腎 前 性 急性 腎 不全。 急性腎障害(急性腎不全)とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

治療法について

腎 前 性 急性 腎 不全

急性腎不全はこんな病気 何らかの原因によって腎臓の機能が急激に 1日以内から数週間のうちに 低下し、その結果、体液の量を一定に維持できなくなった状態です。 腎臓には本来、血液中の老廃物や余分な水分を尿という形で体外に排泄するはたらきがあります。 近年は手術や重症の感染症によって、全身の様々な臓器が障害を受ける多臓器不全の一部として発症することが多くなっています。 症状としては、尿量の減少あるいは無尿、血尿、褐色調の尿、吐き気、食欲不振、全身倦怠感、意欲減退、痙攣 けいれん などがあります。 医療機関で採血した結果、急性腎不全と診断される場合もあります。 原因は様々ですが、大きく3つに分類され 表1参照 、この分類は治療法にも深く関連しています。 出血、下痢、多量発汗、嘔吐、熱傷などによる循環血液量の減少• 、心筋炎、などによる心臓のポンプ作用の低下• 急性糸球体腎炎、急性間質性腎炎などの腎臓自体を侵す病気• 薬物、造影剤、毒物などの有害物質• 、腫瘍、などによる通過障害で、腎臓が拡張した水腎症• による排尿障害 急性腎不全の治療法 適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、回復する可能性があります。 多くの場合、入院して治療を受ける必要があります。 原因に対する治療を第一に行い、腎機能が回復するまで、腎不全によって破綻した体内の内部環境を維持することが重要です。 また、腎機能障害が高度の場合には、血液浄化療法 人工透析 を実施しながら、原因に対する治療を行います。 原因の除去が治療の中心ですが、効果が出るまでの間は、腎不全の管理が特に重要です。 体液量の評価を十分に行ったうえで、栄養管理に努め、食事療法や補助的な薬物療法を併用します。 乏尿 尿の出が悪くなること が続いたり、による症状がみられる場合には、透析を開始します。 透析が必要になるのは腎臓が機能を回復するまでの一定期間だけのこともあり、通常は数日から数週間で回復します。 早期発見のポイント 高齢の方は、気づかないうちに急性腎不全が発症している可能性があります。 原因が「医学解説」で述べた「腎前性」の場合は血圧の低下がみられるため、突然低くなったりしたときは注意が必要です。 毎日の血圧測定が早期発見に役立ちます。 大量に汗をかいたり、発熱や下痢などの体調不良で水分が失われ、体内に必要な水分量と塩分量がなくなる脱水症も原因になります。 自覚症状としては、口の渇きや体のだるさ、立ちくらみなどを訴えることが多いです。 脱水の程度は体重測定によって判断できます。 たとえば食欲低下や下痢で体重が1日で2kg以上減少していれば、脱水症の可能性があります。 また、高血圧で降圧薬を服用している方 特に高齢者 の場合、夏場の急激な血圧低下にも注意しましょう。 急性腎不全の場合、浮腫 むくみ はあまり起きず、むしろ前述したような脱水状態になっていることの方が多いといえます。 その他、尿量減少、食欲低下、全身倦怠感などが特徴です。 血液検査では、血清尿素窒素 BUN 、血清クレアチニン、カリウムが高値を示します。 超音波検査やCT検査では、腎臓のサイズが正常~やや腫大していることがあります。 しかし、患者さん自身が、電解質異常や腎機能の指標として用いられる血清クレアチニン値の上昇に早期に気づくことは困難です。 そのため、体調不良で病院を受診したときには、すでに重症の状態に陥っているケースも多くみられます。 一方で、入院中、特に心臓手術や多発外傷、循環不全、重症熱傷、などでICU 集中治療室 に入室している患者さんは、全身状態の悪化に伴い、急性腎不全を発症することがあります。 ICUの患者さんは常に医師や看護師による管理が行き届いているので、たとえ急性腎不全が起こった場合も早い段階で軽度の異常に気づいて処置できます。 ただし、ICUの患者さんはわずかな体調の変化も全身状態に影響を及ぼすため、軽度の腎障害であっても、より重篤な病態に陥ってしまうこともあります。 医薬品の使用で発症することもあるため、解熱鎮痛薬 非ステロイド性抗炎症薬 を服用している方、アミノグリコシド系抗生物質や抗がん剤 シスプラチン等の白金製剤 の投与を受けたり、造影剤検査 ヨード造影剤 を行った方は、早期発見という観点からも、定期的な血液検査・尿検査を積極的に受けることが推奨されています。 予防の基礎知識 軽い急性腎障害も、繰り返すことでどんどん状態が悪くなり、やがて慢性腎臓病に陥ることがあります。 場合によっては人工透析が必要になることもあるので、早期発見、適切な治療はもちろん、予防することも極めて大切です。 高齢の方は、「早期発見のポイント」でも述べたように、脱水症状や過度な血圧低下などが急性腎不全の原因になります。 こまめに水分補給を行うこと、体重測定をすることで早めに脱水に気づけるようにしましょう。 降圧薬を内服している方は、毎日血圧を測定することをおすすめしています。 通常の血圧と比較して極端に低くなっている場合、あるいは最高血圧が100以下に下がっているときなどは、服用を一旦中断して主治医に相談してください。 普段から鎮痛薬を飲み過ぎないことも、日常生活の注意点として重要です。 造影剤誘発性の急性腎不全の予防法としては、検査前後の生理食塩水による輸液療法が有効であることが明らかになっています。 急性腎不全は腎臓の機能が悪い人ほど起こりやすいといわれているので、健診結果などで、自分の腎機能の数値 クレアチニンとeGFR をチェックしておきましょう。

