時候の挨拶 12月。 時候の挨拶「12月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

時候の挨拶の言葉、1月から12月まで季節毎の文例紹介 [手紙の書き方・文例] All About

時候の挨拶 12月

時候の挨拶12月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文について見ていきます。 12月といえば1年の最後の月で、年末になると大掃除や年賀状の準備などで忙しいですよね。 イベントには忘年会やクリスマスなど、いろんな催しも多く重なり何かと忙しくなる時期です。 そんな12月は風邪やインフルエンザなども流行し、暖房なども欠かせない厳しい寒さがやってくる季節でもあります。 この12月に相手とやり取りをするお手紙では、その 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか? 今回は、その 12月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。 また、年賀状の手紙についても触れてまとめました。 時候の挨拶 12月下旬 歳末の候、冬至の候、歳暮の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶12月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の12月の上旬~中旬にあたる 大雪の時期には 初候(12月7日頃) 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 空が閉ざされ冬となる頃を言います。 次候(12月12日頃) 熊蟄穴(くまあなにこもる) 熊が冬眠のために穴に入る頃を言います。 末候(12月17日頃) 鮭魚群(さけのうおむらがる) 鮭が群がって川を上る頃を言います。 時候の挨拶12月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の12月の中旬~下旬にあたるの七十二候には、 初候(12月22日頃) 乃東生(なつかれくさしょうず) 夏枯草とは「うつぼ草」のことで、この植物が芽をだす頃をいいます。 ここから半年後の夏至の頃には枯れてしまうため、夏枯草という名前になっています。 次候(12月27日頃) 麋角解(さわしかのつのおつる) 鹿の角が落ちる頃。 「麋」は大鹿を指し、枝分かれする古い角が抜け落ちるころで、春に生え変わってきます。 末候(1月1日頃) 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 雪の下で麦が芽を出し始める頃を言います。 6月頃には麦の穂が畑一面が黄金色になり、収穫を迎えます。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 孟冬の候、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 【和文調】 今年ももう数える程となりました。 ご壮健でお過ごしのことと存じます。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして12月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶12月上旬の書き出し例文• 師走を迎え、ご多忙な日々をお過ごしのことと思います。 初冬の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 今年は例年になく暖かい師走となっております。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 初雪の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 鍋物が美味しい季節になりました。 皆様お元気ですか。 時候の挨拶12月中旬の書き出し例文• 暦の上でははや大雪を迎えますが、そちらはお変わりありませんか。 師走の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 街がクリスマスの装いとなり、いよいよ年末を感じる今日このごろです。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 大雪の候、お元気で年末をお迎えのことと存じます。 年末ジャンボ宝くじの季節ですね。 今年は購入されましたか。 