お 気の毒 様 です。 「ご愁傷様」の意味と正しい使い方とは? 例文と一緒に覚えよう

「ご愁傷様です」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

お 気の毒 様 です

喫煙=病気という構図は、ある意味衝撃的だった。 病名を「ニコチン依存症」という。 ウイキペディア(インターネット百科事典)では「……タバコ商品の常習的な喫煙を継続した結果、薬物依存症と習慣依存と認知の歪みによって、自らの意思で禁煙をすることが困難になった精神疾患を指す」と容赦がない。 精神病者だというのだ。 むかしは、父親が居間でたばこを吸うのは、当たり前の光景だった。 大人になったら、だれもがたばこを吸い、酒を飲む、そういうものだと思っていた。 学生時代、肉体労働系のアルバイトを何度か経験したが、休憩時間になると、 「おーい、たばこにするどー」 という声がかかった。 そういう人たちも含め、全員が精神病者だったのか……。 地下鉄のホームで電車を待っている間もたばこを吸い、線路には投げ捨てられたおびただしい数の吸い殻が散乱していた。 もちろん柱には灰皿が括り付けられていた。 気の利いた駅には、消火用の水の入ったペットボトルまで置いてあった。 あの密閉された飛行機の中でも、禁煙サイン(離着陸時だけ禁煙ランプがついていた)が消えたとたん、あちらこちらでいくつもの煙が立ち上った。 新幹線にも喫煙車輌があった。 今では到底考えられない。 若い世代に話しても、「このオヤジ、何を大袈裟なことを言ってやがる」と取り合ってくれないだろう。 たばこのない状態がすっかり常態化し、逆にたばこのある状況が不自然になった。 かつての「常識」が化学変化でも起こしたかのように「非常識」に変わったのだ。 まさにコペルニクス的転向である。 今、男性の喫煙率は、三割を下回っている。 吸わないのに吸わされている「受動喫煙」という考えが嫌煙権に勢いを与え、禁煙運動を一気に加速させた。 たばこと病気の因果関係が明確になってきたことが、人々の禁煙意識を一足飛びに高めた。 もちろん、先を走っていた欧米諸国の影響は大きい。 「慢性閉塞性肺疾患」、「がん」、「虚血性心疾患(狭心症と心筋梗塞)」を、喫煙関連三大疾患という。 「慢性閉塞性肺疾患」とは、気管支炎を起こし、痰・咳が出やすくなることや、気管支が細くなり、息切れを感じる症状である。 喫煙者の二〇パーセントがこの病気を発症しているという。 ほかにうつ病の発症率が高まったり、歯周病にも一役買っている。 また、スモーカーズ・フェイスといって、いわゆる「老け」の要因も喫煙によるものとされている。 要は、何でもかんでも「たばこが悪い」のだ。 かくして「愛煙家の皆様」は、「ニコチン依存症患者の皆様」と天地が逆転した。 平成二十三年の春、東京から北海道に転居し、驚いたことの一つが喫煙者の多さだった。 東京では喫煙場所を探すのに一苦労するのだが、北海道ではどこでもたばこが吸えた。 これじゃ、たばこを止めるきっかけがつかめないだろう、と思った。 ただ、これは北海道に限ったことではなく、大都市圏以外の地域では、どこも同じなのだろう。 私がたばこを吸い出したのは、大学生になってからである。 中学生になると、興味本位で隠れてたばこを吸う輩が出てくる。 高校生になるとそれが加速する。 そのころの私は、たばこにはまったく興味がなかった。 初めてたばこを吸ったのは、十九歳、一浪時代の受験の最中だった。 京都のとある大学を現地受験し、結果発表を見に行ったら、落ちていた。 滑り止めの学校だった。 翌日には本命の試験が控えていた。 強い失意を抱きながら、トボトボと薄暗い街道を歩いていた。 途中で見つけた喫茶店に入り、コーヒーと一緒にたばこを注文した。 吸ったのは、キャスターだった。 立て続けに二本ばかり吸って、あとは丸めてゴミ箱に捨てた。 本格的にたばこを吸いだしたのは、大学入学後である。 大学の持つ自由な雰囲気に圧倒され、一気に大人になった気分がそうさせた。 酒を覚えたのも同時期である。 四十歳からエッセイを書きだしたのだが、文章を書くのに、たばこは切っても切れないものとなっていた。 ちょっと行き詰ったとき、一服することで打開できることが多々あった。 たばこがなければ文章が書けない、そんなふうにさえ思っていた。 かといって、ヘビースモーカーだったわけではない。 私は元来胃腸が弱く、ニコチン〇・一ミリのたばこを一日十五本ほど吸う程度だった。 禁煙気運の広がりを感じつつも、止める気などさらさらなかった。 「たばこ? 止めるのなんか簡単だよ。 オレなんかこれまでに二百回も禁煙してきたんだから」 こんな調子で、周りを煙に巻いていた。 妻もたばこを吸っていた。 私と似たり寄ったりの本数だった。 それが、精神疾患を得てから、一日に三箱も吸うようになった。 チェーンスモーカーに変貌したのである。 燻製 くんせい になるのではと心配になるほど、たばこへの依存を深めていた。 どこの病院も敷地内から喫煙場が撤去されていたが、妻が入退院を繰り返していた大学病院の精神科病棟だけは、喫煙所があった。 患者の多くがヘビースモーカーなのだ。 イライラが募って攻撃的になる状況を、ニコチンの鎮静力で緩和する。 病気の性質上、喫煙を容認せざるを得なかったのだろう。 結局、妻は十二年半の闘病生活の後、同じく入退院を繰り返していた病気仲間の男性のもとに走った。 私が五十歳、妻が四十一歳だった。 私は妻との離婚を機に、人生を変えたいと強く願った。 妻の知らない私になりたい、と。 それが禁煙の動機だった。 禁煙パッチなどの禁煙ツールを使わず、いきなり禁煙外来に頼った。 ニコチンの離脱症状に打ち勝つ自信がなかったのだ。 周囲の失敗事例をいくつも聞いていた。 禁煙外来が功を奏し、二カ月の投薬治療で三十年の喫煙生活に終止符を打った。 文章を書いているときも、食後も酒の席でも、たばこを吸いたいという気が起こらない。 依存症状を克服でき、本当によかったと心から思う。 喫煙していたころ、食後の一服は不可欠だった。 また、長旅の電車を降りた後や空港の到着ロビーで、まず行っていたのは、喫煙場所を探すことだった。 そんな労力が不要になった。 こんな楽なことはない。 狭い喫煙所でたばこをふかしている人達を見ると、気の毒だなと思う。 ニコチン依存症患者が、喫煙によってニコチンの離脱症状を一時的に緩和している、そんなふうに映るのだ。 かわいそうな人々だ、と。 今、喫煙している人達も、遅かれ早かれ病気に罹患し入院する。 そうなれば、必然的に禁煙を迫られる。 心臓にペースメーカーを埋める手術のため入院していた私の叔父は、カレンダーを丸めて病室の窓からたばこを吸っていた。 そんなけなげな努力も、すぐに看護師にバレ、こっぴどく怒られていた。 喫煙しているだけで精神病者だと言われ、その喫煙行為により新たな病気のリスクが増大する。 もはや喫煙者に勝ち目はない。 「あいつ、まだたばこ、吸ってる。 バカじゃねえ?」「やっぱ、ビョーキだな」そんな冷ややかな目にさらされている。 喫煙者の肩身は、狭くなる一方だ。 たばこは、税率負担額が六割を超える商品である。 年間二兆円を超える貴重な税収財源だという。 たばこ税は、国税部分もあるが、地方税としての貢献度が高い。 「オレは、高額納税者だ」 と豪語する喫煙者をしばしば目にする。 だが、しょせん負け犬の遠吠えにすぎない。 それは本人が一番感じていることだろう。 どうせなら、たばこひと箱を千円程度に引き上げてやるべきだ。 それが、たばこを止める大義にもなろう。 喫煙者にだってプライドはある。 そんな花道を作ってあげることも必要だ。 それでも吸いたければ、好きにさせておけばいい。 いずれ、強制終了の日が来るのだから。 何とも気の毒な人々である。 平成二十八年十月 小 山 次 男.

