お 風呂 排水 溝 逆流。 お風呂の水が流れない?浴室の詰まりを解消する簡単な方法と予防策

お風呂の排水溝(排水口)つまりの原因と修理方法

お 風呂 排水 溝 逆流

排水のつまりを解消する定番の方法としてはやはり、重曹が一番に挙げられるでしょう。 ご家庭でもよくあるものですし、つまり以外にも悪臭などニオイ対策、つまり予防にも使えます。 重曹単体で使うよりも、 台所ではお酢、浴室ではクエン酸など、重曹と何かを混ぜて使うことが多いです。 重曹は水と反応させると泡立ち、汚れを浮かしてすっきり洗い流せるようになります。 二酸化炭素が発生することに加え、強いアルカリ性の炭酸ソーダが発生するというダブル効果を生み出すので、 排水以外の汚れの掃除にも効果てきめん!というわけです。 重曹で排水の掃除をする際は、万能型の重曹スプレーと、場所によってお酢など混ぜるものを変えて行います。 アルカリ性や酸性など強い効果を作るので、 重曹を使うときは肌荒れ対策にゴム手袋などを使うようにしてください。 自分では直せないと少しでも感じたら、必ずプロへ依頼するようにしましょう。 つまりの原因が確実にわかるとき(油脂分)• ゆっくり、徐々に水が引いて行く時• 水が流れないけど原因が確実にわかった時 とにかく原因が確定しないのであれば、無理に直そうとはしないでください。 自宅できる修理方法はいろいろありますが、原因がわからなければ逆につまりを悪化させることもあります。 それから排水からの逆流など症状がひどい場合、スマホなど硬い異物を落としてしまった時などは、 絶対無理やり取り出したり力任せの修理はしないようにしてください。 配管を傷つけ水漏れなど二次災害を引き起こすこともありますし、最悪工事になりかねません。 自分では直せないと思ったら、必ず当町の水道修理センターへご相談ください。 それを防止してくれるのが金属イオンなのですが、ご家庭で簡単に金属イオンを発生させてくれるのがアルミホイル! 最近じゃテレビでもよく紹介されているのでもうすでにあなたも試しているかも知れませんが、これがよく効きます。 水に反応して金属イオンをパイプ内部にしっかり発生させるので、ヌメリが起きにくくなります。 ヌメリ=菌が発生しにくくなるとその分排水がスムーズに行えるので、つまり防止にもなり、ついでにニオイ対策にも効果あり! キッチンやお風呂でよく使われますが、洗濯機の排水トラップにもおいておくといいでしょう。 大きさはそれぞれの排水口に入る程度で、水の流れを邪魔しない程度の大きさでOKです。 ギュッときつく固めるのではなく、 なるべくフワッとゆとりあるように丸めるのがポイントです。

