マーク・ボラン。 マーク・ボラン詩集 ボーン・トゥ・ブギ 訳:中川五郎 シンコーミュージック

マーク・ボランが日本の音楽に与えた影響・・・本日9月16日はマーク・ボランの命日

マーク・ボラン

本日、9月16日はマーク・ボランの命日である。 妖しいフォーク・デュオ、ティラノサウルス・レックスがロック化したT-レックスは事件だった。 それまで英米のロックではユニセックスなアーティストはほとんどいなかったからだ。 化粧が好きなミック・ジャガーがオカマっぽくふるまう場面もあったが、マーク・ボランの甘く震えながらささやく鼻にかかった声は、男にとって「男もイイな」と性の概念をトロけさせるヤバいものがあった。 女子はみんなマークに夢中だったが、日本の男子ロック・ファンにも性的に多様な道を選ぶ可能性を与えたのがマーク・ボランだ。 化粧はバンドに流行りだした。 それが遠くビジュアル系まで繋がる。 ラメも流行った。 マークのまとう肩幅の広いラメのジャケットは、売れに売れ、重度のファンだった僕の千葉の中学のクラスメイトはジャケットだけを買い、完全に持ち腐れた。 着ていける場所など千葉にはどこにもなかったからだ。 1971年秋「電気の武者」の発売直後は、加藤和彦のように耳の早い人が話題にしている感じだったが、72年初頭のシングル「テレグラム・サム」のヒットで日本のシーンには完全に火がついた。 ビートルズ不在の穴を埋めた感があった。 当時はレッド・ツェッペリンが王者だったが、ツェッペリンにはない性的アイドルの匂いがあったのだ。 歌舞伎の女形の伝統を持つ日本は、欧米よりもこうした存在に敏感だ。 60年代末のグループサウンズでは、沢田研二やオックスの赤松愛が女性的オーラを発し、世界でも特異なジェンダー的状況を作りだしていた。 しかしマーク・ボランがGSをぶっ飛ばすようなインパクトがあったのは、その麻薬的音像である。 それは薬物体験を持たない青少年も官能させる「ドラッギー」な響きに充ち満ちていた。 60年代のサイケデリック・ロックはハッピーでアッパーな輝きはあったのだが、T-レックスは、精神のインナーワールドに直接響く、ダウナーな感触を持ち合わせていたことが画期的だった。 アチラの世界はアッパーだけでは語れない。 日本少年少女はマークから「心のアンダーグランド」を学んだのではないだろうか? 必殺のギターリフにストリングスのからむミディアムなグルーヴも特別だった。 グラムロックは、スピード感やハードロック的ドタスタ感のインパクトに頼らない、ミドル・テンポの渋いブギーだ。 まだまだグルーヴ音痴だった日本のロック・ファンをハイ・テンポにならずイケイケにさせた、さりげなく凄い功績。 日本の少年少女をロックのグルーヴに入門させたのもマークではないだろうか? そしてなんといっても、鼻声を「アイドルの声」という響きに昇格させた意義が大きい。 一般的2枚目的な美声ではない、グニュっと低い声の印象がスターのテイストに塗りかえられた。 72年8月1日に、郷ひろみがデビューするのだが、マーク・ボランのヒットは影響はしていないだろうか?声の妖しさには共通性がある。 出典未確認だが、近田春夫が当時、郷ひろみを「和製マーク・ボラン」と評したという話しもある。 1972年はマークと郷ひろみの当たり年なのだ。 ギターボーカル&パーカッションという編成については、ティラノサウルス・レックス時代からPANTA率いる頭脳警察が向こうを張っていた。 ピックアップをとりつけたアコースティック・ギターとコンガという編成、PANTAとマーク、カーリーヘアの見た目が似ていた。 頭脳警察の音楽は主張もビートも、T-レックスより激しかったが。 T-レックスとなった頃、頭脳警察のステージもドラムを入れたバンド編成が増えた。 マークとPANTAはロックのセックスシンボルという意味でも良き時代のライバルであった。

