音楽関係の仕事。 「“音楽”を仕事にしたい人に―音楽業界での働き方」

「音楽」に関連する仕事の種類(20選)

音楽関係の仕事

レコーディングエンジニアとは、音のレコーディング作業で、音量などのバランスを調整する仕事です。 音は、ボーカル、ギター、ドラムなどそれぞれのパートごとに録音されます。 それを一つにまとめて、最終的に的確に音が調整されたマスターテープに仕上げます。 レコーディング作業は、アーティストや演奏者と共に行うため、仕事の時間は不規則になることもよく見受けられます。 1-1-1 レコーディングエンジニアになるには 音響機器の操作や、マスタリングなどの技術が必要とされるため、それらの基礎知識は必要です。 音楽関係の専門学校や、音楽大学のエンジニアコースで学んだ後に、レコーディングエンジニアとなるケースは多いです。 または、レコーディングエンジニアの方のアシスタント、見習いスタッフとしてスタートし、現場でそのノウハウを学ぶこともあります。 音の録音、編集、ミキシングを行うための音楽編集ソフトウェアの知識も必要です。 多くのレコーディングスタジオで使われているのが、オーディオツール「ProTools」なので、操作方法を習得しておくと良いでしょう。 また、レコーディングで使われる音響機器の操作、知識も必要です。 また、これらのツールに不具合が起きた際に、冷静に対応すべく、電気工学の知識が必要になる場合もあります。 レコーディングエンジニアは、アーティストやバンドマン、音楽プロデューサーなど、多くの方とコミュニケーションを取りながら、マスター音源を作り上げていきますので、コミュニケーション能力も求められます。 1-1-2 レコーディングエンジニアの就職事情 レコーディングエンジニアの就職先は、レコード会社、またはレコーディングスタジオが多いです。 ただ、レコード会社所属のエンジニア職は、新卒からの採用が多い傾向もあり、音楽業界自体が人気であることから、狭き門となります。 レコーディングスタジオでの募集はアシスタントスタッフとしての採用からスタートすることができるため、仕事を通じて技術力を高めることが出来ます。 スタジオ勤務の場合、雇用形態も様々ですので、まずは経験を積むということを考えて、アルバイトスタッフからスタートするのも一つの方法です。 特に資格は必要ありませんが、音響設備を会場に運ぶことこともあるので、普通自動車免許が応募の条件になる場合があります。 音響関係の専門学校や、大学の電気工学部などで知識や操作経験を学ぶ方は多いです。 また、アルバイトからPAアシスタントをはじめ、そのまま一人前になるケースもあります。 PAエンジニアは職人気質の方も多いので、現場の上司や、先輩と上手にコニュニケーションが取れることも大切です。 1-2-1 PAエンジニアエンジニアになるには 特に資格は必要ありませんが、音響設備を会場に運ぶことこともあるので、普通自動車免許が応募の条件になる場合があります。 音響関係の専門学校や、大学の電気工学部などで知識や操作経験を学ぶ方は多いです。 また、アルバイトからPAアシスタントをはじめ、そのまま一人前になるケースもあります。 PAエンジニアは職人気質の方も多いので、現場の上司や、先輩と上手にコニュニケーションが取れることも大切です。 1-2-2 PAエンジニアの就職事情 PAエンジニアは活躍できるシーンが多いことから様々な業界での求人が見られます。 コンサート会場や、音響会社、ホールを持つ施設、結婚式場、イベント会社、テーマパークなどが挙げられます。 テレビなどの放送局にもPAエンジニアの仕事はありますが、放送局自体でPAエンジニアの職種があるというよりは、下請の音響会社のスタッフが、放送局に常駐するというのが一般的です。 照明エンジニアとは、コンサート会場、舞台、イベントなどで、ライティング効果で演出をする仕事です。 音楽業界だけではなく、結婚式や、トークショーなど照明演出が必要なシーンは多々あります。 現場の内容に合わせて使用する照明機器や、ライティングの色味調整など、会場や、アーティストや出演者を演出するための効果的な演出センスも問われます。 1-3-1 照明エンジニアになるには 資格は必要ありません。 アルバイトスタッフとして見習いからスタートし、現場で技術を学び、一人前になるケースもあります。 