次の

洗濯機の水を流すとお風呂排水溝から逆流/配管詰まり

お 風呂 排水 溝 逆流

Contents• 簡単!お風呂の排水逆流を防ぐ2つの方法 逆流の原因となる詰まりを防ぐ方法は、主に以下の2つ。 どちらもとても簡単です。 1.排水口にヘアキャッチャー(またはネット)を付ける 2.液体パイプクリーナーで1週間に1度お掃除する たったこれだけ。 ヘアキャッチャーは、お風呂場の排水口にかぶせる目皿のようなものです。 逆流してしまったときの不快感と手間を考えたら、この2つの方法で予防してスムーズな排水を目指したほうが断然楽ですね。 また、異物が排水口に流れ込んで奥で詰まる場合もあります。 うっかりシャンプーのキャップなどを落としてしまったときにはすぐに拾っておきましょう。 もしもお風呂の排水口が詰まって自分で対処できず業者に依頼した場合、 *詰まりの除去に約8,000円~ *高圧洗浄ともなれば約15,000円~ と、大きな出費となります。 日々のちょっとした手間でこうした出費も抑えられます。 次からは、2つの予防方法についてそれぞれ詳しく解説していきます。 1.排水口にヘアキャッチャーやネットをつける 排水口にヘアキャッチャー(ゴミ取り用カバー)やネットをつけるのは、最もシンプルで効果的な予防方法です。 排水口から水が逆流してくる主な原因は、髪の毛や石鹸カスによる詰まり。 ヘアキャッチャーやネットを付けることで、これらを入り口でキャッチできます。 ヘアキャッチャーやネットは、スーパーやホームセンター、インターネットで手軽に購入可能。 種類がいくつかありますので下記を参考に選んでみてください。 ステンレス製の浴室用ヘアキャッチャー(約1,000円〜) ヘアキャッチャーの目はネットよりも細かく、髪の毛などが排水口に流れ込むことを効果的に防いでくれます。 ステンレス製のヘアキャッチャーはプラスチック製より少々高いですが、お湯が溜まっても浮かび上がることなく安定します。 プラスチック製では浮かんでしまうという場合、ステンレス製にするといいでしょう。 ネットのようにいちいち取り替えずにすむので便利ですが、毎日ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛や石鹸カスを取り除いてゴミ箱に捨てる必要があります。 ヘアキャッチャーが目詰まりしてくることもあるので、そんな場合はブラシやスポンジで綺麗に洗いましょう。 プラスチック製の浴室用ヘアキャッチャー(約500円〜1,000円) 使い方はステンレス製と同じく排水口にかぶせるだけです。 ステンレス製と同じく、毎日ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛などをゴミ箱に捨て、汚れが付着してきたらブラシやスポンジで洗う必要があります。 プラスチック製のヘアキャッチャーには、特殊形状で水を流すと髪の毛が中央にくるくるまとまる便利な商品もあります。 こうしたタイプは、捨てるときにヘアキャッチャーの端を持てば、髪の毛に触ることなくポイっと捨てられます。 あまり髪の毛や石鹸カスに手を触れたくない方におすすめです。 粘着タイプの排水口ネット(30枚で約500円〜) 排水口の目皿に粘着性のネットをかぶせる方法です。 ネットを取り替える手間はかかりますが、粘着性のネットであれば、剥がすときに集めた髪の毛やゴミを包み込むようにして一気に捨てられます。 目皿に汚れも付着しづらく、捨てやすさで言えば一番です。 目皿にかぶせるタイプの排水口ネット(150枚で約600円〜) 粘着性ではなく、目皿を覆うようにかぶせるタイプのネットもあり、粘着タイプのネットより安価です。 ただし、目皿を排水口からいったん外して、目皿全体を覆うようにネットをかぶせてまた目皿を排水口に戻す必要があります。 粘着タイプのネットよりは少し手間がかかりますが、安さを重視したい方にはおすすめです。 まずは、こうしたヘアキャッチャーやネットを活用して、排水口の中へ汚れが流れこむ前にキャッチすることが逆流予防のポイント。 まだ何も対策していない方は、すぐにでも排水口にヘアキャッチャーを取り付けるか、排水口の目皿にネットをかぶせましょう。 2.液体パイプクリーナーで1週間に1度お掃除する ヘアキャッチャーでほとんどの髪の毛や石鹸カスはキャッチできますが、どうしても排水口に流れ込んでしまうものもあります。 