腎盂 腎炎 前触れ。 《医師直筆》飲み物が大事!腎盂腎炎の症状・原因・治療の話

腎盂腎炎の症状と治療方法は?再発防止は膀胱炎の予防が一番!

腎盂 腎炎 前触れ

こんにちは。 たいら です。 私は20代後半の 2016年夏に急性腎盂腎炎という腎臓の病気になって1週間入院しました。 実際に苦しんだ私が伝えるこんな症状が出たら、もしかしたら 急性腎盂腎炎の 前触れかも!?っていうのをまとめました。 判断に迷っている方は、ぜひご参考ください。 スポンサーリンク• 私が経験した急性腎盂腎炎の前触れ 私が経験した急性腎盂腎炎の前触れは下記の通りです。 血尿が出る• 何の前触れもなく高熱と寒気を発症• 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い• 下半身がものすごいむくむ• むくみで体重が1週間で6キロ増えた 順番は、症状がでた順番で書いています。 症状を一言で書いただけですが、まあ ヤバいやつですw では、細かく書いていきます! 血尿が出る 私の場合、何の前兆もなくいきなり 血尿が出ました。 異常事態です。 もし血尿が出た場合、膀胱か腎臓が病気の 可能性大です。 最悪 ガンも有り得ます。 膀胱がんの症状は、赤色や茶色の尿 肉眼的血尿 が出ることが最も一般的な症状です。 また、頻繁に尿意を感じる、排尿するときに痛みがあるなど膀胱炎のような症状を来すこともあります。 膀胱がんの場合は、症状が軽い、あるいはこのごろ症状が出現したばかりだとしても、がんの進行がゆっくりで、早期の状態であるとは限りません。 から引用させて頂きました なので、血尿が出たら 即刻病院に行って下さい。 何の前触れもなく高熱と寒気を発症 私は血尿が出ても放置してました。 2,3日後の夜中に、風邪の初期症状の代表格であるノドが痛いとか、頭痛がするとか 全く出ずに、ものすごい 高熱が突如出ました。 その時は体がだるすぎて重すぎて動くことができなかったため、体温を測ってません。 が、体感で 40度はあったと思います。 それくらい額が 熱かったです。 そして同時にものすごい 寒気を感じました。 どれくらい寒かったかと言いますと、 真夏なのに 真冬の布団を頭からかぶってもガタガタ体が震えるくらい寒かったです。 もうそれくらい寒いです。 今にして思えば、この時点で と気付くべきでした。 ちなみに、突如高熱が出るのは、急性腎盂腎炎の代表的な症状です。 急性腎盂腎炎の場合、膀胱炎と同様に排尿時痛、頻尿、残尿感などの症状に加え、発熱、全身倦怠感などの全身症状、腰や背中の痛み、さらには悪心、嘔吐などの消化器症状を認めることもあります。 から引用させて頂きました 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い 皆さん腎臓の位置ってご存知でしょうか? だいたいわき腹らへんに左右に1つずつあります。 