ジャンヌ ダルク 名言。 ジャンヌ・ダルクの「大切な」言葉たち~ジャンヌ・ダルクの名言・人生・生き方など~

ジャンヌ・ダルクの生涯・年表【性格や名言、死因についても解説】

ジャンヌ ダルク 名言

フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。 引用元: ジャンヌ・ダルクの英語の名言・座右の銘 英語の名言1 One life is all we have and we live it as we believe in living it. 翻訳 私たちは一つの人生しか生きられないし、信じたようにしかそれを生きられない。 英語の名言2 I am not afraid… I was born to do this. 翻訳 私は恐れない、そのために生まれたのです。 英語の名言3 Courage! Do not fall back; in a little the place will be yours. Watch! When the wind blows my banner against the bulwark, you shall take it. 翻訳 勇気を持って下さい!こんな小さな所で落ち込む必要はありません。 この場は、あなたのためのもの!みて下さい! 障壁に対して、風が私の旗をなびかせた時、あなたは、そのチャンスをつかむことが出来るんです。 英語の名言4 I was admonished to adopt feminine clothes; I refused, and still refuse. As for other avocations of women, there are plenty of other women to perform them. Joan: If I am not, may God put me there; and if I am, may God so keep me.

次の

「Fate(フェイト)」ジャンヌ・ダルク(ルーラー)の名言まとめました

ジャンヌ ダルク 名言

行動しなさい。 そうすれば神は動くだろう。 「act」は、「行動する、振る舞う、作動する」という意味の動詞です。 全ての戦いは、まず最初に心の中で勝ち負けが決まる。 「mind」は、「心、精神、知性」という意味の名詞です。 勇気だ!退却してはならない。 Do not fall back. 「courage」は、「勇気、度胸」という意味の名詞です。 また、「fall back」は「後退する、退却する」という意味です。 人々は真実を語ったためにしばしば縛り首になるのだと、小さな子供でさえ言っている。 「oftentimes」は、「often」の古い言い方です。 また、「hanged」は「縛り首になる、絞首刑になる」という意味です。 全ての人は、自分が信じることのために人生を捧げる。 「life」は、「人生、命、生活」という意味の名詞です。 また、「believe」は「信じる、確信する、信頼する」という意味の動詞です。 私が言ったことや行ったことは、全て神の手に委ねられている。 「in the hands of ~」は、「~の管理下に、~の手の中に」という意味です。 明日の朝は今日よりも早く起きて、出来る限り最高のことをしなさい。 「get up」は、「起床する、立ち上がる」という意味です。 勇敢に前進しろ。 何も恐れるな。 神を信じろ。 全てが上手くいくだろう。 Fear nothing. Trust in God. All will be well. 「bravely」は、「勇敢に、立派に」という意味の副詞です。 天は自ら助くる者を助く。 そのまま訳すと「自分を助けなさい。 そうすれば神はあなたを助けてくれるだろう。 」となります。 欧米においては、神様は世界にただひとつのものと考えられているので「God」の頭文字は大文字になります。 八百万の神々がいるという日本古来の考え方とは異なるものですね。 神に願いを。 あなたが神に良い望みと信仰を持っているのなら、あなたは敵から救われるだろう。 If you have good hope and faith in Him, you shall be delivered from your enemies. 「faith」は、「信仰、信条」という意味の名詞です。 また、「deliver」という動詞には、「配達する」という意味の他に「解放する、救い出す」という意味もあります。 「imagination」は、「想像力、空想」という意味の名詞です。 私は恐れてなどいない。 私はこれをやるために生まれてきた。 I was born to do this. 「afraid」は、「恐れて、心配して」という意味の形容詞です。 私は天使の言葉を話すために死ぬのだ。 「language」は、「言語、言葉」という意味の名詞です。 「fear」は、「恐れる、怖がる」という意味の動詞です。 私は創造主である神にあらゆる信頼を置いている。 私は神を心から愛している。 I love Him with all my heart. ジャンヌ・ダルクは、カトリックにおける聖人としても知られています。 「creator」は、「創造主、考案者、神」という意味の名詞です。 罪になることや神の意志に反することをするくらいなら、むしろ死んだほうがましだ。 「would rather ~ than」は、「むしろ~する方がましだ、むしろ~したい」という意味です。 「sin」は、「罪、馬鹿げたこと、過失」という意味の名詞です。 神の名において、勇敢に進み続けよう。 「go on」は、「進み続ける、~し続ける」という意味です。 ひとつの人生は私たちが持つ全てであり、私たちはそれを信じて生きている。 しかし、ありのままの自分を犠牲にして信じずに生きることは、死よりも恐ろしい運命である。 But to sacrifice what you are and to live without belief, that is a fate more terrible than dying. 「sacrifice」は、「犠牲にする、生贄にする」という意味の動詞です。 また、「fate」は「運命、宿命」という意味の名詞です。 神が私に行くように命じたので、私はそうしなければならない。 「since」は、「なので、だから」という意味の接続詞です。 また、「command」は「命令する、指令する」という意味の名詞です。 天使たちは魂と同じように完全な姿をしている。 「spirit」は、「生命力、心持ち、魂」という意味の名詞です。 神が戦うとき、剣を握る手が大きいか小さいかは重要とならない。 「consequence」は、「結末、結果、重要性」という意味の名詞です。 まとめ 以上、ジャンヌ・ダルクの名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか? このページが皆さんのお役に立てば幸いです。 また、以下のページも合わせてご覧ください。

次の

フランスを救った聖少女の言葉|ジャンヌ・ダルク16の名言[英語と和訳]

ジャンヌ ダルク 名言

ジャンヌダルク ジャンヌダルク ジャンヌダルク。 地球連邦の軍艦。 地球連邦・リガミリティア連合軍の旗艦です。 艦長さんはムバラク・スターン。 真のジン・ジャハナム ウッソ・エヴィンのお父さん、ハンゲルグ・エヴィン も乗っていました。 ジャンヌダルクは、艦首にビームシールドが付いている以外は、外見上は「逆襲のシャア」の時代の時代のラーカイラムとほとんど同じように見えました。 ジャンヌダルクは地球でのエンジェルハイロウ攻防戦の中で被弾してエンジンを損傷した後、ザンスカール帝国軍の守りに穴を空けるべく特攻を仕掛け、その特攻の途中にクロノクル・アシャーのリグ・コンティオにブリッジを破壊され、沈黙...。 その後、沈黙したジャンヌダルクはエンジェルハイロウ空域を彷徨い、最後はムッターマ・ズガン将軍の乗るスクイードに激突してスクイードを道連れにしてから沈んでいました... ただでは死なず... ジャンヌダルクと言う名前はフランスの英雄にして聖人のジャンヌダルクからだと思います。 ジャンヌダルクが登場したのは第41話~第43話、第45話、第47話~第48話、第50話~第51話。

次の