サニー 池田 エライザ 大人 役。 池田エライザのカップとかわいい画像!水着姿がスタイル抜群! | SpicyでMintなLife!

【映画SUNNY】の大人が5人!?奈々の大人役は誰がやってるの?|おさるの空飛ぶリンゴの見つけ方!

サニー 池田 エライザ 大人 役

記事の目次• 日本リメイク版「SUNNY 強い気持ち強い愛」を見て感じた違和感は原作部分のカットが理由だった ぼくは、原作を知らずに日本リメイク版を先に見ました。 普通に楽しかったです。 なので、見てみるといいです! 日本リメイク版の感想は、こちらの記事から見れます。 ただ、どうしても映画を見ていると違和感というか…なんか展開が飛んで雑だなあって印象に感じました。 気になったので映画を見てから調べてみたら「え、SUNNYって原作があるじゃん!女の子なにも言わなかったやん…」ってなりました。 映画に誘ってきた女の子も原作があることを知らなかったみたいですが、映画は楽しかったようです。 よかったよかった。 で、気になったので原作の映画も見てみました。 日本リメイク版は、原作にかなり忠実に作られています。 大きなストーリーはほぼ同じです。 日本リメイク版を見ていても楽しく見れました! 原作はきちんと伏線があって、自然なストーリー展開になってました。 ということでこんな記事を書くことになりました。 原作「サニー 永遠の仲間たち」と「SUNNY 強い気持ち強い愛」のメンバー設定は違いはある? こちらは原作の人物について紹介していきます。 それぞれ原作と日本リメイク版で微妙には違ったりしますが、ここでは主要なメンバーのみを解説していきます。 原作 7人メンバーでラジオにハガキを投稿して名前をつけてもらう。 日本リメイク版 6人メンバーのうちの1人がダンスの練習中に軽いノリで「陽だまりみたいな感じでSUNNY!どう?よくない!?」って感じで決まる。 メンバーの人数は、原作では7人、日本リメイク版では、6人です。 メンバーを1人減らした理由は、物語的にそこまで支障が出ないのとキャスティング的な理由だと思いますね。 それとSUNNYに意味を持たせたかったんだろうと思います。 日本リメイク版でのSUNNYの隠された意味については下記の記事で解説しています。 原作では、7人でみんなでラジオを楽しみに待っていることから、名前を付けられます。 これから友情がさらに深まったことがわかります。 日本リメイク版では、コギャル的なノリで決めた感じを演出したかったのでしょうかね。 SUNNYという名前に愛着がそこまでできるのかな…って感じです。 SUNNYメンバーを捜索する経緯 原作 メンバーのチャンミが以前、旦那と借金取りから逃げたときに見つかった探偵に依頼をする。 日本リメイク版 奈美 篠原涼子 と梅 渡辺直美 が出会って、「探偵ってお金かかるからなあ…」と言って歩いているところにたまたま「激安」と書かれていて目に入った探偵事務所に依頼する。 原作では、チャンミが「昔、旦那と借金取りから逃げたときに見つけられたから腕は確かよ」と言って、探偵にメンバー捜索の依頼をします。 これで、チャンミの背景も見えるし人探しのために探偵に依頼をするという流れも自然ですよね。 日本リメイク版では、「どうやって探そうねー…」って言ってるところに急に探偵事務所って感じでちょっと無理やりな展開に感じちゃったんですよね。 SUNNYメンバーと対立するグループとの構造 原作 相手校に7人組グループ「少女時代」と対立している。 途中で相手チームと殴り合いみたいなのがコメディ的に始まる。 中盤くらいで学校内の1人がリーダーと仲が良かったが、シンナーが原因で喧嘩したことを知る。 日本リメイク版 学校内でメンバーと対立する3人組しかいない。 リーダーとそのうちの1人は昔仲が良かったことは序盤でわかる。 原因は薬物。 