源氏物語 葵 品詞分解。 源氏物語あらすじ・桐壺(きりつぼ)

源氏物語 葵の上の品詞分解です(>_<)

源氏物語 葵 品詞分解

7月に一時中断しましたが、注釈書を参考にすればなんとか読めることが分かったので、平成29年2月に本格的に読み始めました。 時間がかかります。 原文はおよそ90万字あります。 仮に一日500字読んだとしても、5年かかります。 毎日とてもそれだけ読めませんので、7~8年はかかるのではないか。 読んだしるしとして、現代文を付すことにしました。 まず全巻読み通すことが第一の目的、第二にできればあらすじ・各巻の要約を作りたいが、これはかなりのエネルギーを要するので、どうなることやら。 参考資料は以下の通りです。 Websites• 高千穂大学名誉教授 渋谷栄一氏の労作に深謝します。 by Masaaki Shibata による。 上記渋谷氏のサイトの原文校正版。 原文はすべてここからいただきました。 by 森永エンゼル財団 岡野弘彦氏による全巻の講義• web 版• その他多くのインターネット上のwebsite に感謝します。 図書関係• 源氏物語 古典セレクション 小学館(14 澪標まで)• 源氏物語 新潮日本古典集成〈新装版〉 新潮社(15 蓬生以後) 注釈が豊富で、日本語が実に適確です。 以後手放せなくなった。 源氏物語評釈 玉上琢弥著• 源氏物語 日本古典文学大系 岩波書店• パソコンは途中からwindows10になり、ブラウザーは、IE version11 Chrome を主に使っている。 これで左右のスペースができる限りそろうようにしている。 もちろんおおよそである。

次の

3分で読む源氏物語・あらすじ/賢木~六条御息所との別れ、桐壷の死、藤壷の出家

源氏物語 葵 品詞分解

7月に一時中断しましたが、注釈書を参考にすればなんとか読めることが分かったので、平成29年2月に本格的に読み始めました。 時間がかかります。 原文はおよそ90万字あります。 仮に一日500字読んだとしても、5年かかります。 毎日とてもそれだけ読めませんので、7~8年はかかるのではないか。 読んだしるしとして、現代文を付すことにしました。 まず全巻読み通すことが第一の目的、第二にできればあらすじ・各巻の要約を作りたいが、これはかなりのエネルギーを要するので、どうなることやら。 参考資料は以下の通りです。 Websites• 高千穂大学名誉教授 渋谷栄一氏の労作に深謝します。 by Masaaki Shibata による。 上記渋谷氏のサイトの原文校正版。 原文はすべてここからいただきました。 by 森永エンゼル財団 岡野弘彦氏による全巻の講義• web 版• その他多くのインターネット上のwebsite に感謝します。 図書関係• 源氏物語 古典セレクション 小学館(14 澪標まで)• 源氏物語 新潮日本古典集成〈新装版〉 新潮社(15 蓬生以後) 注釈が豊富で、日本語が実に適確です。 以後手放せなくなった。 源氏物語評釈 玉上琢弥著• 源氏物語 日本古典文学大系 岩波書店• パソコンは途中からwindows10になり、ブラウザーは、IE version11 Chrome を主に使っている。 これで左右のスペースができる限りそろうようにしている。 もちろんおおよそである。

次の

源氏物語 源氏物語を読む 原文対訳 目次

源氏物語 葵 品詞分解

源氏物語の桐壺あらすじ・桐壷更衣の死 桐壺更衣は帝の妃たちからのいじめが激しくなっていった結果、衰弱し病のため実家に帰る。 そして皇子が3歳の時に亡くなる。 桐壺帝は深く悲しみ、 靫負命婦 ( ゆげいのみょうぶ )を遣わして桐壺更衣の母を見舞った。 源氏物語の桐壺あらすじ・皇子源姓を賜る 帝は優れた資質を持った桐壷更衣との皇子を 東宮 ( とうぐう )(皇太子)にしたいと願ったけれども、後見もなかったため異母兄である第一皇子(弘徽殿女御の皇子)を東宮に立てた。 皇子の恐ろしいまでの美しさと優秀さから、帝は皇子の将来を案じる。 そこで 高麗 ( こま )(朝鮮王朝の名前)の 観相 ( かんそう )(運命判断の予言者)に耳を傾け、争いの種になることを避けるべく皇子に源氏の姓を与えて皇族から臣下にした。 源氏物語の桐壺あらすじ・藤壺入内 桐壺の死をなげいていた帝だったが、新しく藤壺(先帝の四の宮)を妃に迎える。 亡き母・桐壺更衣にそっくりの美しさを持つ藤壺を、源氏は恋い慕うようになる。 世の人は源氏を「光君」、藤壺を「輝く日の宮」といった。 源氏物語の桐壺あらすじ・源氏の元服と結婚 源氏は12歳で元服し、その日葵上(左大臣の娘)と結婚した。 源氏物語の桐壺あらすじ・藤壺への思慕 源氏はとりすました葵上に親しみが持てず夫婦仲がギクシャクとしていることもあり、藤壺へ思いを募らせていった。 また源氏は亡き桐壺更衣の里邸を改築した二条院へと移った。

次の