レアトレーナーカード。 世界に7枚しかない「ポケモンカード」約960万円で落札される

リーグカード

レアトレーナーカード

ネコポス• 送料100円~300円の段階制• 4,000円以上のお買い上げで送料無料!• 60枚以上のデッキシールドは6個まで入ります• 発送後およそ1日で、ご自宅のポストへ投函となります。 発送メールのお問合せ番号で、から配送状況を確認できます。 万が一の紛失時には補償あり(3000円まで) ゆうパケット• 全国一律300円!• シングルカードのみご利用いただけます。 高額商品のご購入は宅急便をご利用ください。 発送後1~2日で、ご自宅のポストへ投函となります。 発送メールのお問合せ番号で、から配送状況を確認できます。 商品の発送後、到着遅延・不着・紛失が発生した場合、当店では責任を負えません。 商品が届かない場合は、お客さまよりにお問い合わせください。

次の

レア買取|ポケモンカード高額価格査定の【買取コレクター】

レアトレーナーカード

コインの競売で有名なヘリテージオークションは、同オークションにて 『ポケモンカードゲーム』(以下、ポケモンカード)の レアカード「No. 1 トレーナー」が競売に掛けられ、手数料込みで 9万ドル(約960万円)で落札されたことを 保存状態の格付けは 格付けとしては最高の品質を保証するものとなる。 落札者については公表されていない。 (画像はより) 「No. 1 トレーナー」は、『ポケモンカード』の公式大会の優勝者に与えられたカード。 カードには 「ポケモンカードゲーム公式トーナメントの優勝者であることをここに認定し、その栄誉をたたえる。 このカードを所有する者は、シークレットスーパーバトル日本一決定戦への参加権があることを証明する」と書かれている。 シークレットスーパーバトル日本一決定戦は、1999年9月に都内で行われた。 トレーディングカードの格付けを行うPSAは、すでにこのカード7枚を全て その結果、最高クラスのGEM MINT 10は6枚、GEM MINT 9が1枚となっている。 (画像はより) 『ポケモンカード』の中でも、もっとも高価と言われているのが 「ピカチュウイラストレーター」だ。 2019年10月に22万4500ドル(約2400万円)という金額で落札されたと、海外メディア が報じている。 ヘリテージオークションの「No. 結果として金額で超えることはなかったが、投機としてみるとかなりお値打ち品だった可能性もある。 前述の「ピカチュウイラストレーター」は 2016年に5万5千ドル(約590万円)で落札されている。 同じものかどうかは不明とはいえ、わずか3年で4倍の価値に膨れ上がったといえる。 当時、 『ポケモンGO』の人気で『ポケモンカード』が値上がり傾向にあることが報告されていた。 4年後の2020年でも、『ポケモンGO』は相変わらず大人気だ。 数年後、驚くような価格で「No. 1 トレーナー」のカードが取り引きされているかもしれない。 ライター/.

次の

HRハイパーレア(SM)

レアトレーナーカード

曖昧さ回避 ・「」()のカードの種類の一つ。 ・『』の原作ゲーム内でのの所有物。 本項にて述べる。 概要 初登場は『』から。 名前、ID、獲得バッジ数、図鑑に登録されたポケモンの数、所持金、ゲームをスタートさせた日時、プレイ時間、 シナリオの クリア日時とそれまでの時間、通信交換した回数、通信対戦勝敗の回数と主人公の様々なデータが表示される。 ある一定のノルマをこなすごとに星が増えてゆき最終的にはブラックカードになる。 『』以降はカードの裏側に自身のサインを書く事が出来る。 『』では自己紹介のメッセージが表示画面から確認できるようになり、任意で主人公の性格を設定できるようになった。 『』では下画面はジムバッジの表示に割り振られたため、カードの裏側にサインを書くどころか裏返す事自体が出来なくなった他、上記のランクアップや性格設定も廃止された。 さらに今までは特定の街にいるNPCに話しかけないと変更できなかった肩書 ユニオンルームなどに入ると変わる主人公の姿。 ミニスカートなど もカード画面で直接変えられるようになった。 概ね過去作のものと同じだが、サインと自己紹介のメッセージを書く機能はオミットされている。 その代わり、ポージング・表情・カードの背景・カードの柄等を自分好みに細かくコーディネートできるようになった。 また、ファッションもちゃんと反映されるため、自分のキャラクターのファッションを他のプレイヤーに見せるということもできる。 こういった事情もあり、自由度の高さという点では寧ろ過去作と比べて向上していると言え、自分のキャラクターにどんな格好をさせるか、カードをどのようなデザインにするかを割と真剣に考えるプレイヤーは多い。 また、本作ではやたちも代わりにこのリーグカードを所持しており(やなど、トレーナーではない人物も所持しているケースがある)、バトルに勝つなどすると彼らからリーグカードを貰うことができる。 リーグカードには、 劇中では語られない設定や、物語の舞台裏等が書かれており、読んでみると意外に面白かったりする。 また、作中ではリーグカードは 一般向けにも販売されており、シュートシティスタジアム前の売店で土産物として売られている(なぜか主人公は買えない)ほか、ホップが数種類持っていて、主人公に分けてくれることがある。 さらに、殿堂入り後のストーリーを進めると、 レアリーグカードという追加のカードを貰うことができ、ライバルやジムリーダーたちをチャンピオントーナメントに招待することができるようになる()。 だけはストーリーを進めただけではレアリーグカードを手に入れられず、をモンスターボール級まで上げる(とどちらでもよい)とそこで初めてダンデからレアリーグカードを受け取ることができ、彼を招待可能になる。 …とは言っても、モンスターボール級昇格までの戦闘はたったの数回でそこまで時間はかからないし、そもそもモンスターボール級への昇格は厳選に必須となる ジャッジ機能を解放するための条件でもあるため、にとっては 「ジャッジ機能を解放しようとしたらついでにダンデのレアリーグカードももらえた」程度のハードルでしかない。 pixivにおけるトレーナーカード ジェネレータを用いた物 pokecharmsというサイトでオリジナルのポケモンカードを作ることが出来、このサイトで作られたものがアップロードされる事が多い。 最近は「トレーナーカードジェネレータ - TRAINER'S CARD GENERATOR」というサイトで作られたものがアップロードされる事が多い。

次の