その位置をただつんつんと突っつくだけで 痛い!って叫ぶくらい痛いです。 でこピンをしようものなら悶絶します。 それくらい腰が痛いので、仰向けで寝るのが出来なくなります。 仰向けだったら、こんなに穏やかな顔で寝られません また椅子に座って背もたれにもたれかかると、健康な人は楽な姿勢です。 急性腎盂腎炎を発病している人は 苦痛以外の何物でもありません。 このような症状が出ている場合、ほぼ 急性腎盂腎炎であると判断して良いと思います。 スポンサーリンク 下半身がものすごいむくむ なんて 可愛いもんじゃありません。 足がポケモンの ナッシーのような太さになり、おなかが ボンレスハムのようになります。 私は 太ももから 足首まで 同じ太さになり、 足首の くびれが 無くなりました。 足の甲の骨はむくみすぎて 触れません。 本当にナッシー。 あの時の自分の足を写真で撮っておけば良かった。 短期間で目に見えるくらいおなかが ボンレスハムになりました。 このおばちゃんのおなかが可愛く見えるレベルのおなかになります。 発症前より、ベルトの穴が前より2つずれたと思います。 むくみで体重が1週間で6キロ増えた むくみは半端なものではなく、私は約1週間で体重が 6キロ増えました。 もちろん 暴飲暴食していません。 むしろ食べることがきつかったです。 おにぎり1つ食べるのも無理でした。 なので、増えた6キロはすべて 水です。 人間ってこれくらい体に水を貯められるんです。 人間の体って不思議。 このとき私は産まれて初めて、 自分の体重が重いという感覚を味わいました。 別に私は肥満体系でなく、BMIでいうと普通体重。 なので計算上の体重は適しているのですが、自分の体重が重い。 座ってるとき、体を机とかに手で支えてないときつかったです。 あの時はずっと寝ていたかったです。 体は異常事態が起きていると本当に体を休めさせるべく正直になります。 スポンサーリンク まとめ:1個でも該当したら、病院に行きましょう! 以上が私が急性腎盂腎炎になったときの初期症状です。 まとめなので、症状を振り返ります。 血尿が出る• 何の前触れもなく高熱と寒気を発症• 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い• 下半身がものすごいむくむ• むくみで体重が1週間で6キロ増えた 上記のような症状が出ている場合、急性腎盂腎炎の可能性がめちゃくちゃ高いです。 特に むくみで6キロとか、急性腎盂腎炎関係なくやばいので 即刻病院に行ってください。 あなたの病気が少しでも良くなることを。 急性腎盂腎炎について、いろいろ書いていますので良ければご参考ください。 Tairax.

