シャボン 玉 ストロー。 【シャボン玉液の作り方】食器用洗剤を使ってお家で簡単に作ってみました!

シャボン玉で楽しく遊ぼう!作り方や遊び方、海外のシャボン玉を紹介

シャボン 玉 ストロー

Sponsored Link 子供時代には誰もがお世話になったシャボン玉。 どうせなら、安全に、より楽しく遊びたいものです。 とゆーわけで ・シャボン玉液を吸い込まないための安全なストローの作り方 ・砂糖を入れるとゴムボールのように弾む理由 の項目順に記事をまとめました シャボン玉液を吸い込まないため安全なストローの作り方 シャボン玉で遊ぶには、ストローを用意する必要があります。 用意するのは 市販のストローでも構いません。 ただし、ある程度の太さがあったほうがいいです。 500mlのパックジュースを買った時にコンビニでもらうようなストローではちょっと細すぎるかもしれません。 ストローを用意したら、ハサミで切り込みを入れます。 画像添付 切れ目部分を、花びらを押し広げると 「一応の」完成。 「一応」としたのは、安全性を確保するため、 もう一工夫する必要があるからです。 このままでも、シャボン玉を作ることはできますが、ただ、ストローを吸った時に シャボン玉液が口に入る危険があります。 したがって、安全のためにストローの途中に 穴を開けるのです。 具体的には、ストローの吸い込み口から3センチ~4センチほど降りた位置に、折り曲げます。 曲げることによってできた角の部分を切り取ります。 折り曲げたストローを、元のように真っ直ぐ正すと穴ができているはずです。 市販で売られているシャボン玉用のストローも穴ができているかと思いますが、それは(おもちゃの安全性を守るために定められた) 玩具安全基準を満たすため、そのような作りになっているのです。 あやまってシャボン玉液を飲んでしまったら? 前述のように、ストローに穴を開けていれば液が口に入ることはないかと思います。 しかし、仮に口に入れてしまってもそれほど心配する必要はありません。 通常のシャボン玉液(洗剤を3%以下にまで薄めることが基準により定められています)であれば、洗剤の毒素は微々たるものです。 水でうがいをするなどの対応で十分かと思います。 ストローの他に、リングなどの小道具を用意することで動画のような ゴージャスなシャボン玉を楽しむことができます。 子供でなくても、心躍ります。 外だと恥ずかしいので、お風呂に浸かりながら試してみたい。 砂糖を入れるとゴムボールのように弾む理由 Sponsored Link 割れないシャボン玉の作り方として、液に 砂糖を入れると強くてよく弾む玉ができると紹介されています。 実際に、シャボン玉液に砂糖を入れると、割れずによく弾む玉ができます。 ピンボールのように地面の上をバウンドします。 その理由は何故でしょうか? 理由としては、砂糖を溶かした水は、純水に比べて 蒸発しにくいからだとされています。 シャボン玉が割れる理由としては、以下の三つのような原因が主にあります。 水分が蒸発すると、その蒸気の動きによってシャボン玉の膜が刺激を受け、結果割れてしまうことに繋がります。 逆に言うと、蒸発を防げば、その分刺激を受ける確率も低くなるため、玉が割れにくくなるのです。 段落の冒頭で触れた通り、 砂糖水は蒸発しにくいという特徴があります。 蒸発が抑えられる=割れない、という効果を得られるというわけです 以上、安全なストローの作り方と、砂糖を入れると玉が割れにくくなる理由に関しての記事でした。

