オリックス生命 死亡保険 評判。 オリックス生命「リリーフダブル」の評判やデメリット!FPの評価は?

オリックス生命評判【良い・悪い・普通】とランキング!《生保40社比較》

オリックス生命 死亡保険 評判

勤務時間・休日休暇: お客様対応なので、土日も一件のアポイントのために出勤をすることはよくある。 振替休日は契約が取れていれば取れやすい。 私は毎日23時近くまで残って、休日返上でお客様のところに行って商談をして、それでようやく目標予算達成できた。 法人とかお金を持っている人と出会えれば達成はたやすい。 多様な働き方支援: 一件の商談が5ポイントで、1日15ポイントやるという決まりがある。 これを達成できるまで帰るなという方針。 仕事が終われば定時より前に帰っていいよとは言われるもののできている人はいない。 また、9時始業だが、商談のロープレ練習や会議などは9時より前か定時の17時より後にやれ。 という方針がある。 口コミ投稿日:2020年07月 9日 給与水準:1年間休日も平日も働いてやっと年収600万。 毎年同じことを繰り返さなければ給与は300万くらいまで落ちていくので、ずっとは続けられないと思い転職しました。 ボーナス制度はあるものの、毎月やらなければならないハードルが高いので、保険の営業力に相当な自信がある方でないとオススメしにくい状況。 また、給与の中から営業が使って当然という交通費や商談にかかるお金がありますので覚悟が必要でしょう。 営業手当が2万付いていますが、成績を残さないとそもそも年収が落ちるため、たくさんの商談数をこなさなければいけなくて、どうしても手当だけでは足りないです。 給与に関しては、途中でルールが大幅に変更になりました。 また今後どこかでルール変更となるリスクはあるかもしれません。 口コミ投稿日:2019年11月 8日 仕事内容:親族・友人・知人への生命保険営業をかけること。 契約をもらった後は必ず紹介をもらうこと。 友人の友人を紹介してもらったり、友人の勤める会社の同僚を紹介してくれるよう頼む。 また、友人の両親を紹介してくれるよう交渉する。 『毎月何件以上分配します。 』と聞いてそれならば初心者でもと思い入社したが、全く配布されない月もあるので、自分の力でお客さんを切り開く覚悟はしておいた方がいいでしょう。 口コミ投稿日:2019年11月25日.

次の

オリックス生命キャンドルはアリ?弱点&デメリット・評判も口コミ!

オリックス生命 死亡保険 評判

勤務時間・休日休暇: お客様対応なので、土日も一件のアポイントのために出勤をすることはよくある。 振替休日は契約が取れていれば取れやすい。 私は毎日23時近くまで残って、休日返上でお客様のところに行って商談をして、それでようやく目標予算達成できた。 法人とかお金を持っている人と出会えれば達成はたやすい。 多様な働き方支援: 一件の商談が5ポイントで、1日15ポイントやるという決まりがある。 これを達成できるまで帰るなという方針。 仕事が終われば定時より前に帰っていいよとは言われるもののできている人はいない。 また、9時始業だが、商談のロープレ練習や会議などは9時より前か定時の17時より後にやれ。 という方針がある。 口コミ投稿日:2020年07月 9日 給与水準:1年間休日も平日も働いてやっと年収600万。 毎年同じことを繰り返さなければ給与は300万くらいまで落ちていくので、ずっとは続けられないと思い転職しました。 ボーナス制度はあるものの、毎月やらなければならないハードルが高いので、保険の営業力に相当な自信がある方でないとオススメしにくい状況。 また、給与の中から営業が使って当然という交通費や商談にかかるお金がありますので覚悟が必要でしょう。 営業手当が2万付いていますが、成績を残さないとそもそも年収が落ちるため、たくさんの商談数をこなさなければいけなくて、どうしても手当だけでは足りないです。 給与に関しては、途中でルールが大幅に変更になりました。 また今後どこかでルール変更となるリスクはあるかもしれません。 口コミ投稿日:2019年11月 8日 仕事内容:親族・友人・知人への生命保険営業をかけること。 契約をもらった後は必ず紹介をもらうこと。 友人の友人を紹介してもらったり、友人の勤める会社の同僚を紹介してくれるよう頼む。 また、友人の両親を紹介してくれるよう交渉する。 『毎月何件以上分配します。 』と聞いてそれならば初心者でもと思い入社したが、全く配布されない月もあるので、自分の力でお客さんを切り開く覚悟はしておいた方がいいでしょう。 口コミ投稿日:2019年11月25日.