次の

腎盂腎炎の症状と治療方法は?再発防止は膀胱炎の予防が一番!

腎盂 腎炎 前触れ

・高熱(38度以上が多い) ・悪寒や震え ・関節の痛み ワキ腹や腰 ・全身の倦怠感 ・吐き気や嘔吐 ・排尿痛や残尿感 腎盂腎炎は細菌感染症です。 細菌が尿道から膀胱へ侵入し、そこで増殖した細菌が更に腎盂や腎臓までさかのぼって炎症を起こすことで発症します。 腎盂腎炎は男性よりも女性がかかりやすいと言われています。 原因として、女性は男性よりも尿道が短いので菌が逆行しやすいことと、トイレを我慢しがちなこと。 更に女性の方が尿道口が膣や肛門と近いため雑菌が入りやすいことが挙げられます。 腎臓の役目と腎盂とは? では腎臓って何をしているの? そもそも腎盂って何? という方の為に簡単に説明します。 【腎臓】はそらまめのような形をしており、腰の上あたりに左右対称に2個あります 主な働きは血液を濾過して必要なものは体内に戻し、不要な老廃物等を尿として体外に排出してくれています。 その他にもホルモンや血圧の調整・血液や骨をつくる・体液量の調節などをしてくれる大切な臓器です。 【腎盂】とは腎臓の一部で、腎臓で作られた尿が集まってくる場所です。 腎臓と尿管の接続部で、じょうごのような形をしています。 腎臓から集まった尿をじょうごのように尿管へ流してくれています。 ————————————————————————————- 通常であれば細菌の存在していない膀胱から尿管、腎盂にまで細菌が上がってきて炎症を起こしてしまったものが腎盂腎炎です。 その他、必要と認められた際はCTや超音波検査、レントゲンや血液培養が行われることもあります。 血液・尿検査ではCRPや細菌・白血球などの種類や数を調べて今後の治療方針を決めていきます。 軽度な場合は通院での治療が可能ですが、重度の場合は入院が必要です。 内服薬を処方されて自宅療養で経過をみる場合と、症状が重いと診断された場合は入院して点滴で抗生剤を投与して治療を行っていきます。 治療中は安静にして十分な水分の補給が大切です。 水分補給については、自分の口から水分を補給したほうが身体への負担も少なく吸収が良いので、可能であれば積極的に補給しましょう。 また、培養検査をした場合の検査結果は数日から一週間かかるため、結果が出た頃には症状が回復しているなんてこともよくあります。 状態が良くなっていれば問題ありませんが、十分な効果が出ない場合は培養検査の結果を元に治療を進めていきます。 軽度な場合は7~10日程度自宅で内服することで回復します。 重度の場合は入院して点滴で抗生剤を投与して治療を受けます。 熱が下がって血液と尿検査をして数値が改善されていれば1週間程度で退院も可能です。 また、熱が下がると点滴から内服薬に切り替えることができ、1~2週間抗生剤を継続することで症状が良くなり完治していきます。 腎盂炎の治療で大切なのは完治させることです!! 症状がなくなったからといって薬の服用を途中でやめると再発や慢性化となる危険があります。 処方された薬は必ず指示された時間と期間を守って飲みましょう。 膀胱炎の予防が腎盂腎炎の再発防止に! 本来、健康な状態ですと人間の身体は菌を逆行する前に尿などによって流せるようになっています。 免疫力の低下やその他の原因によって、菌が身体に侵入し増殖しやすくなります。 膀胱へ侵入してしまった菌が更に腎臓まで逆行して炎症を起こすのが腎盂腎炎ですので、膀胱炎を予防することで腎盂腎炎の予防もできます。 水分をしっかりとる 2. 排尿をこまめにする・我慢しない 3. 免疫力を高める ・規則正しい生活と十分な睡眠 ・バランスのとれた食事を心がける ・身体を冷やさない ・過労・ストレスを溜めない 4. 下半身の清潔を保つ 基本的なことのようですが、忙しいとなかなか実践できない場合もありますよね。 いつもより少し意識することで予防することができますので、これからの生活では注意していきましょう。 ちなみに膀胱炎では基本的に熱は出ません。 熱が出たら腎盂腎炎の可能性が高いので早めに医療機関で検査を受けられることをおすすめします。 まとめ 腎盂腎炎はかかってしまうと辛い病気ですが予防することができます。 一度かかっても再発防止に努めることで慢性化することもありません。 また軽度であれば自宅で治療が可能ですが、放っておくと敗血症などの合併症を引き起こすこともありますので注意が必要です。 まずは原因と治療方法など確認して治療・再発防止に努めてくださいね。 私が腎盂腎炎で入院した時の治療や経過は「」でまとめてますのでご参考までにご覧下さい。

次の

腎盂腎炎の症状と治療方法は?再発防止は膀胱炎の予防が一番!

