アイコス チャージャー 互換。 なんと新型IQOS(アイコス)は2種類!IQOS 3は「チャージャー分離型」と「一体型」の2種類を販売だ!

アイコス互換機・最新おすすめ比較ランキング!イーフォス、kamryほか

アイコス チャージャー 互換

もうすぐ私が最後に購入した4代目アイコスのサポートが終了します。 残念ではありますがこれは揺るぎの無い真実。 ということはですよ。 そのあと故障しても無償交換してもらえれずに1万980円もする新品を買いなおさなきゃならない!ってことなんです!分かります?私の言いたいこと! つまり故障率が高いアイコスは1年に1回は必ず買わなきゃいけないってこと! 1年に1回、1万980円・・・ よくよく考えてみると高すぎる。 ただでさえVAPEで散財してるのに・・ なので決めました。 私、互換品を買います。 ちょうど今、アイコス代用品がワラワラ出てきてるので、タイミング的に良いかもしれない。 主にアマゾンか楽天ね。 自分、は多くしてるのにアイコス互換品はレビューしてないんです。 つまりこの記事は、 紹介するページじゃなくて私が買うつもりで考察するページだということ。 なのでみなさんも一緒に物色してきましょう。 大丈夫です、私はそこらのトレンドブロガーではありません。 2015年から過熱式タバコ関連の記事を書き続けているプロです。 大概の良し悪しは理解しているつもりですから。 ではちょっくらアマゾンと楽天でおすすめできそうなIQOS(アイコス 互換品を洗ってきますね。 この記事のコンテンツ• 知らない間にIQOS互換機がお祭り状態・・・ ちょっとamazon覗いたらブワーっ!て、オレがオレが状態。 いやね、プルームテック互換品は既に飽和状態なのは知ってます。 私も相当試してきたし、。 ただアイコスって「構造が電子タバコ改良型」のプルームテックと違ってほぼほぼ特許製品じゃなくて?。 だからPMIから訴えられるんじゃないかな~と思って様子見してたんです。 ところがそんなことはおかまいなし。 ブレードだろうが、デザインだろうが見境無くパクりパクられあれよあれよでどこが本家さえか分からない・・・。 まさかこれほどとは・・・ 恐るべし中華勢マーケットプレイス! それでは、この互換大海から選抜するのは至難のワザだがとりあえず勘で選んでみました。 ちなみにHERBSTICKのようなベポライザー系は特化型じゃないので載せてません。 ホントに人気なの?iBuddy アイバディ i1 昨年の秋ごろに登場したiBuddy。 中国の中堅VAPEメーカーですね。 連続吸い 1回の充電で15本 を謳っていて、味もアイコスの出方に近いのだとか。 だが、その連続吸いで稀に誤作動が起きることなどから敬遠しがちな方もいるかもしれない。 連続使用可能について 連続使用(連続加熱)による電源制御不良報告が相次いでます。 本家加熱タバコと違いiBuddyは連続使用可能がメリットですが、従来の加熱タバコは1本使用するたびに充電する必要がある反面iBuddyは1本使用後も再充電する必要なく使用出来ることから連続使用可能とし1本使用し終わってすぐに加熱可能ではありません。 うーん・・さすがVAPE専門ショップ「VAPE STEEZ」さんだけあって注意喚起はしてくれています。 どこもそうなんですが、互換機というやつは全て中国で作られていると思われる。 よって VAPE同様に個体差があるのかもしれません。 デザインも良く、サイズもグロー並。 だけど高い! 2ヶ月くらい前なら5,000円台くらいだったのに今や7,000円以上ばかり。 このくらいの価格だったらアイコス買ったほうがいい。 0 Plusでもう一花咲かせたいKamry 2ヶ月くらい前に出たばかりの初代Kecigの改良版。 KeCig 2. 0 plusとかよく言うわ。 初代は結構ヤバかったみたいです。 メーカーはX6とかで一世風靡した中国のKamrytech。 本業のVAPE関連製品はほとんど出てません。 アイコス激似VAPE「カシエル」とか日本で流行ってる過熱式タバコに目をつけたんでしょうね。 そしてコレに似ている製品がメッチャあります!超オンパレード!。 故にKeCigに似たものはほとんどOEMかパクりだろうと思われる。 これはamazonに対する独断と偏見ですが、製品説明の日本語がおかしいのはほぼ中華ショップ。 品物自体はどこで購入しても一緒です。 少ないレビュー 10人以下 で星5つばかりなのは気を付けて。 購入タイミングはレビューが最低20人以上になるまで待ったほうがいいかと存じます。 おそらく中身はKeCigだろう。 だから良いのか悪いのかどっちだよ!って話ですが、 Kecigは実勢4,500円あたりが相場。 一応ちゃんとしたVAPEメーカーだし初代のバッテリー不具合も解消しているらしい。 機能は1回の充電で12回までOK。 1回は3分半とグロー並。 このあたりが現在のIQOS互換基準だ。 