腕枕 犬。 犬が腕枕を好きな理由って知ってる?おすすめ犬用枕も紹介!

犬が腕枕を好きな理由って知ってる?おすすめ犬用枕も紹介!

腕枕 犬

犬の『心の病気』とは? 仕事や人間関係など、ストレス社会と言われている現代では、誰しも心の病気を患うリスクを抱えています。 しかし、それは人間だけではありません。 犬も『心の病気』にかかることがあるのです。 例えば、近年核家族化が一般的になったことに加え、飼い主が共働きをする家庭が増えたため、1匹で留守番する犬が増えています。 そのため、寂しさからストレスを強く感じ、『心の病気』にかかることがあります。 また、犬に過剰な愛情を注いだために、犬自身も飼い主依存症と言われる『分離不安』に陥り、飼い主の姿が見えないだけで強い不安や恐怖感に襲われる心の病気にかかることが増えているのです。 こうした心の病気がエスカレートすることで、犬も自傷行為に至るケースが珍しくありません。 心の病気は放置してはいけない、今では見過ごすことのできない重大な病気の1つでもあります。 犬が『心の病気』にかかっている時の症状 では、そんな犬の『心の病気』ですが、もしも犬が病気を患ってしまった場合、どのような症状が現れるのでしょうか。 皆さんの愛犬は下記のような症状を発症していませんか? 1. 破壊行為を行う 1つ目は破壊行為です。 今までは良い子だった犬が、突然ドアを破壊したり、物を高いところから落として壊したりと破壊行為を繰り返す場合、強いストレスによって『心の病気』にかかっている可能性があります。 破壊行為をすることで、イライラや寂しさを紛らわすことができるため、このような行為を繰り返すのです。 無闇に怒鳴り散らしたりすると逆効果なので、黙々と片付け、しばらくその部屋から立ち去り、良い子になったらスキンシップを取ってあげるように、対応を心掛けましょう。 獣医師:平松育子 2. 下痢や嘔吐を繰り返す 人間も強いストレスがかかると急性胃腸炎と呼ばれる症状を発症します。 犬も同じように『心の病気』にかかると下痢や嘔吐を繰り返すことがあります。 下痢や嘔吐は1度くらいであれば様子を見る程度で問題ありません。 しかし、何度も繰り返す場合は、何かしらの原因が考えられます。 その1つとして『心の病気(強いストレス)』が挙げられます。 他にも食中毒などの原因が考えられるので、あまりにも繰り返し嘔吐や下痢を繰り返す場合は、病院へ連れて行きましょう。 手足を執拗に舐め続ける 「なんだか静かだなぁ」と思い愛犬を見ると、ずっとぺちゃぺちゃと自分の前足を舐めていた…ということはありませんか?実はこれも『心の病気』にかかっているサインの1つです。 それも、かなり強いストレスを抱えている可能性があります。 この行為は、犬にとっての自傷行為とも言われています。 なぜならば、前足を執拗に舐め続けることで皮膚炎を発症し、皮膚がただれてしまう恐れがあるからです。 執拗に同じ行為を繰り返すことで、心の強い不安を紛らわしているのです。 主に「寂しい」という理由が多いので、きちんとコミュニケーションを取るよう接し方を見直しましょう。 吠え続ける ある日突然、愛犬が吠えるようになったという話は珍しくありません。 これもストレスや不安などの『心の病気』が関係していることがあります。 特に、自分が生活している環境に変化があると、犬は過剰に反応します。 例えば、引っ越しをした、赤ちゃんが家にやってきた、新しく子犬が迎えられた…等が挙げられます。 情緒が不安定になっているため、本来持つ犬の本能的な行動をすることで、ストレスを発散させているのです。 トイレの失敗が増える 『心の病気』にかかると、今までは完璧にできていたトイレを途端に失敗するというのもよくあります。 このパターンは2つの理由が考えられます。 1つは強い不安や恐怖によって、おしっこをトイレでするということを考える余裕がなくなっている可能性です。 もう1つは、飼い主が構ってくれないため、飼い主の気を引くためにわざと失敗している可能性です。 愛犬の様子や環境の変化などを考慮し、どちらに当てはまるかを考え、それぞれに合った対処法を実行することで直すことができますよ。 まとめ いかがでしたでしょうか。 皆さんの愛犬は『心の病気』に当てはまる症状は見られませんか?もしも当てはまるようであれば、生活環境や普段の接し方などを見直す必要があります。 お互い快適に過ごせる環境作りを心掛けましょう。

