ポプラ レアリーグカード。 チャンピオンカップ再戦

攻略チャート/クリア後

ポプラ レアリーグカード

注意: 以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。 ご理解の上ご利用ください。 幼少期のトラブルにより養護施設育ちで暮らしていた。 他人と馴染めず孤立していたが、施設を訪問したローズからポケモンを貰ったことをきっかけにトレーナーとしての才能を開花させた。 そのため、ローズのことを信頼していた。 信頼するローズのためにに協力してねがいぼしを各地で集めていたが、そのためには周りを顧みない節があり、ある時ついにローズから借りたダイオウドウを使ってラテラルタウンの遺跡を破壊してしまう。 ローズはビートが自分のために行動している事は理解していたものの、それ以前にあまりに「ガラルを愛していない」というビートの現状に失望し、ジムチャレンジの資格を剥奪する失格処分を科す。 その後、高齢故に跡取りを探していたポプラに勧誘され、再起の道を図る。 セミファイナルトーナメントに乱入し、ポプラの後継のジムリーダーとして主人公と対戦。 ラテラルタウンの遺跡の件もあって主人公に敗北したら引退するつもりでいたが、観客から称賛を受けたことで引退は撤回した。 エンディング後の事件ではアラベスクスタジアムのダイマックスポケモンを単身で抑え、チャンピオンとなった主人公と改めて勝負する。 この戦闘では素直に主人公を称賛するなど性格が丸くなっており、自分の道を模索している。 元々はの使い手であったが、ポプラの後継者として選ばれた過程でタイプの使い手となった。 ガラルギャロップとブリムオンが共通しているので極端に変わったという印象は受けないが、それ以外のポケモンは一新されている。 ちなみにシナリオにおける男性のフェアリータイプのエキスパートはポケモン史上初。 ポプラのレアリーグカードにもビートの姿があるが、座るポプラの横で直立不動の真顔のビートという構図。 ジムリーダー後継の指導が厳しかったことが類推できる。 エンディング後にシュートスタジアムに行くと挑戦できるチャンピオンカップ再戦トーナメントでは、正式にジムリーダーとして出場してくる。 手持ちポケモン はすべて15となっている。 ビート 1920円 1回目・ Lv. サーナイトとブリムオンのとくぼうが高めなので物理技が有効。 エスパー複合が多いのでどくタイプは避けたい。 チャンピオンカップではブリムオンがキョダイマックスするため、キョダイテンバツによる混乱には注意されたし。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ビート Betys Beta vulgaris 学名:ビート Bede 日本語名より? 戦闘時のBGMには決勝戦のフレーズが使用されている。

