ポケモン剣盾 ゴリランダー 育成論。 【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ソードシールド】サメハダーの育成論!加速する高火力広範囲アタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 ゴリランダー 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるゴリランダーの育成論と対策について掲載しています。 ゴリランダーのおすすめ技や性格、もちものや夢特性についてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍に上がる 夢特性 戦闘に出ると、5ターンの間、地面に「グラスフィールド」を張りめぐらせる ゴリランダーの特徴 専用技ドラムアタック ゴリランダーの専用技ドラムアタックは非常に強力で、ダメージを与えた相手の素早さを1段階下げる追加攻撃を持ちます。 これによって、ゴリランダーよりも多少速いポケモンに対してドラムアタックを1回当てるだけで、次ターンから先手を取ることができます。 最速のゴリランダーであれば最速ドラパルトすらを抜けることからも強力であることがわかります。 高速アタッカー、重火力アタッカー、耐久方と幅広く運用ができます。 特防を強化できるとつげきチョッキを持たせて対策しておくと特殊方面の打点にも強くなります。 攻撃技は役割対象であるバンドリ バンギラス、ドリュウズ を中心に構成することで序盤のペースメイカーをも担えるようにしています。 後半に残りやすい高耐久型のポケモンに対しても安定した打点と回復ソースからなかなか倒されない状況を作ることで負けない状態を維持しやすいポケモンです。 調整について ダブルバトルでは最速ロトムは非常に少ないので挑発が刺さりやすく積みを許しません。 環境に多い素早さラインに合わせて調整しておくと良いでしょう。 攻撃面はHP252振りのバンギラスをフィールド補正込みウッドハンマーで確定で倒せるラインまで回しています。 バンドリに対してはタスキを考慮しない場合にはどちらかを倒せる能力があるのでパーティ次第では初手で荒らしたのちに詰めを行う型も強力です。 また、素早さを44振っておくことで最速サザンドラの素早さ1段階ダウン状態を抜ける調整です。 初手でドラムアタックを打つことでミミッキュやドリュウズに対しても確実に先手を取れるようになるのでこのように調整しています。 また、HPに204を振ることで実数値が201となり固定ダメージ技への対策をしています。 あまりの8は実数値が1増えるように耐久に振り分けておくのがベストです。 ゴリランダーのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・素早さダウン効果で確実に上を取る ・Lvで習得 ・高火力の一致くさ技 ・Lvで習得 ・相手のアイテムを無効化する ・ゴーストへの打点にもなる ・で習得 ・かくとう技には劣るが高火力範囲技 ・ダイソウゲン後には弱体化するので注意 ・で習得 ・かくとう技として採用 ・で習得 ・場持ちを良くするためには良いが火力が不安 ゴリランダーのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 とつげきチョッキ 変化技が使用できないが、自身の特防が上がる。 ゴリランダーの対策 注意点 能力値のバランスが良いので確実に受けられる耐久、素早さ関係を逆転する専用技、平均以上の火力と安定感のあるポケモンなので確実に処理できるポケモンを用意しておきましょう。 対策方法 主導権を握らせない ゴリランダーは素早さ関係を逆転することで高火力技を確実に当てることで高速アタッカーですら持っていくことができるポケモンです。 おいかぜやダイジェットを使うことで素早さ関係を維持することで対策が可能です。 誰でも簡単に受け取ることができるので受け取っておきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 ゴリランダー 育成論

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 はたきおとすが強力! 剣盾環境は、前作まで存在していたZクリスタルとメガストーンが無くなり、はたきおとすが 誰にでも刺さるようになった。 覚えられるポケモンも減ったため、はたきおとすを使えるだけで採用理由になる。 道具ありきのポケモンに強い はたきおとすがあるので、道具を使う前提のポケモンの戦略を大きく崩すことができる。 ナットレイのたべのこし、ガラルサニーゴのしんかのきせき、ヨクバリスのきのみなどを落としてしまえばとても戦いやすくなる。 ドラムアタックが便利 ゴリランダーの専用技であるドラムアタックは、威力80命中100という安定した技で、 必ず相手のSを1段階下げる効果も持っている。 上手く使えば後続に繋がる立ち回りが可能だ。 意外と器用な立ち回りが可能 見た目とは裏腹に器用な立ち回りが可能なポケモン。 交代読みでやどりぎのタネを入れた後に、とんぼがえりで有利対面に繋ぐことも可能だ。 タイプ不一致技では落とせない ゴリランダーは種族値のバランスが良く、アタッカーとしては耐久力が高いポケモン。 タイプ不一致のだいもんじなどでは倒しきれないことが多いので、2回殴って倒す意識を持とう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ゴリランダー 育成論

