ソフトバンク 株 買い方。 ソフトバンク(9434)のIPOは買いか?公開価格に割安感はないが長期的には配当狙いだけでも買い!|超成長株投資で資産10倍計画!|ザイ・オンライン

【ソフトバンクグループ(9984)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

ソフトバンク 株 買い方

「ソフトバンクの株主優待がほしい」 「・・・でも、株主優待ってどうやってもらうの?株ってどうやって買うの?」 そんな株の初心者の方のために、このページではソフトバンク株の買い方や株主優待はどうやったらもらえるのか、ソフトバンクの株が買えるやを説明しています。 最近は株主優待を目当てに株を始める人が増えています。 株主優待は定期的に企業から割引やプレゼントなどがもらえてとてもお得なので、株取引で利益を上げようとするのではなく 株主優待をもらうために株を買っているという人もたくさんいます。 でも、はじめて株を始める人にとっては 「株主優待ってどうやったらもらえるの?」「株ってどうやったら買えるの?」という基本的な部分がまだわからないと思います。 そこでここでは、株主優待の内容だけでなく、株主優待のもらい方や、株の買い方などの基本的な知識から詳しく解説していきたいと思います。 初心者の方でもわかるように順を追って説明しますので、安心してゆっくり読み進めてみて下さい。 まず、 「株主優待はどうやったらもらえるのか?」という基本的な知識から入ると、株主優待は株主優待を出している企業の株主になる、つまりその企業の株を買うともらえます。 株主優待がもらえる時期が企業ごとに決まっていて、その時期に株主になっていると優待がもらえます。 ソフトバンクの株主優待の権利月は3月と9月です。 次に、 「株はどこで買えるのか?」ですが、株は「証券会社」というところを通して買ったり売ったりすることができます。 銀行の口座を持っている人がその銀行にお金を預けたりおろしたりできるのと同じように、証券口座を持っている人がその証券会社で株を買ったり売ったりできるようになるので、まずは証券会社で口座開設をするのがスタートです。 証券会社というとちょっと敷居が高く感じる人もいるかもしれませんが、今はネット証券を使えばインターネットから全ての取引が行えます。 口座開設の申込から株を買ったり売ったりまで全てパソコンやスマートフォンで取引が出来てしまいます。 ネット証券は口座開設は無料でできるので、もしまだ証券口座を持っていない人はネット証券の口座開設の申し込みをすぐにしてしまいましょう。 初心者の方や初めての人には「使いやすさ」に定評のある「」をおすすめしています。 5分くらいで簡単に申し込みができるので、マネックス証券のホームページから手続きをしてみてください。 もちろんソフトバンクの株も買えますよ。 参考: 今はちょうど期間限定のキャンペーン中なので、お得に口座開設をすることができます(キャンペーンの詳細やいくらもらえるのかなどはマネックス証券の公式サイトに表示しています) ソフトバンク株の買い方 ソフトバンクは株主優待が人気の企業なので 「優待が欲しくてソフトバンク株を買った」という方も多い人気の銘柄です。 ソフトバンクの株の買い方は、以下の手順で行うことができます。 1.証券口座を作る(作り方は簡単です) 2.株を購入する資金を入金する 3.銘柄をソフトバンクを指定して買い注文を出す たった3ステップ。 意外と簡単ですね。 順番に見ていきましょう。 1.証券口座の開設 先ほども説明しましたが、株は「証券会社」というところを通して買ったり売ったりするので、まずは証券会社で口座開設をします。 ネット証券の場合はインターネットで無料で口座開設の申し込みができて株の売買もパソコンやスマホでできるのでとても便利です。 もし、まだ証券口座を持っていない場合は、ソフトバンクの株を購入するために必要なので、ネット証券の口座解説の申し込みをしておきましょう。 サイトが使いやすくて初心者に一番おすすめの「」の公式サイトへのリンクを載せておきますので、まだ口座を持っていない方はここで申し込みをしておいて下さい。 参考: 口座開設は無料で維持費などもかからないので安心して申し込みをしてください。 また、ネット証券はキャンペーンも行っているところもあるので、口座開設するだけでお得なネット証券が多数あります。 (ネット証券は複数の口座を持つこともできます) 参考: 口座開設が完了すると株を購入できるようになり、株価チャートなどの様々な情報を無料で見れるようになり、あなたも投資家としてデビューすることができます! 初心者のかたで、どのネット証券がいいか迷ったら、まずはマネックス証券をおすすめします。 画面が使いやすく、サポートが良いので初心者にはおすすめのネット証券です。 手数料も安いうえに機能も充実しているので中上級者になっても使えます。 参考: もし自分に合わなければあとで他のネット証券を口座開設すればいいですし、使わなくても費用などは発生しないので、まずは気軽に口座開設をしてみてください。 2.株を購入する資金を入金する 株を買うときは現金ではなく、「証券口座に入っているお金で買う」ので覚えておきましょう。 そこで、証券会社の口座開設が済んだらまずは株を購入する資金を証券口座に入金します。 資金の入金は銀行振込で行います。 証券会社に入れた資金を引き出すときも、あなたの銀行口座への振込で引き出されます。 買う前にソフトバンク株はどんな値動きをするのかなどを株価チャートなどを参考に見ておくと良いかもしれませんね。 口座開設がまだの方でも株価や企業情報は以下のページ等でも見ることができます。 (Yahoo! ファイナンス) 3.銘柄を「ソフトバンク」に指定して注文を出す 口座開設と株を買う資金の入金が完了したら、 銘柄検索で「ソフトバンク」または銘柄コードの「9984」で検索します。 すると、現在の株価などのいろいろなデータとともに買い注文を出すボタンなどが出てきますので、そこをクリックして注文を出していきます。 買い注文は今すぐ買える値段(成行注文といいます)でもできますし、「いくらで買う」と指定し、株価がその値段まで下がったら買うということもできます(指値注文といいます)。 ソフトバンク株の株価はネット証券の口座を持っていればリアルタイムで見ることができますし、マネックス証券などネット証券によっては登録した銘柄の毎日の株価や、「株価がいくら以上(以下)になったら通知」のように、メールでお知らせしてくれる便利なサービスも無料で行ってくれるネット証券もあります。 以上が株の買い方の説明でした。 ソフトバンクの株主優待 ソフトバンクの株主優待は「携帯電話基本使用料6カ月無料、ブロードバンドサービス6カ月割引」です。 より詳しい優待内容や株価・企業情報などは証券会社の情報やYahoo! ファイナンスなどを参考にして下さい。 (Yahoo! (単元株数はネット証券の購入時の画面やYahoo! ファイナンスの企業情報などにも記載されています) 株主優待のもらい方 株主優待は「いつでも株を買えばすぐにもらえる」というものではありません。 株主優待がもらえる時期が決まっていて、株主が株主優待がもらえる月を「権利月」と言い、株主優待を実施している多くの企業は年1回か年2回権利月があります。 ソフトバンクの株主優待の権利月は3月と9月です。 株主優待をもらうには、ある「特定の日」にその企業の株を買っておく必要があります。 この特定の日というのを 「権利付最終日」といいます。 この権利付最終日までに証券会社で株を買えばいいのですが、権利付最終日は企業ごとに違うので、しっかりと調べておきましょう。 基本的には権利月の末日が基準日になっている企業が多いので、 権利月の最終日の3営業日前が権利付最終日になることが多いです。 (末日でない場合もあるので注意して下さい) この権利付き最終日までに株を買い、その翌日(権利落ち日と言います)まで持ち越せば株主優待をもらうことができます。 細かい話をすると、株の仕組み上「権利確定日」に株主になっている必要があり、そのためには、権利確定日の3営業日前(この日が権利付最終日)までに購入しなければいけないのですが、 初心者の方は難しく考えずに 「権利付き最終日までに買っておけば株主優待がもらえる」と覚えておいてください。 権利付き最終日の当日までに買っておけば、いつ買っても構いません。 当日に買って翌日の権利落ち日に売ってしまっても構わないし、何ヶ月も前から持っていても構わないし、何年もずーっと株を保有しておけば権利付き最終日を過ぎるたびにその都度株主優待をもらうことが出来ます。 なのでソフトバンクの株主優待をもらいたい場合は、権利付最終日までにソフトバンクの株を買い、権利落ち日まで持ち越せばいいんです。 株主優待をもらってお得に投資家デビュー.