また、コンサートや舞台の照明エンジニアの場合は、舞台や音楽そのものに興味を持ち、照明が芸術の一部としてどのように演出出来るのか、バランスを考えられるスキルも必要ですので、舞台や音楽など、芸術に興味がある方には向いているエンジニア職でしょう。 照明機器に不具合が発生した場合に備えて、電気工学の知識があることも強みとなります。 1-3-2 照明エンジニアの就職事情 照明エンジニアの就職、転職先は、コンサート会場や、照明会社、ホールを持つ施設、結婚式場、イベント会社、などが挙げられます。 テレビなどの放送局はPAエンジニアと同様に、下請の照明会社のスタッフが、放送局に常駐することが多いです。 映像エンジニアとは、プロモーションビデオ(PV)やCMの映像や音楽を編集して、映像を完成させる仕事です。 最近ではWebムービー、WebCMといったWebコンテンツで使用する映像制作の仕事も増えています。 編集業務だけではなく、映像の素材となる撮影から担当することもあります。 また、映像素材としてCG制作も合わせて任せられることもあり、幅広い専門技術が必要となる職種です。 1-4-1 映像エンジニアになるには 資格は必要ありませんが、撮影技術、音声編集、CG制作ソフトの操作、編集技術など、映像編集に付随する様々な技術知識が要されます。 また編集映像には高いクオリティが求められることから、実力主義の世界です。 エンジニアという技術専門職でもありながら、人を惹きつける映像に仕上げるためのクリエイティブな感性も求められます。 また、近年アプリケーションの普及により、誰でも簡単に映像が編集出来るようになりました。 よって、映像エンジニアには、より高い専門性や経験が求められる傾向にあります。 1-4-2 映像エンジニアの就職事情 高い専門知識が求められるため、新卒の場合は映像系の専門学校や、大学の学部で学んだのちに、映像制作会社に進むことが多いです。 また、映像エンジニアはクリエイティブ性が求められることから、アシスタントからスタートというよりは、即戦力が求められます。 独学から就職先を探す場合は、ご自身が編集された映像ポートフォリオの数を増やしておき、技術力のアピールに繋げましょう。 また実力主義の世界でもあることから、フリーランスで活躍するし、受託で仕事を受ける映像エンジニアも増えています。 音楽業界エンジニアにバンドマン出身が多い理由 音楽業界のエンジニア職として活躍するには、その職種に特化した専門学校や、大学で学び、新卒として就職される進路も多くありますが、バンドマンが、バンド活動をしながら、また活動を止めた後に音楽業界エンジニアに転向するケースも多く見られます。 その理由は次の通りです。 ・ 演奏先のライブハウスや様々な会場やスタジオに、各エンジニアが常駐していないことがあり、バンドメンバーが自ら音響調整やライティング作業を行わなければならないことがよくある。 ・ 音源録音の作業はレコーディングエンジニアを介さず、自分が所有しているパソコン(Mac)でミキシング、マスタリングできる。 ・ SNSなどインターネットを活用してバンド演奏映像を広めるために、バンドメンバー自らで映像を撮影、編集、公開している。 ・ ライブハウスなどの演奏現場やレコーディングスタジオ現場で、常日頃エンジニアの方とやり取りしているので、仕事内容についての知見がある。 ・ エンジニアを含めた現場スタッフの方と交流があることから、求人が出た時に、声を掛けられやすい環境にある。 音楽業界には様々エンジニア職があり、求められる技術力や、就職先も様々です。 各種エンジニアの経歴を見てみると、「元バンドマンです」という方が多いことも。 資格や学歴よりも、センスや高い専門性、職人気質、音楽への精通が求められるため、音楽活動と並行してエンジニアをされている方も増えているようです。 また、元バンドマンエンジニアに関しては、音楽業界エンジニアに止まらず、サーバーエンジニアやインフラエンジニアとして活躍されている方もいます。 エンジニアの専門知識や、情報や、素材を収集しそれをアウトプットするという作業は音楽制作、演奏活動に精通するものがあるのかもしれません。 音楽が好きで、その業界で何か専門性の高い仕事に就きたいと考えられている方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

