最速 で 最短 で まっすぐ に 一直線 に。 最速降下曲線 [物理のかぎしっぽ]

光の直線。

最速 で 最短 で まっすぐ に 一直線 に

と走り初心者の方達に対してよく言われるなんともざっくりしたアドバイス。 このアドバイスでは背筋を伸ばすことくらいしか汲み取れませんよね。 実際「速く走るための良い姿勢」とはなんなのか、しっかり定義されているものがあります。 そこで今回の記事では、速く走るための良い姿勢 『パワーポジション』 について徹底解説と実践ドリルをご紹介していきます。 つまり 「 速く走るためのパワーポジション」=「最も速く大きな力の発揮がしやすい姿勢」 であると言えます。 パワーポジションと調べるといろいろな形がネットでは出てきますが、競技特性によってお尻を膝と同じ高さまで下げるパワーポジションもあれば、足を肩幅以上に大きく開く広めのパワーポジションもあります。 しかし走りの中で膝下までお尻を下げたり、足を大きく開いた姿勢ではそもそも走れませんよね?つまり「ネットで氾濫しているパワーポジション」と言われてるものは実に大沙汰で競技によって全く違うものであるということです。 速く走りたい皆さんは、最も速く大きな力の発揮ができるようにするための「速く走るためのパワーポジション」を習得していきましょう。 パワーポジションの仕組み 肩、膝、母指球のライン 「速く走るためのパワーポジション 」の作り方と仕組みをご説明します。 ここでのポイントは二つです。 3つの流れで説明できます。 大事なのは力の伝わる軸と重心の軸が同じになるということです。 いきなり走ってる最中この形を常に意識して維持することは無理です。 なので記事の後半では、パワーポジションを維持するトレーニングを紹介します。 100m世界記録保持者ウサインボルトがまさに世界記録を更新した際のレース動画です。 8分9秒からレース横からのカメラになります。 では実際に走りのどのような場面でパワーポジションが使われているでしょうか。 接地をする局面であれば加速局面、中間疾走局面、維持局面全ての局面で使われています。 加速局面、中間疾走局面、維持局面のパワポジ このようにどんな走りの場面でもパワポラインが揃えられることで毎回効率的に力を地面から受け取り走りの速さに還元することができます。 特にパワーポジションは競技によって定義がまちまちなので尚更です。 以下のような反論があったりします。 これは、そもそものパワーポジションの定義が『まっすぐした姿勢』であるため、丸まった状態がパワーポジションではないということになってしまっています。 以下がパワーポジション を否定している主な理由になります。 ・メッシの切り返す時 ・レブロンジェームズがドリブルする時 ・バレー選手がジャンプする時 トップアスリートが力を発揮する時にはパワーポジションは使われていない。 みんな決まって力を出すときは、体が丸まっているじゃないかと言う主張。 ではなく速く力強く動き出すためのパワーポジションとは、背筋に着目した姿勢ではなく、肩、膝、母指球の3点が一直線上にあるかどうかの「重心軸が揃う姿勢」 ここでそもそものパワーポジションの定義が違っています。 問題は、競技特性によってパワーポジションという言葉の定義が違っていることと スクワットで最重量を持ち上げるためのパワーポジションと速く動き出すためのパワーポジションは全くの別物と考えて良いと思います。 お分かりの通りこの記事では、後者の速く走るためのパワーポジションについて言及しています。 実際にメッシが切り返しで相手を抜くとき、レブロンがここ一番の大ジャンプ(NBAが発表した2011〜2020年のBESTプレイランキング2位の際のスーパーブロックジャンプ)を見せた時、ボルトの加速局面の1歩目など、各スポーツのトップアスリート達が一番力とスピードを発揮する場面では必ず肩・膝・母指球の3点が揃っています。 この体全体を通して繋がる力の通り道があるからこそ最も大きく速く力を発揮できる姿勢とよばれます。 反論記事内で指しているパワーポジションとは私たちが目指しているパワーポジションではそもそもありません。 全くの別物になります。 よって反論記事で否定されているパワーポジションでは本来の力の伝達を行うパワーポジションのことを言及できていないことになります。 どちらかというと反論記事で大事なところは、「骨盤の後傾から前傾に変わるときに力は生まれる」というところです。 しかし骨盤の動き(パワーを生み出す 動かし方 )とパワーポジション(パワーを生み出すための 基本姿勢 )は別のものになるため、 今回の速く走るための基本姿勢とは少し別の話になるため、また別の記事で取り上げたいと思います。 以上からこの反論記事の内容は、速く走るためのパワーポジションとは別のものをパワーポジション と定義しており、 その解決策も速く力を発揮する姿勢ではない違うものを提示していたため、パワーポジション を反論できていないという結論に当たります。 パワーポジションとは最も力の出しやすい姿勢• 競技によってパワーポジション の定義がまちまち• きちんと定義されているものは少ない• スポーツは心技体全てが揃ってこそベストパフォーマンスを発揮することができるので、技術などのノウハウだけでなく、 意識についてのマインドも鍛えていきましょう。 ぜひご覧ください。

次の

[B!] 最速で!最短で!真っ直ぐに!一直線にぃ~!!