次の

ソフトバンクの株の買い方は?株主優待は?スマホ料金が安くなるの?

ソフトバンク 株 買い方

じゃあ、まずはソフトバンクグループに投資をしてみるといいにゃ 日本を代表する経営者である孫正義がトップを務め、グループ会社に携帯キャリアの「ソフトバンク」や同じくアメリカの携帯キャリアである「スプリント」、日本最大のポータルサイト「ヤフー」、オフィス向け通販大手「アスクル」などを擁するのがソフトバンクグループ株式会社です。 孫正義が開発した自動翻訳機をシャープに売り込み、売却した1億円を元手にアメリカで会社を経営・売却後、1980年に日本で立ち上げた企画会社「ユニソン・ワールド」がソフトバンクグループの前身です。 1981年に他社と共同出資でPC用パッケージソフトの流通を行う「日本ソフトバンク株式会社」を設立、ここからソフトバンクとしての歴史が始まります。 (設立3ヶ月で他社との資本提携は解消) 1994年には株式を店頭公開。 1996年1月には米国Yahoo! Inc. との共同出資により、ヤフー株式会社を設立。 1998年1月に東証1部に上場。 2005年にダイエーからホークス球団の買収完了。 「福岡ソフトバンクホークス」が誕生。 2006年にボーダフォン日本法人を1兆7,500億円で買収し、携帯電話事業へ参入。 2013年7月に全米第三位の携帯電話会社であるスプリント・ネクステルの買収完了。 世界第3位の携帯電話グループになる。 2016年9月にイギリスの半導体設計企業であるARM Holdings plcを子会社化。 2018年12月19日に携帯電話事業子会社「ソフトバンク株式会社」が東証1部に上場。 ざっと挙げただけでも孫正義一代で錚々たる歴史を誇ります。 積極的に投資を行うことでも知られており、中国のIT大手アリババグループにも早くから出資し2019年5月現在も筆頭株主です。 2019年5月にニューヨーク証券取引所に上場した、配車サービス大手「ウーバー・テクノロジーズ(Uber)」の筆頭株主でもあります。 (2019年5月現在) 2019年3月期の売上高は9兆6000億円と10兆円に迫り、営業利益は2兆3000億円、純利益も1兆4000億円と今や日本を代表する企業です。 ここでは、TモバイルUSによるスプリント買収でも注目されるソフトバンググループ株式会社の株の買い方について解説していきます。 ソフトバンク携帯電話・タブレット/ワイモバイルスマホ株主優待 2. インターネット株主優待 ・優待対象者:100株以上 1. BB 光 with フレッツなど 配当も行っており、2020年3月期は 1株当たり年間44円の配当予想となっています。 (中間配当22円・期末配当22円) 2019年3月期は、中間配当22円・期末配当22円の年間合計44円の配当でした。 (いずれも1株当たりの配当金額) ソフトバンクグループの株の買い方と売り方 1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。 2、銘柄検索で「ソフトバンクグループ」「9984」などで検索。 3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。 4、買いたい株数を入力。 5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。 その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。 6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。 (証券会社によって指定できる期間は多少変わります) 7、「注文」ボタンを押せば注文完了。 8、「成行注文」の場合はすぐに約定。 「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。 1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。 2、銘柄検索で「ソフトバンクグループ」「9984」などで検索。 3、現物で買っている場合は「現物売」、信用で買っている場合は「信用返済売」を選択。 4、売りたい株数を入力。 5、売りたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。 その時に出ている買い注文の一番高い金額で売る場合は「成行」にチェックを入れる。 6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。 (証券会社によって指定できる期間は多少変わります) 7、「注文」ボタンを押せば注文完了。 8、「成行注文」の場合はすぐに約定。 「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。 証券会社によって多少表記される文言が違う場合はありますが、上記の手順で株の売買をすることができます。 【株初心者向け】ソフトバンクグループの株の買い方はこれまとめ まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してきているソフトバンク。 大企業となった現在も、ベンチャー企業の様に機動性の高い経営をしているように見受けられます。 正直次にどんな手を打つのか見えない企業ではありますが、現在のところ孫正義の経営手腕は衰えていません。 数々の投資や買収も成功させ、業績も伸ばしてきています。 投資のしがいがある企業の一つであることは間違いないでしょう。