音楽業界でのエンジニアの仕事とは?種類と内容、就職事情をまとめました

音楽関係の仕事

レコーディングエンジニアとは、音のレコーディング作業で、音量などのバランスを調整する仕事です。 音は、ボーカル、ギター、ドラムなどそれぞれのパートごとに録音されます。 それを一つにまとめて、最終的に的確に音が調整されたマスターテープに仕上げます。 レコーディング作業は、アーティストや演奏者と共に行うため、仕事の時間は不規則になることもよく見受けられます。 1-1-1 レコーディングエンジニアになるには 音響機器の操作や、マスタリングなどの技術が必要とされるため、それらの基礎知識は必要です。 音楽関係の専門学校や、音楽大学のエンジニアコースで学んだ後に、レコーディングエンジニアとなるケースは多いです。 または、レコーディングエンジニアの方のアシスタント、見習いスタッフとしてスタートし、現場でそのノウハウを学ぶこともあります。 音の録音、編集、ミキシングを行うための音楽編集ソフトウェアの知識も必要です。 多くのレコーディングスタジオで使われているのが、オーディオツール「ProTools」なので、操作方法を習得しておくと良いでしょう。 また、レコーディングで使われる音響機器の操作、知識も必要です。 また、これらのツールに不具合が起きた際に、冷静に対応すべく、電気工学の知識が必要になる場合もあります。 レコーディングエンジニアは、アーティストやバンドマン、音楽プロデューサーなど、多くの方とコミュニケーションを取りながら、マスター音源を作り上げていきますので、コミュニケーション能力も求められます。 1-1-2 レコーディングエンジニアの就職事情 レコーディングエンジニアの就職先は、レコード会社、またはレコーディングスタジオが多いです。 ただ、レコード会社所属のエンジニア職は、新卒からの採用が多い傾向もあり、音楽業界自体が人気であることから、狭き門となります。 レコーディングスタジオでの募集はアシスタントスタッフとしての採用からスタートすることができるため、仕事を通じて技術力を高めることが出来ます。 スタジオ勤務の場合、雇用形態も様々ですので、まずは経験を積むということを考えて、アルバイトスタッフからスタートするのも一つの方法です。 特に資格は必要ありませんが、音響設備を会場に運ぶことこともあるので、普通自動車免許が応募の条件になる場合があります。 音響関係の専門学校や、大学の電気工学部などで知識や操作経験を学ぶ方は多いです。 また、アルバイトからPAアシスタントをはじめ、そのまま一人前になるケースもあります。 PAエンジニアは職人気質の方も多いので、現場の上司や、先輩と上手にコニュニケーションが取れることも大切です。 1-2-1 PAエンジニアエンジニアになるには 特に資格は必要ありませんが、音響設備を会場に運ぶことこともあるので、普通自動車免許が応募の条件になる場合があります。 音響関係の専門学校や、大学の電気工学部などで知識や操作経験を学ぶ方は多いです。 また、アルバイトからPAアシスタントをはじめ、そのまま一人前になるケースもあります。 PAエンジニアは職人気質の方も多いので、現場の上司や、先輩と上手にコニュニケーションが取れることも大切です。 1-2-2 PAエンジニアの就職事情 PAエンジニアは活躍できるシーンが多いことから様々な業界での求人が見られます。 コンサート会場や、音響会社、ホールを持つ施設、結婚式場、イベント会社、テーマパークなどが挙げられます。 テレビなどの放送局にもPAエンジニアの仕事はありますが、放送局自体でPAエンジニアの職種があるというよりは、下請の音響会社のスタッフが、放送局に常駐するというのが一般的です。 照明エンジニアとは、コンサート会場、舞台、イベントなどで、ライティング効果で演出をする仕事です。 音楽業界だけではなく、結婚式や、トークショーなど照明演出が必要なシーンは多々あります。 現場の内容に合わせて使用する照明機器や、ライティングの色味調整など、会場や、アーティストや出演者を演出するための効果的な演出センスも問われます。 1-3-1 照明エンジニアになるには 資格は必要ありません。 アルバイトスタッフとして見習いからスタートし、現場で技術を学び、一人前になるケースもあります。 