また、時間の経過とともに、内部のヌメリが溜まることは防げません。 そこで、1週間に1度は排水口に液体パイプクリーナーをかけてお掃除をしましょう。 使用方法はとても簡単で、排水口に液体パイプクリーナーを回しかけて30分ほど経ったら水で流すだけです。 液体パイプクリーナーはスーパーやホームセンター、インターネットでも購入できます。 代表的なものは以下のような商品です。 * パイプユニッシュ 密着ジェル(1本800ml 約300円〜) * パイプハイター 高粘度ジェル(1本500ml 約300円〜) 汚れが溜まりに溜まって逆流してしまうと、液体パイプクリーナーを使っても流れなくなってしまい大変です。 そうなる前に、普段からこまめに掃除して逆流を予防しましょう。 1週間に1回程度パイプクリーナーでお掃除してあれば、排水口からの悪臭予防にもなります。 スポンサードサーチ それでも解決ないときの3つの解消法 上で紹介した2つの予防方法を実践しても排水口が詰まってきてしまった場合には、パイプクリーナーで対処するか、ラバーカップを使ってみましょう。 1.液体パイプクリーナーと40度のお湯で詰まり除去 排水口が詰まっている場合、髪の毛に石鹸カスが絡まってヘドロのようになり、排水口の奥で塊になっているかもしれません。 液体パイプクリーナーはこの髪の毛ヘドロを強力に溶かしてくれます。 まずは市販のパイプクリーナーで詰まりを除去しましょう。 使用方法は、液体パイプクリーナーのパッケージに記載された使用量を排水口に注ぎ、15〜30分放置した後、水を流すだけ。 より効果的に使うなら、液体パイプクリーナーを注ぐ前に40度のお湯を流して汚れを浮かしておきましょう。 最後にパイプクリーナーを流す際にも、40度のお湯を使うとさらに効果的です。 本当に簡単なので、いざという時のためにも液体パイプクリーナーを買い置きしておくと安心ですよ。 2.業務用パイプ清浄剤「ピーピースルーF」を使ってみる 一般家庭用の液体パイプクリーナーでも詰まりが解消されないなら、業務用のパイプ清浄剤「ピーピースルーF」を試してみるのも一つの手です。 インターネットなどで、1本(600g)約1,000円から購入できます。 使用する際は、排水溝に粉末をふりかけ40度〜50度のお湯で流し込みます。 泡を立ててピーピースルーが汚れを溶かしてくれるので、30分〜1時間ほど放置し、最後に水を十分に流しましょう。 ピーピースルーの強力な効果で、詰まっていた排水溝に水が流れていくはずですよ。 当然、一般家庭用の液体パイプクリーナーよりは強力な効果が望めます。 液体パイプクリーナーなどを試してみても2〜3日でまた詰まってきてしまうようなら、ピーピースルーFを試してみましょう。 ただし、充分な換気をしながら、マスク、メガネ、手袋を着用して行いましょう。 くれぐれも他の薬剤と混ぜないように注意してください!!! 3.ラバーカップで詰まりを解消 ラバーカップとは、柄の先に丸いゴムのカップがついた、トイレの詰まり解消に使われる器具です。 通称:「すっぽん」と呼ばれたりもします。 ラバーカップは、実はトイレ以外の排水口の詰まりにも使えます。 使い方は、カップを排水口にピッタリ当ててからゆっくりと押し付け、ポンっと一気に引き上げるというもの。 このとき、カップの上ぐらいまで水が溜まった状態で行いましょう。 上の動作を何回か行うと、水の力でゴボっと詰まりが解消されます。 ちなみにラバーカップにも大・小などのサイズがあるため、排水口のサイズにあったものを選んでくださいね。 お風呂場や脱衣所のあたりで悪臭がする理由は雑菌やカビ 排水口の詰まり以外にも気になるのが、お風呂場や脱衣所のあたりでする嫌な臭い。 そのような場合、 * 排水口の中の汚れやヌメリなどに発生した雑菌が放つ悪臭 * お風呂の壁や床などのカビが放つカビ臭 といったものが原因として考えられます。 排水口に関しては、上記でご紹介したようにヘアキャッチャーで汚れが溜まらないようにしたり、定期的に液体パイプクリーナーを使用してお掃除をしていれば防げます。 お風呂の壁や床のカビは、カビキラーを使用して根本から殺菌しましょう。 毎日のこまめなお掃除と換気で、できるだけカビの発生を防ぐことも大切です。 まとめ お風呂の排水口の逆流や、排水口からの悪臭は、ちょっとした手間をかけるだけで防げます。 ヘアキャッチャーや液体パイプスルーを使っていつもスムーズな排水を保てば、毎日のお風呂時間を快適に過ごせますよ。