次の

ソフトバンクグループ (9984) : 株価チャート [SoftBank Group]

ソフトバンク 株 買い方

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「ソフトバンクの配当や株主優待に興味があるけど、業績はどうなんだろう?」• 「ソフトバンクの株価は割安?割高?」 ソフトバンクといえば、携帯電話の大手3社の1つです。 通信株は業績が比較的安定しているというメリットがあります。 一方で、ソフトバンクの株価は上場後に長く低迷していて、公募価格1500円を下回った状態が続いています。 今後のソフトバンクの株価はどうなるのでしょうか? 本記事では ソフトバンクの業績や財務内容、株価の割安さなどから、今のソフトバンクの株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 ソフトバンクの売上高・営業利益• 売上高:右軸• 営業利益:左軸(0からのスタートではないことに注意してください) 2017~2019年におけるソフトバンクの売上高は横ばいに近くなっていました。 スマートフォン市場がすでに成熟期に入っているためです。 一方、2020年に売上高、営業利益が急伸したのは、ソフトバンクが2019年にヤフー(現Zホールディングス)を連結子会社化したからです。 ソフトバンクは飽和しつつある携帯事業で生まれるキャッシュを他事業に充てることで成長しようとしています。 ソフトバンク株の魅力のひとつは業績の安定性の高さ 2016年以前のデータが見られないので、わかりにくいですが、ソフトバンクの主力事業である携帯電話事業は毎月定期的な収入が見込めます。 そのため、ソフトバンク株の業績は 不況に強いという特徴があります(実際、競合のNTTドコモやKDDIの業績はリーマンショック時も比較的安定しています)。 今後も5Gの普及やIoT(モノのインターネット、Internet of Things)の進展によって、通信の需要は高まるといわれています。 ソフトバンクの業績も安定的に推移するだろうと期待できます。 今後の懸念材料は、総務省の介入と楽天の参入 一方、今後の業績悪化懸念としては、以下の2つがあります。 通信費を安くするように、国(総務省)が繰り返し介入していること• 楽天が携帯電話事業に参入すること すでに、国(総務省)の意向を受けて、携帯大手3社では通信料金と端末代金の見直しが行われています。 もしこれらの影響で業績に悪影響が出る場合は、投資を見直すことも必要です。 ソフトバンクのキャッシュフロー推移 特に重要といわれる、営業キャッシュフローは安定的にプラスとなっています。 携帯電話事業は多くの設備投資が必要な事業ですが、それを上回る営業キャッシュフローを稼げています。 ソフトバンクは安定した営業キャッシュフローを見込めるのが魅力 ソフトバンクの主力事業である携帯電話サービスは、毎月一定の収入が見込めるビジネスであり、サブスクリプションモデルの典型例です。 そのため、ソフトバンクの営業キャッシュフローは今後も長期的に安定していると見込まれます。 好不況によらず、安心して保有できるというのは通信株のメリットですね。 ソフトバンクは経営戦略として、借入を活用した事業拡大を選択していることがわかります。 現預金が少なめだが、事業特性上、問題ない ソフトバンクは現預金が少なめです。 支払いが滞ることがないか、不安を感じる方もいるかもしれませんが、問題ありません。 なぜならば、携帯電話事業は安定的なキャッシュフローが見込めるからです。 不況になっても営業キャッシュフローが急減することはないため、不意の変動に備えて現預金をためておく必要性が少ないのです。 ソフトバンクの自己資本比率は低めですが、携帯電話事業の潤沢なキャッシュフローが続く限り、事業の継続性は高いと考えています。 