あむ 子 の 日常。 あむあみの日常アニメレビュー

あむるむぅんさんのプロフィールページ

あむ 子 の 日常

こんばんは、あむあみです。 今回はタイトル通り癒される日常系アニメで、これは是非推したい!と思ったアニメをランキング形式で紹介していこうと思います。 「ドタバタ度」「」「癒し度」「完成度」「百合度」の5つの基準をつけたので、これで大体どの様なアニメか推測できると思います。 星が多ければ良いというわけではないです。 制作がとあって、作画がに似ています。 とにかく出てくるキャラみんな可愛いし、癒されます。 ギャグというよりは日常の美しさを描いている作品です。 注意する点としては若干の恋愛要素があるので苦手な方は他の日常系アニメを見た方が良いでしょう。 主人公のあおいとひなたの関係性がとても良い。 ただし登山はガチで普通に富士山に登ったりしています。 基本的には日常的な穏やかな空気の中でちょっとしたギャグなどを挟んでいくスタイルですが、主人公の心のマイナスな気持ちや、すれ違いなども一部しっかりと描写されていて、そういうところまで受け止める覚悟で見る必要があります。 3期までありますが、個人的には2期のOP、3期のEDが神です。 かなりギャグのテンポが速く、見ていて飽きません。 あかりは陰が薄いことが個性?で、1期2期では大分そのことをいじられあかり=不憫な子みたいな感じになっていて、個人的にはちょっと可哀想だなぁと思ってしまっていました。 が、3期になるとあかりにもきちんとスポットライトが当たりますので一期の1話で切ってしまった人は3期から見てみるのも手かと思います。 個人的には3期がぶっちぎりで見ていて癒される ちなみにタイトルにもある通り若干百合要素がありますが、あまり慣れていない方が見ても大丈夫なレベルです。 とにかくテンポの速いギャグがバンバン出る日常系を見たいときはコレ。 一期の1話を10分程度見れば分かることですが、ガチ百合です ただし、ガチ百合の中では耐性のない人でも見やすいアニメだと思います。 おそらく本気の恋愛感情以前に友達としての厚い信頼関係を感じさせられるからだと思います。 百合以外の要素としては至って平凡な学園日常モノといった感じです。 ただ学校が間もなく廃校とか、2、3階はあるベランダの間と間を重力を無視して飛んだりと大分めちゃくちゃな設定もあったりします… とにかく女の子同士の平和?な日常を見たいならオススメです。 白夜は実はイッヌという設定がありますが決してバッドエンドとかにはならないのでご安心を。 また、若干のラ要素があるのでご注意を。 ギャグのテンポが心地よく、ガッツリとじゃない、ちょっとしたラを見たいときこのアニメはぴったりだと思います。 は主人公のしのとアリス、陽子、綾、カレンのささやかなやりとりや学校での会話などをギャグを織り交ぜながら描いています。 一人一人しっかりとスポットライトが当たっていて、優しい世界感、安定した作画など、とにかく日常系アニメとしての完成度の高さに驚かされます。 また、特筆すべき点としては日本とイギリスの異文化交流もしっかりと描かれているという点です。 他のアニメではあまり見られない英語シーンなどもあり、そこがまた面白い。 癒されたい人、ゆるーい百合 というよりも友情に近い を見たい人、どの日常系アニメから入っていいかわからない人などかなり多くの人に自信を持ってオススメできる作品です。 主人公のチノ、ココア、リゼ、シャロ、チヤを中心にゆるやかな日常がゆるーく続きます。 日常系アニメのなかでもかなりの緩さで、頭を空っぽにして見ることができます。 特筆すべき点としては、学校内の描写がほとんどなく、喫内の描写、或いは外での描写がメインであるということが挙げられると思います。 学校の描写が入ってしまうとリアルな感じが増しますが、は現実を一旦完全に切り離し、この世界に引き込んでくれるのです。 とにかく頭を空にして癒されたい、又は日常系アニメ初心者という人にまずオススメできるかなぁと思います。 舞台は、主人公は魔女の真琴。 幼馴染の圭、圭の妹の千夏、真琴の姉がメインで繰り広げられるゆるーい日常が描かれています。 魔女といっても、魔法でドンパチやるわけではなく、魔女要素はほぼ無いです。 このアニメの特徴はとにかく「美しい」日常であるという点。 本当にささいなやりとりや、ちょっとした会話からも綺麗な背景やbgmと相まって日々のありがたさや、なんというか癒しパワーの様なものを受け取れます。 きっと見た後に心が穏やかになっているのを感じ取れると思います。 今まである程度日常系アニメを見てきた人や、次に何を見たらいいか迷っている人、とにかく癒されたい人などにオススメです。 