ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿 アニメ 動画。 ロード・エルメロイII世の事件簿アニメ続編2期の可能性は?放送日と内容を予想|漫画最新刊の発売日と続き速報

【アニメ】ロード・エルメロイII世の事件簿

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿 アニメ 動画

1話:墓守と猫と魔術師 時計塔の君主(ロード)のひとりであり現代魔術科の学部長、ロード・エルメロイ2世は今日も個性豊かな生徒たちに向け授業を行っていた。 彼は授業後に時計塔の会議を終え、権力闘争に明け暮れる君主たちに対して悪態をつくが、それによる呪詛返しを食らってしまう。 翌日、内弟子のグレイとの移動中、最近自室に寄り付いている野良猫が車にはねられているのを目撃する。 彼はそれがロード・エルメロイ2世の命を狙ってのことであると気付き、グレイ、フラット、スヴィンとともに犯人探しを開始する。 2話:バビロンと刑死者と王の記憶 冬木で行われた第四次聖杯戦争に参加し生き残った少年、ウェイバー・ベルベット。 聖杯戦争から3年後、彼は師ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの義妹、ライネス・エルメロイ・アーチゾルテから突然の招待を受ける。 ライネスは、彼にその理由を問い詰めるのだが、ウェイバーが渋々と語り出したのは、聖杯戦争後にバビロンを訪れた際の一幕。 イスカンダルの最期を看取ったとも言われるその街で事件に巻き込まれたという彼は、級友メルヴィン・ウェインズとの再会を果たす。 3話:七つの星と永遠の檻 ライネスとメルヴィンからロード・エルメロイ2世に難題が持ちかけられる。 メアリは天体科を統べるアニムスフィア家の一門、ファーゴ家の一人娘。 かつての恩師の力を必要としたメアリに応じ、ファーゴ邸を訪れたロード・エルメロイ2世とグレイが目にしたのは、メアリの父、アーネスト・ファーゴのバラバラ死体。 天体科の伝統から外れ、現代魔術の様相を呈しているという犯行現場に対し、解明に乗り出したロード・エルメロイ2世。 4話:雷鳴と地下迷宮 教室で騒がしく繰り広げられるのはいつもの光景…と思いきやロード・エルメロイ2世の様子がおかしい。 ルヴィアがグレイにその理由を尋ねると、お気に入りの喫茶店が休業状態になったためだと説明する。 ロード・エルメロイ2世はこのままでは仕事が捗らないと喫茶店へ事情を聞きに向かったが、調査に入った地下水道で不気味な影に襲われてしまう。 調査から一向に戻らない彼を心配したグレイは、フラットとスヴィンに助けを求めた。 5話:工房と塚と死霊魔術師 降霊科の重鎮、ウィルズ一級講師。 彼の父トレヴァー卿は、荒野全域を魔術工房とするマーベリー工房を所有する。 しかし暴走し、トレヴァー卿も含め多数の犠牲者が出てしまい、手の施しようがない状態になってしまった工房。 聖杯戦争への参加のため、降霊科に協力を求めているロード・エルメロイ2世は、この一件の解決を仕方なく引き受ける。 しかし、屋敷へとたどり着いた一行を時計塔内部の調査・執行を行う法制科の化野菱理が待ち受ける。 