ガチマッチ 結果 並び順。 はた坊@超まったりガチマッチだじょ!(@hatabow)

Splatoon/スプラトゥーン 最速攻略wiki

ガチマッチ 結果 並び順

2016年04月21日 11時15分 スプラトゥーン「ガチ盆まつり」詳細公開、みんなで踊る「ガチ盆踊り」やガチルール限定の「ガチ盆マッチ」を開催 インクを使ってステージをびちゃびちゃに塗りまくる任天堂Wii Uのゲーム「 」は、ユーザーからの熱い要望にこたえて追加アップデートが2016年夏まで配信されることが決定しており、さらに2016年4月29日・30日開催の では、ガチな奴らによる、ガチな奴らのための祭典「 ガチ盆まつり」というイベントが行われます。 超会議開催を約1週間後に控え、イカしまくりのガチ盆まつりの詳細が発表されています。 盆踊りの曲は、シオカラーズのヒット曲「シオカラ節」の原曲であり、全イカのDNAに刷り込まれているという「元祖正調塩辛節」。 盆踊りの振り付けを事前にマスターできる映像がYouTubeで公開されており、幼少期のシオカラーズが浴衣を着てキュートに踊る様子は必見です。 動画に加えて、手元で見ながら踊りを覚えるのに便利な振り付け表も用意されています。 ガチ盆踊りは超会議2016の2日間とも開催され、4月29日は16:00~振付練習、16:20~17:30が本番。 4月30日(土)は15:30~振付練習、15:40~16:30が本番となっています。 ガチ盆マッチに参加するには、スプラトゥーンブースで配布される抽選券「ガチ盆バンド」を受け取る必要があり、バンドに記載された番号で時間ごとに参加者を抽選で選ぶ仕組み。 ガチ盆バンドは、ゲーム内のインクと同様にとてもカラフル。 バンドを受け取ると、おまけとして「ガチ盆うちわ」ももらえるとのこと。 さらに、抽選に当選してガチ盆マッチに参加した人には、「ガチ盆手ぬぐい」もプレゼントされます。 ガチ盆マッチの詳しいルールは以下の通り。 時間によっては、ゲストとの対戦や協力戦になる場合もあり、イカ研究所の研究員も参戦予定だそうです。 とは違い、ヘッドホンやイヤホンが使用できない点には注意が必要。 ガチ盆マッチでは、キャラクターが装備するブキやギアを1分のセッティング時間の中で全て選択する必要があり、ブキはインクの射程距離順にソートされるとのこと。 また、ギアは、メインギアパワー順にソートされるようです。 ガチ盆マッチで使いたい装備を素早く選ぶために、以下の動画を見てイメージトレーニングしておくのもアリかも。 日時は4月29日15:15から、8ホール超音楽祭ステージで行われる予定。 なお、闘会議2016で行われたシオカラーズによるライブの様子は、以下の記事に詳しく載っています。 いずれも数に限りがあるため、なる早で物販ブースに向かうのがオススメとのこと。 ニコニコ超会議2016のスプラトゥーンイベントのスケジュールは以下の通り。 ・おまけ 任天堂のスマートフォン用ゲーム「Miitomo」の衣装に、スプラトゥーンのガール&ボーイが登場していて、Miiをイカした衣装に着替えさせることが可能となっています。 「Miitomo」では、ショップや「おとしてMii」などの景品としても、Splatoonのアイテムがゲットできるようになるそうだ。 4月27日からの期間限定なので、お忘れなく! — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP.

次の

スプラトゥーン「ガチ盆まつり」詳細公開、みんなで踊る「ガチ盆踊り」やガチルール限定の「ガチ盆マッチ」を開催

ガチマッチ 結果 並び順

ガチマッチとは• 勝っても負けても「ウデマエ」が変化しない「(レギュラーマッチ)」とは別のルールで対戦し、その勝ち負けによって「ウデマエ」という指標が上下するモード。 自分のランクが「10」になると解放され、参加できるようになる。 「ガチマッチ」では4対4の2チームに分かれて戦う「」「」「」「」の4ルールがあり、2時間ごとにあそべるルールとステージが変化する。 「ガチマッチ」のステージは「」と同様だが、一部の構造がナワバリバトルとは異なっている。 勝敗結果画面の並び順(リザルトの順番)• 前作では過去10試合の勝数が多い順だったが、スプラ2では、「直近32戦の勝ち数」から「直近32戦の負け数」を引いた値順に並んでいる• 数値はマッチング時点の直近32戦の数値が使われている(リザルト表示タイミング、今行われた試合の結果は考慮されていない)• 直近32試合は「ブキ」「ルール」別• 一般ユーザーが開発したアプリ「イカウィジェット2」を使うと、この数字を確認できます ウデマエ 「ガチマッチ」のルールごとのウデマエを表す指標。 チームが勝てば上がり、チームが負ければ下がる。 最初は「C-」からはじまり、バトルで勝利するとウデマエメーターがたまっていく。 これを満タンにするとひとつ上の「ウデマエ」に昇格する。 今回は、各ガチマッチのルール毎に「ウデマエ」が用意されており、基本的には自分と同じ「ウデマエ」の人とマッチングする。 また、内部的にガチパワー(後述)というパラメータも用意されている。 同じウデマエ、かつ近いガチパワー同士がマッチングするとのこと。 よりもさらに細かい単位での実力を推定したものが「ガチパワー」。 「ガチマッチ」での勝敗で変化し、ある程度バトルに参加することで表示されるようになる。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【スプラトゥーン2】プレイ画面を前作WiiU版と徹底比較!

ガチマッチ 結果 並び順

スプラトゥーン甲子園2019の全国大会で使用率の高かったブキのギア構成についてそれぞれ一番採用数が多かった組合せをまとめました。 立ち回りやブキ選び・ギア構成検討の参考にして頂ければ幸いです。 このブキはデスされずに塗り続けることが大事な役割なのでリスクをとって最前線で敵と打ち合うよりもクイックボムを投げて前線の味方をフォローすることが重視されます。 その中でもこのサブ性能を採用することで飛距離が伸び、味方をフォローできる範囲を増やせるのでこのブキでの立ち回りでは必須級のギアになっています。 残り1分以内の攻防対策 ガチマッチとの採用ギアの違いで特に特徴的なのが「ラストスパート」です。 また、「スペシャル減少量ダウン」の採用も多いですが、これはナワバリバトルにおける残り1分の攻防がとても重要であることを裏打ちするものになっています。 採用ブキとの関係を見るとスプラマニューバーベッチューのような前線をしっかり維持しながら残り1分以内に直接キルを狙いに行くものは「ラストスパート」を採用。 シャープマーカーネオのようにラストでしっかりタイミングをみてスペシャルを使って盤面の塗りやアドバンテージを狙っていく場合は「スペシャル減少量ダウン」を採用しています。 各ブキのギア構成 甲子園ルールでのギア枠はメインスロットのみです。 下記のギア構成はこのメインスロットに採用されたギアの組合で一致するものを集計しています。

次の