ハガレン 作者。 女漫画家で認めるのは高橋留美子先生とハガレン作者だけみたいな風潮wwwwwww(画像あり)

鋼の錬金術師とかいうおっさんどもがやたらとかっこいい作品:MAG速

ハガレン 作者

『鋼の錬金術師』などの作品で知られる漫画家の荒川弘(あらかわ・ひろむ)さんがテレビ初出演し、現在開催中の原画展の見どころなどを語った。 その名前から男性だと思っていた人も多いようで、視聴者の間には「女だったの!? 」などとツイッターには驚きの声があがった。 」 荒川さんが出演したのは、2017年9月27日放送の「鋼の錬金術師展を100倍楽しむ方法!」(TOKYO MX)。 『鋼の錬金術師』は2001年から2010年にわたって月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載された人気漫画で、テレビアニメ化もされた。 番組では、実写映画公開記念の原画展「鋼の錬金術師展」をお笑いタレント・土田晃之さん、映画に出演する女優・本田翼さんと俳優・本郷奏多さんが巡る様子が放送され、荒川さんはそれにVTR出演した。 顔部分は自画像の牛のイラストで隠されていたが、風貌や声は女性そのもの。 その名前から男性だと思っていた視聴者からは、 「荒川弘さん女だったの!!!!!????? 」「マンガ内の作者の絵とか牛の顔やし、なんとなしに男の人やとずっと思ってた」「ずっと2年くらい(?)男の方だと思ってた...... 」など驚きのツイートが相次いだ。 もともと知っていた人からも、 「知らない人が結構いて逆にビックリした!」という感想がつぶやかれている。 荒川さんは原画展について、印刷では見られない端っこの塗り残し部分などを見どころとして紹介。 本田さんと本郷さんからの作品に関する質問に答えるシーンでは、「 本筋と関係ないから」「考えてなかった」など予想外の発言をして視聴者を驚かせた。 「鋼の錬金術師展」は東京で10月末まで、大阪で11月に開催される。 >233 別に男でも女でもどっちでもいいじゃん。 でまとまったんだけど。 同人女でもやればできるということを見せてほしい。 「正義という言葉は軽々しく使うもんではない」 という掲示板のレスを見て少し感心していたが、 所詮同人女のテロ事件に対するモチベーションなんてこんなもんか。 聖人君子じゃないんだろうが、やっぱテロネタは身内だけのほうが良いかもなー BBSとかは人目につくんだし。 というわけで気にせず頑張ってな荒川たん(w.

次の

ハガレン作者「この漫画も形になってきたな!」水島「んほぉ〜」

ハガレン 作者

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の

「アルスラーン戦記」ハガレン作者「荒川弘」氏作画、今期最も熱いアニメ!!

