顔 シミ 取り レーザー。 シミ取りレーザー/レーザートーニング|医療レーザー外来なら湘南美容クリニック【公式】

シミ取り治療の保険適用について(皮膚科など)

顔 シミ 取り レーザー

私のようにもともとソバカス体質で顔の全体ににたくさんシミがある方は、もう全部シミを取りたい!って思うけど、全部レーザーで取るとなると高くなるんじゃないかって不安になりますよね。 若い頃はシミもなく気にもしてなかった人も、大体 30歳過ぎ、 大体35歳過ぎたあたりからポツポツと出始める人が多いと思います。 そばかすが小さい頃からあったのでシミもなかなか多くて美白化粧品やファンデーションやコンシーラーにたくさんお金を使ってて、レーザーしたくても高くなるしいろいろ情報を集めてはどうにかならないものかと悩んでいました。 で、インターネットにある情報という情報を調べに調べまくってある皮膚科は シミ取りできてかなりお安いという確かな情報を見つけました! で、そんだけ安いならやってみた方がいいだろうと覚悟を決め、シミ取りレーザーを受けるにあたって 徹底比較した 人気クリニックの中でも特に良いと思ったその噂の皮膚科に行った方がいいってことで行ってみました! 【口コミ 体験レポ】シミ取り放題 東京で安いレーザーの皮膚科はここ!おすすめ 噂の皮膚科に行ってみた 日頃皮膚科のお世話にはなったことがない私。 なので皮膚科といえば、育った町の近所の皮膚科に子供の頃行ったくらいで、レーザーを打つところはどんなところだろうとちょっとドキドキしながら皮膚科を探しました。 その皮膚科は 美容皮膚科だけではなく普通診療もされてるクリニックでよくある綺麗な清潔感があるクリニックという感じです。 クリニックの中に入り問診票を書いて待っていると、5分か10分くらい待って呼ばれてお医者さんにカウンセリングしてもらうことに。 そこのお医者さん、口コミで有名らしくよくレーザー打ち放題でお客さんが来られるとのこと。 レーザーを打った後カサブタになって綺麗に剥がれるまでの間は 日焼けはしないように気をつけるようにと。 うん、大丈夫。 カウンセリング受けた時は12月の冬だったし、 年末は予定が何もなく 家でゴロゴロしてればいいだけだったので全く問題なっし! レーザーシミ取りに適してるのはいつ? …シミ取りレーザーが適している時期っていうのがあって、 紫外線の弱い時期がベスト!(でも私は先日7月にシミ取りレーザーしたけど、濃くなることも一切なくOKでした!) 冬が一番ベストで、 10月〜4月が適してる。 レーザーでシミ取りといえば代表的なのは、 レーザーでシミを取るにあたって、肌のコンディションやシミの程度や種類によって適切なレーザーでシミを取った方がいいですが、レーザーでのシミ取りと言っても種類がいろいろあります。 皮膚科・クリニックによって設置してあるレーザーが違うので、担当の医師にシミを診てもらって適切なレーザーで処置してもらうことが大切だと思います🍀 Qスイッチアレキサンドライトレーザー 今回私が シミ取りで受けたレーザーは QスイッチYAGレーザーでした。 QスイッチYAGレーザーは特定の色素に反応し吸収される性質を持つレーザーで、瞬間的に高いパワーのレーザー光を皮膚深部に当てることができるため、濃いしみやそばかす、あざに対して効果があります。 1億分の数秒という極めて短い時間で照射されるため高いエネルギーでも肌に対するダメージは とても少なくて済み、 病変のみを除去できるとても安全な治療です。 レーザー後の 色素沈着が最も軽くてすむという特徴があります。 レーザー後に茶色く変色する心配が少ないため、手の甲や背中の シミの治療も自信をもってお勧めすることが出来ます。 私が受けた皮膚科だけでなく、日本全国のたくさんの皮膚科・クリニックで使用されている人気のレーザーです。 