また、コンサートや舞台の照明エンジニアの場合は、舞台や音楽そのものに興味を持ち、照明が芸術の一部としてどのように演出出来るのか、バランスを考えられるスキルも必要ですので、舞台や音楽など、芸術に興味がある方には向いているエンジニア職でしょう。 照明機器に不具合が発生した場合に備えて、電気工学の知識があることも強みとなります。 1-3-2 照明エンジニアの就職事情 照明エンジニアの就職、転職先は、コンサート会場や、照明会社、ホールを持つ施設、結婚式場、イベント会社、などが挙げられます。 テレビなどの放送局はPAエンジニアと同様に、下請の照明会社のスタッフが、放送局に常駐することが多いです。 映像エンジニアとは、プロモーションビデオ(PV)やCMの映像や音楽を編集して、映像を完成させる仕事です。 最近ではWebムービー、WebCMといったWebコンテンツで使用する映像制作の仕事も増えています。 編集業務だけではなく、映像の素材となる撮影から担当することもあります。 また、映像素材としてCG制作も合わせて任せられることもあり、幅広い専門技術が必要となる職種です。 1-4-1 映像エンジニアになるには 資格は必要ありませんが、撮影技術、音声編集、CG制作ソフトの操作、編集技術など、映像編集に付随する様々な技術知識が要されます。 また編集映像には高いクオリティが求められることから、実力主義の世界です。 エンジニアという技術専門職でもありながら、人を惹きつける映像に仕上げるためのクリエイティブな感性も求められます。 また、近年アプリケーションの普及により、誰でも簡単に映像が編集出来るようになりました。 よって、映像エンジニアには、より高い専門性や経験が求められる傾向にあります。 1-4-2 映像エンジニアの就職事情 高い専門知識が求められるため、新卒の場合は映像系の専門学校や、大学の学部で学んだのちに、映像制作会社に進むことが多いです。 また、映像エンジニアはクリエイティブ性が求められることから、アシスタントからスタートというよりは、即戦力が求められます。 独学から就職先を探す場合は、ご自身が編集された映像ポートフォリオの数を増やしておき、技術力のアピールに繋げましょう。 また実力主義の世界でもあることから、フリーランスで活躍するし、受託で仕事を受ける映像エンジニアも増えています。 音楽業界エンジニアにバンドマン出身が多い理由 音楽業界のエンジニア職として活躍するには、その職種に特化した専門学校や、大学で学び、新卒として就職される進路も多くありますが、バンドマンが、バンド活動をしながら、また活動を止めた後に音楽業界エンジニアに転向するケースも多く見られます。 その理由は次の通りです。 ・ 演奏先のライブハウスや様々な会場やスタジオに、各エンジニアが常駐していないことがあり、バンドメンバーが自ら音響調整やライティング作業を行わなければならないことがよくある。 ・ 音源録音の作業はレコーディングエンジニアを介さず、自分が所有しているパソコン(Mac)でミキシング、マスタリングできる。 ・ SNSなどインターネットを活用してバンド演奏映像を広めるために、バンドメンバー自らで映像を撮影、編集、公開している。 ・ ライブハウスなどの演奏現場やレコーディングスタジオ現場で、常日頃エンジニアの方とやり取りしているので、仕事内容についての知見がある。 ・ エンジニアを含めた現場スタッフの方と交流があることから、求人が出た時に、声を掛けられやすい環境にある。 音楽業界には様々エンジニア職があり、求められる技術力や、就職先も様々です。 各種エンジニアの経歴を見てみると、「元バンドマンです」という方が多いことも。 資格や学歴よりも、センスや高い専門性、職人気質、音楽への精通が求められるため、音楽活動と並行してエンジニアをされている方も増えているようです。 また、元バンドマンエンジニアに関しては、音楽業界エンジニアに止まらず、サーバーエンジニアやインフラエンジニアとして活躍されている方もいます。 エンジニアの専門知識や、情報や、素材を収集しそれをアウトプットするという作業は音楽制作、演奏活動に精通するものがあるのかもしれません。 音楽が好きで、その業界で何か専門性の高い仕事に就きたいと考えられている方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

音楽好き必見!音楽に関わる仕事の種類とおすすめ求人5選。未経験OKの仕事は?

