きくらげ たまご。 きくらげの賞味期限を徹底調査!乾燥品・生・期限切れなど全て解説!

豚肉ときくらげの卵炒め 作り方・レシピ

きくらげ たまご

NHKあさイチで話題になった『 ムースーローの作り方』をご紹介します。 プロが教えてくれる、きくらげと豚肉、卵を炒め合わせた中華料理のレシピです。 ムースーローとは中華料理の1つで中国語では『 木須肉』と書きます。 定番メニューなので、食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 当サイト『』では実際に調理したうえで調理のコツを画像とともに詳しく解説しています。 王将で食べる中華と同じ味(正確には王将の濃い味付けを家庭向けにいい感じに調節した味付け)に仕上がりとっても美味しかったですよ。 カロリーと糖質、塩分量も計算していますが 1人分約200kcal、糖質は5g程度と食べ応えがあるボリューミーなおかずなのにカロリーも糖質も控えめです。 是非試してみてくださいね。 ムースーロー あまり濃くない味付けなので、小さいお子さんへの取り分けもできるおかずです。 費用目安 500円 調理器具 ボウル・フライパン カロリー 全量 604kcal(1人分 201. 3kcal) 塩分 全量 5. 7g(1人分 1. 9g) 糖質量 全量 16. 2g(1人分 5. 4g) 材料 3人分 きくらげの戻したもの 50g 豚もも薄切り肉 50g ゆでたけのこ 50g 長ネギ 30g ほうれん草 30g 生姜 5g 卵 3個 水溶き片栗粉 小さじ1 ごま油 大さじ1+小さじ1 きくらげの美味しい戻し方はこちらの記事にまとめています。 6時間かけてうまみたっぷりに戻す方法と、30分で戻せる2パターンをご紹介しています。 片栗粉を入れることで、ふわふわ食感になります。 ネギは斜め薄切りにする。 きくらげは石づきを除き、きれいにして食べやすい大きさに切る。 ほうれん草も根元をきれいに洗い、食べやすい幅に切る。 たけのこは細切りにする。 豚肉は大きい場合は食べやすい幅に切る。 生姜は千切りにする。 2、フライパンにごま油大さじ1を熱し、1の卵液を流し入れて、ふわっと空気を入れるように炒める。 いったん取り出す。 3、続いてフライパンにごま油小さじ1を熱し、ネギと生姜を炒める。 続いて豚肉を加えて火が通るまで炒める。 さらにたけのこ、ほうれん草、きくらげを加えて炒め合わせる。 最後に卵を戻しいれ、炒め合わせる。 4、合わせ調味料をよく混ぜ合わせ、注ぎ入れる。 全体に味がなじむように加熱しながら大きく混ぜる。 5、汁気が少なくなってきたら器に盛り付け、完成です。 食材を切るところだけしっかりやったら、後は炒め合わせるだけなので簡単ですよ。 残った食材でおすすめアレンジ また、ムースーローでは豚肉も野菜も少量ずつしか使わないので余ってしまいますよね。 そこでもう1品作れるおすすめのアレンジが『 しゃぶしゃぶサラダ』です。 次の日のメインのおかずにすることができます。 玉ねぎだけ追加して、薄切りにした後電子レンジの温めモードでラップなしで加熱します。 お肉の残りはしゃぶしゃぶにして水気をきっておきます。 ほうれん草の残りは塩を入れた熱湯でさっとアク抜きをして、水気をぎゅっと絞った後食べやすい幅に切ります。 全て盛り付けて、仕上げにネギの白い部分を白髪ねぎにして飾れば完成です。 たれはごまだれも美味しいですが、さっぱり酢としょうゆを1:1で割ったもおすすめですよ。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもきくらげを使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

