Zoom マック ブック。 Mac

サポート外の古いMacにmacOS Catalinaをインストールする方法

Zoom マック ブック

「オプション...」をクリックする 「ズーム機能」の右側にある「オプション...」をクリックします。 ここではズームする範囲を調整することができます。 最大拡大率:拡大のキーボードショートカット(コマンドキー、オプションキー、イコールキー)を押せば、ここで設定した拡大率になります。 なお、拡大率は1. 1倍から20倍の間で設定できます。 最小縮小率:縮小のキーボードショートカット(コマンドキー、オプションキー、マイナスキー)を押せば、ここで設定した縮小率になります。 いずれにしても、キーボードショートカットを押し続ければ、最大値(最小値)まで拡大(縮小)できます。 縮小したときにプレビュー領域を表示:画面のどの部分が拡大されるのかを見たいときには、ここにチェックを入れます。 拡大したときの範囲が太枠の長方形で表示されます。 画像をスムージング:拡大したときの画面を滑らかにしたいのであれば、ここにチェックを入れましょう。 拡大された画像の質は良くなりますが、テキストは少しぼやけたようになります。 ズームの対象をキーボード入力の対象にする:拡大したときに、その拡大した対象領域を超えるキーボード入力をしても、画面上には常にテキストが表示されるようになります。 ポインタと一緒に連続的に移動:拡大したときに、画面もカーソルの動きに合わせて連続的に移動するようになります。 ポインタが画面の端に到達したときのみ移動:カーソルが画面の端に移動したときだけ、画面が動くようになります。 ポインタを画像の中央付近に置く:画面の中心にカーソルを置いたまま、画面だけが動くようになります。 マウスにスクロールホイールがついている場合は、修飾キーを押しながらスクロールすることもできます。 なお、修飾キーは、フィールドをクリックして自分の好きなキーを入れることで設定できます。 オプションの設定が終了したら、「完了」をクリックしましょう。 オプションをクリックする 通常の拡大と同じように、別ウィンドウでの拡大には以下のように様々なオプションがあります。 拡大鏡機能:別ウィンドウで拡大(コマンドキー、オプションキー、「8」のキー)をオンにすると拡大縮小値が設定できます。 固定:ウィンドウの位置を「固定」に設定すると、拡大表示されたウィンドウが画面の中央に表示され、カーソルの位置でそのウィンドウに表示される画像を変えることができます。 マウスカーソルに追従:ウィンドウに追従されるカーソルをどこにでもドラッグできるようにします。 この設定は虫眼鏡のような役割を果たします。 端に沿ってタイル表示:画面左側に拡大画面が配置され、カーソルの動きに合わせて拡大された内容が表示されます。 カラー反転では白が黒に、黒が白に、そして緑が紫になります。 画像をスムージング:テキストと画像両方の端を滑らかにします。 ズームの対象をキーボード入力の対象にする:拡大したときに、その拡大したウィンドウの対象領域を超えるキーボード入力をしても、拡大部分がキーボードフォーカスを追跡している間(たいていはカーソルか入力フィールド)は、カーソルはウィンドウの中央に固定されたままになります。 一時的にズームを有効にする:コントロールキーとオプションキーを同時に押すと、修飾キーを押している間だけ現れる拡大表示されたウィンドウが開きます。 キーを放すと、ウィンドウは閉じます。 マウスポインタを項目に重ねたら、指定の間を取ってから読み上げる:カーソル下のテキストを読み上げます。 間を置かない「短い」から、約5秒間置く「長い」に時間を設定することができます。 「スクロールホイールと修飾キーを使ってズーム」にチェックを入れることでマウスコントロールにズーム機能を付け足すことができます。 ショートカットキーを設定するには、好きなキーを押したままにします。 選べるキーはシフトキー、コントロールキー、コマンドキー、そしてオプションキーのみです。 サイズと場所を調整:表示したいウィンドウのサイズと既定位置を設定するにはここをクリックします。 X 出典文献 Apple Help Center.