次の

オリックス生命の医療・死亡保険の評判や2ch口コミを解説!

オリックス生命 死亡保険 評判

【FP執筆】利率が高いよ!といって、 子どもの学資保険や個人年金代わり、で提案されたけど、そもそも 外貨だから! メリットも分かるけど、本当に大丈夫なのか?? 為替の円高、円安なんて詳しくないし、 損しないの?とか、不安な人は多いはずです。 実際のデメリットはどうなのでしょうか?? ドル建ての保険は保険料が安かったり、利率が高いなどのメリットはありますが、 デメリットや、為替の注意点もしっかりとありますので、今回の記事では、オリックス生命のドル建て終身保険・キャンドルを、 詳細やメリット、デメリット、注意点まで、 現役FPの視点から徹底的に検証していきます! まず、デメリットを具体的にお伝えする前に、オリックス生命のドル建て終身保険・キャンドルの商品概要から!! 以下の目次でお送りします。 この記事の目次• オリックス生命・米ドル建 終身保険・Candle(キャンドル)の商品内容詳細 項目 内容 商品名 オリックス生命・米ドル建終身保険 Candle(キャンドル) 正式名称: 無配当 指定通貨建特別終身保険(低解約払戻金型) 主契約 ・死亡保険金または高度障害保険金(いずれかの事由で、保険金が支払われたら保障は終了する)。 ・介護前払特約: 保険料払込期間終了後で、65才以上であり、要介護4~5と認定されたとき、所定の保険金が支払われる。 取扱範囲等 ・契約可能年齢: 15才~80才まで ・保険期間: 終身 ・最低保険金額: 3万米ドル~可。 解説をしていきますね! オリックス生命の米ドル建て終身保険・キャンドルは、その名の通り、米ドル(アメリカドル)建ての終身保険です。 貯蓄タイプの終身保険なので、死亡、高度障害の保障をもちながら、契約者が支払った保険料が積立になっていくので、途中で解約しても返戻金がもらえます。 契約通貨が、米ドルですので、 契約者が支払う保険料や、受け取るときの保険金や解約返戻金も、そのときの米ドル-日本円の為替レートによって毎日、変動する商品になっています。 為替レートによって円換算した価値が変動する、というデメリットはありますが、円建ての保険に比べて利回りが高いのがメリットです。 また、キャンドルは 保険料払込期間での解約返戻金を、本来の解約返戻金の70%に抑えている、という低解約返戻金タイプなので、払込期間の途中で解約すると大きくマイナスになってしまうことと、 払込期間中での死亡 高度障害 は、 不慮の事故や感染症を除き、支払った保険料相当額しか返ってこないという特徴があります。 一見デメリットですが、保険料払込期間中の死亡保障と解約返戻金を低く抑えることによって、安い保険料と、高い貯蓄性を実現した商品になっています。 ただ、他社でよくある 「3大疾病保険料払込免除特約」 や、「低解約返戻金特則」 を 付けるか付けないかの選択はなく、非常にシンプルな商品となっています。 ざっとお伝えすると、このような内容になっています。 病気での死亡時には払込保険料相当額しか保険金として受け取れないので、特に、家族への万が一の保障で考えている人は要注意です。 病気での保険金支払いを低く抑えている分、貯蓄部分に重きを置いているようです。 月払い保険料が、仮に100米ドルだったとしたら、1ドル90円なら9,000円ですが、1ドル140円のときは、14,000円の保険料引き落としになってしまうので、 ある程度、円安ドル高(1ドル140円とか)になっても支払っていけるだけの余裕がなければなりません。 この、 毎月、引き落とされる保険料が変わる、というので、外貨建て保険を避ける方は多いです。 老後の余裕資金が目的で加入したのなら、為替レートが円安になるまで待っておこう、といって、待てるかもしれませんが、 子どもの【教育資金】として、学資保険の代わりに入ってたなら、為替がどう動くかはコントロールできないので、いざ子どもの入学金で使いたい、となったときに、思っていたよりも少なかった、というリスクがあります。 月払い契約だと保険料が1,000米ドル 約11万円 を超えることは少ないと思いますが、半年払いや年払いだと、1,000米ドル 約11万円 を超えることはあると思うので、ポイントを期待したい人は注意が要ります。 ちなみに、キャンドルの場合は、クレジットカード払いのときも、口座引き落としと同じ為替レートが使われるので、メットライフ生命のドルスマートのようにカード会社の手数料で毎月1. 