俺ガイル ss 八幡 壊す。 「俺ガイル 続」第3話は八幡と雪乃の対立が深まってしまう :にゅーあきばどっとこむ

俺のもう一つの姿は間違っていない。

俺ガイル ss 八幡 壊す

i、''; ,! トi,! '",ノ-、 ,.. iヽ-、 rィ',;'! ヽー-、! '、 ーニー-、. ;' i! くにへ かえるんだな おまえにも かぞくがいるだろう・・・ 俺ガイル 概要ガイル 「俺ガイル」とは「がいる」という言葉と「」に登場する人物「」をかけた用の一種。 「がいる」という言葉に置き換えるように文末に付けるのが一番良い使い方だと思う俺ガイル。 に関するのだけで使われているというわけでもなく、どこので的に使われているんじゃないかと考えている俺ガイル。 まただけでなく他のでもりに見かける気がすると思っている俺ガイル。 またそこから発展し『』という作品のとしても一部で使われている。 でも少し略し方が強引すぎないかと思う俺ガイル。 ちなみにこの場合、作品の略と共にのの談にしてしまうあまり「あ、がいる」と思うのことのミー二ングでもある・・・かもしれない。 、等で「」とするはこっち。

次の

#1 そして彼は全てに絶望する

俺ガイル ss 八幡 壊す

「あなたのやり方嫌いだわ」 「もっと人の気持ちを考えてよ!」 俺は何を間違えたんだ? あの時、戸部と海老名の依頼を同時に解決するにはこうするしかなかったはずだ。 なぁ雪ノ下、お前ならもっといい解決法を知っていたのか?なら何故俺に教えない。 なんで俺に任せると言ったんだ? 由比ヶ浜、そもそも今回の依頼を引き受けたのはお前じゃないか。 なのに何もしていないお前が俺を攻める資格はあるのか? あのグループを壊すことなく、奉仕部の2人に矛先が向かないようにするにはああするしかなかった。 お前らなら、俺を理解してくれると思っていた。 お前らとなら、本物になれると本当に信じてた。 だが、それはただの幻想だった。 もう何も信じない。 何も期待しない。 家に帰ると小町が出迎えてくれた。 小町「おかえりお兄ちゃん!修学旅行何かあった?小町、お兄ちゃんに何かあったのか知りたいなぁ」 と、修学旅行何かあったのか聞いてくる。 しかし、今は何も答えたくなかった。 俺は逃げるように部屋に戻った。 ある程度時間が経ち、部屋を出ると小町がなにやら怒った表情で立っていた。 小町「お兄ちゃん!結衣さんから聞いたよ!本当に最低!何でそんなことするの!?見損なったよ!」 小町の手には携帯が握りしめられていた。 恐らく何かあったのか由比ヶ浜に聞いたのだろう。 八幡「なっ、ち、違うんだ小町... 」 聞いてくれ、と言おうとしたが、小町の声に重なり掻き消えてしまった。 小町「聞きたくないよそんなの!?もう話しかけないで」 小町は今回の事を親に話した。 当然親は小町の言うことを信じた。 違うと言っても誰も信じない。 その日以降八幡は親と関わるのをやめ、食事と風呂以外は部屋にこもり、食事は時間帯をずらし1人でとるようになった。 あの依頼から何日かが過ぎた。 文化祭の時も陰口など言われていたが、今回はそんなものでは済まなかった。 教室では聞こえる声で陰口を言われ、休み時間になると呼び出しをくらい、目立たないところを執拗に痛めつけられた。 ある日の放課後、奉仕部に向かっていた八幡は2人がどう思っているのか偶然聞いてしまった。 雪乃「今日も来るのかしら。 あのクズ谷君は」 結衣「出来れば来て欲しくないなぁ」 雪乃「ええ、全くその通りね。 もうやめてくれないかしら」 などと2人で話していた。 その日は奉仕部には顔を出さなかった。 家に帰っても八幡は1人だ。 学校のみんなも家族も誰も助けてくれない。 誰も自分の味方をする人はいない。 そう理解した時、不意に涙が頬を伝った。 八幡「こんなに苦しい思いをするならいっそ... 」 その日の夜、八幡はあるものを手に持ち家を出た。