次の

ポケモン レア リーグ カード

ポプラ レアリーグカード

「ふんばりどころ です! わたしも いっしょに がんばります!」 CV:(薄明の翼版) 概要 『』に登場する、の一人。 キャッチコピーは 「ガラル空手の 申し子」。 背番号は「193」で、戦(いくさ)と掛けていると思われる。 『ソード』版でのみ挑戦できるジムリーダーで、『シールド』版でのみ挑戦できると対になっている。 のジムリーダーで、の使い手で、100年の歴史を誇るガラルカラテの申し子である。 親の英才教育によりパートナーのポケモンとともに厳しく育てられたとのことで、非常にな性格。 また、厳しい教育の賜物か、試合が終わった後には、合掌して「ありがとうございました」とお辞儀をする等、とても礼儀正しい一面も持つ。 そのような思考からか感情を出すことはあまりなく、に陥っても動じない正確無比なバトルを繰り広げる。 しかしこれはあくまでも相手に隙を見せないように振る舞っているからであり、パートナーには割と本音を見せてしまうとか。 また、内心では様々な技や作戦をバトル中に試してみたいという欲が湧き上がってくる事があるといい、それ故に真の意味での無心で戦う事はなかなかできていないらしく、その事に対して「 修行が足りない」と感じている。 最近になって 隠れマニアだという意外な一面を雑誌にすっぱ抜かれたらしく、そのギャップもファンからは好印象の模様(本人はスイーツ巡りがやりにくくなったと不満のようだが)。 また、設定資料集ではを着ているイラストが掲載されており(曰く「 」)、このことから普段は生活を送っているものと考えられる。 彼女の年齢は不明であるが、外見からまだジムリーダーとしてはかなり若い方であると考えられ(オニオンとの間くらいだろうか)、このことから恐らく若しくはなのではないかと考えられる。 『』では特定の条件を満たすと他のジムリーダー同様を訪れることがある。 ヨロイ島で同じかくとう使いのトレーナーであるが道場を開いていることは知っているようであるが、本人曰く「 恐れ多くて訪ねることができない」らしく、道場で修行するまでには至っていないようである。 容姿 少し焼けたようなに灰色の髪が特徴。 目は普段は薄い青色だが、、表情もキリっとした真剣な顔つきに変わる。 恰好は黒と白とオレンジベース。 上着のジャージを結び、中の黒いシャツを出しているのが特徴。 今作に登場する同じ女性のであるやと比べるとかなりがっしりした印象を受ける体格をしている。 また、 女性としてはかなりが高く、よりも頭1つ分ほど高い背丈をしている。 多くのかくとうタイプ使いの例に違わず、、、、と同様に(後述するアニメでは外出時にはを履いている描写がある他、設定画に描かれた学生服着用時にはを履いている)。 一方で、頭に大きなをつけていたりと、女の子らしい要素もある。 ジムチャレンジ 彼女のジムチャレンジはピンボールのような構造になっており、玉に見立てた遊園地のコーヒーカップのような乗り物に自分が乗り込み、Rスティックを操作して傾斜を下っていく必要がある(これは『盾』版のオニオンの場合も同様)。 この操作はRスティックを「右回りにぐるぐる回す」と右方向に、左に回すと左方向に進むのだが、説明を聞き逃して普通に操作しようとしてもRスティックを倒すだけでは何も起こらないため注意。 手持ちポケモン 発売前は(比較的対策の立てやすいかくとうタイプの使い手であったこともあり)「・がいれば余裕」等と楽観していたプレイヤーもいた。 もちろん、ジムリーダーともあろう者がそう簡単に突破できるほどたやすく設定されているわけがなく、発売後に実際に戦ってみると、サイトウもそうしたかくとうタイプの弱点をカバーするために、 との複合であるゴロンダや、あく技である「 ダイアーク」を連発してくるキョダイマックスカイリキー等でばっちり対策しているため、攻略は一筋縄ではいかず、ジムリーダーの名に恥じぬ強敵であることが判明した(少なくともエスパーで突破してやろう等と高をくくっていると間違いなく返り討ちにされる)。 まあ、彼女との試合に限らず 本来ポケモンバトルとはそういうものなのだが。 こんな具合にエスパーやゴーストタイプへの対策は充実している一方で、 ・への対策は意外にも手薄。 また、運が絡むがマックスレイドバトルでも出てくることがある。 ジムバトル• Lv53• タイレーツ Lv61• 英表記は「BEA」。 実際、の得意なムエタイがベースだからか、版では の使い手と訳されており、やはり日本人の多くがイメージするだろう空手とは全くの別物であることは間違いない。 元ネタはほぼ間違いなく ただしバリツ自体はゲーム中の人物にその存在が言及されている。 レアリーグカードの人影 とある条件を満たすと入手できるレアリーグカードでは、両親の厳しすぎる教えからストイックになるあまり笑顔を失っていたこと、そんな彼女が笑顔を見せる相手がいることが記されている。 カードはサイトウが笑顔で応対している場面であり、その相手は背面から肩の一部しか写っていないものの服装的にの 「」であると予測される(メタな話をすれば、単なる キャラグラの使いまわしなのだが…)。 ちなみに本作の「からておう」は、 口髭を蓄え胸毛が濃く、 若干をした風貌の、30~40代ほどの青い道着を着た大柄な男性である。 カードには 「ストイックなサイトウが満面の笑顔を見せたのは家族か、相棒のポケモンか、それとも他の誰だろうか」と記され、また上記の通りグラフィック流用かつ後ろ姿のみの表現に留められており、カードの相手について具体的な言及はされていない。 その含みを持たせた曖昧な表現や、サイトウのキャラクター性から二人の関係が気になるプレイヤーも多い様子で、様々な憶測を呼んでいる。 オニオンとの関係 同じく両バージョンで対となっている&が親子であることが判明しているのに対し、 サイトウとオニオンに関しては明確な関係性について特に語られておらず、両者がどういった関係にある存在なのかは不明のままとなっている(互いに劇中で言及することはもちろん、リーグカードにおいても2人の関係については特に触れられていない)。 マイナートレーナーへの降格もありうるというガラルのジムリーダーの設定から、成績不振などで降格処分を受けた前任のジムリーダーの後を継いだのが、『剣』の時間軸ではサイトウ、『盾』の時間軸ではオニオンだったという可能性も考えられる。 ちなみに、設定画ではオニオンのアホ毛が反応する様子を見てサイトウが驚く様子を描いたものがあり、これが現状公式で両者が接点を持った唯一の事例となっている。 での扱い 女性のジムリーダーであることや、その精悍な佇まいから、同じく女性のジムリーダーとして発表されたルリナ共々、発売前から話題が沸騰したキャラとして有名。 それ故、をはじめとした上でも多数のイラストが投稿されている。 オニオンとの絡み 上記のように、オニオンとは対になる関係にあるため劇中では一切絡みがないのだが、絡みがないということを逆手にとって、描き手が両者の関係を自由に想像して描いているケースが多い。