次の

サポート外の古いMacにmacOS Catalinaをインストールする方法

Zoom マック ブック

Macのノート型PCであるMacBookには現在3つのモデルがあり、一番軽量でモバイル性に特化した新型MacBook、薄型で廉価でありながらスペックは比較的高めのMacBook Air、出来る限りハイスペックというコンセプトのMacBook Proです。 どのモデルにも内蔵マイクは搭載されています。 Macに限らず、PCにはマイクをデバイスとして活用すると様々なことが出来るようになります。 今回はMacBookに内蔵されているマイクについて解説します。 その機能を前面に押し出して広く普及しているアプリが【Skype】です。 出典: マイクデバイス付きのPCでSkypeをインストールすればSkypeアカウントを持っている者同士で電話みたいに音声通話が可能です。 SkypeはMacにも対応しているためマイク内臓のMacBookがあればもちろん可能です。 このWebカメラと内臓マイクがあれば、Macのアプリである【FaceTime for Mac】をインストールすることで友人とテレビ電話のようにお互いの顔を見ながら会話をすることが出来ます。 出典: 【FaceTime for Mac】はApple社の純正アプリでありApple IDとメールアドレスがあればすぐにでも使うことが出来ます。 純正アプリのためにMac OSのアドレスブックと連動しているので友人のアドレス管理も非常に簡単です。 また内臓マイクの最も基本的な使い方として、自分の音声を録音してPC内に保存し、音声ファイルとして出力することが出来ます。 オンラインゲームはネットを介して複数の人数で遊びます。 対戦の要素が強く、チーム戦のようなシステムのオンラインゲームの場合ボイスチャットがあればチームメイトと綿密にリアルタイムに意思の疎通が出来るために非常に有利になります。 しかしゲーム内でボイスチャット機能が存在しているゲームは少なく、ゲームとは別アプリのボイスチャット機能を別途起動させてボイスチャットを行う場合が多いです。 前出の【Skype】はオンラインゲームに用いるボイスチャットアプリとしても定番の存在です。 出典: MacBookに搭載されているマイクはそのままでも使えますが上記のテレビ電話のような使い方でもオンラインゲームでの使い方をするにしてもヘッドセットがあると非常に便利です。 上記の画像のようなヘッドセットをPCに接続することでイヤホンとマイクを一体型にしてボイスチャットをする際にもよりクリアにこちらの発言を伝えることが出来ます。 MacBookの内臓マイク機能でも頻繁に利用する場合はこのようなPC用ヘッドセットの導入をオススメします。 もちろん無くても内臓マイクを使うことはできます。

次の

zoom会議に必要なカメラとマイクのおすすめ・必要な機材は?

Zoom マック ブック

 Zoomのアプリケーションをダウンロードする方法を解説していきます。 Zoomを利用するにはミーティングの主催者も参加者もZoomのアプリケーションを事前にインストールしておく必要があります。 Zoomのアプリケーションをダウンロードする方法について、デバイス別に「1. PC(Windows&Mac)の場合」と「2. スマートフォン&タブレットの場合」とに分けて解説します。 ちなみに、Zoomミーティングの招待を受けた参加者が、Zoomのアプリケーションをインストールしていない場合は、招待メールのURLをクリックすると、Zoomのアプリケーションのダウンロードが自動的に行われますが、円滑にZoomミーティングに参加するためにも、事前にアプリケーションのインストールを済ませておくことをおすすめします。 Zoomのアプリをダウンロードする方法【PC(Windows&Mac)の場合】 Zoomのアプリ(Windows&Mac)をダウンロードする場合、から手動でダウンロードすることができます。 Zoomのアプリをダウンロードする方法【スマートフォン&タブレットの場合】 2-1. 2-2. iOS(iPhone&iPad)のZoomアプリのダウンロード方法 AppStoreから「ZOOM Cloud Meetings」のアプリをダウンロードします。 2-3. AndroidOSのZoomアプリのダウンロード方法 Androidは、Google Playからのアプリをダウンロードします。 Zoomの使い方完全マニュアル【目次】 6. Zoomのマイクとスピーカーの設定方法 7. Zoomのビデオの設定方法 伊藤剛志 経営コンサルタント コンサルタント&講師専門のビジネスプロデューサー。 大阪生まれ、大分育ち。 早稲田大学商学部卒業後、経営戦略コンサルティングファームにて、大手自動車メーカー、大手百貨店、中古車流通、ソーシャルメディアマーケティング分野等の有力企業の経営改革プロジェクトに多数関わり、業界リーディングカンパニーやブランド創りの実績多数(BtoB企業向けコンサルティング報酬は月額500万円)。 国内有名企業のデジタルマーケティング戦略や動画を活用したビジネスモデル構築も多数プロデュースし、そのプロジェクトの中で、動画制作のトップクリエイターや人気ユーチューバーとも一緒に仕事して、独自の動画マーケティングの実践メソッド(成功法則)を確立。 コンサルタントや講師向けの動画マーケティングセミナーを2013年より開催し累計300人超が受講し、「コンサル起業法(ビジネス構築法)」や「動画マーケティング」を指導した動画セミナーには約5,000人が参加し、受講生から業界トップクラスのブランド構築した成功事例も多数。 コンサルタント&講師専門のビジネススクール「プロコンアカデミー」を運営し、動画を活用して自分のブランドや影響力を最大化して社会を変革するリーダー(プロフェッショナルコンサルタント)を育成する活動に注力。 現在は「新しい教育を通じて社会を豊かにしていく」ミッションに基づき、有力なコンサルタントや講師の動画を活用したビジネスモデル構築のプロデュースを多数手がける。 YouTubeの専門家としてフジテレビ/日経リサーチ/読売新聞等のTV・新聞・雑誌などにも情報提供し掲載実績多数。

次の