次の

T

マーク・ボラン

1971年10月9日の全英チャートでは、が「Maggie May」と『Every Picture Tells A Story』で、シングル・チャートとアルバム・チャートをともに独占していた。 しかし、その同じチャートで歴史的に重要な出来事がもうひとつ起こっていた。 それはT. レックスのアルバム『Electric Warrior(邦題:電気の武者)』が全英チャートに初登場2位で登場していたことだった。 前年にティラノサウルス・レックスから改名して初めて発売したシングル「Ride With A Swan」でブレイクしたマーク・ボランのバンド、T. レックスにとって1971年は記念すべき年となった。 新たなグラム・ポップ・サウンドのスタイルに落ち着き、マーク・ボランがイギリスで最も人気なポップ・スターになるにつれ、「Hot Love」で初の全英シングル1位を獲得、続く「Get It On」でも全英シングル1位を記録。 改名後初のアルバム『T. Rex』もその年の初めにチャート入りし、全英最高位7位を記録した。 そのわずか9か月後の1971年9月にリリースされた『Electric Warrior』は、さらに一段上のレベルへと駆け上がっていった。 前作同様にトニー・ヴィスコンティがプロデュースし、「Get It On」(T. レックス最大の全米ヒット。 アメリカでは「Bang A Gong」と題され、イギリスのタイトルは括弧で表記された)と全英2位のヒットとなる「Jeepster」が収録されていた。 『Electric Warrior』ではマーク・ボランが妖精的な詩人から、10代の若者やアルバムを購入した人たちすべてにとっての憧れの存在へと変わっていった。 そして彼は、テレビに出るチャンスが増えて明らかに喜んでいたようだった。 「俺はずっとクネクネしてるタイプだよ。 ただ踊るのが好きなんだ」とアルバムがチャート入りを果たした週にレコード・ミラー誌にマークは語っている。 「ただペレグリン(ティラノサウルス・レックスでのパートナーのスティーヴ・ペレグリン・トゥック)がステージであぐらをかいて座っていると踊りにくかったね」。 「なんていうか、自分自身が俺にとってはファンタジーなんだ。 かっこ良くないからってテレビで600万人の前で踊るのが怖いなんて思わないよ。 家だったらこうしてるんだから」。 マーク・ボランのファンは賛同した。 最初に2ヶ月間トップ5入りを記録してから、ちょうど1971年のクリスマスの前に1位に浮上して6週間トップを記録し、1972年の2月に再び2週間トップの座についたのだ。 Written by Paul Sexton• レックス『Electric Warrior』.