音楽関係の仕事

音楽の仕事というのは、本当に幅広くたくさんの人が活躍している 音楽の仕事現場ではたくさんの人が働いています。 さらに現場以外でもたくさんの音楽に関わる仕事があるんですよ。 歌を歌うアーティスト• アーティストのマネージャー• 舞台の照明エンジニア• 曲の作詞・作曲・編曲をする• 舞台の特殊効果や美術を手掛ける• レコーディングをする• 楽器の演奏をする• 音楽スタジオのスタッフ• イベントの制作スタッフ• プログラマー• 音楽関係のライター• 楽器店のスタッフ• インストラクター• ボイストレーナー• 楽器演奏の講師• ドラマのBGMなどの楽曲の制作 それではここから、上記に挙げた音楽関連の仕事をいくつか詳しく紹介していきます。 歌手を育てるボイストレーナー ボイストレーナーとは、簡単に言えば現在よりも発声において上達したい人に対して細く指導をする仕事です。 音楽家や歌手• アナウンサー• 俳優やタレント• 声優になりたい人• カラオケが上手くなりたい人 腹式呼吸を使ってただ単に「声を出す」だけではなく、トレーナー独自の発声法をあみだしたり、上達するためのアドバイスも行っています。 声を出す機関である喉を科学的に研究していたりしているトレーナーもいるんだとか。 音楽スクールなどの中で教えるタイプと、完全に個人経営でレッスンする人と解れます。 マネージャーやバンドスタッフ 音楽バンドやミュージシャンなどのマネージャーやスタッフの仕事です。 仕事の日程を調整する• ギャラの交渉をする• メンバーからお願いされたものを買ってくる• メンバーの体調管理• SNSなどにバンドの情報を上げて宣伝する• メンバーを現地まで車で送り届ける 車の運転をすることも マネージャーというのは、けっこう細々した仕事をやっているんですね。 バンドメンバーのお世話係りといったところでしょうか。 やはり必要になるのはコミュニケーション能力と臨機応変に対応力できる力でしょう。 マネージャーになれば、バンドバンバーと一緒に色んな場所に行ける、というメリットもあるようです。 コンサートなどの音響スタッフ 音響スタッフ PAとも呼ばれます は音響機器を使って音を届ける技術者です。 仕事をするのはコンサートだけではなく、他にもさまざまな場所で活躍しているんですよ。 式典や結婚式などの会場• 地域や企業ごとのイベントの時• 展示会場など• お祭りの時 このように、その日によって入る現場は違ってきますが音をセッティングしたり機材を搬入したりします。 依頼を受けたイベントが開催される時間に合わせて仕事をすることになるので、時間が不規則だというのがデメリットかもしれませんね。 そして、他のイベントスタッフの人と協力して作り上げていくのでコミュニケーション能力は必須でもあり、完成させていく過程を楽しめるスキルも必要になるでしょう。 テレビ番組などのBGMを制作する 映画やドラマの中で流れてくるBGMを制作するお仕事です。 実際に私の知り合いの方も、元々はアーティストとして歌手の仕事をされていたんですが、そのノウハウや経験を生かして、現在は映画やドラマのBGM制作の仕事をされているんですね。 やはり音楽の現場に関わってきた人じゃないと分からない、独特の空気間や世界観があるのでしょう。 映画やドラマにおいて特にBGMは欠かせない存在であり、とても重要なポジションにあるんですよ。 普段はそこまで気にしていなくても、そのメロディがあるかないかで感動の度合いも全く違ってくるものです。 それにふと日々の生活の中で、気づいたらそのメロディを口ずさんでいた…なんていうのもよくある話ですね。 音楽の仕事に自分が向いている人とは それでは、どんな人が音楽関連の仕事に向いているのでしょうか。 これから音楽関係の仕事に転職したいと考えている場合には、自分に向いているかをチェックしてみましょう。 