なんでいまの時代にわざわざ薬物中毒の設定にしたんだろうと思ったら原作がシンナー中毒だったので納得しました。 日本リメイク版では、かなりサイコな感じで妙にリアルで怖かったです。 演技すごかったです。 このリーダーと仲の良かった薬物中毒の子が事件のカギとなってくるんですが、原作では7人組グループもいるし物語の終盤まで隠れていたのでよかったですね。 リメイク版では、3人組しか対立するグループがいないのでなにかするんだろうなあ…って思ってたら案の定そのままそうなりました。 SUNNYメンバーの夫の浮気を知って復讐を決めたあとの展開 原作 ファン・ジニの旦那の浮気を知り、「復讐しようよ!あたしいまなんでもできるから!」ってリーダーの一言がきっかけで復讐することが決まる。 結果的にナミの娘がいじめられていることもあって娘をいじめていた学生グループに4人で殴り込みをする。 で、警察に車に乗せられて連行される。 連行されている車の中で「また、これ 復讐 やろうよ。 旦那へのし返しで、SUNNYメンバー4人で夫をタコ殴りするというコメディ演出。 チラシは、リーダーの伊藤芹香(オリジナル版のハ・チュナ)|板谷由夏が最後の手段でメンバー捜索のために出していたことになっている。 原作では、夫への復讐するってなってたのに娘をいじめていた学生グループに殴り込みにいきます。 大人4人で。 それはそれで面白いですけどね。 ただ、いまの時代だと速攻逮捕だし、映画ではすっ飛んでるのでなんにもなってません。 ちょと強引ですけど、連行される車からチラシとダンスシーンまでの流れは自然です。 日本リメイク版では、そのまま夫をタコ殴りにしにいきます。 ただ、それで終わりなので次の展開が飛んだかんじになっていましたね。 チラシも無理やり感。 それならチラシ部分はカットしてもよかったと思うけど。 大人になってからナミが初恋の相手に会いに行く 原作 大人になってからジュノのお店に行って、ミナに気づいて「久しぶり…ですよね」と言う。 ミナは、「やっと渡せます」とだけ学生のころに書いたジュノの絵を渡して帰る。 大人になったジュノが追いかけるがすでに姿はない… 日本リメイク版 お店に行ったのだが、気づかない。 当時のイベントにいったときのチラシだけ渡して帰る。 この演出は、どうしてこんな風にリメイクしたのか意図が読めませんね。 もったいない。 原作では、初恋の相手は気付いて、渡されたものをみて思わず追いかけるって…胸がジンジンするシーンなのに。 日本リメイク版では、それが一切ない。 ナミのことを大人になっても変わらないと言ってすぐ気づいているのに気づかないって…かわいそうすぎるよね。 それほど印象に残ってなかったんだなって演出にしたかったのか… チラシだけ渡しても…なんのことって感じだよね。 そこで気付かせるならいいのに結局初恋の相手は奈美に気づいたのかさえわかりません。 SUNNY解散のきっかけ。 スジ 奈々役|池田エライザ 「出世したからって無視したら…しつこく追い回すぞ。 苦労してるやつがいたら…幸せになるまで付きまとう。 誰が先に死ぬか分からないけど…死ぬその日まで…死んでも、SUNNYは永遠だから」 なんでこれ日本リメイク版で無くしたん!? めっちゃいいとこなのにってなんで無くしたのー!!! まとめ|原作にかなり寄せられているのでリメイクも両方見るのがおすすめ! 原作「サニー 永遠の仲間たち」と日本リメイクされた「SUNNY 強い気持ち強い愛」の違いを考察しました。 どうでしたか? 人によって感じ方は違うと思いますが、考察してみました。 ちなみに、ぼくは原作のほうが全体的に好きでしたね。 原作ならで見ることができます。 Amazonプライム・ビデオは、Amazoプライム会員なら無料で好きなだけ見れます。 いま会員じゃない人でも30日間無料で体験できるので利用するといいです。