ソフトバンクの実績PBRの推移 ソフトバンクのPBRは上場後、5倍台で推移していました。 一方、ヤフーの連結子会社化に伴う純資産の変化で現在のPBRは6. 7倍に上がっています。 PBRは1倍が解散価値(事業を清算したときに残る、帳簿上の価値)といわれ、下値の目安とされています。 1倍以下なら株価は割安といわれますが、業績がよい企業であれば1倍以上になることも多いです。 ソフトバンクの業績は堅調なので、PBRは1より大きくなるのが妥当です。 とはいえ、PBRが6倍台というのはかなりの成長株でないとあまり見られない水準です。 ソフトバンクのPBRは割高な水準です。 ソフトバンクの株価は理論株価(企業価値)に対して割高 株価の割安さの指標として有名なPER、PBRは一面的な評価であり、企業の実態がわかりにくいという弱点があります。 そのため、私が割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 ソフトバンクの予想配当利回りの推移 2019年5月に配当利回りが上がっているのは、以下の2つの理由によるものです。 通期の配当金額で計算されるようになったから(一時的な要因)• 2020年3月期の増配が発表されたから この結果、ソフトバンクの配当利回りは約6. ソフトバンクの株主優待はない 残念ながら、ソフトバンクに株主優待はありません。 株主優待を楽しみにしている人にとっては、この点はマイナスです。 今後、ソフトバンクの株主優待がどうなるか?(私見) 一般的に、株主優待は株主数を増やすための施策の一つであり、個人投資家に喜ばれるものです。 一方、株主優待は特典の上限が決まっていることが多いため、機関投資家などの大株主にとってはあまりうれしくない施策です(むしろ配当の方が喜ばれます)。 ソフトバンクグループからみれば、 株主優待を実施するよりも配当で支払ってほしいはずです。 したがって、私見ではありますが、今後ソフトバンクが 株主優待を実施する可能性は小さく、できる限り配当金を重視するだろうと考えています。 ソフトバンクは株主優待狙いではなく、 高配当目的で投資するべき銘柄です。 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの売上高・営業利益の比較 3社とも巨額の売上高、営業利益を出していて、優良企業であるのは間違いないです。 通信事業が寡占業種であり、国(総務省)から目を付けられるほど、高収益な事業であることがわかります。 中でもKDDIの売上・利益はともに増加傾向であるのに対して、NTTドコモはあまり伸びていません。 じぶん銀行やauカブコム証券などで金融分野を育てようとしているKDDIに対して、NTTドコモは通信事業からの領域拡大がやや遅れている印象を受けます。 一方、ソフトバンクは2019年までの3年間は売上高・営業利益がともにほぼ横ばいでした。 2020年3月期は大幅に増収・増益の予定ですが、これはヤフーの連結子会社化に伴うものです。 3社ともスマートフォンの普及による業績向上はすでにひと段落した印象です。 各社とも非通信分野の収益を作ることに力を入れています。 投資指標の比較 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの投資指標を比較した結果が以下です(引用:マネックス証券の銘柄スカウター)。 配当金をもらいながら長期保有したいという方に適した優良株です。 一方で、 ソフトバンクの株価はやや割高な水準です。 もし業績が悪化した場合には株価が急落する可能性があります。 配当利回りは少し劣りますが、 同じく高配当で株価も割高ではないKDDIやNTTドコモも選択肢として検討してみるとよいです。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の