次の

やはり俺の幼なじみがいきなり転校してくるのは間違っている

俺ガイル ss 八幡 壊す

俺ガイル最終回について 2期にはいって内容がどんどん難しくなっていった気がします。 (自分の理解力がorz) 最終回を見ました。 ユイがユキノとの勝負のことをいいだして ユキノの抱えている問題を解決したら私の勝ちで全部もらう。 と言っていましたが、 1、ユキノの問題とはなんですか? 2、答えをしっているって答えってなんですか? 3、全部もらうってどういうことですか? 4、そう言われたユキノはどうして涙を流したのですか? 5、その提案をヒキガヤが拒否するとユキノはほっとしたのですか? 一応アニメは全部みたのですが、少し理解できないところがあったので質問させていただきます。 自分が考えた答え 1、家庭のこと?ヒキガヤのこと? 2、ユキノがヒキガヤを好きということ? 3、ヒキガヤをもらうってこと? 4、自分の意見を言わず、ヒキガヤを譲ろうとしたから? 5、ヒキガヤに選ばれた???? あのやり取りは三角関係の遠回しなヒキガヤの取り合いなのでしょうか? そう考えれば、答えを知っているユイが問題を解決するからヒキガヤはユイのもの。 その提案を拒否したヒキガヤはユキノを選んだ。 ってことで納得いくのですが。 そうすると、ユキノの姉や母などの家庭の問題が関与してないので。 ユキノの問題がヒキガヤとユイの三角関係だけということになってしまいます。 それはおかしいと思い、三角関係もユキノの問題のうちにはあると思うんですが、 家庭問題がそれにどう関わってくるかわかりません。 教えてください。 具体的なことを言わなず、人の想いの動きを表現したアニメだと思うので個人的には 簡単ではない人の心が表現されていて大好きなアニメなんですが、その表現でわからないこと が出てきてしまったので、すっきりしたいと思い質問させていただきました。 あれは、いっこうに動こうとしない雪ノ下と八幡と、そして自分への由比ヶ浜の大芝居ですよ 八幡が欺瞞を指摘されて欺瞞でいいと納得しないということは、わかってたと由比ヶ浜はいってます 雪ノ下を出し抜きたいなら、簡単です それよりも、由比ヶ浜は3人が動く必要性を感じてましたが壊すのは怖かった せっつく姉にも『私たちも考えてる』と言ってますよ その直後に雪ノ下の異変に気付いて、もうスルーしてる場合ではないと思ったんでしょうね 自身の恋愛感情よりも、雪ノ下の異変がもう急がないといけないとこに来てると感じ取ったからだとおもいます 依頼心と摸倣癖もおかしいけど、明らかに八幡だけでなく由比ヶ浜にもすがってるの気付きませんでしたか? もう自分の意思がなくなってます これ、危険でしょ? デートとか決めたのだって急ですもん 由比ヶ浜のあの依頼は、二人から断られること承知してましたよ でも、それぐらいしないと二人は動かない だから、八幡のように自己犠牲に近い方法で強引にいったんです 八幡はそれ見抜いてますね クッキーは何度も練習しただろう事は容易にわかるのに、しつこいくらい由比ヶ浜はただのお礼と三回も言いました 八幡にとって、手作りはホンモノだという描写があるので それを欺瞞とするのは、そして欺瞞のままこの3人もやっていこうという由比ヶ浜の提案は、欺瞞を嫌いつつ見てみぬふりを続けた八幡に、少なからずショックを与え、NOを言わせました。 その事で八幡の摸倣をしてた雪ノ下は当然同じくNOと言い直し、さらに依頼したいと問題を二人に話す決意も出来ました ようするに、八幡の『雪ノ下の問題は雪ノ下が解決すべき。 欺瞞の関係もごめんだ』って台詞 雪ノ下の『依頼したい』の台詞 これを由比ヶ浜は引き出したかったんだとわかります ただ、それは失敗すれば3人の関係は終わる。 だから震えてましたね クリスマスイベントの時だって、二人は由比ヶ浜が引っ張らないと決別したままだったでしょう? だいたい由比ヶ浜と八幡がイチャイチャしながら奉仕部にいるとか、どう考えても3人の性格上不可能なことは容易に想像できます 由比ヶ浜がほしいのは二人ですが、それは3人でいる事が自然で心地いい関係を選んだんですよ 両立は不可能です それは、雪ノ下と八幡がくっついてももとの三人にはもどれません。 雪ノ下も由比ヶ浜を失いたくないのは、同じかと それに、雪ノ下は八幡と由比ヶ浜への依頼心と摸倣を脱却して、本当に恋心か? それとも、八幡への依存と由比ヶ浜への摸倣も混じっての気持ちなのか 整理を付ける必要があるかと 私は、雪ノ下は由比ヶ浜に背中押されないとクッキーすら渡せない 別れ際、用意してたバレンタインのも、由比ヶ浜が先帰るねと言ったのに、すがるような目をしてひとりじゃ渡せない 渡していいものかもわかってない のは、違和感感じました 普通の恋じゃないですよね むしろ、仲間はずれになりたくない子供の目でしたよ 由比ヶ浜が八幡を好きなのはわかってるでしょうし 雪ノ下の恋は、まずその真偽を確かめて自覚するために脱皮が必要ですし 今の状態では由比ヶ浜抜きでは恋愛はムリです 八幡にいたってはは、雪ノ下や由比ヶ浜をちゃんと見れてなかったことに気付いたばかりです 知っておきたい八幡なのにも関わらず そんなことで恋とかはないとおもいますよ もしどちらかに恋してたら、それは幻影に恋してたと気付いたかと 一度、奪い合い的な恋愛脳からはなれて純粋に、もう一回アニメ見直すか原作読んだ方がいいとおもいます どっちかに肩入れしてたら、余計にわかんないとおもいますので あれは、比企谷の取り合いではなく、由比ヶ浜の必死の抵抗だと思います。 由比ヶ浜は、雪ノ下の比企谷への思いに気づき、自分の気持ちと親友へ気持ちとの 間に板挟みにされている関係性に戸惑っている感じです。 それを打破するために、由比ヶ浜は、三人でずっといることを望んだと思います。 あと、雪ノ下の家については、予想ですが、姉と母との間にいることによって 自分で何もかも決めることができなくなった。 これが、雪乃の問題だと思います。 そのせいで、雪乃が比企谷への思いに戸惑っている。 これが、今までのグダグダした三角関係へのつながりです。 つまり、雪乃がそこに、気づけば、すべてが解消すると思います。 あと、原作を読んでみると、心情変換がしっかり書かれているので、原作を読むことおすすめします。

次の