沖縄 感染状況。 感染状況をネットで可視化 沖縄コロナマップを公開 オキコム

新型コロナウイルスによる予約した沖縄旅行はどうする?沖縄県の感染者情報も!

沖縄 感染状況

沖縄県内の新型コロナウイルス感染症に関する発生状況や検査状況についてお知らせいたします。 患者情報については以下のページの報道提供資料をご確認ください。 沖縄県が4月13日に発表した沖縄県内における新型コロナウィルス感染症者発生状況を示すリストです。 令和2年4月13日14時現在の状況• 感染者数 72名• 県内検査状況 累計 822名 うち陽性 72名(上記感染者) うち陰性 750名• 居住地別では、 中部保健所内12名、 南部保健所内7名、 東京都4名、 那覇市29名、 沖縄市4名、 浦添市4名、 豊見城市3名、 宜野湾市3名、 南城市2名、 石垣市2名、 名護市1名、 うるま市1名、 糸満市1名、 2020年2月14日~4月13日までの約2ケ月間に72名の陽性感染者が発生したことになり、 沖縄県は感染者数別では全国46都道府県中、 16番目に多い地域になっています。 もう発生していない都道府県はありません。 1 東京都 2,158名 (緊急事態宣言指定都市) 2 大阪府 835名 (緊急事態宣言指定都市) 3 神奈川県 559名 (緊急事態宣言指定都市) 4 千葉県 486名 (緊急事態宣言指定都市) 5 埼玉県 430名 (緊急事態宣言指定都市) 6 兵庫県 384名 (緊急事態宣言指定都市) 7 福岡県 373名 (緊急事態宣言指定都市) 8 愛知県 336名 (独自での緊急事態宣言) 9 北海道 272名 (独自での 再緊急事態宣言) 10 京都 205名 (独自での緊急事態宣言) 11 石川県 121名 (独自での緊急事態宣言) 12 岐阜県 119名 (独自での緊急事態宣言) 13 茨木県 110名 14 福井県 92名 15 群馬県 90名 16 沖縄県 72名 17 広島県 65名 ~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~ 46 鳥取県 1名 全国の中で沖縄県の感染状況は上位であり、このままの増加スピードでは危うい位置にあります。 「沖縄・新型コロナの感染者数、緊急事態宣言の地域と似た推移たどる」の見出し2020. 11記事 沖縄タイムスの調べでは沖縄県の感染状況は福岡県の感染拡大経過に近いとの論評が有りました。 また、沖縄県の中で浦添市の感染者も4名と那覇市に次ぐ数で多い方です。 ところが幸いにも、県内には重傷者が現在はいない様です。 上記の状況を把握して頂き、感染防止にお役立てください。 災害を乗り越えるためには 「利他愛での助け合い」の他に勝るものはありません。 防災コミュニティ造りを浦添市から実践して行きましょう! これまで全国で起きた自然災害の被災者の方々は 全国から参加した ボランティアによって 救われたのです。 自助・共助・互助・公助の中で 直ぐに動いたのは 共助・互助を志す全国の ボランティアでした。 特に弱者にとっての被災ストレスは生きる力を奪う魔物です。 ところが、 天を仰いだストレスが、全国から参集した ボランティアの助け合い活動によって 感謝に変り、被災者は 生きる気力が蘇ったのです。 上記の感染状況を見て頂き、沖縄県民も油断できない状況にあって、いつ緊急事態宣言がなされるかも知れないことを踏まえながら、いざという時に沖縄には助け合いの輪が有るから大丈夫!乗り越えられるという 「防災コミュニティ= 結マールの輪」を 小規模 離島地域の様な 助け合いの島という自信と環境を取り戻し、来るかもしれない難局の「大峠」を乗り越えるために備えをましょう! 誰かが始めるのを待つのではなく、自分に何が出来るのか自問自答して頂き、各々の立場・環境で小さな取り組みからでも良いのです。 小さく始めて大きな活動に育てましょう! 皆が行えば浦添市民の助け合いの輪が必ず生まれます。 手を取り合い助け合う横のつながりを造るのです。 市民の皆さん!間近に迫った大難を小難に変える努力をしましょう!(笑顔で)今から さぁー始めましょう! 当サイトでは小さく始められた取り組みでも取り上げ、市民の皆さんに紹介し、応援いたします!どうぞ、始められたことを遠慮なくご連絡下さい。 小さなことでも取り上げて参ります! 「結マール防災コミュニティ」造りが成功 する コツ は 2つ しかありません! 「 コツ コツ 」とです!(笑) サイトメニューの 「その他」から 「問い合わせ」のコーナーでご連絡頂けますようお願い致します。 カテゴリー.

