を走行する場合、ガソリン自動車のガソリン代が12,000円程度であるのに対し、電気自動車の電気代はわずか2,000円程度しかかかりません。 加速性能が高い 電気自動車のモーターは、ガソリン自動車と比べて加速性能が高いです。 ガソリン自動車は、発信時にガソリンをたくさん消費する割になかなか加速につながらないという欠点がありますが、電気自動車はスムーズに走り出すことが可能です。 補助金がもらえる 電気自動車は環境に優しい車ということで、補助金制度が充実しています。 購入した車種によって受けられるもの、各都道府県で受けられるものなどがあり、複数の補助金制度を同時に利用することも可能です。 たとえば車種の補助金でいうと、平成30年12月13日の時点では、トヨタ プリウス PHVは20万円、日産 リーフ S ZAA-ZE1では40万円の補助金を受けることができます。 詳しくは、「」のHPをご確認ください。 税金が免除される 電気自動車を購入すると、自動車の排気量に応じてかかる「自動車税種別割」などの税金が優遇されます。 初回新規登録した年度の翌年度分の自動車税種別割の軽減、もしくは初回新規登録時の自動車税種別割 月割 及び翌年度からの5年度分の自動車税種別割の課税が免除になります。 参照: 電気自動車のデメリット 車本体の値段が高い 電気自動車は、車本体の値段が比較的高いものが多いです。 補助金や減税を受けられたとしても、やはり高価だと感じる方が多いので、なかなか普及が進まない現状があります。 長距離走行に向いていない 電気自動車の航続距離は、ガソリン自動車に劣ります。 車種や条件によっては、200キロメートル走るごとに40分の充電が必要になるので、たとえば東京ー大阪間500キロメートルの間で2回充電時間を取らなければいけません。 長距離移動をする際は、不便に感じる方も多いでしょう。 参照: 充電に時間がかかる 電気自動車は、フル充電をするのに8〜16時間必要といわれており、ガソリン自動車が5分程度で給油できるのに比べると雲泥の差です。 参照: 充電スポットが少ない 電気自動車が普及し始めてから数年経ちましたが、まだまだ充電スポットの数が少ないのが現状です。 2018年12月の時点で、全国の充電スポットの数は28,500基程度、そのうち急速充電に対応しているのが7,100基といわれています。 国内で約60,000台走る電気自動車に対して充電スポット7,100基はとても少なく、場所によっては充電待ちが発生するほどです。 参照: 自宅の太陽光発電パネルと組み合わせると、家庭用蓄電池として活用できる! 電気自動車は、太陽光発電パネルと組み合わせると家庭用蓄電池として活用できることをご存知ですか? 家庭にEVパワーステーションという充電設備を設置することで、電気自動車に電気をため、家庭内で使うことが可能なのです。 昼間の太陽が出ているときに発電した電気を電気自動車にためておき、夜間に使用することもできますし、万が一災害が発生し電力会社からの電気供給がストップしてしまっても、非常用電源として大変役立ちます。 家庭用蓄電池と電気自動車、どのような違いがある? 家庭用蓄電池と電気自動車のバッテリーは、どのような違いがあるのでしょうか? 容量:電気自動車の方が大きい 一般的な家庭用蓄電池の容量が4〜12kWhであるのに対し、電気自動車は10〜40kWhと大容量です。 何日も電力供給がストップしてしまう可能性のある災害時などは、電気自動車の蓄電の方が安心できるでしょう。 設置場所:家庭用蓄電池の方が場所を取らない 家庭用蓄電池には屋内設置のものと屋外設置のものがあり、エアコンの室外機の1まわり〜2まわり大きいものとなります。 対して電気自動車は自動車そのものですから、自動車一台分の駐車スペースと、さらにエアコンの室外機程度の大きさのEVパワーステーションの設置が必要になります。 「2019年問題」により、さらに注目の集まる電気自動車 太陽光発電パネルを設置するメリットの1つは、 自家発電した電気を売電して収入を得られることです。 しかし、太陽光発電における「2019年」は、重要な年になると言われています。 家庭で発電して余った電力は、「固定価格買取制度」によって、10年間固定価格で電力会社に売電できるしくみです。 しかし、最初に売電を始めた方の期間が終了する2019年以降、各電力会社は対象者に向けた新プランを発表しているのですが、売電価格は平均価格7~8円と大幅に下落しています。 そこで、発電した電力を売るのではなく、家庭内で効率よく使い、さらなる節電につなげる方向性を検討する人が増え、電気自動車や蓄電池に注目が集まっているのです。 太陽光発電パネルを設置していて、自動車を所有したい家庭にとっては、蓄電池としての役割もある電気自動車はとても魅力的なのではないでしょうか。 自家発電の売電に関する「2019年問題」に関しては、こちらの記事をご覧ください。 電気自動車?それとも蓄電池?購入前にはじっくり検討しよう 電気自動車 EV の基本的な知識についてお伝えしました。 電気自動車は環境に優しいだけではなく、自宅の太陽光発電パネルと組み合わせることで蓄電池としての役割をはたし、災害時でも電力をまかなうことができるのです。 自家発電との併用を考えるのであれば、蓄電池とどちらがよいのかをしっかり考えてから購入しましょう! 2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報を紹介します。 太陽光発電を導入している家庭で、2019年より順次終了していくFIT(固定価格買取制度)。 各社が続々と売電価格を発表していますが、まだまだわからないこともたくさんありますよね。 エネチェンジでは、今後も2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報をメールマガジンにて随時紹介していく予定です。 もちろん、無料でご利用いただけます。 情報の配信を希望される方は、こちらのフォームにて、ご登録をお願いします。

次の