空母いぶき ネタバレ。 空母いぶき

映画「空母いぶき」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

空母いぶき ネタバレ

映画『空母いぶき』 どうも、管理人のタイプ・あ~るです。 現在、全国の劇場で公開中の映画『空母いぶき』は、氏の人気漫画を実写化した作品で、公開前から(色んな意味で)話題になっていました。 事の発端は、本作で総理大臣役を演じたさんの「ある発言」(詳細は省きますが)で、これに対し某有名小説家がで激怒するなど、かなりの騒ぎになったのです。 実際に映画が公開されると初登場でランキング2位、は2日で3億3000万円という好成績を記録したものの、評価の方は賛否両論…というか明らかに批判的な意見が多数見受けられました。 では、本当に実写映画『空母いぶき』は駄作なのか?なぜこんなに批判されているのか?などについて、本日は具体的に検証してみたいと思います(なお、僕は原作を全部読んでいます)。 最大の問題は、やはり 「原作を大きく改変している」という点でしょう。 これは人気漫画を実写化する際には必ず取り沙汰される問題ですけど、個人的には 改変自体が悪いことだとは思わないんですよね。 大ヒットしている人気漫画ともなれば長期に渡って連載している場合が多く、そのままでは長すぎて映画化できないからストーリーを圧縮するために色んな部分を改変せざるを得ない…という事情は理解できますから。 ただ、その際は「どこをどんな風に改変するか?」が大事だと思うんですよ。 それぞれの原作によって 「変えちゃいけないポイント」みたいなものが絶対にあるはずなので。 そういうことを考えながら実写版『空母いぶき』を観てみたんですけど……原作はと中国軍が戦う話なのに、「東亜連邦」という架空の国に変わってました(泣)。 う~ん…、「変えなきゃ色々と面倒なことになる」というのは分かるんですが、『空母いぶき』を描く上において、ここは 「最も変えちゃダメな部分」じゃないのかなあ?と。 ただ、これに関しては悪くなかったですよ。 特に本田翼さん演じる女性記者(本多裕子)は、たまたまを取材するために乗った空母いぶきで初めて他国との戦闘を体験し、その衝撃を「ネットを通じて発信することで世界に影響を与える」という重要な役柄を演じていたり。 しかも原作では、新聞社の男性記者が沖縄まで出向き、最前線の写真を撮って公表することで世間に影響を与える…という展開だったのに対し、制作側が「男ばかりで画面に華が無い」と判断したのか、映画版では美人な本田翼さんになっていて良かったです(笑)。 映画『空母いぶき』 その反面、さん演じるコンビニ店の店長は物語への関連度が薄いせいでほぼサブエピソードのように見えてしまい、上手く機能しているとは思えませんでした(観客からも「あのシーン、いらねえだろ!」と批判が殺到した模様)。 まあ、激しい戦闘の直後にゆる~いコンビニ店の様子をぶっ込まれたらギャップに戸惑うのも無理ないと思いますが、あのシーンは「このような平和な暮らしの裏ではギリギリの攻防が繰り広げられていた」ということを現す場面なので、必要っちゃ必要なんですよね。 さらに、有事が報道されると大勢の人が一斉にコンビニに押し寄せ、商品を買い漁って店の棚が空っぽになる…という描写を入れることで、「現実に戦争が起こればこうなるかもよ」と示唆しているわけです(原作にも同様のシーンがある)。 なので少しでも関連を持たせるために、例えば「いぶき」に乗船しているの一人が実は店長の身内だったとか、ベタでもいいからそういう設定で相互にドラマを繋げればもうちょっと観客の共感を得られたのではないか?と思うんですけどねえ。 そして、この艦長が敵の撃ってきた主砲をかわすために 「バックや!」と叫ぶシーンも、「いくらスクリューを逆回転させたところで、あんな大きな船が急にバックできるはずがない!」と批判されていましたが、残念ながらこれも原作通りです(笑)。 と言えば、 監督と組んで『』シリーズや劇場版『』や『』など、数々の名作アニメを手掛けたベテラン脚本家です。 特に『』は、「現職の員がクーデターを企てる」というロボットアニメとは思えないほどハードなポリティカル・フィクションを臨場感たっぷりに描き出し、多くのアニメマニアから絶賛されました。 まあ、世間ではあまり評判の良くない『』や『』も僕は割と好きなんですよ。 個人的には「中国軍とが戦うという設定を変えたこと」と、もう一つはラストで各国の潜水艦が登場するシーンが気になりました。 無難な決着の付け方で、悪くはないんだけれど今いちに欠けるというか、モヤッとする終わり方なんですよね。 原作がまだ完結していないので、独自のラストを考えなきゃいけない難しさはあったと思うんですが…。 ただ、過去から現在に至るまで 「が(架空とはいえ)他の国の軍とガチで戦う映画」はほとんど存在しないので、そういう意味では価値があるんじゃないかと思いました。 ツッコミどころは多いですけど(笑)。