6話:最果ての槍と妖精眼 マーベリー工房での調査が進む中、落雷により新たな犠牲者が生まれていた。 ロード・エルメロイ2世と化野菱理は、改めてこの事件の犯人が誰かで対立する。 グレイの魔術礼装にブラックドックが反応した。 それをきっかけに、ある結論を導き出したロード・エルメロイ2世。 マーベリー工房に集った魔術師たちの力を借りて儀式の準備を開始する。 7話:少女とデパートとプレゼント ある穏やかな日だった。 グレイは一人、ライネスのもとへと足を運んでいた。 慣れない百貨店でのショッピングで、ライネスに翻弄されるがままのグレイ。 さらに途中でルヴィアと偶然出会い、女子三人でのお茶会が始まった…。 ロード・エルメロイ2世とグレイはカウレスを伴い、魔眼蒐集列車へと向かう。 しかしそこにいたのは法政科の化野菱理、エルメロイ教室のイヴェット、天体科の君主の娘オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア、さらには聖堂教会のカラボー・フランプトンといった錚々たる顔ぶれであった。 事件の捜査に乗り出したロード・エルメロイ2世に対し、魔術師らしからぬ彼の在り方に対して疑問を抱くオルガマリー。 一方で、ライネスの命を受けた獅子劫とルヴィアは独自の捜査を進めていく。 再び走り出した魔眼蒐集列車でロード・エルメロイ2世たちの前に突如現れた人物がいた。 世に懸命な治療をおこなう中、マスターの姿が見えないサーヴァントの存在に疑問を持つグレイたち。 ロンドンで調査を進める獅子劫たちはジャンマリオ・スピネッラのもとを訪れ、7年前に起きた連続殺人事件について尋ねる。 しかし彼らは雪崩に巻き込まれ、休戦を余儀なくされてしまう。 二人は一時的に矛を収める中で主従の関係について、互いの在り方を語っていた。 獅子劫とルヴィアは、トリシャが7年前の連続殺人と聖杯戦争について調べていたことを突き止め、魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)との繋がりを見出していく。 グレイの証言からトリシャ殺害の真犯人の糸口を見出した彼は、メルヴィンに魔眼オークションの開始を遅らせる依頼をする。 オルガマリーに協力を要請し、化野の推理を覆す決定的な証拠を掴むことが目的だった。 一方ロンドンでは獅子劫がフラットとスヴィンを集め、とある準備を進めていた。 魔眼オークションを中断し推理を披露するロード・エルメロイ2世のもとに、ロンドンにいたはずのライネスも駆け付ける。 彼女が連れてきたのはカウレス・フォルヴェッジ本人で、ここまで魔眼蒐集列車で同行していたのは真犯人が化けていた偽のカウレスだった。 果たしてロード・エルメロイII世の口から語られる真犯人の名前とは…。 14話:時計塔と日常と未来への第一歩 魔眼蒐集列車の事件から数日後。 現代魔術科ではスヴィンの典位昇格の儀式が厳かに行われていた。 10代の若さで典位への昇格を成し遂げた教え子の姿を、万感の思いで見つめるロード・エルメロイ2世。 そんな中グレイは、クリスマスが迫り賑やかさを増す街中でメルヴィンと出会う。