ただ、ヒートブレード?じゃないセラミックヒート?が単体販売されてるところから 破損しやすいとみた。 だけど、 アイコスでいえばホルダー単体で動作するようなものだし使い勝手も良さそう。 まずは第1候補。 でも最新版のKecig4が出ちゃったの・・・ Ocean-C N1 700mAH あのP3でプルームテック互換バッテリーのキングの座を得たOcean-CブランドがIQOS互換品に食指を伸ばした。 注目すべくは一時停止機能。 アイコスでも途中電源OFFはあるが、それ以上は吸えない仕様だ。 しかし、ただそれだけ。 1回の充電で11本、使用は約3分半と互換標準値はクリア。 ただ 私がこの製品を気にしているのはOcean-Cというブランドの信頼性だ。 色々な機能を謳っていてもすぐに故障したら意味はない。 だがOcean-C P3の作りをみればパッケージも含めてしっかりしている。 そのDNAがこのIQOS互換機にも存在するのではないかということ。 安全性の確保と故障しにくい製品だったら「買い」だろう。 いうなればベポライザーをアイコス用に特化したものだろうか。 360度ヒートテクノロジーはご存知BATの売り文句。 そこも敢えて知らぬ存ぜぬで貫き通す男気GeeMo。 そのうちglo互換アダプタも絶対ヤッてくるに違いない。 耐久性に優れる・・・。 どうなっても知らんぞ。 しかも三種類の加熱モードを備え、フレーバーの網羅性さえもアピール。 満充電で約20本。 1回の使用時間は3分半。 マジか。 容量が2800mAhあり、iBuddyの1800mAhを軽く抜く。 サイズもグローとほぼ同程度。 やはりブレードを使わないので加熱ムラが少ないのかもしれない。 しかしベポライザーもそうだが、加熱具合で真っ黒コゲなこともある。 だが、そこを見越しての3パターンの加熱モードなのか。 GeeMo、テッペン取りにきてます。 ただ7,300円は無いわ・・。 EFOS E1(イーフォス イーワン)!コレ買うなら普通にIQOS買うだろ EFOS E1。 昨今バリバリに互換界隈へ進軍中のイケメン。 まず見た目がスマート。 だが、ヒートスティックが斜めに入ってるので抜けやすいかも。 このイーフォス最大のウリはバイブレーション機能を搭載していること。 ほぼグローと同じタイミングでブルっとくる。 バッテリー容量2000mAhに対して本数は10本とやや少ない。 Low-Highの2種類加熱モードも装備しているがLowモードで吸える本数が増えるわけではないのか・・。 しかしよくよくIQOS互換機を眺めていると「よくもまぁヌケヌケと言えるなぁ」と思いますね。 「 未来の技術が終結した次世代の過熱式タバコ!」ってどの顔でいうてんねん。 そして気になるお値段はなんと8,980円! まず流行らない。 あと2,000円ちょい我慢すればIQOS買える。 そういうのじゃないんだって互換機に求めるものは。 あくまでIQOSが1万980円もするからソレを抑えたいのと、まさかの故障のための予備ということが互換機に対する我々ユーザーの思いなのだ。 少なくとも私は。 プルームテック互換品が流行ったのは価格の安さと品薄が拍車をかけたから。 現状、公式通販で金さえ払えば余裕で手に入るIQOSに対抗するには価格勝負しかない。 そして時は経ちEFOS E1をレビューすることになりました。 宜しければどうぞ。 こんだけコケおろしてるのに実際は・・・ まとめ:アイコス互換界隈を見渡してみて考慮できそうな製品は「KeCig2. 0」 やはり価格が取っ付きやすいのと、ホルダー単体での動作のみということが大きい。 もし最後のアイコスが故障してサポートが受けられない状態が待ち構えようとも、4,500円あたりの価格帯ならば「しょうがない・・買うか・・」になりやすい。 いや、買わざるおえない。 1万980円はキツイから! Kamryが作っているというのも他の無名よりはまだマシなほうであり、若干ではあるが安心感もある。 Ocean-Cも気になるのだが大手に比べたらほぼ無名に近い。 特に中華製品は「作れるが検品が甘い」という傾向があり、これはVAPEにハマってる方なら私でも誰でも知ってる。 この辺りが唯一の問題であり、製品自体はどこも変わらないと推測する。 だとすれば一時期大手VAPEメーカーだった「 Kamryが作ってるなら」ということだけ。 ただそれだけ。 特にリチウムイオン充電池に負荷をかけそうなアイコス互換機。 加熱バランスがくずれたら暴発だって十分ありえる。 ヘタをすれば余計に高くつくこともあるかもしれない。 正直、まだまだ途上なIQOS互換品なだけに慎重にならざるおえないのが本音だろう。 しかもこれらは知的財産権侵害物品ギリギリだしね。 一夜にして全て撤退することも無いとは言いきれない。 しかし、純正アイコスはガチで突然故障することがあるから念頭に置いておかねばならないと思うのです。