次の

シャボン玉で楽しく遊ぼう!作り方や遊び方、海外のシャボン玉を紹介

シャボン 玉 ストロー

【材料】 食器用洗剤 10ml(小さじ2) 砂糖 5g(小さじ1) ぬるま湯 100ml 食器用洗剤はどれが最適? 食器用洗剤には界面活性剤が含まれていますが、 この数値が高いほど汚れ落ちが良いということ。 手作りシャボン玉液の主成分は食器用洗剤ですから 界面活性剤の数値が高いものを使うことで、 しっかりとしたシャボン玉ができやすくなります。 お肌に優しい無添加系は、数値もひくめ。 洗剤の裏面に、界面活性剤の数値が書かれているので お家にあるものをチェックしてくださいね。 砂糖といっても種類がいろいろ、どれがいい? 砂糖が溶けきれずに残ってしまうと、シャボン玉が割れる原因になります。 砂糖にもいろんな種類がありますが、 完全に溶けきるのなら何でもOK! その中でも、グラニュー糖は溶けやすくておすすめです。 ぬるま湯を使う理由は? シャボン玉液を作る際、水道水をそのまま使ってしまうと 水道水に含まれたカルキやほこりなどでシャボン玉が割れやすくなってしまいます。 いちど 沸騰させると水道水の中の不純物を減らすことができます。 沸騰させた後、温かいぬるま湯程度にして使うと 砂糖が溶けやすくなるというのも理由の一つです。 割れにくいシャボン玉を作るために しっかりとしたシャボン玉液を家庭で作るためには シャボン玉が割れる原因をなるべく減らすことが大切です。 シャボン玉が割れる原因は ・ほこりやチリなどがシャボン玉液に含まれている、または空気中で触れてしまう ・シャボン玉が乾燥して割れる ・シャボン玉液が重力で下にたまって割れる などがあげられます。 使用する水道水を沸騰させることで、不純物を取り除き 砂糖でシャボン玉の乾燥を防ぎつつ、粘り気をもたせることで 液がシャボン玉にまんべんなく滞在できるようになります。 そんな時は、洗剤の量を増やすことで解決できるので、 少しずつ足しながら様子をみてくださいね! 食器用洗剤で作ったシャボン玉はどんな感じ? 手作りのシャボン玉液で、キレイなシャボン玉ができるのか? もちろんできます! 実際に作ってみて、とってもきれいなシャボン玉ができて大満足! 手作りのシャボン玉液で上手にシャボン玉を作るコツ 出来上がったシャボン玉液を、ストローで吹くのと 風の力でシャボン玉を飛ばすタイプと両方してみましたが 風で飛ばすには、 力加減がむずかしく、上手にシャボン玉を作れませんでした。 手作りのシャボン玉液で上手にシャボン玉を作るコツは シャボン玉用のストローでゆっくりやさしく吹くこと。 市販のものに比べると強度が劣るので、思い切り息を吹いてしまうと シャボン玉ができにくかったです。 5歳の息子は、やさしく吹く感覚がなかなかつかめませんでしたが 何度か吹いてコツを覚えれば、手の平よりおおきな シャボン玉を上手に作れるようになりました! 【おまけ】手作りのシャボン玉用ストロー シャボン玉液があっても、ストローが無ければシャボン玉は作れませんよね。 家にあるストローで簡単に作ってしまいましょう!.

次の

シャボン玉の作り方/安全なストロー作り&砂糖を入れると弾む理由

シャボン 玉 ストロー

糊づけされた部分は剥がしにくいので、水を入れた洗面器にしばらく浸けておくことで、剥がしやすくなります。 そして紙を剥がしたうちわがこちら! 実際の授業でこのうちわを使ってシャボン玉をしてみた様子を子供に聞いてみると、シャボン玉がたくさん出てきたようで、「まあまあ楽しかった」とのこと。 まあまあって 笑 よく聞いてみると、次にご紹介するモールが特に楽しめたようなんです。 【シャボン玉の道具】モール モールは、以前100均ダイソーで購入していたものを使用しました。 いろんな色が入っていて、工作以外にラッピングや手芸にも使えるグッズとなっています。 このモールを使って子供が作ったのがこちら。 簡単に作れていました。 ちなみにモール同士をねじってつなげた際、各モールの端っこ部分を触ると針金がチクっとしたので、 ワタシのほうで針金の先端が出ないように、出来る限り内側に曲げるようにしました。 (念のため子供には、「 モールは針金が使われていて、端っこを触るときには一応気を付ける」旨を伝えました。 ) そしてこのモール使ってシャボン玉をすると、大きなシャボン玉が作れたらしく、とても楽しめたようです。 ワタシもひとつ作ってみました。 計2本使い、1本は円にして、もう1本は持ち手に。 口でフーッとふいてシャボン玉を作ったり、腕を動かしてシャボン玉を作ったりして、このモールも楽しめたとのこと。 2種類つくりました。 1つは、子供がチョキっと 先端にハサミで切り込みを入れたもの。

次の