出てくる女の子みんな可愛く、背景もとても綺麗です。 ギャグもそれなりあって、見ていて飽きません。 の30分は体感5分〜10分で過ぎていくと言ってもいいくらいあっという間に時間が経っています。 に並ぶ個人的日常系アニメ入門筆頭格。 田舎が舞台とあって、穏やかな感じがとても伝わってきます。 背景がめちゃくちゃ綺麗で、この背景と音楽で魅せてくる感じが最高に癒されます。 ヒロイン同士のささやかな会話ややりとりからも癒しパワーをガッツリ受け取れることでしょう。 とにかくいいよ!って思わず勧めたくなるアニメです。 ーーーーーーーーーー 如何だったでしょうか。 ランキングにしましたが、どれも甲乙つけがたい良いアニメです。 見たことない作品があったら参考になったら嬉しいです。 ではまたどこかで! amuami こんばんは、あむあみです。 今回はアニメ「」の感想を述べて行こうと思います。 では行きましょう! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 基本的に主人公が魔女であるということ以外はいたって日常の描写が続きます。 全てが優しい世界で、その日常の尊さを美しく描いた作品だと僕は思います。 良くも悪くも日常を忠実に描いているので、ギャグが少なめだったり、百合要素や恋愛要素は一切なかったりと 他の日常系とは一線を画した作品だなぁと感じました。 また、魔女といっても魔法でどんぱちやるとかそんなことはなく、主人公が使う魔法は箒で空を飛ぶぐらい それも3話に一回あるかないかペース です。 なので魔法要素、魔女要素はかなり薄い、というか実際はほぼ無いです笑 ドタバタギャグコメディというよりは、それよりもむしろ家族間、友達間でのおしゃべりやちょっとしたやりとり、少し変わった来訪者との掛け合いなどほのぼのとした空気感をメインに物語は進行していきます。 ただしギャグ要素や百合要素がはほぼ無いので、あまりの日常の尊さに見ていて途中で急に切なくなったりもしました笑 僕だけかも 作画は萌え系のデザインではなく、に近い何かを感じました。 出てくる女の子はみんな可愛く、景色は綺麗です。 音楽はop,ed共に良曲です。 ストーリーは基本的に日常の穏やかなイベントが続き、日常系アニメとしてgood。 ただし本当にギャグが少ないので緩急も少なめとなっており、一気に見すぎるときついなとも感じました。 また、このアニメの特筆すべき点として、メインヒロインの一人のケイ君 青年です が挙げられると思います。 この子、普通にイケメンで日常系アニメでは珍しい男の子キャラです。 ただ、僕はケイ君がいるからこそこのアニメの奥深さというか、安心感があるのではないかと感じました。 全く嫌味ではなく、男性に好かれる男性という感じが本当に良い。 ケイ君の声優さんもはまり役だと感じました。 これが一つの日常系アニメにおける男キャラの答なのではないでしょうか、というくらいに良いキャラでした。 長くなってしまいましたが、全体的にとにかく美しい日常系アニメ、という感想です。 個人的にはこのアニメ、とてもとても好きで5周はしました。 ある程度日常系アニメを見てきて、次見るものを迷っている方にとてもオススメです。 では今回はこの辺りで! amuami こんばんは、あむあみです。 今回はという神アニメを紹介しようと思います。 では行きましょう! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 概要 高校生の女の子達が山のふもとなどでゆるーくおしゃべりをしたり食べ物を食べたりしながらキャンプをするアニメです。 ただ、ずっとアウトドアというわけではなく学校や家の中、バイト先などでの日常のシーンもふんだんに盛り込まれています。 キャンプの中身はゆったり景色を見たり、温泉に入ったり…と本当にまったりとしています。 登山などのハードな描写はほぼなく、女の子達のほんわかとした雰囲気を楽しめます。 とにかく完成度が非常に高いと感じました。 あまり日常系アニメを見たことがなく、何から見たらいいかわからないという方にもオススメですね。 作画は安定して良く、音楽も素敵です。 女の子同士で何かゴタゴタなどがあるわけでもなく、平和な世界なのも日常系として高評価です。 それでもさほど気になるほどではありませんが 第3話ぐらい以降は一瞬で12話まで見終わってしまっていました。 それ以外には全く非の打ち所がないですね…まったりのんびり、というのがぴったりです。 是非是非見たことない人は見てみてください、きっと日々疲れた社会の中の癒しのひと時となると思います。 ではまた! amuami.