ちょっと目つきは悪いけど、音楽を楽しむ心を忘れない筋肉ゴリラです。 見た目通り物理側のステータスがかなり高めに設定されており、草タイプが持つ地面耐性を活かすことで、ドリュウズといった地面軸の物理エースともしっかり殴り合うことができます。 全体的に数値が整ってますね。 夢特性《グラスメイカー》や、DLCにて獲得した先制技《グラススライダー》のシナジーが強力で、グラスフィールドによる場持ち、火力補助にとどまらず、決して高いとは言えない素早さを補えるようになりました。 ダイジェット環境下にありながらも高い使用率を誇る草タイプの革命児といったところでしょう。 HP振りでもそれなりの物理耐久はあるため、《とつげきチョッキ》を持たせることで低めの特殊耐久を底上げし、水・電気に対して安心して繰り出せるようにした従来の役割遂行型や、グラスフィールドや《つるぎのまい》によるバフと相性のいい《グラススライダー》で抜きエースを担うというのがテンプレになります。 ちなみに、GF+剣舞+プレートの補正が揃うことで、耐久無振りのトゲキッスぐらいまでは確1を取れるようになるので、容易な後出しを許しません。 技考察 ウッドハンマー ゴリラ最高火力。 反動ダメが痛いものの、攻撃力を活かすならこの技。 ドラムアタック ゴリラ専用技。 相手の素早さを1段階下げることができるうえに威力80となかなか高いので、交代を誘発しやすい草タイプのゴリラにとって非常に使い勝手の良い技となります。 グラススライダー ゴリラが賜りし天恵。 グラスフィールド下でのみ使える威力70の先制技。 特性《グラスメイカー》との組み合わせにより、登場ターンはほぼ確実に決めることができます。 はたきおとす ドラムアタック同様に相手の交代際に決めやすいサブウェポン。 《しんかのきせき》を持つポケモンに対するひとつの回答にもなるので優秀です。 じしん 呼ぶ炎や鋼タイプへの役割破壊技。 アーマーガアやエアームドといった地面をケアしている鋼ポケモンもおりますが、技範囲自体は結構広くなるためオススメのサブウェポンです。 DM時には特殊耐久を上げることが可能。 ばかぢから 地震同様、主に鋼タイプに対して技範囲を広げるサブウェポン。 DM時には威力が下がるものの殴りながら攻撃を上げる手段にもなるため、DM前提であれば特に採用価値が生まれます。 《かわらわり》《ドレインパンチ》など格闘技の選択肢は豊富です。 とんぼがえり 相手の交代際に刺さる技3つ目。 この技により有利対面を維持しやすくなるので、サイクル前提であれば技スぺを圧縮することが可能になります。 がむしゃら 弱点が多いことと先制技を獲得したことを活かして疑似タスキカウンターをやってもよし。 ドラムアタックで素早さを下げ、がむしゃらで相性関係なしにHPを削ることで、後続DMの起点にするなど、タスキ行動保証との相性がとても良い技です。 つるぎのまい 高い攻撃力を最大限に活かす積み技。 抜きエースとしては心許ない素早さは《グラススライダー》で補いましょう。 やどりぎのタネ 相手の交代際に刺さる技4つ目。 実質、味方の耐久を若干上げることができる技であるとともに、素早さ勝ちしているポケモンに対して《みがわり》とグラスフィールドの回復によってダメージレースで優位に立つことができます。 みがわり 相手の交代際に刺さる技5つ目。 読みのリスクを軽減しつつ宿り木やグラスフィールドの回復を有効に使える補助技です。 身代わりを活かすのであれば素早さにしっかりと努力値を振ることで、相手の引き先に対する素早さの優位性を限界まで上げておきましょう。 キョダイコランダ キョダイマックス個体が使用可能な専用技。 剣盾御三家KDM技共通で威力160という絶大な火力と、《ばけのかわ》《がんじょう》といった相手の特性を無視する効果によって、しっかりと大ダメージを与えることができます。 エースバーン、インテレオンと異なるのが、《グラスメイカー》による草技威力UP効果を場に出るだけで発揮できる点が強力です。 相手の交代による対面操作に対して不利になりすぎないよう、一貫性が高めの技で固めてあります。 DM時に火力UPを狙える格闘技を挿しましたが、壁展開に抗えるようになるっていう点と、馬鹿力と違い連打ができる点で瓦にしてあります。

次の