お陰 です 敬語。 間違いの多い敬語「存じます」の意味と使い方・例文

お陰様で /文例・敬語の使い方・意味

お陰 です 敬語

「おかげさまで」の意味と漢字と語源 「おかげさまで」の意味は「他人への感謝の気持ち」 「おかげさまで」は ・他人の親切や助けに対して感謝の気持ち を表しています。 「周りの人が支えてくれたおかげで無事に上手くいきました」というニュアンスになります。 「おかげさまで」の漢字は「お陰様で」 「おかげさまで」は、漢字だと 「お陰様で」や 「御陰様で」と書きます。 「おかげさまで」の「お」は、尊敬を表す接頭語になります。 一般的に「おかげさまで」は ひらがなで表記されることが多いです。 「おかげ(御蔭)」という言葉には、「他人や神仏からの助けによって受ける恩恵」と「善悪に関わらずある人や物事がもたらす結果と影響」という意味があり、古くは神様・仏様に対して、謙虚に感謝する気持ちが根底に含まれています。 「おかげさまで」の語源は「神仏などの目には見えない加護や助け」 「おかげさま」は、 「神仏などの目には見えない加護や助け」を意味する「お陰」に「様」をつけた仏教的な言葉です。 古くから「陰」は神仏など偉大なものの陰でその庇護を受けるという意味で使われています。 ですので「おかげ」に「様」がつけられたのは神仏に対する敬意を示すためと言われています。 そこから、ありがたいものを表していた「お陰」がいつからか 「他人から受ける助力・援助・利益・恩恵」なども意味するようになって、現在の「おかげさま」になりました。 接頭語の「お」が付き、「おかげ」となったのは室町時代からで、悪い影響や結果を被ったときにも「おかげ」が使われるようになったのは、江戸時代からのことです。 「おかげさまで」の使い方と例文 「おかげさまで」は敬語 「おかげさまで」は敬語なので、目上の相手に使える言葉です。 「おかげさまで」は、元々「神などの庇護を受ける」という意味で使われていたので、目上の相手に対して使うことで良い印象を与えることができます。 「おかげさまで」の一般的に感謝をするときに使う 日常会話で「おかげさまで」は、人に何かをしてもらったことを感謝するときに使う言葉です。 お世話になった人やお礼の気持ちを伝えたい人などに、「おかげさまで〜」と使うことで感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。 物事が無事に上手くいった事を報告するときは、「〜できました」と言うよりも「おかげさまで〜できました」と言った方が相手への感謝の気持ちが伝わります。 また「おかげさまです」とは使えないので気をつけましょう。 例文 ・おかげさまで、娘が志望校に合格しました。 ・おかげさまで、先日無事に退院することができました。 ・おかげさまで、家族全員、元気に過ごしております。 「おかげさまで」を使うことで謙虚な気持ちを表すこともできる またビジネスシーンでの「おかげさまで」は、何かをしてもらったときの感謝の気持ちを表す以外に、直接的に相手に何かしてもらった訳ではなく自分自身の力だけで上手くいったときでも使うことできます。 その場合は「おかげさまで」を使うことで 謙虚な姿勢を表すことができるので、相手に好印象を与えることができます。 実際に、一人の成果であったとしても日頃から他人のおかげもあって出来ることはたくさんあります。 周りにいてくれる人たちのおかげがあってこそ、自分一人でここまで出来たといった気持ちを大事にしていきましょう。 「おかげさまで、最後までやりきることが出来ました」 「おかげさまで、新プロジェクトを成功させることができました」 「おかげさまで」のビジネスシーンでの使い方と例文 「おかげさまで」はビジネス枕詞 「ビジネス枕詞」とは、 ビジネスシーンにて本題の前に置いて、口調を柔らかくする言葉のことです。 相手に何かをお願い・お断り・異論を唱えたりするときに一言添えることで、丁寧な印象を与える効果があります。 また否定的な言葉や言いにくい話のときに、相手に失礼な印象を与えずにすむことができます。 「おかげさまで」は「ビジネス枕詞」になります。 ・失礼ですが ・誠に勝手ながら ・差し支えなければ ・大変申し上げにくいのですが ・ごもっともだと存じますが ・ご心配かもしれませんが ・恐縮ですが ・あいにくですが ・恐れ入りますが 「おかげさまでありがとうございます」と感謝の気持ちを表す ビジネスシーンでの「おかげさまで」は、 「周りの人の日頃からの支えがあったからこそ仕事が上手くいきました」という意味で、上司や取引先・お客様などへの感謝の気持ちを表すときに使います。 また「おかげさまで」は直接的に相手が何かをしてくれたときでなくても、使用できます。 例えば、自分自身の努力だけで仕事が上手くいったとしていても、「おかげさまで」を使うことによって、 「周りの人の協力や応援があったから成功した」と謙虚な姿勢を表すことができます。 「おかげさまで」を使うことによって、協調性があり、仕事に対する姿勢が良い人という印象を与えることができるでしょう。 ・おかげさまで、開店10周年を迎えることができました。 ・おかげさまで、課長に昇進できました。 ・おかげさまで当社の業績も順調に回復いたしております。 「おかげさまで元気にしております」など挨拶の返事としても使う 一般的に「おかげさまで」は返事としても使うことができますが、ビジネスシーンでそのまま「おかげさまで」と目上の相手に使うのは失礼に当たります。 「おかげさまで」は返事として使うこともできます。 「最近、調子はいかがですか」や「お元気ですか」など、 体調を気遣ってもらったときは「おかげさまで」や「おかげさまで元気にしております」と受け答えができます。 病気や事故で仕事を休んだあとにかけてもらった言葉に対しては、「おかげさまで体調が回復してきています」や「おかげさまで歩けるようになってきました」など現在の自分の状態を添えると相手も安心します。 挨拶の一環として「お元気ですか」と尋ねられた場合よりも、体調を気遣う場合の方が相手からの心配の気持ちが大きいです。 返事として「おかげさまで」を使うことによって、相手への感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。 「この頃はいかがですか」 「おかげさまで、元気に過ごしております」 「最近、仕事の方はどうですか?」 「おかげさまで、何とかうまくいっております」 「おかげさまで10周年」など続けてこれたことの感謝を表す 企業が「おかげさまで創業10周年」などとよく使います。 これは顧客や取引先など関わってきた人たちのおかげでここまで続けてこれた、ということの感謝を伝えることができます。 「おかげさまで」のさまざまな言い回し 「おかげさまで」には別の言い方もできます。 バリエーションを多く持つことによって、状況に合わせて使い分けすることができるでしょう。 「おかげさまで」の言い換え表現を紹介します。 ・おかげをもちまして ・おかげで〜することができました ・お力添えがあってこそ ・〜して頂き大変感謝しております 「おかげさまです」は誤用 「おかげさまです」とは本来使われません。 基本的に「おかげさまで〜です」と使います。 「お陰様」は他人から受ける恩恵などを指すため、「おかげさまです」というと「あなたからの恩恵です」となります。 これでは、何のことを言っているのかわかりませんよね。 「おかげで」と「おかげさまで」の違い 「おかげで」は、 ある特定の物や事柄を具体的に指し示す場合に使用する言葉です。 また「君のおかげで失敗した」といったように、茶化す表現もでき、若干くだけた表現や、冗談めかしたときにもこの「おかげで」を使用できます。 違いとして「おかげさま」は文頭で使い、後ろに続く文章全体の意味にかけますが、「おかげで」は物や人を具体的に取り上げたい場合に使用できると覚えておくと良いでしょう。 誠にありがとうございます。 ・皆様方のおかげで、無事結婚にいたりました。 ・あなたが手伝ってくれたおかげで、弊社全体の売り上げを伸ばすことができました。 ・これも、ひとえに皆様のおかげであります 「おかげさまで」の類語・言い換え 「おかげさまで」の類語を紹介します。 後援 意味:後方から助けること。 資材などを供給して、援助を与えること 「弊社では、いくつかの文化事業を後援している」 「今回のイベントはチャリティを後援することが目的とされています」 ご支援 意味:他人を支え助けること 「多大なご支援を頂戴し、心から感謝しております」 「今後とも、ご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます」 お引き立て 意味:贔屓にすること・目をかけること 「今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします」 「日頃より一方ならぬお引き立てを賜り、誠にありがとうございます」 お力添え 意味:他人の仕事を手助けすること・力を貸すこと 「どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします」 「日頃より大変なお力添えを賜りまして、心から感謝申し上げます」 「おかげさまで」という詩 余談となりますが、上所重助さんという方の詩に「おかげさまで」といった素晴らしい詩があります。 紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。 夏が来ると「冬がいい」と言う 冬が来ると「夏がいい」と言う 太ると「痩せたい」と言い 痩せると「太りたい」と言う 忙しいと「暇になりたい」と言い 暇になると「忙しい方がいい」と言う 自分に都合のいい人は「善い人だ」と言い 自分に都合が悪くなると「悪い人だ」と言う 借りた傘も 雨が上がれば邪魔になる 金を持てば 古びた女房が邪魔になる 所帯を持てば 親さえも邪魔になる 衣食住は昔に比べりゃ天国だが 上を見て不平不満の明け暮れ 隣を見て愚痴ばかり どうして自分を見つめないのか 静かに考えてみるがよい 一体自分とは何なのか 親のおかげ 先生のおかげ 世間様のおかげの固まりが自分ではないか つまらぬ自我妄執を捨てて 得手勝手を慎んだら 世の中はきっと明るくなるだろう 「俺が」、「俺が」を捨てて 「おかげさまで」、「おかげさまで」と暮らしたい.