次の

あむ的日常

あむ 子 の 日常

今日の小学生活動の様子です! 久しぶりに五天山公園に遊びに行って来ました。 まずはどこで遊びたいかを、地図で確認してから出発!! 自分のいる場所をしっかり理解していました。 見晴台まで行きたい!!ということで、階段を上り始め… 「何段あるか登りながら数えてみよう!」と子ども達。 なんと176段 ? あったようです! 職員は息切れ… 子ども達の体力は凄いですね 見晴らし台からの景色を堪能した後は、ホタルが生息している道へ。 夜に見られるようですよ 池ではカモを発見 しばらくカモの様子を観察していました。 水車小屋では、かつて五天山公園の地域では水車がたくさんあり、 お米を作っていたことが分かりました! 水車について学ぶ良い機会となりました 広場では、サッカーをしたり、縄跳びをしたりと思いっきり身体を動かしましたよ にこぱに戻ってきてからは、ゆっくり休み充電完了 お手玉投げゲームとストラックアウトをしました。 よーく的を狙って投げる!距離間や力加減を同時に処理する力が試されます。 お友達同士で声を掛け合いながら、盛り上がっていましたよ 朝からたくさん身体を動かしたので、帰りには全員「………。 」 来週からまた元気ににこぱに来てね しばた 今日の札幌は とっても良い天気でした 密集や高温をさけるため 活動開始1番を旭山公園にしました。 人も少なく 遊歩道はとっても良い気持ちで 虫さがしや東屋でのビー玉探しなどを 楽しんだり、階段では懐かしい チヨコレイト・パイナップルなど全員で 何度もジャンケンをしながら降りました 行き交う人と『こんにちわ』と、素敵に 挨拶を交わしていましたよ 公園では、しゃぼん玉をしました。 マスクをしての高温の場所では危険なので、今日は 鬼ごっこは禁止としました。 最後は展望台に行き、晴れ渡った 札幌の町並みをみんなで見て 気持ち良かったですよ にこぱに戻り、 昼食後は、アトラクションの準備 まずは、アトラクションで使う 割り箸鉄砲を作成 その後は各アトラクションに挑戦 6個のアトラクションに挑戦しましたよ そして最後は・・・ 鏡に映る自分の顔に ビックリ!! 今日のアトラクションは、キャスター付き椅子に座ったまま 大人が椅子を押して、座ったままで 上肢を使うアトラクションを考えました 力加減や的を捉える等 座ったままでどのように上肢を使って楽しめるか を考えた課題です。 タッチされた人が鬼に変わるのですが、タッチされる前に「バリアー!!」と 言うと、10秒間猶予の時間が与えられるといったルールでした。 子ども達の発想はとっても豊かです ルールをしっかり確認してたっぷり体を動かしてきました お休みの日にはぜひお父さん・お母さんも一緒に公園で子どもと一緒に『鬼ごっこ』をしてみてはいかがでしょうか? とっても良い運動になりますよ〜 しばた 幼児さんの活動は 紙粘土で、 お寿司を作りをしました。 好きなお寿司の話をしながら 導入の絵本や見本を見ながらイメージを膨らまし どう作ったらできるのか各々工夫をしていたこどもたち! わさびたっぷりのにぎり寿司や 自分の好きなネタを使って握っていましたよ しゃりにネタをのせて締めの握りを行う時も お寿司屋さんさながらの見事な手つきを見せてくれました 粘土でお寿司を作ったあとは・・・ 作ったお寿司とプラレールを使った回転寿司屋さんでお店屋さんごっこをしました お寿司屋さん役は「はちまき」と「はっぴ」を装着して 「いらっしゃいませ」「なににしますか?」と声をかけることを積み重ねています。 お客さん役は「お財布」と「お買い物券」を持ち、1人何個買えるのか確認してからお買い物をスタートしています。 絵本を見たり、遊びの中でイメージ力が伸びていくようにこぱでは日々の療育に取り組んでいます。 