ハガレン 作者

経歴 [ ] 生まれ、姉3人、弟1人の5人姉弟。 その後、弟が高校卒業するまでの7年間、家業の酪農と畑作農業を手伝いながら、「 エドモンド荒川」のペンネームで、『』内のイラストや『』(共に)の投稿4コマ漫画を手がけていた。 また、「 ちきんぢょーぢ」のペンネームで、(現・)から出ていた歴史投稿誌「歴史パラダイス」にも、イラストや4コマ漫画などを投稿していた。 当時の一部の作品のリメイクは、『三国志魂』に掲載されている。 に(後の)主催の『第9回エニックス21世紀マンガ大賞』にて、「STRAY DOG」が最高位である大賞を受賞。 『』1999年8月号に掲載されデビュー。 のを経て独立。 、『』にて、『』を初連載。 アニメ化・ゲーム化されるなど、大ヒットとなる。 まで連載し完結する。 、『』()にて『』を連載開始。 、『』にて、『』を連載開始。 2009年より『』で連載する。 、『』にて、2011年19号より、自身初となる週刊誌連載『』を連載開始、2019年まで連載し完結する。 、『』にて、2013年8月号より、原作のファンタジー小説『』のコミカライズ版を連載開始。 人物 [ ]• ペンネームや作風から男性と間違われやすいが 女性である。 後述の「牛の自画像」も白黒斑ので、本人曰く「ホルスタイン==ほぼ雌牛なので、男性だと思われていたことはカルチャーショックだった」とのことである。 はをかけたで、実家が酪農を営んでいることと生まれでであることに由来する。 牛に関するオブジェや本も多く所有している。 2017年9月27日、で放送された『鋼の錬金術師展を100倍楽しむ方法』 にVTR出演(テレビ初出演)、見どころなどを語った。 画面に映る作者の顔の部分には上記の自画像イラスト(牛の顔)がスタンプされ「顔出しNG」の方針を貫いた。 素顔は明らかにならなかったが、容姿や声は女性と分かるものであったため、作者の性別を知らなかった視聴者やインターネットユーザーから驚きの声があがった。 時代はを習っており、を取得していて 、今でも10キログラムのを片手で持ち上げられる筋肉を維持している。 に第一子の男児を出産したが、『鋼の錬金術師』連載中は妊娠中・出産後ともに一度も休載することがなかった。 また、自身の子供について「15歳になったら自分の漫画を読ませて絶対面白いと言わせてやる…」「そうした将来の読者が出来たので戦いがいがある」と対談にて語っている。 しかしその一方で、子供の頃から牛の出産を目の当たりにしていたため、自身の出産に関しては「感動よりも出産手順の確認みたいになっていた」とも語っている。 その後2011年に第二子の長女を、2014年には第三子の次女 を出産した。 広大な土地(25ヘクタールの畑、本人曰く北海道では小〜中規模 )と大型農機による酪農と畑作(主に)を手がける農家に生まれ、卒業後7年間家業を手伝っていた。 北海道の食料自給率の抜きん出た高さと、日本全体としての食糧自給率の低さを対比させた上で、都会人の食糧問題への認識の目に余る身勝手さと農家の実状を描きつつ「飢えたくなければ、銀座でベコ(牛)飼え。 ヒルズを耕せ。 」と訴えるなど、漫画家となった現在も一貫した農民視点の人物である。 これは『鋼の錬金術師』連載内の4コマ漫画や雑談ページ内でも時折書かれていた。 また、実家の大規模農業に従事する際の経緯で、大型のを取得している。 カラー絵は手書きで、を使った作画は「私はどうも人間のようで」と苦手にしている。 愛用の画材は。 なお、『鋼の錬金術師』連載開始時は手元にあった絵の具を使用していたが、連載が進むにつれカラー原稿を描く機会も増え、手持ちの絵の具では事足りなくなったため、リキテックスに移行している。 子供の頃に『』を見て以来の『』好きであり 、デビュー以前は旅行へもよく出かけていた。 『三国志』では、好きな武将としてを挙げている。 また、上記「歴史パラダイス」の誌上では、「好きのちきんぢょーぢさん」として知られていた。 の漫画『』のファンであり、映画化の際には応援イラストを寄稿している。 好きな作家は。 尊敬する漫画家は。 自身の漫画道の原点であるとしている。 