次の

T

マーク・ボラン

T-Rex - T-Rex 、マーク・ボラン - <マーク・ボランの死> 1977年9月16日、多くの謎を残したまま、T-Rexのリーダー、 マーク・ボランは交通事故により、この世を去りました。 それは、一度は忘れられ欠けていた彼らのサウンドが、パンク・ムーブメントによって、再評価され始めた矢先のことでした。 彼のもとに死神が訪れた時、彼はまだ29歳でしたが、ミュージシャンとしてのキャリアはすでに15年を越えていました。 しかし、その青春時代には多くの謎があり、彼が魔法使いとしての修行を積んでいたというまことしやかな伝説も残っています。 彼らのサウンドがいつまでも新鮮さを失わないのは、彼が身につけた魔法の力のせいだという説もあるほどです。 <マーク・ボランの驚くべき青春> 1947年、ロンドンに生まれたマーク・ボランは、10歳になる前にドラムとギターを始め、12歳でバンドを結成し音楽活動を始めていたといいます。 15歳の時、 スージー&ザ・フラフープスというバンドを結成し、自らレコード会社への売り込みも行っていました。 しかし、結局その売り込みは上手く行かず、彼はひとりイギリスを離れ、芸術の都パリへと旅立ちました。 この時、彼はまだ15歳だったというのですから、凄い! パリで、彼はきままな放浪生活をおくりながら、絵画の勉強を行っていたらしいのですが、その間同じパリの街に住んでいた魔術師に弟子入りし、錬金術を学んでいたとも言われています。 西欧におけるミュージシャンと黒魔術、錬金術との関わりは、日本のミュージシャンが外見だけ真似ているビジュアル的なものではありません。 例えば、 の ジミー・ペイジは魔術に関してものすごい造詣の持ち主で、 アレスター・グローリーという今世紀最大の魔術師が住んでいたスコットランドの邸宅を購入し、住み着いていたほどです。 (その家は、次々に不幸が起きるため売りに出ていたという、不気味な曰く付きの家でした) それに ホール&オーツの ダリル・ホールもまたアマチュアの魔術研究家として有名な存在で、彼の部屋にはものすごい数の魔術関係の蔵書が集められているそうです。 元フリートウッドウッド・マックのスティービー・ニックスもまたかなりの黒魔術マニアなのだそうです。 とはいえ、本物の魔術師に弟子入りしたミュージシャンは、そう多くはないでしょう。 もちろん、彼の初期のサウンドにその影響は明らかで、当時のサイケデリックな時代の雰囲気にぴったりでした。 結局、 スティーブ・ペレグリン・トゥックというパーカッショニストと二人だけでバンド活動を開始しました。 こうして、マーク・ボランのアコースティック・ギターとスティーブのパーカッションという不思議なスタイルのフォーク・デュオ、ティラノザウルス・レックスが誕生しました。 (ペレグリン・トゥックの名は、もちろんあの「指輪物語」の登場人物からとられています) 彼らのサウンドは、90年代にロバート・プラントとジミー・ペイジが展開したイスラム風ロックとケルト音楽の神秘性を融合した当時どこにも存在しない音楽に近いものでした。 このサウンドは30年早すぎたかもしれません。 それでも彼らのファースト・シングル「 デボラ Debora」(1968年)は、当時のサイケデリック・ブームの影響でヒット。 続いてアルバム" My People Were Fair And Had Sky In Their Hair"(1968年)も発表されました。 <エレクトリック・ブギー・バンドへ> 1969年に3rdアルバム「 ユニコーン」を発表した後、S. トゥックは脱退し、代わって ミッキー・フィンがパーカッションで参加します。 そして、この頃からT-Rex独特のエレクトリック・ブギーが始まることになりました。 1970年に第1弾シングル" Ride A White Swan"が発売され、名前をT-Rexとしてからのファースト・アルバム" T-Rex"を発売。 2ndアルバム「 電気の武者」からは スティーブ・カリー(ベース)と ウィル・リジェンド(ドラムス)がメンバーとして参加、いよいよT-Rexの黄金時代が始まりました。 <グラム・ロックのヒーローへ> かつてモデルもやっていたことがあるというマーク・ボランは、スパンコールのギラギラした衣装と有名な爆発ヘアーによる独特のファッションでステージに立ち、一躍グラム・ロックのヒーローに躍り出ました。 ちなみに、この頃のヒーローは他に 、 モット・ザ・フープル、 アリス・クーパー、 スレイドなど・・・グラム・ロックのグラムとはグラマラスGlamorousの略で、「女性的な魅惑」「幻惑的な魅力」であるとともに「魔法のような」という意味でもあります。 実に見事なネーミングでした。 この頃彼らのプロデューサーを勤めていたのが、アメリカ人の トニー・ヴィスコンティーという人物で、彼はT-Rexをアコースティックからエレクトリック・ブギーへと転向させ、同時期に彼がプロデュースしていたとともにグラム・ロックのカリスマへと押し上げました。 まさに彼はグラム・ロックの影の仕掛け人でした。 (映画「ベニスに死す」の監督 ルキノ・ヴィスコンティはイタリア貴族の出身で、その少年趣味は有名でした。 トニー・ヴィスコンティがグラム・ロックの怪しげな雰囲気にぴったりだったのもまたヴィスコンティという高貴な血の成せる技だったのでしょうか?) <グラム・ロックの終焉とともに> 彼らは1972年に3rdアルバム「 ザ・スライダー」を発表、「 メタル・グルー」、「 テレグラム・サム」だ次々にヒットし、いよいよその人気は頂点に達しました。 しかし、この後ミッキー・フィンが脱退したあたりから、しだいに彼らの勢いは減速し始めます。 グラム・ロック自体の盛り上がりが凄かったぶんその勢いに巻き込まれた形でヒットした彼らのサウンドは、シーンの沈静化とともに急速に人気が衰えてしまったのです。 マスコミが作り上げたブームに乗った反動が、ここにきて彼らを苦しめることになりました。 グラム・ロックはあっという間に時代遅れのファッションの仲間入りをしてしまったのです。 おまけに、70年代前半のロックは、いつの間にか大人のための音楽になり始めていて、ギラギラとして怪しげな鬼っ子的存在のグラム・ロックの居場所は、気がつくとなくなっていたのです。 イギリスはまだしも、アメリカにはまったくその居場所はありませんでした。 <パンクの登場> しかし、そんな彼らの音楽に居場所をあたえてくれる状況が再び現れます。 それは大人の音楽になってしまったロックを根底から覆そうという大きな地殻変動、 パンク・ロックの登場でした。 パンクはかつてそのブームがファッションとともに広がっていったグラム・ロックと同じようにファッションとともにその人気がイギリス全土に広がって行きました。 (グラム・ロックとパンク・ロックは、根っこのところでつながっていたのかもしれません。 ファッションとしてのパンクの下地はグラム・ロックであり、バンド・ブームとしてのパンクの下地は パブ・ロックにあったと、僕は思うのですが・・) そんな流れに乗って、再び勢いを取り戻したマーク・ボランは、新生T-Rexを率いてアルバム「 地下世界のダンディー」を発表し、再び活躍を開始しました。 しかし、彼に残された時間はもうわずかしかありませんでした。 <魔法の時代の終わり> 彼はかつてインタビューで「俺は30歳までは生きられないだろう」と言っていたそうです。 それは、かつて弟子入りしていた魔法使いとの契約だったのでしょうか。 その予言どうり、彼は30歳を前にして、交通事故でこの世を去りました。 もしかすると、それは自分の音楽を永遠に残るものにするための契約だったのではないでしょうか? もしそうでないとしても、彼は自分の音楽に魔法をかけ永遠に色あせることがないようにする方法を知っていたに違いありません。 どっちにしても、彼は魔法使いだったのです。 <締めのお言葉> 「フロイトとカール・マルクスによれば、幻想とは現実と責任感からの逃避とされる。 マスローによれば、幻想とは意を決した人間が現実を支配する際の手段である」 コリン・ウィルソン「至高体験」より.

次の