とにかく楽器を演奏したくてたまらない~音楽が好きでたまらない やはり、音楽自体が好きであることは大前提ですよね。 むしろ仕事となると毎日毎日音楽に関わることになるので、好きでないと仕事自体が苦痛になってしまうかもしれません。 楽器を演奏したり歌ったり、作曲をしたりすることが大好きであれば、音楽に関連した仕事をすることで自分の毎日を輝かせてくれることでしょう。 ゆるぎない自信を持っている人 音楽関連の仕事をしている人は、基本的に前向きな人が多いです。 「身体からみなぎる自信」があり、具体的にどうなのかは分からないけど、とにかく自信があるんですね。 しかしその圧倒的な自信がプラスの物事や経験を呼び寄せるのです。 その自信によって音楽の経験値がどこまでも増えていく…という流れが起きやすくなるんですね。 自分のコンプレックスを理解している人 自分のコンプレックスをきちんと分かっているということは、「自分と正直に向き合うことができている」ということでもありますよね。 たとえば、今では誰もが美しいと唱えるオードリーヘップバーンですが、実はコンプレックスを抱えていたのです。 彼女の時代にはオードリーのような小柄で茶色の髪の毛、華奢な体型は受け入れられていなかったのですが、それをあえて全面に押し出すことで大成功することができました。 このように自分のコンプレックスから逃げずに立ち向かうことで、それが思いもよらない武器になることもあるのです。 音楽の仕事に将来就くためにやっておくべきこと 将来音楽に関連した仕事に就きたいと考えているならば、今のうちにやっておくことがあるんです。 たくさん読書をして心を育てる 言葉の表現方法というのは、まさに無限大です。 同じことを意味する言葉でも、微妙にニュアンスが違ったりすることも多いですよね。 日頃からたくさんの本を読んでおくことで、さまざまな考え方を知れるのです。 自分のセンスを表現する能力を上げていくことが大事なんですね。 曲を作って自分の作品を動画サイトなどで投稿する 自分のセンスを磨くために、たくさんの作曲をすることも大事です。 作曲をするためにはパソコン操作が必須になるので、その作業に慣れておく必要があるでしょう。 そして、曲が作れたら拡散することも大事なことです。 今は動画サイト等から発掘される作曲家もかなり多いんですよね。 自分の作品を拡散していくことで、いつか音楽業界の人の目にとまることがあるかもしれません。 そのきっかけは自分で切り開くこともできるのです。 楽器の演奏にも挑戦してみる もし将来ミュージシャンや作曲ではなく、マネージャーなどのサポートをする仕事をしたいと思っていても、楽器を演奏しておくことは経験として役立ちます。 プレイヤーとしての目線を知っておくことでお互いの仕事を共有しやすくなるからです。 曲を演奏していく上で、何が大切なことなのか…ということは実際にやってみないと分からないことでもあるからです。 ライブなどにボランティアスタッフとして参加してみる 夏休みやゴールデンウィークなど、大型の休暇になるとライブのボランティアスタッフが募集されることがあります。 普段仕事をしているとなかなかできませんが、休みの日ならば経験や研修をかねて参加してみるのはいかがでしょうか。 やはり音楽の現場を体験してみると、その一体感ややりがいの大きさに驚かれるかもしれませんし、音楽の仕事へのやる気もさらに上がりやすくなるでしょう。 音楽の仕事なら自分の好きなことをずっと続けていける~才能を輝かせよう 音楽に関わる仕事には、たくさんの種類があります。 この先音楽業界に転職したいと考えているなら、自分が本当に音楽の仕事に向いているのかを再確認してみましょう。 さらに、音楽の仕事を始めるために今からできることはたくさんあります。 自分の気持ちを盛り上げて、音楽のスキルも増やしていけるようにしましょう。 好きなこと、才能が活かせる仕事に従事できるって幸せなことですよね。

次の