時候の挨拶12月下旬の書き出し例文• 今年も残す所あとわずかになりました。 もうお正月の準備はお済みですか。 歳末の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 ますます寒さも厳しくなってまいりました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 冬至の候、ご家族様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 年の瀬も迫り、何かとお忙しい事と存じます。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【12月上旬】 年末はご多忙のことと存じます。 体調を崩されませんようお祈り申し上げます。 【12月中旬】 冷え込みの激しい時期が続きますが、お風邪など召しませんようにお気をつけ下さい。 【12月下旬】 今年はいろいろありがとうございました。 良い新年をお迎え下さい。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶12月上旬の結び例文• 年末に向けてご多忙のことと存じます。 健康にはぜひともご留意くださいませ。 師走の折から、くれぐれもご自愛ください。 例年になく暖かい気候ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 寒気いよいよ厳しい折から、ご自愛専一にお過ごしください。 空気も乾燥しておりますので、インフルエンザなどには十分ご注意下さい。 時候の挨拶12月中旬の結び例文• 今年も残す所あとわずかとなりましたが、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 お忙しい時期ですが、風邪など引かれぬようお気をつけ下さい。 慌ただしい年の暮れではございますが、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 忘年会シーズンですが、お互い飲み過ぎには注意しましょうね。 そちらは大雪の様子ですね。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 時候の挨拶12月下旬の結び例文• 新しい年のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ますます寒さも増してまいります。 皆様のますますのご健勝とご活躍を祈りあげます。 皆様お元気で、良い新年をお迎えなされることをお祈りいたします。 本年中はいろいろとお世話になりました。 来年も飛躍の年になるようお祈りしております。 ご家族お揃いで、良い新年をお迎え下さい。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 12月の時候の挨拶に入れる季語 12月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは12月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に12月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に12月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな12月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 クリスマス、サンタクロース、ツリー、プレゼント、イルミネーション、冬のボーナス、冬休み、忘年会、年末ジャンボ宝くじ、冬至、ゆず湯、大掃除、大晦日、除夜の鐘、紅白歌合戦、年越しそば、帰省ラッシュ、お歳暮、年賀はがき、ストーブ、暖房、コタツ、インフルエンザ、風邪、スキー、鍋物 【気候】 初雪、木枯らし、冬将軍、寒波、氷結、氷柱、霜柱、山おろし 【自然】 葉牡丹、ひいらぎ、ポインセチア、シクラメン、福寿草、キタキツネ、白鳥、カモ、雷鳥、うさぎ これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 年賀状での挨拶 12月は年賀状の準備で忙しくなりますよね。 ですので、お手紙も年賀状で出される方が多いんじゃないでしょうか。 年賀状の場合は、そこまで時候の挨拶を気にしながら書くということもないですし、決まった書き出しの文言もあるし出しやすいですよね。 その年賀状について友人や親戚、仕事の上司などに送る文例をコチラでまとめています。