次の

池田エライザ&山本舞香のコギャル女子高生姿が「はまりすぎ」と評判 /2018年8月3日 1ページ目

サニー 池田 エライザ 大人 役

大根仁が監督を務める「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の高校生時代のキャストが発表された。 篠原涼子が現在の奈美、広瀬すずが高校時代の奈美を演じ、芹香役で板谷由夏、豊胸セレブ妻の裕子役で小池栄子、風俗店勤めの心役でともさかりえ、不動産会社の営業として働く梅役で渡辺直美がキャストに名を連ねる。 今回、高校生時代の奈美にとって憧れの存在だった奈々を池田エライザ、SUNNYのリーダー・芹香を山本舞香が演じ、裕子役を野田美桜、心役を田辺桃子、梅役を富田望生が担当することが明らかに。 広瀬は「高校生サニーチーム、まさに元気の塊でした。 エネルギーがすごくて……!! 必死でついていこう!って思いました。 ほとんど知っているみんなだったので、心を許しているからこそ仲良くなるのが早かった気がします」とコメント。 池田は「奈々でいる時間は担わなければいけないものが多すぎて少し複雑な時もありましたが、物語の中で、奈々が変化していく瞬間がとても愛おしかったです。 クランクアップ後、SUNNYロス。 それくらい私にとっても大切な作品になりました」、山本は「高校生サニーチームはみんな自分の役を演じる上で、大人サニーチームの方々に負けないよう一生懸命向き合い、毎日笑顔が絶えなくて楽しい現場でした!」と撮影を振り返っている。 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は、8月31日より全国ロードショー。 広瀬すず コメント 高校生サニーチーム、まさに元気の塊でした。 エネルギーがすごくて……!! 必死でついていこう!って思いました。 ほとんど知っているみんなだったので、心を許しているからこそ仲良くなるのが早かった気がします。 今回コギャルに挑戦ということで、いまを全力で楽しむというコギャルの心意気がとにかくすごくて。 こんな風に女子高生が生きている時代があったということを知って、少し羨ましく思いました。 いまは撮影も終わり、大変だったなぁ……と正直思うのですが、絶対面白くなっているし、そこにいちファンとして期待しているので、今は楽しみで仕方がないです。 撮影中は、大根監督に「ブスだなー」と言ってもらえるシーンが日に日に増えていって。 全然嫌じゃない……むしろあざーす!! てなってました(笑)。 大根ワールド、最高でした。 是非是非是非是非!お楽しみに!! 池田エライザ コメント とても大切に温められてきたこの作品に参加できることがとても幸せです。 監督が時代背景や当時の価値観をクランクインまでに学ぶ機会をつくってくださったので、みんな良い感じにコギャルになれました。 奈々でいる時間は担わなければいけないものが多すぎて少し複雑な時もありましたが、物語の中で、奈々が変化していく瞬間がとても愛おしかったです。 クランクアップ後、SUNNYロス。 それくらい私にとっても大切な作品になりました。 山本舞香 コメント この作品が決まった時は、素直に嬉しかったです。 大根監督の作品愛をとても感じたので、それにしっかり答えないと!という気持ちにすごくなりました。 