次の

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿アニメ面白い?つまらない?感想口コミ評判!fateファンの反応は!

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿 アニメ 動画

1話:墓守と猫と魔術師 時計塔の君主(ロード)のひとりであり現代魔術科の学部長、ロード・エルメロイ2世は今日も個性豊かな生徒たちに向け授業を行っていた。 彼は授業後に時計塔の会議を終え、権力闘争に明け暮れる君主たちに対して悪態をつくが、それによる呪詛返しを食らってしまう。 翌日、内弟子のグレイとの移動中、最近自室に寄り付いている野良猫が車にはねられているのを目撃する。 彼はそれがロード・エルメロイ2世の命を狙ってのことであると気付き、グレイ、フラット、スヴィンとともに犯人探しを開始する。 2話:バビロンと刑死者と王の記憶 冬木で行われた第四次聖杯戦争に参加し生き残った少年、ウェイバー・ベルベット。 聖杯戦争から3年後、彼は師ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの義妹、ライネス・エルメロイ・アーチゾルテから突然の招待を受ける。 ライネスは、彼にその理由を問い詰めるのだが、ウェイバーが渋々と語り出したのは、聖杯戦争後にバビロンを訪れた際の一幕。 イスカンダルの最期を看取ったとも言われるその街で事件に巻き込まれたという彼は、級友メルヴィン・ウェインズとの再会を果たす。 3話:七つの星と永遠の檻 ライネスとメルヴィンからロード・エルメロイ2世に難題が持ちかけられる。 メアリは天体科を統べるアニムスフィア家の一門、ファーゴ家の一人娘。 かつての恩師の力を必要としたメアリに応じ、ファーゴ邸を訪れたロード・エルメロイ2世とグレイが目にしたのは、メアリの父、アーネスト・ファーゴのバラバラ死体。 天体科の伝統から外れ、現代魔術の様相を呈しているという犯行現場に対し、解明に乗り出したロード・エルメロイ2世。 4話:雷鳴と地下迷宮 教室で騒がしく繰り広げられるのはいつもの光景…と思いきやロード・エルメロイ2世の様子がおかしい。 ルヴィアがグレイにその理由を尋ねると、お気に入りの喫茶店が休業状態になったためだと説明する。 ロード・エルメロイ2世はこのままでは仕事が捗らないと喫茶店へ事情を聞きに向かったが、調査に入った地下水道で不気味な影に襲われてしまう。 調査から一向に戻らない彼を心配したグレイは、フラットとスヴィンに助けを求めた。 5話:工房と塚と死霊魔術師 降霊科の重鎮、ウィルズ一級講師。 彼の父トレヴァー卿は、荒野全域を魔術工房とするマーベリー工房を所有する。 しかし暴走し、トレヴァー卿も含め多数の犠牲者が出てしまい、手の施しようがない状態になってしまった工房。 聖杯戦争への参加のため、降霊科に協力を求めているロード・エルメロイ2世は、この一件の解決を仕方なく引き受ける。 しかし、屋敷へとたどり着いた一行を時計塔内部の調査・執行を行う法制科の化野菱理が待ち受ける。 6話:最果ての槍と妖精眼 マーベリー工房での調査が進む中、落雷により新たな犠牲者が生まれていた。 ロード・エルメロイ2世と化野菱理は、改めてこの事件の犯人が誰かで対立する。 グレイの魔術礼装にブラックドックが反応した。 それをきっかけに、ある結論を導き出したロード・エルメロイ2世。 マーベリー工房に集った魔術師たちの力を借りて儀式の準備を開始する。 7話:少女とデパートとプレゼント ある穏やかな日だった。 グレイは一人、ライネスのもとへと足を運んでいた。 慣れない百貨店でのショッピングで、ライネスに翻弄されるがままのグレイ。 さらに途中でルヴィアと偶然出会い、女子三人でのお茶会が始まった…。 ロード・エルメロイ2世とグレイはカウレスを伴い、魔眼蒐集列車へと向かう。 しかしそこにいたのは法政科の化野菱理、エルメロイ教室のイヴェット、天体科の君主の娘オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア、さらには聖堂教会のカラボー・フランプトンといった錚々たる顔ぶれであった。 事件の捜査に乗り出したロード・エルメロイ2世に対し、魔術師らしからぬ彼の在り方に対して疑問を抱くオルガマリー。 一方で、ライネスの命を受けた獅子劫とルヴィアは独自の捜査を進めていく。 再び走り出した魔眼蒐集列車でロード・エルメロイ2世たちの前に突如現れた人物がいた。 世に懸命な治療をおこなう中、マスターの姿が見えないサーヴァントの存在に疑問を持つグレイたち。 ロンドンで調査を進める獅子劫たちはジャンマリオ・スピネッラのもとを訪れ、7年前に起きた連続殺人事件について尋ねる。 しかし彼らは雪崩に巻き込まれ、休戦を余儀なくされてしまう。 二人は一時的に矛を収める中で主従の関係について、互いの在り方を語っていた。 獅子劫とルヴィアは、トリシャが7年前の連続殺人と聖杯戦争について調べていたことを突き止め、魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)との繋がりを見出していく。 グレイの証言からトリシャ殺害の真犯人の糸口を見出した彼は、メルヴィンに魔眼オークションの開始を遅らせる依頼をする。 オルガマリーに協力を要請し、化野の推理を覆す決定的な証拠を掴むことが目的だった。 一方ロンドンでは獅子劫がフラットとスヴィンを集め、とある準備を進めていた。 魔眼オークションを中断し推理を披露するロード・エルメロイ2世のもとに、ロンドンにいたはずのライネスも駆け付ける。 彼女が連れてきたのはカウレス・フォルヴェッジ本人で、ここまで魔眼蒐集列車で同行していたのは真犯人が化けていた偽のカウレスだった。 果たしてロード・エルメロイII世の口から語られる真犯人の名前とは…。 14話:時計塔と日常と未来への第一歩 魔眼蒐集列車の事件から数日後。 現代魔術科ではスヴィンの典位昇格の儀式が厳かに行われていた。 10代の若さで典位への昇格を成し遂げた教え子の姿を、万感の思いで見つめるロード・エルメロイ2世。 そんな中グレイは、クリスマスが迫り賑やかさを増す街中でメルヴィンと出会う。