次の

ポケモン剣盾シナリオ攻略チャート (10) エンディング後

ポプラ レアリーグカード

とは、『』に登場するである。 他人となじめず 問題を起こしては カばかりだった。 だが 施設を訪問した に 1匹のを 与えられ 彼のは 変わりだす。 の 才が あった彼は 勝負に のめりこみ 強くなっていった。 すいせんじょうを くれた に 認めてもらうために チャを 勝ち進む。 「 だった の 任命で 新しく アラクスタジアムの と なった。 の 厳しい で 丸くなったとの 評判。 本人は 否定も 肯定も していないが を 断らなくなった。 また の 実も 相当 高まった 様子。 最近は の を められ へきえき しているそうだ。 」 概要 のとなるの一人。 者はにしての。 (?)に の装をまとった外見を持つ。 その性格から瞳はよどんでおり常に不敵な笑みを浮かべている。 幼少時のが原因で保護施設に入っていたがに才を見出され、などを経てチャに挑むことに。 性格はでひねくれもの。 を使うがごく一部の相手以外は常に見下しているなど最悪と言っていい性格をしている。 また、甘い考えの相手を「より甘い」と評するなど独特の理屈っぽい話し方をする。 一方で自身を取り立ててくれたを尊敬しており、彼に認められ、彼のになることを標としているなど一途な面も持っている。 にされたことを誇りとしており、にされたとを見下している。 としての実は高く、の扱いを得意とする。 の中ではチャをこなしつつ、の意向で「ねがいぼし」を集めている。 また、に勝負を挑み勝、のの名前を出し彼らを罵倒したことでは長期にわたるに陥ることに。 そんな中、ラルの遺跡に大量のねがいぼしが埋蔵されていると睨んだはからを借り、あろうことかに遺跡の破壊を命じる暴挙に出る。 この暴挙はによって食い止められ、遅れてやってきたもルをていたことからに失望、彼にチャをいい、一切の権利をはく奪する。 その後はルシに滞在。 するほどに尊敬していた相手から想をれたことで…ということはなく、特に落ち込んだりということもなくチャ復帰のために面会をめようとするなど的に結構タフなところを見せる。 閲覧はでお願いします。 ! !! !!! ! その後 とともにルシにやってきたアラクの。 は高齢のため、自身の後継者となるに満ちたを探していた。 心当たりがあるとルシを訪れたは のに身を包み、使いとしての素質を持ち、ひねくれものでかつっすぐでもあるにの素質を見出し彼を猛に勧誘。 を諦めていなかったことに関して「してやらんこともないよ」とを半ば強引に連れ去った。 その後はアラクでに明け暮れることに。 いわく、に囲まれてとに明け暮れるだったという。 そして本戦となるを交えた、なんと彼は という手段で強引に参加してきた。 もを承諾、 「負けたらする」と宣言し因縁深いに使いとして戦いを挑む。 バアさんのもとでのに嫌気がさしたというが、自身はすっかりの魅につかれていた。 ひねくれものなのは相変わらずだが以前ほど酷くはなく、かつて濁っていた眼はくなど彼自身もまた成長を遂げていた。 善戦むなしくするも観客から「したらもう一度しろ」などと励され宣言を撤回、としての新たなを歩むこととなった。 初回こそになりたてだったせいかへの参加は持っていなかったが、二回以降は正式に参加することができるようになった模様。 バアさんの「してやらんこともないよ」というはきちんと果たされた。 大いなる ピンクを 見せましょう ガラル鉱山• 16 第二鉱山• ラテラル遺跡• ポケモンリーグ• アラベスクスタジアム• ポケモンリーグ(クリア後)• 当初はパー使いだったが、アラクのになるにあたり使いに転向。 Nのような特殊な例を除き使用、得意をがらりと変えるのはでも稀。 なんなく転向に成功するあたりに彼の実がうかがえる。 とはいえパー複合が三体もいるあたりは元パー使いとしての意地もみられる。 一貫してとなっている~は可な特別な個体。 保護施設時代にから託されたとはおそらくこののことだろう。 関連動画 関連項目•

次の