次の

【空母いぶき】102話(12月10日号)ネタバレと感想

空母いぶき ネタバレ

もくじ• 空母いぶき102話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 世界にライブ中継される着陸 沖縄・石垣空港に、無事中国機1番機が着陸 します。 そして、その模様は全世界へとライブ中継されているのであります。 そんな中、東都新聞記者 一の瀬一(いちのせはじめ)は、自衛隊の制止を振り切り、 中国 機から降り立ったばかりの中国人パイロットに突撃インタビューをし、日本国民に生の声を届けようとするのでありました。 戦闘終結へ動く中国政府 そ の情勢に中国本土でも動きがあり 、 中国機の着陸中継が始まるとすぐかなりの数の中国人民解放軍が中国北海艦隊司令部を抑えに入ったとの報告がありました。 主にこの侵攻作戦を発案・主導してきた、王志強(ワンデーチャン)政治委員ならびに王とつながる戦略ミサイル軍の李永康(リーヨンカン)少将の拘束であると見られていました。 ついに中国中央政府、中国軍事委員会が動いたのです。 中国人民解放軍は、侵攻作戦の主導責任者を拘束し、中国当局はすでに戦闘終結後へと向かって動き始めているのでした。 空母「広東」へ直接乗り込む秋月一佐 秋月一佐は新波副長に艦を任せ、状況視察のため「広東」艦隊への接近飛行にのぞむのでありました。 単機での接近は危険だと進言する新波であったが、 「この海で起きたことの全てを知っておきたい。 未来のためにも。 」 と言い残し、秋月は単機、ヘリコプターで飛び立つのであります。 秋月 は 救助ヘリコプターの活動を見届け、 突如「広東」への着陸を要請するのであります。 突然の着陸要請に慌ただしくなる 「 広東 」。 撃墜もやむなしと決断を仰ぐ乗組員たちに、劉艦長が下した決断は。 秋月一佐の艦への受け入れであったのです。 ついに向き合う秋月艦長と劉艦長。 向かい合う、両艦長からは何が語られるのでしょうか。 空母いぶき102話の感想・考察 いよいよ向かい合う両雄!クライマックスへ。 ラスト2話ということもあり、いよいよお話もクライマックスへという感じをひしひしと感じるようになってきました。 そんな中、いよいよきた向かい合う両雄といったところで、専守防衛の国の基礎としてきた日本国の中で異彩をはなってきた「いぶき」の秋月艦長。 大国中国の現在を代表するような劉艦長。 その2人が最終話で何を語るかものすごく気になるところではあります。 また2人が少年時代に目撃した「ベルリンの壁の崩壊」と「天安門事件」がどうように関係してくるかは期待するところです。 まだまだ引き続き、物語を見ていたいというのが一読者の感想ではありますが、作者のかわぐち先生の体調もありますので、かわぐち先生の回復をお祈りしながら、最終話を待ちたいと思います。 関連記事: 関連記事: ジャンプ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ マガジン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ サンデー系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社男性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 集英社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スクエニ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ KADOKAWA系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

映画「空母いぶき」ネタバレと感想/戦うのか護るのか、領土が占領された

空母いぶき ネタバレ

そんななか、国籍不明の漁船20隻が日本の初島に向かっているのを、巡視船「くろしま」が見つけます。 直後、「くろしま」は銃撃を受けました。 〔12月23日 04:25JST〕 垂水慶一郎・内閣総理大臣は、「くろしま」がEEZ(排他的経済水域)で攻撃を受け、数名の負傷者が出ているという報告を聞きました。 時間の経過により、情報は続々とあがってきます。 やがて、「くろしま」の乗組員が拘束され、初島に謎の人物が上陸を果たしたと聞いて、政府の官僚たちは招集されました。 この段階ではまだ憶測にすぎませんが、初島に上陸をした者たちは、東亜連邦ではないかとささやかれます。 東亜連邦は、フィリピンの北東に位置しており、初島はそこから近い場所にありました。 官僚たちは、防衛出動を出すべきか議論します。 初島の近くには、第5護衛大群が航海訓練中でした。 護衛艦「あしたか」「いそかぜ」「はつゆき」「しらゆき」、潜水艦「はやしお」、そして航空機搭載型護衛艦「いぶき」です…。 (以後、映画は「空母『いぶき』の艦内」を舞台の軸に据えて、主に3つのパートで描いています。 ・「いぶき」の艦内を、記者たちの目線で…騒動の最前線 ・日本政府関係者の目線で…日本政府の対処法 ・コンビニの店長と店員の目線で…一般市民の受け止め方) …航空機搭載型護衛艦「いぶき」は、攻撃型の空母でした。 空母いぶきをめぐって、3年前に日本国で大きな論争が上がっていました。 戦争の放棄を訴えている日本が、攻撃できる空母を持つことの是非、専守防衛の定義を逸脱する政策ではないかという意見もあります。 3年前に物議を醸した「いぶき」は、しかし就役されました。 そして現在、第5護衛隊群の航海訓練を取材するために、「いぶき」には、ネットニュースP-Panelの女性記者・本多裕子と、情報新聞の記者・田中俊一が乗船していました。 「いぶき」を取材させて、一般市民に向けて情報を発信するためです。 その最中に、今回の事件が起きたのでした。 空母「いぶき」を指揮しているのは、秋津竜太・艦長です。 副長は秋津と同期の、新波歳也でした。 防衛大学の同期で、トップを争った秋津と新波は、卒業後の進路も対照的でした。 秋津は航空自衛隊に所属し、新波は海上自衛隊に所属したのです。 「いぶき」に乗り込んでいた田中は、興奮で身震いしていました。 ただの取材ではなく、いま目の前で起きていることを取材できる、貴重なチャンスだからです。 同乗していた裕子は、衛星電話を持っていました。 最前線にいる田中と裕子は、否が応でも軍事衝突の危機に巻き込まれます。 第5護衛隊群は、過去に3回しか発動されたことがない、「海上警備行動」に入ります。 救助要請を出す漁船を見つけた直後、いきなり敵から攻撃を受けました。 船上の火災はすぐに鎮火しますが、この攻撃により、敵は東亜連邦であろうと目されます。 またこの攻撃で、空母「いぶき」の甲板は大破してしまい、航空戦力に大打撃を受けました。 湧井継治・第5護衛隊群群司令は、転倒して頭を打ち、血を流します。

次の