次の

7月の時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書

時候の挨拶 12月

時候の挨拶12月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文について見ていきます。 12月といえば1年の最後の月で、年末になると大掃除や年賀状の準備などで忙しいですよね。 イベントには忘年会やクリスマスなど、いろんな催しも多く重なり何かと忙しくなる時期です。 そんな12月は風邪やインフルエンザなども流行し、暖房なども欠かせない厳しい寒さがやってくる季節でもあります。 この12月に相手とやり取りをするお手紙では、その 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか? 今回は、その 12月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。 また、年賀状の手紙についても触れてまとめました。 時候の挨拶 12月下旬 歳末の候、冬至の候、歳暮の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶12月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の12月の上旬~中旬にあたる 大雪の時期には 初候(12月7日頃) 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 空が閉ざされ冬となる頃を言います。 次候(12月12日頃) 熊蟄穴(くまあなにこもる) 熊が冬眠のために穴に入る頃を言います。 末候(12月17日頃) 鮭魚群(さけのうおむらがる) 鮭が群がって川を上る頃を言います。 時候の挨拶12月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の12月の中旬~下旬にあたるの七十二候には、 初候(12月22日頃) 乃東生(なつかれくさしょうず) 夏枯草とは「うつぼ草」のことで、この植物が芽をだす頃をいいます。 ここから半年後の夏至の頃には枯れてしまうため、夏枯草という名前になっています。 次候(12月27日頃) 麋角解(さわしかのつのおつる) 鹿の角が落ちる頃。 「麋」は大鹿を指し、枝分かれする古い角が抜け落ちるころで、春に生え変わってきます。 末候(1月1日頃) 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 雪の下で麦が芽を出し始める頃を言います。 6月頃には麦の穂が畑一面が黄金色になり、収穫を迎えます。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 孟冬の候、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 【和文調】 今年ももう数える程となりました。 ご壮健でお過ごしのことと存じます。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして12月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶12月上旬の書き出し例文• 師走を迎え、ご多忙な日々をお過ごしのことと思います。 初冬の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 今年は例年になく暖かい師走となっております。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 初雪の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 鍋物が美味しい季節になりました。 皆様お元気ですか。 時候の挨拶12月中旬の書き出し例文• 暦の上でははや大雪を迎えますが、そちらはお変わりありませんか。 師走の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 街がクリスマスの装いとなり、いよいよ年末を感じる今日このごろです。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 大雪の候、お元気で年末をお迎えのことと存じます。 年末ジャンボ宝くじの季節ですね。 今年は購入されましたか。 時候の挨拶12月下旬の書き出し例文• 今年も残す所あとわずかになりました。 もうお正月の準備はお済みですか。 歳末の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 ますます寒さも厳しくなってまいりました。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 冬至の候、ご家族様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 年の瀬も迫り、何かとお忙しい事と存じます。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【12月上旬】 年末はご多忙のことと存じます。 体調を崩されませんようお祈り申し上げます。 【12月中旬】 冷え込みの激しい時期が続きますが、お風邪など召しませんようにお気をつけ下さい。 【12月下旬】 今年はいろいろありがとうございました。 良い新年をお迎え下さい。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で12月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶12月上旬の結び例文• 年末に向けてご多忙のことと存じます。 健康にはぜひともご留意くださいませ。 師走の折から、くれぐれもご自愛ください。 例年になく暖かい気候ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 寒気いよいよ厳しい折から、ご自愛専一にお過ごしください。 空気も乾燥しておりますので、インフルエンザなどには十分ご注意下さい。 時候の挨拶12月中旬の結び例文• 今年も残す所あとわずかとなりましたが、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 お忙しい時期ですが、風邪など引かれぬようお気をつけ下さい。 慌ただしい年の暮れではございますが、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 忘年会シーズンですが、お互い飲み過ぎには注意しましょうね。 そちらは大雪の様子ですね。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 時候の挨拶12月下旬の結び例文• 新しい年のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ますます寒さも増してまいります。 皆様のますますのご健勝とご活躍を祈りあげます。 皆様お元気で、良い新年をお迎えなされることをお祈りいたします。 本年中はいろいろとお世話になりました。 来年も飛躍の年になるようお祈りしております。 ご家族お揃いで、良い新年をお迎え下さい。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 12月の時候の挨拶に入れる季語 12月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは12月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に12月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に12月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな12月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 クリスマス、サンタクロース、ツリー、プレゼント、イルミネーション、冬のボーナス、冬休み、忘年会、年末ジャンボ宝くじ、冬至、ゆず湯、大掃除、大晦日、除夜の鐘、紅白歌合戦、年越しそば、帰省ラッシュ、お歳暮、年賀はがき、ストーブ、暖房、コタツ、インフルエンザ、風邪、スキー、鍋物 【気候】 初雪、木枯らし、冬将軍、寒波、氷結、氷柱、霜柱、山おろし 【自然】 葉牡丹、ひいらぎ、ポインセチア、シクラメン、福寿草、キタキツネ、白鳥、カモ、雷鳥、うさぎ これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 年賀状での挨拶 12月は年賀状の準備で忙しくなりますよね。 ですので、お手紙も年賀状で出される方が多いんじゃないでしょうか。 年賀状の場合は、そこまで時候の挨拶を気にしながら書くということもないですし、決まった書き出しの文言もあるし出しやすいですよね。 その年賀状について友人や親戚、仕事の上司などに送る文例をコチラでまとめています。