次の

風呂の排水溝が詰まって大変です。 浴槽に逆流し、浴槽に浸かれません。 パイプマン、パイプユニッシュ、パイプ洗浄具等、色々試しましたが全く効果がありません。

お 風呂 排水 溝 逆流

お風呂に入ろうとしたところ、浴室ドアの下の排水溝に水がたまっていることに気づきました。 しばらくすれば水が流れて直るだろうと考えていたのですが、だんだんと水が排水へ流れていかなくなり、ついに排水溝がつまり水があふれ逆流して床がぬれるようになってきました。 排水溝がつまって水が逆流してきましたので、早く直さないと、お風呂に入る度に部屋側の床がぬれます。 業者に依頼して直すか、自分で直すか悩みました。 調べたところ専門業者へ依頼すると、 最低でも5,000円以上かかることがわかりました。 まだ風呂に入るたびに床がぬれる程度ですので、まず自分でこの排水のつまりを直すことができないか、インターネットで調べてみました。 インターネットで排水のつまりの原因が何かを調べ、浴室の排水溝の写真をスマートフォンで撮影してホームセンターにいきました。 お店の人にアドバイスをもらった結果、とあるグッズを購入して自分で排水溝のつまりを直すことができました。 まず排水溝のつまりの原因を調べてみる ワタシの家の浴室の排水溝は、2つあります。 1つは風呂釜の近くにある大きい排水溝(写真奥のふたがあるところ)、もう一つは、浴室の入口でドアがが閉まるすぐ真下の細いレール状の排水溝(手前にある)です。 (浴室の排水溝の写真) 今回、水が逆流したのはこの入口ドアの真下にある細いレール状の排水溝からでした。 まず、風呂釜近くにある排水溝を空けて掃除しましたが、この入口ドアの真下にあるレール上の排水溝には水が溜った状況は変わらずでした。 そこで、説明書を見ながらどこが詰まっているのかを確認するため、入口ドアの真下にある排水溝を実際に開いてみることにしました。 開け方は、人差し指を入れて上にひっ張り出します。 慣れないと上手く引っ張れませんので手前に引き出すように引っ張ります。 (浴室側から人指しゆびを入れて引っ張った写真) 開いたところ、水がたまって水が流れていきません。 ここの排水は、いつも水がすべて流れていました。 インターネットで調べてみると、下記のような原因で排水溝がつまり水が逆流していることがわかりました。 (排水溝がつまっている原因) ・浴室の入口ドアの真下にある排水溝は、水がもう一つの風呂釜近くの排水溝へ流れて下水道に流れること。 ・風呂釜近くの排水溝は、浴室の入口ドアの真下にある排水溝から流れた水を全て下水に排水するのではなく、キッチンの水道と同じである程度の水を貯めておくように設計されている。 これにより、下水や排水溝のにおいがダイレクトに上に上がってこないようにしている。 ・この風呂釜の排水溝にある程度の水が貯められた結果、入口ドアの真下から流れてきた水が、ほこりや髪の毛といったゴミが風呂釜へ流れる途中でたまっていくと、流れていかずにつまり、結局、入口ドアの排水溝から水があふれて逆流した。 どうやって排水溝のつまりを直したか ・まずパイプユニッシュという商品が排水溝のつまりに効くと書いてあったので、入口ドアの排水溝に流してしばらく時間を置いて水を流してみましたが、状況は変わりませんでした。 ・業者に依頼すれば、最低でも5,000円以上の出費を覚悟しなければなりません。 そこで近くのホームセンターへ見に行って店員の方に浴室の写真を見せて、解消できるグッズについてアドバイスをもらうようにしました。 その時に紹介されたのが 排水管クリーナー5連ブラシでした。 その商品を購入して掃除をした結果、排水溝のつまりが解消されました。 具体的にどのようにつまりを解消したかといいますと、浴室入口の排水溝にこの排水管クリーナー5連ブラシを入れます。 (下の写真を参照)入れた後に、上下に動かします。 ちょうど、水筒をスポンジで洗うような感じで上下に動かします。 この製品の良さは、2つあります。 ・ブラシの先端部分が自由自在に曲げらますので、 排水管のカーブに沿って曲線部の汚れを取ることができること。 ・ワイヤーでできているので、 途中で切れる心配がないこと。 かなりしっかりした作りです。 浴室には、あるていどの太さのワイヤータイプのものが向いてるようです。 ・価格がリーズナブル(1,000円台)であること。 一方でこの製品の不便なところは、 洗面台のS字配管の排水掃除には向きません。 ある程度のワイヤーの太さがあるので洗面台のS時まで柔軟にとどきにくいです。 ワタシの場合には、浴槽のつまりを解消するために割り切って購入しました。 (排水クリーナー5連ブラシを浴室下の排水溝に入れたところ) すると、ゴミが風呂釜の排水溝に流れてきました。 たまっていたゴミが流れて、入口ドアの排水溝からも水が全て流れていきました。 まとめ 浴室のドア下が排水溝となっていて、ゴミがたまって排水溝に水がながれなくなってつまっているときには、 排水管クリーナー5連ブラシで掃除しましょう。 定期的に清掃することでつまることがなくなりますよ。

次の