次の

腕枕で眠ってくれる愛犬がとっても可愛くて困っちゃう

腕枕 犬

犬が腕枕を好む理由 愛犬が飼い主さんの腕枕で寝るのは、飼い主さんが大好きで信頼している証でもあります。 大好きな飼い主さんのそばでピッタリくっついて寝ることは、愛犬にとって「安心」「大好き」などの親愛の気持ちなのです。 また、寂しがり屋や甘えん坊な性格の犬も飼い主さんといつも一緒にいたいという意味で、腕枕をしてもらうと安心して眠れるという犬もいます。 どちらにしても、飼い主さんが大好きで信頼関係がしっかりと築けている証拠ですね。 腕枕で寝たがる愛犬の心理 飼い主さんの腕枕で寝たがる愛犬の心理は以下の4つが考えられます。 ・飼い主を信頼している 先ほども述べたように、 犬が飼い主の腕枕で寝るのは信頼しているからこそ出来ること。 無防備に寝ている姿を見せられるのは、飼い主さんを信頼して安心しきっているからなんですよ。 ・飼い主さんが大好き 飼い主さんが大好き過ぎて 「寝ている時も一緒にいたい」「常に飼い主さんに触れ合っていたい」という思いから腕枕で寝たがることもあります。 愛犬にとって大好きな飼い主さんのニオイや感触をすぐ近くで感じられる腕枕は、とても幸せで至福の時間でもあるのです。 ・不安や寂しさ 犬は不安や寂しさを感じると 「飼い主さんの近くに寄り添っていたい」という気持ちから飼い主さんの腕枕で寝たがることがあります。 大好きな飼い主さんに腕枕をしてもらうことで 「安心したい」と考えているのかもしれませんね。 ・犬の習性 元々犬は集団で生活していて、敵から身を守ったり寒さをしのいで体温を維持するために寝る時は仲間同士で寄り添って眠っていたと言われています。 そんな犬の習性がペットとして飼われるようになった現在でも残り、飼い主さんの腕枕で寝たがるという行動に繋がっていくのです。 飼い主さんの事を信頼できる家族や仲間だと認識しているからこそ、腕枕で安心して眠ることが出来るんだよ。 愛犬の腕枕以外の愛情表現 腕枕は愛犬なりの愛情表現の一つでもありますが、腕枕以外にも愛犬からの愛情表現はたくさんあるのです。 ・しっぽを振る 犬の愛情表現でよく見られるのがしっぽを振るという行為です。 愛犬が飼い主の方を見ながらしっぽを振っている時は、「大好き」や「嬉しい」という気持ちでいっぱいなんですよ。 ・笑顔になったり見つめてくる 犬も人間と同じように目を細めて笑顔のような表情になることがあります。 このような表情になっている時は飼い主さんと一緒にいられて嬉しかったり安心してリラックスした状態なのです。 また飼い主さんをぼーっと見つめているときは「大好き」という気持ちを見つめることでアピールしているんですよ。

次の

【柴犬と一緒に寝るための心得】毛が抜けたって、踏まれたって添い寝したい!

腕枕 犬

犬が腕枕で眠る意味 飼い主さんに常に従順な犬は、 甘えん坊なイメージが強いですよね。 確かに、ただくっついていたい心理 ももちろんありますが、そこには 本能的な深い理由もあるんです。 犬が横になる姿勢に落ち着くまでに、 匂いを嗅いだり、身体の向きをぐる ぐる回り変えたりします。 そして、毛布やタオルケットなんかを グチャグチャにしてみたりしながら、 ずいぶん時間がかかることがありま せんか? 実は、それは敵に襲われたときや、 何か周りに異変が起きたときに、 迅速に対応できるように鼻の位置を 決めて眠るんだそうです。 飼い主さんとの暮らしは平和な環境 なので、本人は危機感を持ってそんな ことをしているのでしょう。 しかし、 本能的に、自分も飼い主さん をも守ろうという行動なんです。 そして、やっぱり飼い主さんの腕の中 で眠れる安心感と愛おしさがいちばん ですね。 匂いに敏感な犬ですから、犬舎の中 に飼い主さんの匂いのついた衣類 などをまるめて入れてあげるだけで、 普段よりホッと安心してよく眠る なんてこともあるようです。 スポンサードリンク 腕枕で眠る心理 犬と添い寝するのは、しつけや、 衛生面を考えて良くないと言われる ことも多いです。 それでも、犬はやっぱり布団が大好き。 床や犬舎、イスなどとは違った特別な 場所で、大好きな飼い主さんと眠るのは 至福のひとときです。 私たちが眠りやすい環境を整えている 寝室は、犬にとっても、とても心地の 良い場所で、リラックスして甘えられるん ですね。 腕枕で眠る理由は、単純にひと肌で 温まって眠りたいということもあり ますが、やはり、 飼い主さんの匂いや 感触を少しでも傍で感じて眠りたい、 安心感を得たいという心理の表れ でしょう。 子犬の場合は、母犬から離れた寂しさ から、代わりを探して安心できる場所 を確保するような心理だったりも します。 犬は元々、集団で生活する動物のため、 特に小犬なんかは、みんなが寄り 添って団子状態で眠っているのを 見かけますよね。 そんな本能的なものも大きいようです。 犬は、人間で言うと0歳から4歳くらい の乳幼児と同じで、飼い主さんが親代わり。 飼い主さんさえ居てくれればもう何も 要らない、というくらい飼い主さんの ことしか考えていませんし、とにかく 大好きなんですね。 そんな気持ちを理解して受け止めて あげながら、腕枕で眠る犬に、話し かけたり、撫でてあげたり、優しく コミュニケーションを取ると良いです。 お互いの愛おしさもさらに増し、毎晩 穏やかな眠りにつけるのではないで しょうか。 スポンサードリンク.

次の