次の

「不憫」と「気の毒」の違いとは?分かりやすく解釈

お 気の毒 様 です

或る大きな都会の 娯楽街 ( アミューズメントセンター )に 屹立 ( きつりつ )している映画殿堂では、夜の部がもうとっくに始まって、満員の観客の前に華やかなラヴ・シーンが映し出されていました。 正面玄関の上り口では、やっと閑散の身になった案内係の少女達が他愛もないおしゃべりに夢中になっていました。 突然、駈け込んで来た女がありました。 鬢 ( びん )はほつれ、眼は血走り、全身はわなわな 顫 ( ふる )えています。 少女達は驚きながら 訳 ( わけ )を 訊 ( たず )ねると、女はあわてて 吃 ( ども )りながら言いました。 「私の夫が恋人と一緒に 此処 ( ここ )へ来ているのを知りました。 家では子供が急病で苦しんでいます。 その子供を、かかり付けのお医者様に頼んで置いて、私は夫をつれに飛んで来ました。 どうか早く夫を呼び出して下さい」 少女達は同情して、その女や夫の名前を訊ねました。 すると、 流石 ( さすが )に女は、自分の夫の恥を打ち明けた上で、名前まで知らせる事は 躊躇 ( ちゅうちょ )しないではいられませんでした。 思いまどった女は、 「名前だけは、私達の名誉の為め申されません。 恋人を連れて此処へ来ている男ですよ。 子供が苦しんでるのですから、早く呼び出して下さい」 と 頻 ( しき )りに 急 ( せ )き立てます。 案内係りの少女達は、 「名前を告げなければ駄目です」 と言っても、その女は、 「それをどうにかして下さい」 と言って ききません。 これには少女達も全く困ってしまいましたが、 其 ( そ )のうち才はじけた一少女が、心得顔に筆を持って立札の上に、女の言葉をその 儘 ( まま )そっくり書きしるして、舞台わきに持って行って立てました。

次の

「不憫」と「気の毒」の違いとは?分かりやすく解釈

お 気の毒 様 です

新型コロナウイルス感染症の終息の願いを込め、福島県田村市は同市船引町に伝わる魔よけの神様「お人形様」の塗り絵を作った。 市ホームページ(HP)でダウンロードできる。 市は「外出自粛が続く中、在宅の時間を楽しみながら多くの人に御利益があればいい」と期待する。 お人形様は江戸時代、悪疫が流行した際に磐城街道沿いの集落で祭られたとされる。 木やわらなどで作られ、高さは約4メートル。 鬼のような形相の大きな顔が特徴で、なぎなたや刀を持って両手を広げ、とおせんぼのしぐさをしている。 現在は朴橋(ほおのきばし)、堀越、屋形の3地区に1体ずつ計3体が残る。 2001年、福島県の無形民俗文化財に指定されている。 塗り絵はそれぞれ表情が異なる3地区のお人形様の顔をイラストにし「疫病退散!」の文字を記した。 HPでは、お人形様の由来や特徴を紹介している。 市観光交流課の担当者は「アマビエのようにかわいらしくはないが、家族で塗り絵を楽しんでほしい。 新型コロナが終息したら、ぜひ迫力のある実物を見に足を運んでもらいたい」と話した。

次の