今は撮影を終えて少しさみしい気持ちもありますが、それ以上に完成がとても楽しみです。 高校生サニーチームはみんな自分の役を演じる上で、大人サニーチームの方々に負けないよう一生懸命向き合い、毎日笑顔が絶えなくて楽しい現場でした! 大人の芹香役の板谷由夏さんとは2回目の共演だったのですが、ご一緒の撮影の時は、いつも色々と話しかけて下さり、緊張せずとても楽しく撮影させて頂きました! きっと皆さんに満足して頂ける作品になると思いますので公開を楽しみにしていて下さい! 野田美桜 コメント 夢が叶いました! 中学生の頃からずっと観ていた大根監督の映画に、自分が出演させていただく日が来るなんて、信じられないくらい嬉しいです。 しかも、こんなに豪華でキラキラしたキャストの皆様とスタッフの皆様とご一緒させていただいて、今もドキドキですが、本当に幸せ者だと感じています。 撮影期間中、カメラが回っていないときも、高校生サニーのメンバーが「裕子ー!」と呼んでくれて、たくさん話してたくさん笑って、表情筋と腹筋がかなり鍛えられました(笑)。 また、同じ裕子役の小池栄子さんから、女優としても裕子としても、多くのことを学ばせていただきました。 きっと、自分にとって大切な思い出や大切なひとへの強い気持ち・強い愛を改めて感じられる最高の映画になっていると思います。 完成を誰よりも楽しみに待っています! 田辺桃子 コメント 「あなたは心役です」と聞いた瞬間から、全力で心として生きなくてはという思いに掻き立てられたのを覚えています。 大根監督はどんな時も的確で愛のある助言をくださって、それがあったからこそ最後まで走り抜けられました。 高校生サニーメンバーは、とにかく全員キャラが濃ゆい(笑)。 その中で、心として過ごせたこと、自分が心を演じられたこと、良かったなぁと感じます。 ともさかりえさんは、優しさ溢れる素敵な方で、同じ心を演じられて本当に光栄でした。 最高の脚本と最強のスタッフ・キャストの方々の中でこの作品に携われたこと、心から幸せでした! 撮影が終わり、サニーとして生きた時間がまさに青春のように輝いていて、懐かしいなぁとしみじみ思います。 誰かの心がほっと温まったり、パワーが漲ってきたり、そんな作品になったら嬉しいです。 富田望生 コメント 原作の大ファンで、リメイクすると聞いたときは、衝動的に絶対に私がこの子を演じます!と思ってしまいました。 引っ張られるように巡り合った作品です。 コギャル梅ちゃんの爆発的な魅力を大根監督やサニーのメンバーに引き出していただき、撮影中は人生で1番楽しい!が、毎日更新されていく感覚で、とても濃い時間を生きさせていただきました。 渡辺直美さんのコギャル時代と言うことで……もう、これは、負けてられないな、と(笑)。 梅さんと梅ちゃんの最高にファンキーな競演、きっと皆さんも興奮が止まらないと思います。 お楽しみに!! 大根仁 コメント 90年代中盤~後半の自分たちが生まれた時代の女子高生=コギャルを演じることは、かなり難しかったと思いますが、すずちゃんをはじめとする高校生サニーメンバーは見事に演じきってくれました。 撮影現場で、ルーズソックス・細眉・茶髪の彼女たちを見ているうちにあの時代にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。 c 2018「SUNNY」製作委員会 引用元:.