手順書を見ながら、 まずは、型紙を使って線を引き 一つ一つ確認しながら作りました。 なかなか難しく『先生手伝って!!』の 連呼でしたが、根気よく取り組んでいましたよ 型紙はにこぱにありますので 作ってみたい方は、スタッフにお声をかけてください。 カワイイマスクが出来上がりました。 物作りは、視覚支援を上手に使いながら 楽しんでいます。 おの 緊急事態宣言が長期になり お家の中での過ごし方も 難しくなっていきたのではないでしょうか? 明日からの週末も、お天気が良くないようです。 そこで お家の中で過ごすアイディアを2つ紹介します 先日、にこぱの子ども達は、宝探しに 大興奮していました。 お家の中でも、いろんなものを隠して楽しんだらどうでしょう お母さんが提示したカードと同じカードを見つける お父さんの提示したカードと同じ現物を見つける などなど、保護者の方々のアイディアで、もっと楽しくなるはず お子さんと相談して何を隠すか決めてもいいですね 小学生は、隠したカードに謎解きがあったり 計算問題があったり、漢字があったりしながら 宝探しゲームをすると楽しみながら 学ぶこともできます 遊んだ後はご褒美があると 盛り上がる事間違いなしです。 試してみてください 作ることが好きなお子さんとは 新聞や大きな紙で、マジックやマスキングテープを使って 街づくりや、電車の線路づくり、バス路線づくりなど 時間をかけてお子さんと一緒にものづくりを楽しんでみては いかがでしょうか もう少し我慢が続きそうですが。 お家の中でも、いろいろ工夫して お子さんと楽しんでみてください。 おの 今日はあり余っている体力の発散と体幹筋等のトレーニングを兼ねて タオル綱引きを楽しみました 用意するモノはタオル フェイスタオルやバスタオル のみ!!! 今日のルールはこどもたちと相談して決めました ・始まりの合図でスタート。 「よーい」でタオルを持ち、「ドン」で引っ張る ・ラインがマットの線を越したら勝敗が決まります。 また、ラインを越していなくても、タオルから手を離したとき ・おしりやや膝が床についてしまったときにも勝敗が決まります。 ・タオルから急に手を離さない。 運動遊びでは、楽しく体を動かすことが目的です 体を充分に動かした後は 静の活動です 今日は、雨をイメージして かわいいイレインコート(かっぱ)を作ります。 導入で、『ぽつ、ぽつ、ぽつ』のえ本を読んで 子ども達のイメージをつくってから制作です 制作は、子ども達に合わせて 手順書が作成されています。 一連の提示と2つ提示があります。 また、子ども達に合わせて課題も違います。 子ども達が安心して取り組めるよう 手順書を工夫し、大人と確認しながら、取り組み 『できた 』と達成できる笑顔がたくさん見られると良いな とニタニタしながら、手順書を作っています かわいい『かっぱ』ができました お家でも,保護者の方と一緒に 制作を楽しんでみてはどうでしょうか おの 今日の小学生の活動の様子です。 自由遊びの一部の様子ですが、なにやらカードゲームに夢中な男の子だち 実はこつこつとカードを手作りしていたのが完成し、ようやく今日ゲームをすることが出来て、とっても楽しそうに遊んでいましたよ そして、今日の活動は作ってお化け退治 お化けの色を塗ったり、怖い怪物を書いて的当ての的に! いざ!お化け退治的当てゲーム開始!! ボールをお化けの的に当てるのに、どの距離でどう投げたら多く倒せるのか? 試行錯誤しながら、ゲームを楽しんでいました。 もう一つはお化け退治輪投げゲーム!! 輪投げの輪から手作りしましたよ なかなか輪が入らず、「難しい〜!!」と言いながらも、お友達が入ると「すごいね!」と褒めることが出来る小学生!素敵です お家でも新聞紙やトイレットペーパーの芯や空き箱を使い、的当てや輪投げも出来るので、ぜひお休みの日に挑戦してみて下さい しばた.