腎盂 腎炎 前触れ

腎盂腎炎ってどんな病気? 腎盂腎炎とは、腎臓に細菌が感染する疾患のことです。 腎臓から膀胱までの尿路という尿の通り道は通常、細菌のいない無菌状態が保たれていますが、何らかの原因で細菌が侵入し感染を起こした場合、尿路感染症と呼ばれる状態になります。 尿路感染症は、細菌が感染した部位によって上部と下部に分けられます。 腎盂腎炎は、このうち上部尿路感染症に当たります。 腎臓で作られた尿は、腎盂という腎臓内で尿をためておくところから、尿管を通って膀胱に移動して排出されます。 細菌は外部から侵入しますので、多くの場合、最下部の尿道から侵入し、膀胱や尿管を逆流するような向きに移動し、腎盂に辿り着きます。 腎盂では尿がためられているため、ここで雑菌が繁殖してしまい、腎臓にまで炎症が広がります。 これを腎盂腎炎といいます。 雑菌の侵入が下部でとどまり、膀胱で炎症を起こすと下部尿路感染症の膀胱炎となります。 膀胱炎も腎盂腎炎も、ほとんどは病原菌が逆流してくるタイプの逆行性感染症と呼ばれる感染症です。 通常、尿路は無菌状態に保たれているほか、尿路に雑菌が侵入してもそのほとんどは排尿によって体外に排出されるとともに、免疫機構によって退治されるため、炎症が起こることはまれです。 腎盂腎炎には、どんな症状があるの? 腎盂腎炎を発症すると、膀胱炎と比べて重い症状を発症することが多いです。 背中や腰の痛み• 高熱・悪寒• 排尿時痛• 上記以外にも、 全身倦怠感や、悪心・嘔吐などの消化器症状が出ることもあります。 また、細菌が腎盂・腎臓からさらに血流をさかのぼって全身に広がるなど、悪化すると 敗血症や急性腎不全、多臓器不全などの生命を脅かす疾患を引き起こす可能性もあります。 ただし、これらの症状はいずれも急性腎盂腎炎で見られるものです。 慢性腎盂腎炎の場合、自覚症状がない場合も多く、あっても軽い腰痛や微熱、食欲不振など、急性腎盂腎炎と比べて非常に軽い症状であることが多いです。 慢性腎盂腎炎も細菌が活発に活動し、急速に症状が悪化する場合には急性腎盂腎炎と同様の症状が現れることがありますが、ほとんどが 軽微な炎症の繰り返しで自覚症状がほとんどないまま腎細胞の破壊を繰り返し、進行すると腎不全に陥ります。 腎盂腎炎って前触れなく起こることがあるの? 腎盂腎炎は、全身性の病気や尿路の問題がないのに突然発症するタイプの単純性腎盂腎炎と、尿路に何らかの異常があったり、糖尿病や免疫抑制治療を行っていたりする場合に発症する複雑性腎盂腎炎の2種類に分けられます。 単純性腎盂腎炎• 何らかの基礎疾患や尿路の異常なく突然発症する• クレプシエラ属、プロテウス属などが原因のことも 複雑性腎盂腎炎• 尿路の異常や免疫力の低下など、基礎疾患や何らかの異常が背景になる• 大腸菌をはじめ、クレプシエラ属・プロテウス属・緑膿菌・エンテロバクター属・腸球菌・ブドウ球菌などが原因菌になる 急性腎盂腎炎のほとんどが単純性のもので、 基礎疾患や尿路の異常なく突然発症します。 ただ、投薬治療などの処置を正しく行えば重篤化することもなく根治が可能です。 膀胱炎から細菌がさらにさかのぼって発症する場合もありますが、膀胱炎を起こさずに腎盂まで辿り着いた細菌が腎盂で増殖し、前触れなく腎盂で突然炎症を起こす場合もあります。 腎盂腎炎で救急車を呼んだ方がいい症状って? 腎盂腎炎は重症化すると 急激に敗血症などの非常に重篤な状態に進行してしまうことがあります。 次のような症状が見られるときは重症化している可能性が考えられます。 早急に治療をしないと死に至ることもあるため場合によっては救急車を呼ぶことも考えましょう。 悪寒や震えがあり、39度前後の急激な体温上昇がある• 尿量が少ない• 意識がもうろうとして呼びかけへの反応が薄い• 背中や腰に激痛が走り、動くことができない 腎盂腎炎の原因って? 腎盂腎炎の原因となる細菌は多くが膀胱炎と同様、大腸菌が約7割を占めます。 膀胱炎と同様、青年期の女性に多いのが特徴ですが、男性でもまれにかかることがあります。 また、閉経後や高齢の女性でもかかる確率が高くなります。 