次の

アイコス互換機・最新おすすめ比較ランキング!イーフォス、kamryほか

アイコス チャージャー 互換

まず確認することは? iQOS アイコス は電子機器ですので、どうしても不具合が起こったり故障する可能性はあります。 しかし、対処方法が分かっていれば案外解決することもあるので、まずは問題となる箇所を1つずつ確認していきましょう。 【最初に確認すること】• このどちらかに該当する場合はそれぞれの対処方法があります。 これは充電に問題があるというよりも、ホルダーやチャージャー自体に不具合がある可能性があるためです。 症状に合った解決方法を試してくださいね。 上記の症状でなかった場合は、これから紹介する5つの対処方法を確認しましょう。 充電器は純正品を使用しているか 充電をするとき、iQOS アイコス 専用の充電器を使用していますか? 純正品ではなく、その他互換品を使用している場合正常に充電できない可能性があります。 アダプタの差し込み口の形には色んなタイプがあり、「タイプA」や「タイプC」などと言われますが、100均でも互換品をよく見かけますよね。 しかし、形が合ったからOKとは言いきれません。 (動作保証されないということ) つまりは、専用の純正品を使ってくださいねということです。 ちなみに、IQOS2. 4シリーズとIQOS3シリーズとではUSBポートのタイプが違うので注意しましょう。 画像のように楕円形の穴になります。 IQOS2. 4シリーズでは台形の穴となりますのでご注意を。 温度は低すぎないか 充電器に問題がないことが分かったら、iQOS アイコス のデバイス本体の温度を確かめましょう。 iQOS アイコス の温度が低すぎる時には、ホルダーを手で1分ほど温めましょう。 ただし、ドライヤーなどで急速に温めたりすることはしないでください。 逆に故障の原因となりますので注意しましょう。 あわせて注意しましょう。 アイコス3のみお知らせがある 温度に異常があるとき、アイコス3のみチャージャーもしくはホルダーが2回白く点滅するようになっています。 この場合も先ほど紹介したように手で1分ほど温めてくださいね。 ホルダー下部の汚れを確認する チャージャーもホルダーも動作は問題なしのようだけど、ホルダーを収納した時に充電時間が遅い、なんてことはありませんか? この場合、ホルダーの充電する部分ん汚れが溜まっている可能性があります。 ホルダー底の部分で汚れが溜まっていると、接触不良で充電できないことも。 右側のホルダーは汚れとサビが付着した状態。 この場合、ホルダーの底部分を綿棒でグリグリと掃除することで汚れやサビを落とすことができます。 通電しやすくなり、ホルダーへの充電時間が短くなります。 リセットしてみる パソコンを使用していて途中で画面が固まってしまった時って再起動させたりしますよね? そうすると、再起動後には問題なく使えることがほとんどです。 この理屈と同じように、内部のソフトウェアの不具合が原因かもしれませんので、iQOS アイコス も初期化してリセットしてみましょう。 案外リセットすることにより解決することが多いです。 iQOSシリーズの製品それぞれのリセット方法は下記内部リンクより確認してください。 カスタマーサポートに連絡する これまで紹介した対処方法で解決しなかった場合は、自力ではどうしようもない原因による場合があります。 こうした時はアイコスのカスタマーサポートに連絡しましょう。 連絡手段は• 電話(コールバック対応もあり)• メール• LINE• チャット と様々な方法がありますが、電話するのがおすすめです。 0120-190517 営業時間:9:00-21:00 製品登録をしていると保証を受けられる iQOSには、故障をしても「製品登録」をしていれば無償交換してもらえるサポートがあります。 まずはをしておきましょう。 【保証サポート内容】• 自損でも無償で交換してもらえる(ホルダー・チャージャー各1回まで)• 24時間以内にお届け(初回のみ送料無料)• 購入してから1年間の安心サポート まとめ いかがでしたか? 今回はiQOS アイコス が充電できないときの4つの対処方法を紹介しました。 まずは自分でできることから落ち着いてやってみましょう。 どうしようもない時には、初めてであれば無償での交換も対応してくれるので安心です。 ぜひ今後の参考にしてくださいね。

次の

ドンキでアイコスの互換機は買える?売ってるの?調査してみた!