以上が、デメリットや注意点になります。 では続いて、キャンドルのメリットもお伝えしていきます。 キャンドルは、保険料払込期間中の病気での死亡保障は抑えられていますが、払い込んだ後に病気であったとしても通常の死亡高度障害の保障があるので、一生涯の保障として割安な保険料で保険をもっておけます。 つまり、 半分以下の保険料で一生涯の保障を持つことができるのです。 この保険料の安さが、ドル建保険のメリットの一つです。 具体的なシミュレーションを、次の表でご説明しましょう。 まずは先ほどお伝えした、30才男性、保険金額10万米ドル 約1,100万円 、60才払済終身保障のシミュレーションです。 キャンドルは、固定金利なのでこの返戻率はなかなか魅力的です。 円建ての商品だと、変額保険でもない限り、こんな返戻率は期待できないですからね。 では、 続いてのプランとして、 提案されることが多いであろうプランとして、【教育資金】の学資保険の代わりとしての設計も作成してみました。 オリックス生命のキャンドルに限らず、 外貨のドル建て保険を10年や15年で短く支払って、15年や18年後などで解約して返戻金を貯蓄として受け取りましょう、というのは、メットライフ生命や、ソニー生命、ジブラルタ、プルデンシャルでも、よくすすめられるプランです。 学資目的ですが、15才以上じゃないと契約できないので、親が契約者=被保険者となる契約スタイルです。 30才男性、保険金額5万米ドル 約550万円 、15年(45才)払済終身保障のシミュレーションです。 15年払いのプランの説明は以上です。 では、先ほどは15年間の払込みでしたが、 今度は 払込期間を10年間で終了するシミュレーションで、これも学資としての使い方をイメージしています。 (さらに 返戻率を高くするために、年払いで試算しています) 30才男性、保険金額5万米ドル 約550万円 、 10年(40才)払済終身保障のシミュレーションです。 契約してから18年後の時点で比べると、15年払込=117% なのが、10年払込(年払い)=123% ですから、なかなかいいですね。 この返戻率の高さが1つ目のメリットです。 たかが49円で?と思いがちですが、毎月積み重なると大きな差になります 銀行で外貨預金をしても、為替手数料は、1米ドルあたり0. 25円~1円程度を取るので、オリックス生命の為替手数料の安さは、かなりのメリットです。 教育資金や、老後資金の目的で、少しでも返戻率を上げたい人で、年払いできるなら、おススメです。 ただ、クレジットカード払いだと、1回1,000米ドル 約11万円 が上限なので、年払いの時は、口座振替になることが多いでしょう。 外貨建て保険を契約することで、持っている金融資産を日本円だけに偏らせない、外貨の資産が持てる、という資産分散ができるメリットがあります。 金融機関の破たんは滅多にありませんが、可能性はゼロではないので、ある程度はセーフティーネットで守られる、ということです。 以上が、キャンドルのメリットになります。 キャンドルを検討するときに気を付けたいポイント さいごに、キャンドルを検討するにあたって、 気を付けておいてほしいポイントをお伝えします。 解約して円に換えるタイミングは、ウォッチしておかなければなりません。 理想的には、保険料の払込期間中はずーっと円高が続いてくれて、受け取る時には円安になってくれたら、たくさんの日本円を受け取れて、最高です。 が、そんな都合のいいように進むとは限りませんから。。 老後目的なら待てますが、学資目的の場合は、 為替リスクを承知のうえでの検討がおすすめです。 例えば世帯主で契約して、扶養家族がいるのならば、他に、収入保障保険などは考えておいたほうがいいでしょう。 収入保障は2018. 4月以降に各社がかなり安くなっていますが、ので、一度、この機会にチェックしてみるとよいと思います。 また、 手堅い運用を求めるならば、オリックス生命のライズのような、日本円の低解約返戻金型の終身保険で教育資金を準備するのもありですし、 ソニー生命の学資保険など、シンプルな学資保険とも、比較されたらよいと思いますよ。 さいごに いかがでしたか? ドル建保険は、メリットもありますが、注意点もあるので、デメリットもしっかりと把握してからにして下さいね! いちど、以下で紹介している無料相談などで聞いてみて下さい。 セカンドオピニオン的に使うのも、アリだと思います。 お役に立てば嬉しいです。 読んでいただき、ありがとうございました。

次の