ユニコード 変換。 Unicode、JISコード、Shift

文字コードの解析、変換(エンコード、デコード) / SEO、セキュリティ、調査ツール

ユニコード 変換

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 凡例 Unicode 1. 0 Unicode 1. 1 Unicode 2. 0 Unicode 2. 1 Unicode 3. 0 Unicode 3. 1 Unicode 3. 2 Unicode 4. 0 Unicode 4. 1 Unicode 5. 0 Unicode 5. 1 Unicode 5. 2 Unicode 6. 0 Unicode 6. 1 Unicode 6. 2 Unicode 6. 3 Unicode 7. 0 Unicode 8. 0 Unicode 9. 0 Unicode 10. 0 Unicode 11. 0 Unicode 12. 0 Unicode 12. 1 Unicode 13.

次の

WindowsでInternet Explorerを使って文字コードを変換する:Tech TIPS

ユニコード 変換

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 凡例 Unicode 1. 0 Unicode 1. 1 Unicode 2. 0 Unicode 2. 1 Unicode 3. 0 Unicode 3. 1 Unicode 3. 2 Unicode 4. 0 Unicode 4. 1 Unicode 5. 0 Unicode 5. 1 Unicode 5. 2 Unicode 6. 0 Unicode 6. 1 Unicode 6. 2 Unicode 6. 3 Unicode 7. 0 Unicode 8. 0 Unicode 9. 0 Unicode 10. 0 Unicode 11. 0 Unicode 12. 0 Unicode 12. 1 Unicode 13.

次の

C# 文字列を Unicode バイト列に変換する

ユニコード 変換

戻り値 cchWideChar に 0 以外の値を指定し、関数が成功すると、 lpWideCharStr が指すバッファに書き込まれたワイド文字の数が返ります。 cchWideChar に 0 を指定し、関数が成功すると、変換後の文字列を受け取るバッファに必要なサイズ ワイド文字数 が返ります。 関数が失敗すると、0 が返ります。 拡張エラー情報を取得するには、 GetLastError 関数を使います。 GetLastError 関数は、次のいずれかのエラーコードを返します。 システムにインストールされているコードページ、 またはシステムがサポートするコードページを指定することができます。 または、次のいずれかの定数を指定します。 構成済みワイド文字または合成ワイド文字のどちらに変換するか、 制御文字の代わりにグリフ文字を使うかどうか、無効な文字をどのように処理するかを指定します。 次のフラグ定数を組み合わせて指定することができます。 これが既定の変換方法です。 合成文字は、それぞれが異なる文字値を持つ基本文字と送りなし文字とで構成されます。 構成済み文字は、基本文字と送りなし文字の 1 つの組み合わせに 1 つの文字値が対応します。 e という文字の場合、e が基本文字で綴り字記号 アクサングラーブ が送りなし文字です。 関数の既定の動作は、構成済み形式への変換です。 構成済み形式が存在しない場合は合成形式への変換を試みます。 lpMultiByteStr 変換する文字列へのポインタを指定します。 cchMultiByte lpMultiByteStr が指す文字列のサイズをバイト単位で渡します。 -1 を指定すると、 文字列は NULL で終わっていると見なされ、長さが自動的に計算されます。 lpWideCharStr 変換後の文字列を受け取るバッファへのポインタを指定します。 cchWideChar lpWideCharStr が指すバッファのサイズをワイド文字数の単位で指定します。 0 を指定すると、必要なバッファのサイズ ワイド文字数 が返り、 lpWideCharStr が指すバッファは使われません。 解説 lpMultiByteStr と lpWideCharStr は同じにできません。 同じにすると、関数が失敗します。 また、文字列の中に先行バイトがあり、 DBCS 文字列の有効な後続バイトがない場合、その先行バイトを無効な文字と見なします。

次の