次の

急性腎障害・急性腎臓病(急性腎不全)とは

腎 前 性 急性 腎 不全

急性腎障害は,数日間から数週間で腎機能が急速に低下する病態であり,これにより血中に窒素化合物が蓄積する(高窒素血症)。 原因は重度の外傷,疾患,または手術による腎臓の灌流低下である場合が多いが,ときに急速進行性の内因性の腎疾患に起因する場合もある。 症状としては,食欲不振,悪心,嘔吐などがある。 無治療の場合,痙攣発作や昏睡を来すこともある。 水・電解質および酸塩基平衡の障害が急速に発生する。 診断は血清クレアチニン値などの腎機能検査に基づく。 原因を特定するには,尿指標および尿沈渣検査のほか,しばしば画像検査やその他の検査が必要となる。 治療は原因に向けられるが,水分と電解質の管理およびときに透析を行うこともある。 とは,AKIではよくみられ,横紋筋融解症または腫瘍崩壊症候群の患者では著明となることがある。 横紋筋融解症でみられる著明な低カルシウム血症は,壊死した筋肉内でのカルシウム沈着, カルシトリオール産生の減少,副甲状腺ホルモン(PTH)に対する骨の抵抗性,および高リン血症が複合的に影響を及ぼすことで発生する。 横紋筋融解症による急性尿細管壊死発生後のAKIの回復期には,腎臓での カルシトリオール産生の増加,副甲状腺ホルモンに対する骨の反応性の上昇,および損傷した組織に沈着したカルシウムの移動に伴い,高カルシウム血症を併発することがある。 これ以外では,AKIからの回復期に高カルシウム血症がみられるのはまれである。 原因の特定 造影剤は可能な場合は回避すべきである。 しかしながら,臨床所見から血管性の原因が示唆される場合は,腎動脈造影および静脈造影がときに適応となる。 MRアンギオグラフィーは,腎動脈狭窄ならびに動脈および静脈での血栓症の診断でますます利用が増加していたが,これはMRIで使用されるガドリニウムが血管造影および造影CTで使用されるヨード造影剤と比較して,より安全と考えられていたからである。 しかしながら,最近のエビデンスから,AKI患者のほかの患者でも発生する重篤な合併症である腎性全身性線維症の発生機序にガドリニウムが関連している可能性が示唆されている。 このため,腎機能が低下した患者ではガドリニウムの使用は可能であれば避けるべきである。 アニオンギャップ増大を伴う代謝性アシドーシスの炭酸水素ナトリウムによる是正については議論があるが,重度の代謝性アシドーシス(pH7. 20未満)のアニオンギャップ以外の部分に対する治療については議論はあまりない。 デルタデルタ勾配(delta delta gradient)を計算すると,アニオンギャップ正常の代謝性アシドーシス とアニオンギャップ増大を伴う代謝性アシドーシスでは負の値となるため,炭酸水素ナトリウムを投与して,デルタデルタ勾配がゼロになるまで血清重炭酸濃度を上昇させる。 身体緩衝系の変動と酸産生の速度は予測困難であることから,十分な是正を達成するのに必要な重炭酸の量の算出は通常は推奨されない。 その代わりに,重炭酸を持続静注で投与し,アニオンギャップを連続的にモニタリングする。 多くの患者で,閉塞が軽減されると活発で劇的でさえある利尿がみられるが,これは閉塞時の細胞外液の増加に対する生理的反応であり,体液の状態に障害をもたらすものではない。 しかしながら,大量のナトリウム,カリウム,マグネシウム,その他の溶質の排泄を伴う多尿は,低カリウム血症,低ナトリウム血症,高ナトリウム血症(自由水が供給されない場合),低マグネシウム血症,または末梢の血管虚脱を伴う細胞外液量の著明な減少を招く場合がある。 この乏尿後の期間においては,水・電解質バランスに対する緊密な注意が必須である。 閉塞の軽減後に塩分と水分を過度に投与すると,利尿が長引く可能性がある。 乏尿後の利尿が認められた場合には,尿量の約75%に相当する0. 45%食塩水を補充することで,体液量減少および自由水の喪失過剰の傾向を予防しつつ,もし多尿の原因が過剰な体液である場合には,身体から過剰な体液を排泄できる。 予防 造影剤の使用は最小限に抑え,特にリスク群(例,高齢者,既存の腎機能不全,体液量減少,糖尿病または心不全を有する患者)では最小限にすべきである。 造影剤投与の前後には,生理食塩水の代わりに等張性の炭酸水素ナトリウム溶液の点滴も行われており,成功を収めている。 静注造影剤を使用する前日および当日に N-アセチルシステインを600mg,経口,1日2回で投与するレジメンが造影剤腎症の予防に用いられているが,効力に関する報告は相反している。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