次の

時候の挨拶!1月から12月まで書き出しの言葉

時候の挨拶 12月

ビジネスマナー 2018. 11 2018. 10 lismile 【時候の挨拶】12月 ビジネス文例と結び!お礼状や季語の例文も 一年も終わりの月となる12月は、師走というとおりビジネスでも何かと落ち着かない時期です。 このような時こそ、ビジネスレターに時候の挨拶や季語を取り入れ、コミュニケーションを深めましょう。 ここでは12月の「時候・季節のあいさつ」を取り入れたビジネスレターの書き方を具体的に紹介します。 「時候・季節のあいさつ」は「〇〇の候」という漢語調と、語りかける口語調の2種類について、上旬・中旬・下旬に分けて紹介します。 あわせて結びの言葉やシーン別の例文も紹介します。 手紙の基本的な書き方や構成の仕方は以下の記事を参考にしてください。 12月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 冬の寒さを表す12月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 「初冬の候」【11月中旬~12月初旬頃】 「初冬の候」(しょとうのこう)は、「冬の到来を感じる季節」という意味です。 「初冬」は二十四節気では、11月中旬から12月6日頃の時期であるため、12月初旬まで使うことができます。 「寒冷の候」【12月全般~1月全般】 「寒冷の候」(かんれいのこう)とは「寒く冷たい季節」という意味です。 12月全般から1月全般にかけて使うことができますが、暖冬などで12月になってもそれほど寒さが感じられないというような場合は違う言葉を用いるようにしましょう。 「師走の候」【12月全般】 「師走の候」(しわすのこう)の「師走」は陰暦の12月のことなので、12月全般に使える言葉ですが、12月中旬頃までに用いるのが一般的です。 「歳末の候」【12月下旬】 「歳末の候」(さいまつのこう)とは、「年の暮れの時節」という意味です。 12月下旬に使います。 結びの言葉まで含めた文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>も参考にしてください。 拝啓 師走の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 来年も、ご支援ご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 敬具 12月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 【12月初旬~12月中旬】の慣用句と結びの言葉 師走の慌ただしい季節となりましたが、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心から感謝いたしております。 <本文> どうぞ皆様お元気で、よいお正月をお迎えください。 まずはとり急ぎご通知まで。 【12月下旬】の慣用句と結びの言葉 今年もあとわずかとなりましたが、〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 日頃はお引き立てを賜りまして、まことにありがとうございます。 <本文> 健やかに新年を迎えられますよう、心からお祈り申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 【12月全般】の慣用句と結びの言葉 寒さもひとしお身にしみる頃となりましたが、ご一同様にはご活躍のこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <本文> 今年も一年お世話になりまして感謝申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 師走の候、今年も〇〇日を残すのみとなりましたが、ご清祥のことと存じます。 いつも大変お世話になり、厚くお礼申し上げます。 <本文> 〇〇様の一層のご健康をお祈りいたしますとともに、来年もかわらぬおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。 12月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 12月はお世話になった方への贈答や、いただいた贈答へのお礼状を送ることが多いかと思います。 贈答に添える贈答状と、贈答に対するお礼状の例文を紹介します。 お歳暮などに添える「贈答状」の例文(12月) 拝啓 今年も余すところわずかとなり、何かとお忙しくお過ごしのことと存じます。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素はひとかたならぬご高配を賜り、ありがとうございます。 つきましては、ささやかな歳末のごあいさつをお届けいたしました。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 皆様よいお年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。 略儀ながら、書状にて失礼させていただきます。 敬具 お歳暮などの「お礼状」の例文(12月) 拝復 いよいよ今年も年の瀬を迎え、気ぜわしい毎日をお過ごしのことと存じます。 さて、先日はご丁寧なごあいさつならびに結構なお品をお送りくださり、深謝申し上げます。 さっそく従業員一同、… 今年もたいへんお世話になりましてありがとうございます。 どうぞお体には気をつけてよいお年をお迎えくださいますようお祈りいたします。 まずは書中にて、略儀ながらお礼申し上げます。 お礼状の時は、「〇〇の候」などの挨拶や安否の挨拶などを省き、すぐにお礼の言葉を述べます。 12月の季語が入る「時候の挨拶・季節の挨拶」の例文 12月はクリスマスの季節です。 堅苦しくない雰囲気を出したい時はビジネスレターでも「クリスマス」の季語を使ってみましょう。 クリスマスやその他の12月の季語を使った挨拶文を紹介します。 「クリスマス」を使った例文• クリスマスソングが街に流れるころとなりました。 クリスマスのイルミネーションが街に輝いています。 クリスマスが終わり、街はいっせいに年末のムードに変わりました。 街はクリスマス一色となりましたが… その他の季語を使った例文• ポインセチアの深紅がひときわ目を引きます。 木枯らしが身にしみる頃となりました。 山茶花が美しい季節となりました。 初雪の便りが届く頃となりましたが まとめ 12月は何かと忙しい時期ですが、そのような時こそ礼儀文を工夫し、感謝の言葉をていねいに伝えられると気持ちよく1年を終えることができます。 さらに、本年の無事や健康を喜び、新年の多幸を祈る言葉を積極的に入れることで、より心のこもった手紙にすることができます。

次の