アイコス チャージャー 互換

最強のアイコス互換品「iBuddy(アイバディ)」 こんばんは、 プルームテック・ オンライン管理人のげんちゃんです。 更新サボりまくっていて申し訳ありません。 色々とネタは仕入れているのですが、いかんせんブログの引越作業でつまづいており、なかなか書けないでいました。 昨日、やっと引越の目処もついたので、最後のレビュー記事を書こうと思った次第です。 ちょっと買ってから日が経ってしまいましたが、かなり使いやすくオススメなので、気合入れてご紹介させて頂きます。 この記事の目次• iBuddy(アイバディ)の特徴 iBuddy(アイバディ)は IQOS アイコス の 互換品でして、簡単に言うと「 ヒートスティック」専用の ヴェポライザーみたいなモノです。 専用なので、アイコスの代替品としての用途以外は正直ありません(汗) ただ、 使い勝手が抜群に良いんです! このiBuddyは、アイコスのホルダーとチャージャーが一体になったデバイスで、構造はアイコスとグローを掛けあわせたようなモノ。 グローみたいなオールインワン構造に加熱ブレード(加熱棒)を搭載しており、 グローのメリットそのままでヒートスティックが吸えるという最強の互換品がコレです。 グローってどんなんだったっけ? glo グロー は、アイコスの チャージャーと ホルダーが一体になることで、掃除の手間、ホルダーを出す手間、充電する手間を削減した 加熱式たばこの1つでしたね。 グローがアイコスに勝っているのは、これらの 手間がなくなったシンプルなスタイルであることと、何よりも 連続で吸うことが出来るという2つの点です。 ただ、メリットばかりではなくて、ネオスティックが不味いのか加熱方式が良くないのか、とにかく味がイマイチであること、更に吸える時間が短いなどのデメリットもありました。 グローのメリット+アイコスの美味しさ アイコスがグローに勝っているのは、やはり「味」でしょう。 紙巻きたばこの味わいを最も再現出来ており、この味が好きで・・・という方も少なくありません。 ですが、構造上どうしてもホルダーを充電しなければならず、 2台持つ以外は連続で吸うことが出来なかったんですね。 iBuddyは、アイコスで味わえる美味しさそのままで、アイコス特有の手間がなくなり、連続で吸えるようになった互換品だと言ったらどうですか? これ、 最強の互換品ですよ。 見た目の好みはありますが、味は好きだけどアイコスは面倒・・・連続で吸いたい、そんな思いを持っている人、即買いです。 大人気商品で、楽天だと11月初旬の予約しかないようです(汗) iBuddy(アイバディ)まとめ 使ってみるとわかるのですが、掃除も使い方も超簡単なんです! 最も優れているのは、 加熱時間がとんでもなく短いコト、ざっと15秒前後で吸えるようになります。 しかも連続で吸うことが出来るので、 チェーンスモーキングする方にはピッタリのアイテム。 味わいもアイコスそのものなので、まさに グローとアイコスのイイとこ取りしたのがコレ「iBuddy」なんですね。 まぁ、吸ってる姿はグローそのものですので、この点は好みがわかれるところではありますが。 ちょっと高価ですが、これはアイコスやグローユーザーさんなら持っていても良いと思いますよ! iBuddy(アイバディ)の注意点 一応書いておきますと、 2AのACアダプターは故障の原因になりますので使ってはいけません。 2AのACアダプターというと、アイコスやiPhoneなどでしょうか。 べプログさん期間限定ですが、8,980円を6,500円で販売してますので、この辺が最安値ではないでしょうか。 広いお店ではないですが、所狭しと商品が陳列されていてワクワクする場所でしたよ。 個人的には、アイコスよりも使いやすくて、ヒートスティックを吸う時の定番デバイスとなっています。 喫煙所などで吸っていると、「それ、もしかしてグロー?」とかって言われるんですが、心の中ではいつもニヤリ、としていますよ(笑) 説明すると、喰い付きが良くて・・・コレは売れそうな予感がします! まだ2台目を持っていない方や、アイコスにちょっと不満を持っている方、これは「当たり」ですよー! 話は変わりますが、次回の記事は「移転について」の告知で、プルームテック・オンラインのげんちゃんとしてのレビューはこれが最後になりそうです。 今後は、もう少し幅を広げて書いていこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

次の