次の

「おかげさまで」の正しい敬語の使い方…ビジネス枕詞を応用しよう!

お陰 です 敬語

「おかげで」という言葉の意味はそもそも「神仏の力によって支援してもらう」という援助を受けて助けられることを言い、その神仏や運命の力の陰で自分の保身を保てることを表明する場合に使われます。 この「おかげで」という言葉の敬語表現には実にいろいろな言い方がありますが、多くは「おかげさまで」や「ご尽力の陰で」などと、その言葉の表現そのものを変えた上で表現される「言い換え表現」によって相手への敬意として認められます。 「おかげで」という言葉そのものを敬語表現に置き換えようとしてもむずかしいため、その文章や口語表現における「おかげで」という言葉に「敬意を示す言葉や表現」をつけ添える形で相手に伝え、「自分は自力ではなく他力によって守られた・助けられた」という意思表明をします。 「おかげで」の敬語での使い方 「おかげで」という言葉は一般的に「何かによって助けられた」という場合において使われる言葉で、そのことによる相手への敬意をきちんと伝える際に活用されます。 この活用には敬語表現をはじめ、尊敬語、謙譲語、丁寧語の大きく分けて3種類の言い方がされ、場合や状況によって適当な表現がなされます。 ・あなたさまのご尽力の陰で、わたくしどもの会社は経営難を免れました。 ・この度は精力的なご支援のおかげで、わたくしどもの会社経営も安泰いたしました。 ・彼のおかげで、今のわたしの生活が成り立っております。 ・おかげさまで、毎日を精一杯に暮らすことができております。 このように「おかげで」という言葉はそのまま使う場合でも、その文脈全体を敬語表現として形容する際には一般的に敬語として認められます。 「御陰で」という言葉の基本的な意味合いには「他から受ける力や影響を、自分のための力に変えて成功に導く」という表現があり、この意味合いでは「(寄らば)大樹の陰」などの言葉に認められる「助力される・恩恵を受ける」という背景が強まります。 メールでの「おかげで」の使い方 ビジネスメールでは特にこの「おかげで」という表現が多く使われます。 そのため、「おかげで」という言葉の正確な意味と用例についてしっかり覚えておくことが必要です。 ・おかげさまで、わたくしどもの事業も安泰です。 ・貴社さまのご尽力の陰によりまして、誠に感謝申し上げる所存にございます。 ・ご進展の陰におきまして、弊社ともども常々よりご繁栄をお慶び申し上げます。 上司や目上の人への使い方 「おかげさまで」という言葉そのものがすでに、上司に対する敬語表現として認められます。 この場合でも「おかげで」という言葉をそのまま使っても文脈が敬意を示していればOKで、これは文語表現・口語表現のどちらでも同じく言える「目上の人に対する一般的な敬語表現」として認められます。 ・この度はおかげさまで、わたしにとっても大変貴重な経験とすることができました。 このように上司に対する敬意を念頭に置き、「おかげで」という言葉をそのまま使うか、または別の言葉に置き換えて表現する場合でも一般的な敬語表現として認められます。 書き言葉での使い方 書き言葉というのは文語表現の意味で、特にビジネスメールやプライベートの電子メールでも、この書き言葉による表現が普通に見られます。 書き言葉で「おかげで」と書く場合においては、もちろん相手に対して言葉の全てが電子上に残る形となるため、文法上のミスや誤字脱字などの表記ミスなどは避けることを注意して下さい。 この場合でも、基本的にこれまでお伝えしました「おかげで」の敬語表現でかまいません。 「おかげで」をそのまま使うか、「おかげさまで」や別の言葉に置き換える表現で相手への敬意を示して下さい。 ・おかげさまで、何事もなく過ごすことができました。 「おかげで」を敬語表現するときの例文 先述におきまして「おかげで」の敬語表現を含む例文をいくつかご紹介しましたが、ここでもう少し具体的な例文の数々をご紹介します。 ・弊社の成功は、貴社さまの寛大なるご助力による賜物であると自負しております。 ・おかげさまで、わたしどもの息子もようやく受験を終えることができました。 ・寛容なるご助力と、常日頃より承りましたご高配を持ちまして、わたくしどもの会社運営もようやく羽を広げることができました。 ・彼のおかげで、わたしの生活も安泰しました。 大変、感謝いたしております。 「おかげで」を別の敬語表現に置き換えておき、文中でさらに相手への敬意を示す敬語を含めておくことで、一般的に認められる立派な敬語表現になります。 「とんねるずのみなさんのおかげでした」にはじまる一般的なテロップにおいてもよく使われる表現で、「おかげさまで」という言葉はビジネス上でもプライベートでも、分け隔てなく誰でも使える身近な敬語として認められます。 「陰」という言葉の意味 この「おかげで」の別の表現例についても先でご紹介しましたが、「おかげで」の代わりになる敬語表現は非常に多くあります。 ・貴社さまのご発展の賜物をいただきまして、誠に感謝申し上げます。 ・あなたさまのお力添えによりまして、わたしどもの成長につなげることができました。 ・貴社さまのご助力をもちまして、わが社の進展へとつなげたいと考えております。 ・度重なるご配慮の下、誠に感謝申し上げます。 ・Thanks to get precious information, we could have been helped. 「貴重な情報を譲渡していただいたおかげで助けられました。 」 ・He had been helped by making circle which was due to advise. 「ご助言の賜物とする環境のおかげで、彼は助けられました。 」 ・Thanks for your cooperation, so our business was succeeded. 「ご協力のおかげで、わが社も成功を収めることができました。 」 「おかげで」の英語表現と意味(2) 先述の「おかげで」の英語表現について、もう少し具体的な例文をご紹介します。 英語では実にいろいろな「おかげで」の表現があります。 ・They had been lost success because of uneven circumstance. 「バランスを崩したおかげで、彼らは成功しませんでした。 」 ・This certificate will be authorized thanks to the permission of the specific agency. 「この証書は特定機関の許可のおかげで認可されることになります。 」 ・Thanks to the special lodging, our lives have been restored. 「特別なご高配のおかげで、生活が安泰いたしました。 」 「おかげで」の正確な意味と敬語表現の用例をマスターしましょう いかがでしたか。 今回は「おかげで」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現と題して、「おかげで」という言葉の正しい敬語表現や意味、さまざまな用途・分野で使われる「おかげで」の用例について多角的な視点からご紹介しました。 「おかげで」という言葉やその敬語表現は、主にビジネス用語として認められますが、日常でも対話する際にはかなり多くの場面で使われている日常用語としても認められます。 それほど多くの場面で使われている「おかげで」という言葉だからこそ、その正確な意味合いや用法を把握しておく必要があります。 日本語をはじめ言葉というのは、何度も実際に使っていくことによって自然と身についていきます。 その実践的な学習を日頃からしておくことで、「おかげで」の正しい敬語表現も自然とできるようになるでしょう。