最速 で 最短 で まっすぐ に 一直線 に

とは 音楽プロデューサーの さんが初めて原作を担当したアニメで、 女子高生達が人類の敵であるノイズや、ノイズを操る人間たちと戦う、 バトルもののアニメです。 現時点で、第4期までアニメが放送されているのですが、ただのバトルもののアニメではありません! そんなの魅力とは何なのでしょうか? おすすめポイント1 歌がいい 、、…、主題歌が素晴らしいアニメは多々あります。 もちろんこのアニメの主題歌も抜群にいいのです。 というか、歌うと 変身するんです。 さらに、歌うのは変身の時だけじゃなくて、 ガッツリ歌いながら戦います。 え、「意味がわからない?」という方。 でも、起こっていることをありのままに話すと、ホントに 歌いながら敵を殴る、斬る、撃つ。 みんな、自分のキャを歌いながら敵をボコボコにしていきます。 ホントに、歌が力になる。 で、そのボコボコにしているときの各キャラの歌がいいんです! さんや、でおなじみの さんなど、歌に自信ありの声優が、音楽プロデューサー上松さんの楽曲を歌い上げます。 おすすめポイント2 台詞まわしがいい 歌だけじゃなく、登場人物の台詞まわしも物語にアクセントをつけています。 日常の中でこんなこと言われたらドキっとしちゃうわー、という台詞が物語上盛りだくさん。 その中でも僕が好きなのは、 風鳴弦十郎というキャターの台詞。 という物語のキーアイテムを守る作戦の立案をし、その 勝算を聞かれたときの一言。 「 思いつきを数字で語れるものかよ」 仕事で、「この結論の根拠は?」と聞かれて、この台詞で返したら、窓際族一直線のような台詞ですが、いつか理屈っぽい奴に言ってやりたいですね。 おすすめポイント3 敵にも正義がある 少しネタバレになりますが、第2期はを纏った者同士の戦いになります。 そう、可愛い女子同士が歌いながらにやり合います。 主人公側、相手側、 どちらにも正義があり、その正義は相いれない…。 不確実でも全員を守るか、守れる人たちを確実に守るか…そんな選択の話なんです。 両方に正義のあるアニメって、おもしろいですよね。 たとえば だって、にもにも正義がありますし、 キングダムだって、秦にも他の国にも正義がある。 考えてみると、大ヒット作品の中には一辺倒の正義だけでは語れない物語が多いかもしれません。 第5期が7月からスタート! なんと、 2019年7月から、戦記の 第5期がスタートします! 第5期スタートを記念して、期間限定で、これまで放送した戦記の過去作品が で無料公開されています。

次の

[B!] 最速で!最短で!真っ直ぐに!一直線にぃ~!!

最速 で 最短 で まっすぐ に 一直線 に

先週、少し早目の夏休みをいただきましたスタッフ「ほ」です。 静岡県でリアルサイズのトーマスに乗ってきましたよ!すごく楽しかったです。 さて、気力も充実したところで、張り切っていきましょー。 イラストレーターの全ツール紹介。 今日は「直線ツール」です。 名前の通りで直線を引くためのツールです。 使い方は非常に簡単で、画面の中でドラッグをするだけ。 これでドラッグした軌跡の直線が描かれます。 水平線や垂直線を描きたい場合はShiftキーを押しながらドラッグをします。 また、Altキー(Macはoptionキー)を押しながらドラッグをすると、中心から両端に広がるように直線が描かれます。 長さに関しては完全にフリーハンドになりますので、決まった長さで直線を引きたい場合や、45度単位以外の角度で線を引きたい場合には、 画面の中でクリックをします。 ダイアログが表示されますので、長さと角度を指定して「OK」をクリックします。 直線ツールで線を描くと、自動的に塗りの色は透明になりますが、その後の作業工程も考えて塗りの色を保持しておきたい場合は、ダイアログの「線の塗り」にチェックを入れておくと、設定されている色を保持してくれます。 ただ、直線ツールでは使いどころがない、というのが正直なところですので、このチェックはあまり気にしなくて大丈夫です。 次回ご紹介する円弧ツールの方だと指定する意味があると思うので、このチェックに関しては、また次回ご紹介します。 さて、かなり直感的に使用できる直線ツールですが、1つ欠点(?)もあります。 たとえば、直線ツールで線を描いて、 描いて さらに描いて さらにさらに描いて、 四角形を描いても、これは4本の直線の集合体ではありますが、 四角形としては認識されません。 選択ツールで移動してみると、直線が4本ともバラバラになっているのがわかります。 これを四角形として認識させるためには、アンカーポイントの連結を行うことになります。 ダイレクト選択ツールに持ち替え、結合したいアンカーポイントをドラッグで囲みます。 ちょうどアンカーポイントが重なっていますから、 クリックではなくてドラッグで囲んでください。 これをすべてのアンカーポイントで実行することでバラバラだったパスを1つのオブジェクトとして認識するようになります。 サクッと直線を引きたい時には非常に重宝する直線ツール。 これまで使ってなかった人も、ぜひこの記事をきっかけに使ってみてください! バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。 このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー! まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。 詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。 カテゴリー• 148• 101• 3 ブログ内検索 検索: 最近の投稿• アーカイブ• リンク•

次の