次の

耐え子の日常|シティリビングWeb

あむ 子 の 日常

こんばんは、あむあみです。 今回はタイトル通り癒される日常系アニメで、これは是非推したい!と思ったアニメをランキング形式で紹介していこうと思います。 「ドタバタ度」「」「癒し度」「完成度」「百合度」の5つの基準をつけたので、これで大体どの様なアニメか推測できると思います。 星が多ければ良いというわけではないです。 制作がとあって、作画がに似ています。 とにかく出てくるキャラみんな可愛いし、癒されます。 ギャグというよりは日常の美しさを描いている作品です。 注意する点としては若干の恋愛要素があるので苦手な方は他の日常系アニメを見た方が良いでしょう。 主人公のあおいとひなたの関係性がとても良い。 ただし登山はガチで普通に富士山に登ったりしています。 基本的には日常的な穏やかな空気の中でちょっとしたギャグなどを挟んでいくスタイルですが、主人公の心のマイナスな気持ちや、すれ違いなども一部しっかりと描写されていて、そういうところまで受け止める覚悟で見る必要があります。 3期までありますが、個人的には2期のOP、3期のEDが神です。 かなりギャグのテンポが速く、見ていて飽きません。 あかりは陰が薄いことが個性?で、1期2期では大分そのことをいじられあかり=不憫な子みたいな感じになっていて、個人的にはちょっと可哀想だなぁと思ってしまっていました。 が、3期になるとあかりにもきちんとスポットライトが当たりますので一期の1話で切ってしまった人は3期から見てみるのも手かと思います。 個人的には3期がぶっちぎりで見ていて癒される ちなみにタイトルにもある通り若干百合要素がありますが、あまり慣れていない方が見ても大丈夫なレベルです。 とにかくテンポの速いギャグがバンバン出る日常系を見たいときはコレ。 一期の1話を10分程度見れば分かることですが、ガチ百合です ただし、ガチ百合の中では耐性のない人でも見やすいアニメだと思います。 おそらく本気の恋愛感情以前に友達としての厚い信頼関係を感じさせられるからだと思います。 百合以外の要素としては至って平凡な学園日常モノといった感じです。 ただ学校が間もなく廃校とか、2、3階はあるベランダの間と間を重力を無視して飛んだりと大分めちゃくちゃな設定もあったりします… とにかく女の子同士の平和?な日常を見たいならオススメです。 白夜は実はイッヌという設定がありますが決してバッドエンドとかにはならないのでご安心を。 また、若干のラ要素があるのでご注意を。 ギャグのテンポが心地よく、ガッツリとじゃない、ちょっとしたラを見たいときこのアニメはぴったりだと思います。 は主人公のしのとアリス、陽子、綾、カレンのささやかなやりとりや学校での会話などをギャグを織り交ぜながら描いています。 一人一人しっかりとスポットライトが当たっていて、優しい世界感、安定した作画など、とにかく日常系アニメとしての完成度の高さに驚かされます。 また、特筆すべき点としては日本とイギリスの異文化交流もしっかりと描かれているという点です。 他のアニメではあまり見られない英語シーンなどもあり、そこがまた面白い。 癒されたい人、ゆるーい百合 というよりも友情に近い を見たい人、どの日常系アニメから入っていいかわからない人などかなり多くの人に自信を持ってオススメできる作品です。 主人公のチノ、ココア、リゼ、シャロ、チヤを中心にゆるやかな日常がゆるーく続きます。 日常系アニメのなかでもかなりの緩さで、頭を空っぽにして見ることができます。 特筆すべき点としては、学校内の描写がほとんどなく、喫内の描写、或いは外での描写がメインであるということが挙げられると思います。 学校の描写が入ってしまうとリアルな感じが増しますが、は現実を一旦完全に切り離し、この世界に引き込んでくれるのです。 とにかく頭を空にして癒されたい、又は日常系アニメ初心者という人にまずオススメできるかなぁと思います。 舞台は、主人公は魔女の真琴。 幼馴染の圭、圭の妹の千夏、真琴の姉がメインで繰り広げられるゆるーい日常が描かれています。 魔女といっても、魔法でドンパチやるわけではなく、魔女要素はほぼ無いです。 このアニメの特徴はとにかく「美しい」日常であるという点。 本当にささいなやりとりや、ちょっとした会話からも綺麗な背景やbgmと相まって日々のありがたさや、なんというか癒しパワーの様なものを受け取れます。 きっと見た後に心が穏やかになっているのを感じ取れると思います。 今まである程度日常系アニメを見てきた人や、次に何を見たらいいか迷っている人、とにかく癒されたい人などにオススメです。 