次の

「おかげで」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お陰 です 敬語

「おかげさまで」の意味と使い方 さて、「おかげさまで」って一体なんなんでしょうか? 「おかげさま」とは、「他人から受けた助けや親切に対して感謝の気持ちを込めていう言葉」のことなんです。 漢字で書くと「御蔭様」です。 普通は「お蔭さまで」や、ひらがなで「おかげさまで」と書くことが多いですね。 よほど古風な職場でもない限り、あまり全て漢字で書くことはないでしょう。 「おかげ」という言葉には「他人や神仏の助けによって受ける恩恵」という意味と、「善悪にかかわらず、それが原因であること」という意味があります。 つまり、人に何かしてもらって感謝する時に「おかげ」を使います。 ですが、「おかげさまで」という形の場合は、いい意味でのみ使います。 「おかげさまで」は、人に親切にしてもらった時に感謝する意の言葉である、と覚えておきましょう。 「おかげさま」の語源 とはいえ、なぜ人に感謝する気持ちが「おかげさま」なのか気になりますよね(笑)。 「おかげさま」の語源についても確認しておきましょう。 「おかげさま」は「おかげ」に丁寧の「様」をつけたものです。 「おかげ」は、もともと神仏などのご加護を意味する言葉でした。 神仏など偉大なものの「陰」でその庇護を受けるということです。 しかし、本来は「おかげ」というのは神仏のご加護から来ているいい意味の言葉ですので、このような使い方はあくまでも皮肉のようなものです。 目上の人にも使える? 「おかげさまで」は相手の助力によって何かができた時などに、相手に感謝する時に使う言葉です。 これは敬語ですので、もちろん目上の人にも使えます。 【例文】• おかげさまで、息子が志望校に合格することができました。 (先生などに指導してもらった感謝の気持ち)• (紹介、口添えしてもらった感謝の気持ち)• おかげさまで無事退院できました。 (お見舞いや心配をしてもらった感謝の気持ち) ビジネスシーンでの使い方 「おかげさまで」はビジネスシーンでも非常に使える表現です。 もちろん上司やお客様、取引先などへの感謝の気持ちを表す言葉として使います。 ですが、直接的に相手が何かしてくれたわけでなくても「おかげさまで」を使うことがよくあります。 上司や仕事関係の人など、周囲の人々の日頃からの支えがあってこそ仕事がうまくいった、という意味で使うわけです。 【例文】• おかげさまで商談もうまくまとまりました。 おかげさまで完売いたしました。 おかげさまで創業50周年を迎えることができました。 おかげさまでチームリーダーに昇格することができました。 このような場合、たとえ、自分の努力や自分一人の手柄でうまくいったのだとしても「おかげさまで」はしばしば使われます。 「自分一人では成し得なかったけれど、みんなの協力や応援があったからうまくいきました」という謙虚な姿勢を表すことができるからです。 「おかげさまで」のおかげで(笑)、謙虚な人、真面目な人、いい人、という好印象を周りに与えることができるんですね。 ぜひビジネスの場でも使っていきたい表現です。 まとめ 「おかげさまで」はへりくだって感謝を表す言葉でした。 このような言葉は「ビジネス枕詞」とも言われ、ビジネスの場では人間関係を円滑にしてうまく仕事を進めるために便利な言葉とされています。 たしかに便利な言葉ですが、うわべだけでなく一回一回に感謝の気持ちを込めて使うことができれば素敵ですね。 ぜひ使ってみてください。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の