次の

「ロード・エルメロイII世の事件簿」動画アニメ無料配信:1話2話から最終回までまとめて見れる動画配信サービス一覧

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿 アニメ 動画

・Fate/Zeroが好きなので楽しみにしていました。 Fate/Zeroであんなにナヨナヨしていたウェイバーが10年たってちゃんとした大人になっていて感慨深かったです。 絵がとにかく綺麗で、劇場版かと思うほどでした。 ぜひこの作画で最後まで頑張ってほしいです。 Fate/Zeroではあまり語られていなかった時計塔や魔術師の話がメインで、ミステリー要素が強いようなので最後まで飽きることなく楽しめそうだと思いました。 ・とにかく世界観が美しいと思いました。 作画が綺麗で、背景の細かいところまでよく作りこまれているのすごく好感でした。 特に少女キャラの可愛さに心奪われました。 グレイはもちろん可愛いけれど、ライネスの可愛さは予想以上で、ウェイバーを「お兄様」と呼ぶところは非常にキュートでした。 そしてそのウェイバーも可愛かったです。 回想中の少年ウェイバーがイラクでバイクに乗って逃げるシーンは最高でした。 お金を借りるために啖呵をきるところもかっこよかったです。 ・今期のアニメではトップレベルの作品だと思います。 「TYPE-MOON]関連の作品なので、作画がとても綺麗です。 脚本も凄く丁寧に仕上がっていて面白いです。 「Fate Zero]に登場したウェイバーべルベットを題材したスピンオフ作品と言うことですが、オリジナル作品としても十分満足できるレベルだと思います。 ストーリーの流れもスムーズで、感情移入しながら落ち着いて観れました。 これからの展開がとても楽しみです。 ・前シリーズも縁がなく観たことがなかったので、今作も最初から期待はしていなかったのですが、やっぱり個人の趣味・嗜好はあまり変わらないので一応チェックしてみて合わない作風だと思いました。 前シリーズがどういうものかを知らないので、入りから謎ばかりで前シリーズを観ていない人は置いてけぼりな作りで次回も観ようとそそるような内容ではなかったと思います。 どんな作品でもそうですが、いい意味でも悪い意味でも期待を裏切るような仕掛けがある作品は次回も観たいと思うので個人的には残念な作品だと思いました。 ・フェイトシリーズのスピンオフとの事ですが、私はフェイトシリーズ自体は見た事が無いのですが、すごく楽しめました。 「名前をわざと間違えたり、変えたりする事は呪いをかけてるみたいなものだ」みたいな事を言ってましたが、すごく印象に残る言葉でした。 そんな「魔術」や「呪い」に関する話が事件を呼び、その謎を解いていくストーリーかなと思っています。 ロード・エルメロイII世の猫とのコミカルな掛け合いは面白く楽しい。 が、猫が瀕死になってしまい、それを何とかしようとするツンデレ気味のロード・エルメロイII世、嫌なやつでは無いなと確信し、見続けようと思いました。 ・第4次聖杯戦争の延長線上の話であれば、やはりufotableが制作したほうが良いと思った。 ウェイバーやイスカンダル、ギルガメッシュの作画に違和感を感じた。 音楽も梶浦由記の良さがあまり出ておらず、この音楽なら別の誰かが作っても良かったのでは?と思ってしまった。 作画・音楽はイマイチだし、肝心のストーリーも面白いとは思わなかった。 後づけの設定多すぎだし、「とりあえずロリ出しておけばいい」みたいな感じを受けた。 しかしそれはこのアニメの1話ですぐに解決されます。 今までウェイバーにあまり興味のなかった私でも、彼への好感度が急上昇しました。 fateファン必見のアニメです。 ・私自身Fateシリーズが好きなこともあり今作のアニメを楽しみにしていました。 原作のほうには手を出せていませんがこれを機に読んでみたいと思っています。 FGO特番での事件簿0話の放送もありましたがあの時は驚きました。 そしてまさかアニメ化までになるとは想像もしていませんでした。 1話ではFate zero後のウェイバーの旅が描かれていて zeroの時からの成長もありウェイバーも世界を見てきたんだなあと思いました。

次の