【TOKIOカケル】坂口健太郎さんも大好物「きくらげと卵と豚肉の炒め物(木須肉)」のレシピ

きくらげ たまご

こんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。 先日4月11日に放送されたフジテレビさんの番組『TOKIOカケル』で、坂口健太郎さんの大好物ベスト10の第2位として「 キクラゲと玉子と豚肉の炒め物」が紹介されました。 番組ではその他のキクラゲ料理として、天ぷらや生キクラゲのカルパッチョ、それから和食としてキクラゲと豆腐の味噌汁と、色んなキクラゲ料理が登場。 とってもおいしそうにキクラゲを食べている坂口さんの姿に、キクラゲ生産に携わる一人としては喜びで胸がいっぱいになりました……。 ありがとうございます……。 「キクラゲと玉子と豚肉の炒め物」は中華料理ではおなじみの料理で、一般的には「 木須肉(ムースーロー)」と呼ばれることもあります。 定番中の定番なのですが、今まできのこ家では紹介したことがなかったので、番組を機に改めて作り方やレシピを紹介しますね! 材料(4人前)• 豚肉薄切り…60g• 卵…2個• 生キクラゲ…9g• 生姜(みじん切り)…1片• (B)ガラスープの素…小さじ1• (B)オイスターソース…小さじ1• ごま油…小さじ1• キクラゲって難しいイメージがあるかもしれませんが、サッと茹でて柚子胡椒やワサビ醤油で食べてもおいしいですし、サラダに加えてもいいですし、番組のように味噌汁に入れても違和感なく、本当にいろんな料理に使えます。 きのこ家は国産キクラゲを作っている会社です 浅野産業・きのこ家では、岡山県玉野市で国産の生キクラゲを作っています。

次の

きくらげの賞味期限を徹底調査!乾燥品・生・期限切れなど全て解説!

きくらげ たまご

NHKあさイチで話題になった『 ムースーローの作り方』をご紹介します。 プロが教えてくれる、きくらげと豚肉、卵を炒め合わせた中華料理のレシピです。 ムースーローとは中華料理の1つで中国語では『 木須肉』と書きます。 定番メニューなので、食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 当サイト『』では実際に調理したうえで調理のコツを画像とともに詳しく解説しています。 王将で食べる中華と同じ味(正確には王将の濃い味付けを家庭向けにいい感じに調節した味付け)に仕上がりとっても美味しかったですよ。 カロリーと糖質、塩分量も計算していますが 1人分約200kcal、糖質は5g程度と食べ応えがあるボリューミーなおかずなのにカロリーも糖質も控えめです。 是非試してみてくださいね。 ムースーロー あまり濃くない味付けなので、小さいお子さんへの取り分けもできるおかずです。 費用目安 500円 調理器具 ボウル・フライパン カロリー 全量 604kcal(1人分 201. 3kcal) 塩分 全量 5. 7g(1人分 1. 9g) 糖質量 全量 16. 2g(1人分 5. 4g) 材料 3人分 きくらげの戻したもの 50g 豚もも薄切り肉 50g ゆでたけのこ 50g 長ネギ 30g ほうれん草 30g 生姜 5g 卵 3個 水溶き片栗粉 小さじ1 ごま油 大さじ1+小さじ1 きくらげの美味しい戻し方はこちらの記事にまとめています。 6時間かけてうまみたっぷりに戻す方法と、30分で戻せる2パターンをご紹介しています。 片栗粉を入れることで、ふわふわ食感になります。 ネギは斜め薄切りにする。 きくらげは石づきを除き、きれいにして食べやすい大きさに切る。 ほうれん草も根元をきれいに洗い、食べやすい幅に切る。 たけのこは細切りにする。 豚肉は大きい場合は食べやすい幅に切る。 生姜は千切りにする。 2、フライパンにごま油大さじ1を熱し、1の卵液を流し入れて、ふわっと空気を入れるように炒める。 いったん取り出す。 3、続いてフライパンにごま油小さじ1を熱し、ネギと生姜を炒める。 続いて豚肉を加えて火が通るまで炒める。 さらにたけのこ、ほうれん草、きくらげを加えて炒め合わせる。 最後に卵を戻しいれ、炒め合わせる。 4、合わせ調味料をよく混ぜ合わせ、注ぎ入れる。 全体に味がなじむように加熱しながら大きく混ぜる。 5、汁気が少なくなってきたら器に盛り付け、完成です。 食材を切るところだけしっかりやったら、後は炒め合わせるだけなので簡単ですよ。 残った食材でおすすめアレンジ また、ムースーローでは豚肉も野菜も少量ずつしか使わないので余ってしまいますよね。 そこでもう1品作れるおすすめのアレンジが『 しゃぶしゃぶサラダ』です。 次の日のメインのおかずにすることができます。 玉ねぎだけ追加して、薄切りにした後電子レンジの温めモードでラップなしで加熱します。 お肉の残りはしゃぶしゃぶにして水気をきっておきます。 ほうれん草の残りは塩を入れた熱湯でさっとアク抜きをして、水気をぎゅっと絞った後食べやすい幅に切ります。 全て盛り付けて、仕上げにネギの白い部分を白髪ねぎにして飾れば完成です。 たれはごまだれも美味しいですが、さっぱり酢としょうゆを1:1で割ったもおすすめですよ。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもきくらげを使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の