単純性腎盂腎炎を繰り返す場合、尿路に何らかの異常となる基礎疾患が存在する可能性があるため、泌尿器科で尿路の検査を受ける必要があります。 複雑性腎盂腎炎の原因は多岐にわたっていて、原因菌もさまざまですが、原因となる基礎疾患も以下のようにさまざまです。 尿路の狭窄・閉塞を起こすもの 前立腺肥大、尿路結石、前立腺がん、膀胱がん 神経因性膀胱 膀胱の排尿機能を司る神経に何らかの異常がある 膀胱尿管逆流症 膀胱内の尿が尿管から腎盂・腎臓へと逆流する 免疫力の低下 糖尿病、がん、白血病、ステロイド、免疫抑制剤の投与など また、やや特殊な例として、疾患の治療の一環として膀胱内にカテーテルが留置されている状態があります。 この場合、カテーテルの接続部位から雑菌が入り込み、繁殖しやすくなります。 腎盂腎炎はどうすれば治せるの? 腎盂腎炎は、初期の段階では抗生物質を正しく服用することで治すことができます。 とくに、単純性腎盂腎炎の場合、 抗生物質を処方どおりに服用することのほか、十分に水分を摂取し、排尿によって雑菌を洗い流すことも大切です。 また、放置してしまうと急激に重篤化することもありますので、症状が現れたら早めに病院で検査・治療を受けましょう。 複雑性腎盂腎炎の場合は、尿路の疾患や糖尿病などの基礎疾患をまず適切に治療することが第一です。 また、尿路結石やカテーテルの留置など、細菌が増殖しやすい異物は早めに除去することが大切です。 耐性菌が現れて薬剤が効きづらくなったり、腎機能が徐々に低下したりすることを防ぐためにも、治療は根治するまで根気よく継続することが必要です。 薬を飲む期間 治療の期間は単純性・複雑性のいずれも約1〜2週間です。 通常、4〜7日ほどで症状がおさまってくるため、薬剤を飲むのをやめてしまう人がいますが、これは絶対にいけません。 症状がおさまっても細菌はまだ体内に残っていることが多く、処方された薬が残っているのに飲むのをやめてしまうと、細菌が繁殖して症状がぶり返してくることがあります。 その場合、薬剤耐性菌が発生してしまい、慢性化することがあります。 くれぐれも、処方された薬は必ず飲み切るようにしましょう。 薬剤の投与期間が終わったあと、1〜2週間程度開けて再発していないかの確認を行い、治療は終了となります。 慢性腎盂腎炎の場合、尿検査に異常が出ない場合もありますので、抗生物質による治療を1ヶ月以上続けて行うこともあります。 腎盂腎炎は予防できる? 腎盂腎炎を予防するには、「膀胱内に細菌が入らない状態を保つ」「細菌が繁殖する前に洗い流す」ことの2つが重要なポイントです。 すなわち、尿道付近を清潔に保つこと、そして尿意を必要以上に我慢せず、水分を十分に摂ることです。 疲れやストレス・風邪など、免疫力が低下することでも細菌は繁殖しやすくなりますので、風邪予防などの一般的な対処も大切です。 日常生活で気をつけられることをまとめると、以下のようになります。 お風呂やシャワーなど、陰部を清潔に保つ• 水分を十分に摂り、尿を膀胱に溜めすぎず適切に排尿する• 疲れやストレスを溜めすぎない• 風邪予防の手洗い・うがいをしっかりする 陰部を清潔に保つことは、尿道から細菌が侵入することを防いでくれます。 とくに、女性の場合は男性と比較して尿道が短いため、どうしても細菌が膀胱へと入りやすくなっています。 このため、こまめにシャワーや入浴を行うとよいほか、月経のナプキンやおりものシートなどはこまめに取り替え、清潔な状態を保ちましょう。 水分を十分に摂り、定期的に排尿することも重要です。 膀胱に尿を溜め込みすぎると、そこで雑菌が繁殖しやすくなります。 尿意は必要以上に我慢せず、適宜排尿を行いましょう。 おわりに:腎盂腎炎は前触れがないことも多い。 気になる症状があるときはすぐに病院へ 腎盂腎炎は前触れもなく発症することがほとんどであり、放置すると深刻な状態に陥ることもあります。 腎盂腎炎の症状に気づいたときには、すぐに治療が必要な状態です。 すぐに病院で診てもらいましょう。 また、薬を途中で止めてしまうと薬剤耐性菌の原因になります。 薬は医師に指示どおり最後前飲みきってください。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

次の