出てくる女の子みんな可愛く、背景もとても綺麗です。 ギャグもそれなりあって、見ていて飽きません。 の30分は体感5分〜10分で過ぎていくと言ってもいいくらいあっという間に時間が経っています。 に並ぶ個人的日常系アニメ入門筆頭格。 田舎が舞台とあって、穏やかな感じがとても伝わってきます。 背景がめちゃくちゃ綺麗で、この背景と音楽で魅せてくる感じが最高に癒されます。 ヒロイン同士のささやかな会話ややりとりからも癒しパワーをガッツリ受け取れることでしょう。 とにかくいいよ!って思わず勧めたくなるアニメです。 ーーーーーーーーーー 如何だったでしょうか。 ランキングにしましたが、どれも甲乙つけがたい良いアニメです。 見たことない作品があったら参考になったら嬉しいです。 ではまたどこかで! amuami こんばんは、あむあみです。 今回はアニメ「」の感想を述べて行こうと思います。 では行きましょう! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 基本的に主人公が魔女であるということ以外はいたって日常の描写が続きます。 全てが優しい世界で、その日常の尊さを美しく描いた作品だと僕は思います。 良くも悪くも日常を忠実に描いているので、ギャグが少なめだったり、百合要素や恋愛要素は一切なかったりと 他の日常系とは一線を画した作品だなぁと感じました。 また、魔女といっても魔法でどんぱちやるとかそんなことはなく、主人公が使う魔法は箒で空を飛ぶぐらい それも3話に一回あるかないかペース です。 なので魔法要素、魔女要素はかなり薄い、というか実際はほぼ無いです笑 ドタバタギャグコメディというよりは、それよりもむしろ家族間、友達間でのおしゃべりやちょっとしたやりとり、少し変わった来訪者との掛け合いなどほのぼのとした空気感をメインに物語は進行していきます。 ただしギャグ要素や百合要素がはほぼ無いので、あまりの日常の尊さに見ていて途中で急に切なくなったりもしました笑 僕だけかも 作画は萌え系のデザインではなく、に近い何かを感じました。 出てくる女の子はみんな可愛く、景色は綺麗です。 音楽はop,ed共に良曲です。 ストーリーは基本的に日常の穏やかなイベントが続き、日常系アニメとしてgood。 ただし本当にギャグが少ないので緩急も少なめとなっており、一気に見すぎるときついなとも感じました。 また、このアニメの特筆すべき点として、メインヒロインの一人のケイ君 青年です が挙げられると思います。 この子、普通にイケメンで日常系アニメでは珍しい男の子キャラです。 ただ、僕はケイ君がいるからこそこのアニメの奥深さというか、安心感があるのではないかと感じました。 全く嫌味ではなく、男性に好かれる男性という感じが本当に良い。 ケイ君の声優さんもはまり役だと感じました。 これが一つの日常系アニメにおける男キャラの答なのではないでしょうか、というくらいに良いキャラでした。 長くなってしまいましたが、全体的にとにかく美しい日常系アニメ、という感想です。 個人的にはこのアニメ、とてもとても好きで5周はしました。 ある程度日常系アニメを見てきて、次見るものを迷っている方にとてもオススメです。 では今回はこの辺りで! amuami こんばんは、あむあみです。 今回はという神アニメを紹介しようと思います。 では行きましょう! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 概要 高校生の女の子達が山のふもとなどでゆるーくおしゃべりをしたり食べ物を食べたりしながらキャンプをするアニメです。 ただ、ずっとアウトドアというわけではなく学校や家の中、バイト先などでの日常のシーンもふんだんに盛り込まれています。 キャンプの中身はゆったり景色を見たり、温泉に入ったり…と本当にまったりとしています。 登山などのハードな描写はほぼなく、女の子達のほんわかとした雰囲気を楽しめます。 とにかく完成度が非常に高いと感じました。 あまり日常系アニメを見たことがなく、何から見たらいいかわからないという方にもオススメですね。 作画は安定して良く、音楽も素敵です。 女の子同士で何かゴタゴタなどがあるわけでもなく、平和な世界なのも日常系として高評価です。 それでもさほど気になるほどではありませんが 第3話ぐらい以降は一瞬で12話まで見終わってしまっていました。 それ以外には全く非の打ち所がないですね…まったりのんびり、というのがぴったりです。 是非是非見たことない人は見てみてください、きっと日々疲れた社会の中の癒しのひと時となると思います。 ではまた! amuami.

次の