受賞歴 [ ]• 1999年 第9回エニックス21世紀マンガ大賞(『STRAY DOG』)• 2004年 第49回少年向け部門(『鋼の錬金術師』)• 2006年 原作賞(『』)• 2011年 第15回新生賞(『鋼の錬金術師』)• 2011年 第42回コミック部門(『鋼の錬金術師』)• 2012年 第5回(『銀の匙 Silver Spoon』)• 2012年 第58回小学館漫画賞少年向け部門(『銀の匙 Silver Spoon』)• 2013年 第1回「コンテンツ・アワード・オブ・ジャパン・フード・カルチャー」大賞(『銀の匙 Silver Spoon』)• 2014年 フランス発行の日本文化の情報フリーペーパー「Zoom Japon」「ベスト漫画賞」(『』) 作品リスト [ ] 連載 [ ]• - 『』(2001年8月号 - 2010年7月号・10月号)• - 『』(2007年No. 3 - 2009年4月号)、『月刊少年ガンガン』2009年6月号 - 2010年9月号)、原案:、脚本:社稜• - 『』(2006年vol. 8 - 2009年vol. 17)、『』(2009年9月号 - 連載中) - 酪農体験を題材にした。 - 『』(2011年19号 - 2019年52号)• - 『』(原作:田中芳樹、2013年8月号 - 連載中) 短編・読み切り [ ]• STRAY DOG - 『』(1999年)• 突撃となりのエニックス - 『月刊少年ガンガン』(2000年)• この街の下で - 『短編集 3』(2000年)• - 『月刊少年ガンガン』『』(2000年、2002年、2006年)• RAIDEN-18 - 『』(2005年、2010年)• 蒼天の蝙蝠 - 『ガンガンカスタム』(2006年) 単行本 [ ]• 鋼の錬金術師 CHRONICLE(2011年、スクウェア・エニックス)• (2013年、小学館) - アンソロジー参加• 三国志魂(スピリッツ) 上・下巻(2012年、) - との共著。 その他 [ ]• ギリシア神話解体新書(1998年、光栄) - 一部キャラクターのイラストを担当。 三国志6群雄バイブル(1998年、光栄) - 一部キャラクターのイラストを担当。 信長解体新書(1998年、光栄) - 一部キャラクターのイラストを担当。 2009年に新装版。 『ステップファザー・ステップ』 (講談社ペーパーバックスK版、2008年) - カバーイラスト。 サラ・リース・ブレナン 『デーモンズ・レキシコンI魔術師の息子』 (2009年、) - カバーイラスト。 35 (2011年、) 関連人物 [ ] 小説家。 彼の作品のガイドブックである「灼眼ノシャナノ全テ」に荒川が描き下ろし漫画を描いている。 漫画家。 彼の作品である『』と荒川の作品である『鋼の錬金術師』の単行本に、互いに描き下ろし漫画を描いている。 アシスタント [ ]• ゆづか正成• AIYAH-BALL• 脚注 [ ] []• ナターシャ. 2012年4月26日閲覧。 2005年7月25日. 2005年7月28日時点のよりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 コミックふるさと北海道(マガジンハウス 2012年)あとがき• 2013年5月9日閲覧。 『百姓貴族』第5巻・60頭目より。 『』2006年6月号、35頁。 『コミックス・ドロウイング』NO. 実写映画公開記念の原画展「鋼の錬金術師展」に伴い制作された特別番組。 J-CASTニュース 2017年9月28日. 2017年9月29日閲覧。 2009年4月12日発売、『』5月号作者インタビューより。 『百姓貴族』第2巻・17頭目より。 『百姓貴族』第3巻・33頭目より。 厳密には、東京でもなど一部の地域では戦前まで酪農で栄えていたことがあり、現在もごく少数ながら経営している酪農家は存在する。 著書『百姓貴族』1巻より• 『百姓貴族』第2巻・16頭目より。 『』2009年10月号より。 荒川弘イラスト集『FULLMETAL ALCHEMIST』8ページ及び25ページより。 ユリイカ2008年6月号 注目作家インタビュー! 現実 リアル を素材に夢 ファンタジー を錬 ね る 『鋼の錬金術師』 という錬成の行方 / 荒川弘 [聞き手=藤本由香里]• アニメハック. 2020年6月6日閲覧。 両著者の対談に加え、主に荒川が漫画を、杜康があらすじや人物紹介の文章を分担。 ゆづか正成. 2012年4月26日閲覧。 なまず小僧のヒトリゴト. 2012年4月26日閲覧。 () この項目は、・に関連した です。

次の