急性腎不全(腎前性・腎性・腎後性)

腎 前 性 急性 腎 不全

急性腎不全 ブックマーク: 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する状態です。 通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿)、あるいは全く出なくなったり( 無尿)します。 一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。 死亡率の高い病気です。 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査の際、もともと腎機能が低下している患者さんや、高齢者、糖尿病の患者さんなどではこの 造影剤が尿細管の細胞を傷害し、一時的に急性腎不全の状態になることがあります。 主に糸球体が急激に傷害される病気として 急性糸球体腎炎や 溶血性尿毒症症候群(一時期全国的に多発した O-157大腸菌感染によることが多く、糸球体だけではなく尿細管も傷害される)などがあり、やはり急性腎不全の原因となります。 見過ごされやすい原因として、 抗生物質や 鎮痛剤など、様々な薬剤に対するアレルギーが腎臓に起こる 薬剤性急性腎不全の場合があります。 アレルギー反応は主にネフロンや血管の間を埋めている間質という部分に起こることが多く、 急性間質性腎炎と呼びます。 直接ネフロンの働き、すなわち尿を作るのに影響は無いように思われますが、間質に炎症に伴う無数の細胞が集まると、ネフロンや血管が圧迫され、尿を作ることが出来なくなり、急性腎不全の原因となります。 しかし、血尿や蛋白尿の出ることも少なく、余程尿の量が減少して、強い浮腫でも現れなければ、 体がだるい程度の症状で見過ごされることも多いのです。 自然に治ってくれれば問題無いのですが、後遺症を残すことが多いと考えられています。 むやみに薬を飲むとこのような危険もあることを十分認識していただきたいのです。 急性腎不全の原因も様々で、尿が出来て排出されるまでの経路によって、 腎前性、 腎性、 腎後性に分けられます。 急性腎不全の程度によっては一時的に透析療法まで必要としますが、原因がなくなれば治る可能性は十分にあります。 透析を受けている限り急性腎不全がもとで死亡することはありませんが、原因となった病気で死亡することも多いのです。 腎後性急性腎不全 最も分かりやすいのは腎後性です。 前立性肥大などで 尿の通り道が閉塞すると、当然尿が出なくなり、腎臓の尿を作る働きもストップし、急性腎不全となります。 しかし、治療も簡単でこのような閉塞を取り除けば治ります。 の項で述べたように、腎臓の働き、すなわち尿を作る過程はネフロンと言う管状の構造で行われているため、ネフロンの一部が傷害されても全体の働きが出来なくなり、尿を作ることが出来なくなります。 このような傷害が突然、しかもすべてのネフロンに起こると急性腎不全状態となります。 腎前性急性腎不全 急性腎不全の最も多い原因の1つに ショックがあります。 これは、精神的なショックではなく、例えば、心筋梗塞や大出血などによって 血圧が急激に下がる状態を言います。 このような場合、腎臓を流れる血液が極端に減少し、尿を作ることが出来なくなります。 急性腎不全の原因が腎臓に十分な血液が流れてこないことにありますから、腎前性急性腎不全と呼びます。 血圧を上げて、腎臓に十分な血液が流れるように治療すれば、急性腎不全も治ります。 腎性急性腎不全 腎臓に流れる血液が減少すると、腎臓の細胞が生きていくのに必要な酸素の運搬も出来なくなります。 この場合、特に酸素不足に弱い 尿細管細胞が死んでしまいます(尿細管壊死)。 尿細管が働かなくなれば、いくら糸球体が正常でも、ネフロンとしての働きが出来ず、急性腎不全となります。 いくら血圧を上げて十分な血液を腎臓に流しても手遅れで、新しい尿細管細胞が生まれるまで、腎臓の働きは停止します。 このような状態を腎性急性腎不全と呼びます。 心臓が止まってから腎臓を取り出し、腎機能を失った透析患者さんに移植する、 献腎移植の場合も尿細管壊死が起こります。 この場合、取り出された腎臓の尿細管は死んでいるため、移植が成功してもすぐには尿は出ません。 尿細管が再生して尿が出るまで1週間程度かかります。 もし、脳死状態で腎臓を摘出すれば、尿細管細胞は生きていますから、移植後すぐに尿が出ます。 尿細管細胞は毒性物質にも弱く、阪神大震災の時にはガレキの下敷になって筋肉が傷害され、筋肉の中から遊出した様々な物質が尿細管細胞を傷害して急性腎不全をきたした、いわゆる 挫滅症候群(クラッシュ症候群)が発症しました。

次の