ドコモ ディズニー。 ドコモの“ディズニースマホ”が終了へ

ドコモオンラインでキャンペーン│ドコモ以外でもディズニーチケット応募可

ドコモ ディズニー

「ディズニープラス(旧:ディズニーデラックス)」を1年間無料で利用する方法です。 月額料金やセット割の特典に変更はなく、指定プランを契約することでディズニープラスが1年間無料で利用できます。 ディズニープラスの月額料金が700円(税抜)なので、ドコモユーザーで「ギガホ」「ギガライト」または「5Gギガホ」「5Gギガライト」の料金プランを契約していれば「ディズニーデラックス」を実質1年間無料で利用できる事になります。 『「ギガホ」「ギガライト」&「ディズニープラス」セット割キャンペーン』の概要は以下になりますので、気になる人はチェックしてみてください。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・エントリー後にディズニーデラックスの契約をした場合、適用対象になります。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリー月の翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・割引の適用タイミングはエントリー月の翌月から割引が適用 ・ドコモの回線契約を持っていない人は対象外 ・初回契約の方は初月無料が優先適用され、その後セット割キャンペーンが適用されます。 ・初めてスマホ割・学割対象者はギガホの契約者は対象になります。 ギガライトの契約者で初めてスマホ割、学割適用者は対象外です。 ギガライトの場合は上記の両割引終了後に適用可能になります。 ・エントリー後にディズニーデラックスを解約し、再入会した場合は適用条件を満たしていれば再入会月から割引の対象になります。 ただし、割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能。 容量超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。 月額料金は7,650円となっています。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

【注意点あり】ドコモディズニーデラックスセット割は本当におすすめか解説!

ドコモ ディズニー

「ディズニープラス(旧:ディズニーデラックス)」を1年間無料で利用する方法です。 月額料金やセット割の特典に変更はなく、指定プランを契約することでディズニープラスが1年間無料で利用できます。 ディズニープラスの月額料金が700円(税抜)なので、ドコモユーザーで「ギガホ」「ギガライト」または「5Gギガホ」「5Gギガライト」の料金プランを契約していれば「ディズニーデラックス」を実質1年間無料で利用できる事になります。 『「ギガホ」「ギガライト」&「ディズニープラス」セット割キャンペーン』の概要は以下になりますので、気になる人はチェックしてみてください。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・エントリー後にディズニーデラックスの契約をした場合、適用対象になります。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリー月の翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・割引の適用タイミングはエントリー月の翌月から割引が適用 ・ドコモの回線契約を持っていない人は対象外 ・初回契約の方は初月無料が優先適用され、その後セット割キャンペーンが適用されます。 ・初めてスマホ割・学割対象者はギガホの契約者は対象になります。 ギガライトの契約者で初めてスマホ割、学割適用者は対象外です。 ギガライトの場合は上記の両割引終了後に適用可能になります。 ・エントリー後にディズニーデラックスを解約し、再入会した場合は適用条件を満たしていれば再入会月から割引の対象になります。 ただし、割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能。 容量超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。 月額料金は7,650円となっています。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

ドリームキャンペーン

ドコモ ディズニー

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの動画コンテンツが月額700円で見放題となるサービスだ。 ディズニープラスは2019年11月にアメリカ、カナダ、オーストラリアでスタート。 サービスを開始してから半年で5000万を超える有料会員を獲得している。 アジアパシフィック地域において、オーストラリアとニュージーランド、さらにはインドなどでサービスを提供している。 ディズニーデラックスはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの4カテゴリーとなっており、ディズニープラスは、これにナショナルジオグラフィックがプラスされた形となる。 現在、提供中のディズニーデラックスは、動画が見られる「ディズニーシアター」というアプリと、動画以外のコンテンツが配信されている「ディズニーデラックス」という2つのアプリで構成されているが、6月11日以降は「ディズニーシアター」が「ディズニープラス」に生まれかわり、5つのカテゴリーの動画を配信していくことになるという。 ショップのスタッフがスマホの機種変更と一緒にコンテンツを勧めるため、契約率が一気に高まるのだ。 特にNTTドコモでは、ギガホやギガライトなどの新料金プランを契約した場合、ディズニープラスの月額700円が1年間、無料になるキャンペーンを展開している。 機種変更し、新料金プランに切り替えたついでに「ディズニープラス、1年間無料ですよ」と言われれば「お試しに使ってみようかな」という人も多いだろう。 実際、筆者は3歳半になる息子がいるが、毎日のようにテレビでディズニーシアターを起動し、カーズやトイストリーなどのピクサー作品を楽しんでいる。 恐らく、小さな子どもがいる家庭であれば、無料期間が終了しても使い続けることだろう。 ディズニーなどのコンテンツ事業者が、日本のキャリアを頼りにする、もう一つの理由が「課金」だ。 日本のユーザーはクレジットカードをネットで使うことに不安を感じている人が多く、動画配信サービスが普及するための足かせになっているとされている。 その点、キャリアを経由すれば、スマホの電話代と一緒に回収することになるため、ユーザーが契約しやすいというメリットがあるのだ。 動画や音楽配信のサブスクリプションサービスは毎月の課金なので、契約しても定着せずに解約されることが多い。 スマホの通信料金とコンテンツの利用料金がセットになっていると解約しにくいという効果が生まれるのだ。 KDDIの高橋誠社長は「Netflixは我々と組んで、解約率が改善して大喜びしている。 この成功例を見て、Apple MusicやYouTubeが一緒にやろうという話になった」と語る。 KDDIでは5G向けの料金プランとして「データMAX 5G ALL STARパック」を6月以降に提供する。 データ通信が使い放題に加えて、Netflix、Apple Music、YouTubeプレミアム、TELASAの視聴料が込みになっているプランだ。 NTTドコモのディズニープラスが、1年間無料というキャンペーンなのに対して、KDDIは視聴料がずっとコミコミになっている料金プランだ。 1年間のキャンペーンでは、1年後に解約してしまう可能性があるが、料金プランであれば変更しにくく解約もしにくいというわけだ。 5Gスマホが普及し、5Gエリアが広がることで、こうしたキャリアと動画配信事業者とのコラボレーションは今後も広がってくるだろう。 テレワークが一般的になったことで、ビジネスで必要な有償サービスが増えてきた。 たとえばMicrosoft365やG Suite、さらにはZoomなども40分以上、ビデオ通話したければ有料メニューに加入しないといけない。 外出自粛要請がなくなったことで、これからは出先でビデオ会議に参加する機会も増えるだろう。 その際、5Gスマホのような使い放題でテザリング容量も多いプランが必須になる。 Netflixなどの動画配信サービスとのバンドルも結構だが、こうしたビジネス系アプリとのバンドルも5G時代には受け入れられるのではないだろうか。

次の