次の

SUNNY 強い気持ち・強い愛 : 作品情報

サニー 池田 エライザ 大人 役

2011年に韓国で745万人を動員する大ヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』を、日本に舞台を移して映画化する『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の出演者が追加発表された。 、(まいか)、(みお)、、(みう)が、ミニスカートとルーズソックスを履き、1990年代の最強女子高生コギャルに変身した。 強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。 広瀬たちのコギャルビジュアルも公開された。 監督による元コギャルたちへの強力取材と現場監修のもと、彼女たちは自分の役に合わせて髪を明るく染め、眉を細くし、全身にメイクを施して小麦色の肌を作り込むなど役作りも徹底。 映画『モテキ』(11年)のや、映画『バクマン。 』(15年)のなど、女優たちの魅力を引き出す名手としても知られる大根監督のもとに集結した若手女優陣。 大根監督によって彼女たちの青春がどのように映し出されるのか。 90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめ、夢と刺激であふれていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代を交差させながら紡いでいく。 企画・プロデュースは、数々のヒット作を世に放ち続ける氏。 大根監督と川村プロデューサーは『モテキ』、『バクマン。 』につづき3度目のタッグとなる。 エネルギーがすごくて…!! 必死でついていこう!って思いました。 ほとんど知っている皆だったので、心を許しているからこそ仲良くなるのが早かった気がします。 コギャルに挑戦ということで、いまを全力で楽しむというコギャルの心意気がとにかくすごくて。 こんな風に女子高生が生きている時代があったということを知って、少しうらやましく思いました。 いまは撮影も終わり、大変だったなぁ…と正直思うのですが、絶対面白くなっているし、そこにいちファンとして期待しているので、いまは楽しみで仕方がないです。 撮影中は、大根監督に「ブスだなー」と言ってもらえるシーンが日に日に増えていって。 全然嫌じゃない…むしろ「あざーす!! 」ってなってました(笑)。 大根ワールド、最高でした。 是非是非是非是非、お楽しみに!! 監督が時代背景や当時の価値観をクランクインまでに学ぶ機会をつくってくださったので、みんな良い感じにコギャルになれました。 奈々でいる時間は担わなければいけないものが多すぎて少し複雑な時もありましたが、物語の中で、奈々が変化していく瞬間がとても愛おしかったです。 クランクアップ後、SUNNYロス。 それくらい私にとっても大切な作品になりました。 大根監督の作品愛をとても感じたので、それにしっかり答えないと!という気持ちにすごくなりました。 いまは撮影を終えて少しさみしい気持ちもありますが、それ以上に完成がとても楽しみです。 高校生サニーチームはみんな自分の役を演じる上で、大人サニーチームの方々に負けないよう一生懸命向き合い、毎日笑顔が耐えなくて楽しい現場でした。 大人の芹香役の板谷由夏さんとは2回目の共演だったのですが、撮影でご一緒した時は、いつもいろいろと話しかけて下さり、緊張せずとても楽しく撮影させていただきました。 しかも、こんなに豪華でキラキラしたキャストの皆さまとスタッフの皆さまとご一緒させていただいて、いまもドキドキですが、本当に幸せ者だと感じています。 撮影期間中、カメラが回っていないときも、高校生サニーのメンバーが「裕子ー!」と呼んでくれて、たくさん話してたくさん笑って、表情筋と腹筋がかなり鍛えられました(笑)。 また、同じ裕子役の小池栄子さんから、女優としても裕子としても、多くのことを学ばせていただきました。 きっと、自分にとって大切な思い出や大切な人への強い気持ち・強い愛を改めて感じられる最高の映画になっていると思います。 大根監督はどんな時も的確で愛のある助言をくださって、それがあったからこそ最後まで走り抜けられました。 高校生サニーメンバーは、とにかく全員キャラが濃ゆい(笑)。 その中で、心として過ごせたこと、自分が心を演じられたこと、良かったなぁと感じます。 ともさかりえさんは、優しさあふれるすてきな方で、同じ心を演じられて本当に光栄でした。 最高の脚本と最強のスタッフ・キャストの方々の中でこの作品に携われたこと、心から幸せでした! 撮影が終わり、サニーとして生きた時間がまさに青春のように輝いていて、懐かしいなぁとしみじみ思います。 誰かの心がほっと温まったり、パワーがみなぎってきたり、そんな作品になったらうれしいです。 引っ張られるように巡り合った作品です。 コギャル梅ちゃんの爆発的な魅力を大根監督やサニーのメンバーに引き出していただき、撮影中は人生で一番楽しい!が、毎日更新されていく感覚で、とても濃い時間を生きさせていただきました。 渡辺直美さんのコギャル時代と言うことで…もう、これは、負けてられないな、と(笑)。 梅さんと梅ちゃんの最高にファンキーな競演、きっと皆さんも興奮が止まらないと思います。 お楽しみに!! 撮影現場で、ルーズソックス・細眉・茶髪の彼女たちを見ているうちにあの時代にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。

次の