次の

新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

沖縄 感染状況

をまとめました。 も併せて更新しました。 (R2年7月16日)• をまとめました。 (R2年7月16日)• 新型コロナウイルス感染症に関して記者発表がありました。 (R2年3月26日)• インフルエンザの流行状況について記者発表がありました。 (R2年3月5日)• 新型コロナウイルス感染症に関して記者発表がありました。 (R2年2月27日)• 新型コロナウイルス感染症に関して記者発表がありました。 (R2年2月19日)• 新型コロナウイルス関連肺炎について記者発表がありました。 (R2年1月23日)• インフルエンザの流行状況について記者発表がありました。 (R2年1月8日)• 水痘(みずぼうそう)の流行について記者発表がありました。 (R01年12月27日)• のページを更新しました。 (R1年11月26日)• 記者発表がありました。 (R1年11月25日)• について記者発表がありました。 (R1年11月25日)• のページを更新しました。 (R1年11月25日)• について記者発表がありました。 (R1年11月1日)• 那覇市保健所管内でについて記者発表がありました。 (R1年9月12日)• について記者発表がありました。 (R1年9月11日)• について記者発表がありました。 (R1年9月4日) 感染症発生動向調査 週報・月報 ~速報~ 各地域の感染症発生動向については、地域を管轄する保健所へお問い合わせください。 届出対象疾患 警報・注意報発令基準 週報 2020年第28週(7月6日~7月12日) 定点把握疾患(5類感染症) 警報・注意報レベルに達した地域は以下のとおりです。 〔過去の週報グラフ〕 県内 全国・ ) 全数把握疾患(1~5類) 全数把握疾患の報告数 2020年第28週に新しく追加された疾患 累積報告数 疾患名 報告数 2020年第1~28週 一類 なし 0件 0 二類 結核 2件 (那覇市1件、北部1件) 195 三類 なし 0件 12 四類 レジオネラ症 1件 (南部1件) 11 五類 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 侵襲性肺炎球菌感染症 梅毒 1件 (南部1件) 2件 (北部1件、南部1件) 2件 (那覇市2件) 130 指定 なし 0件 145 計 8件 493件 その他、すべての全数把握対象疾患の報告数 2018年(平成30年)分データ 2018年12月末の速報値のデータです。 確定値ではありません。 定点把握 全数把握 2019年(平成31年、令和元年)分データ 2019年12月末の速報値のデータです。 確定値ではありません。

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(19日14時時点)

沖縄 感染状況

ソフトウエアなどを開発するオキコム(宜野湾市、小渡玠社長)は、沖縄県内の新型コロナウイルスの感染状況を地図やグラフで可視化した「沖縄コロナ感染状況マップ」をインターネットで公開している。 沖縄県が発表する感染情報を基に、どの地域で患者が発生しているかという分布や、患者の属性などの情報を地図に落とし込んだ。 入院治療と自宅療養それぞれの患者数の現状や、病床利用状況、感染経路、PCR検査数などもグラフ化し、最新の情報に随時更新している。 同社は地理情報システムの企画、開発などを行っている。 当真嗣昭システム開発部長は「県の発表資料には多くの情報が載っている。 これを視覚的にパッと見て分かるようにすれば、さまざまな分析ができると考えた」と話す。 患者が入院解除となったり、感染経路不明だった患者の感染経路が判明したりするなど、県から新たな情報が発表されるたびにマップも更新される。 新たな機能も連日追加している。 当真部長は「今は自治体がオープンデータ化しているし、ツールも進歩しているので、リアルタイムで細かく知ることができる。 状況把握に役立ててほしい」と期待した。

次の