いよいよシミ取りレーザーを開始!思ったより痛かった!バチバチバチ! 皮膚科に行くとパーソナルスペースのような綺麗にメイクを落としたりメイク直しするスペースがあってそこで メイクを綺麗に落とすことに。 その後、 渡された麻酔の為のシートをばちばち貼って30分くらい待合室で待ってました。 麻酔の待ち時間が終わってから早速お医者さんの施術の為の部屋に呼ばれました。 ドキドキの瞬間です。 どれくらい痛いんだろう、と内心緊張気味でベッドに仰向けになって待ってました。 はい、わかりました。 ありがとうございました。 優しい微笑みの看護師さんに必要事項が書かれた紙をもらって治療室を出ました。 肌の状態はその後どうなったのか?シミは取れた? 1日目、2日目 レーザーで打ちまくった火傷のような部分が全てが真っ赤に腫れてます。 先生から言われた通り、病院からもらった塗り薬をカサブタが剥がれるまで洗顔後や夜のお風呂の後1日2回くらい薄く塗っていました。 3日目、4日目、5日目 腫れた部分が黒くなってきて、カサブタになりつつあります。 本当にこれがぽろっと剥がれて落ちるんだろうかと不安になってくる頃です。 1週間後 1週間もする頃には、ポロっポロっと少しずつ剥がれ落ちてきました!!殆どのかさぶたが剥がれ、赤みも徐々に引いてきました。 あの、シミで悩んでた部分が全くシミが無いではありませんか!!! すごい、すごい!!!! 10日後くらいには全てカサブタが剥がれ落ちてました。 やったー!!!!! 参考 一緒に飲む日焼け止めと言われてる錠剤を飲むともっと美肌への近道に! レーザー治療を終えて たまにカサブタにならずに濃くなる場合もあるということを聞いていたのでちょっと心配でしたがレーザーで打ったシミは全てカサブタになって剥がれ落ちてすっきり綺麗になって問題なくレーザー治療を終えました。 本当にやってよかったと思います!! 今回私は12月の25日前後にレーザーの施術をして1週間年末年始実家にいてゴロゴロしてたんですけど、そういう長いお休みがあり外出しなくても大丈夫(人に合わなくていいとか)に、一気にレーザーでシミ取りは強くお勧めします! 悩んでいるなら、 是非病院にカウンセリングに行かれた方がいいかもです。 もちろん、個人差があるので管理人のような結果にならない場合もありますが、病院の先生としっかり相談しながらお肌のシミのタイプなど診断してもらってレーザーじゃなくてもより良い方法ですっきり美肌になれる近道が見つかるといいですよね! (5年前のことで、当時のそのbefore afterの写真が無いのが残念ですが これで20000円ってすごっ!! WEB予約はこちら👇👇 追記…. 痛みが少なく ダウンタイムがほとんどなく、毛穴・小ジワ治療の場合は一日程度で赤みが消える• ピコレーザートーニングなら、満足できるような治療効果を得るのが難しかった肝斑でお悩みの方にもすごくおすすめだよ。 (より効果的に、少ないダウンタイムで行える🍀) しかも、施術前に丁寧に時間をかけてカウンセリングをしてくれるから不安材料をゼロにして安心して受けられるから好評。

次の

しみ取りレーザーで顔シミを取る!行くなら病院?エステサロン?種類と料金を解説

顔 シミ 取り レーザー

シミの経過 シミ、イボ、ホクロを取った場所は、 右頬、左頬、鼻、鼻の下です。 顔の半分以上の範囲に、 レーザーを当てました。 以下、 顔の一部のアップとレーザー跡を、 掲載します。 (恐かったら見ないでくださいね) 直前~施術10日後 まずは、 レーザー施術前日と、 直後~10日目までの経過です。 右頬 施術前 こうやってみると、 シミやイボがいっぱい。 1日目 レーザー後30分くらいの状態です。 全体に赤くなっていますが、 レーザーをした部分は、 少し濃いシミかな? って感じです。 でも火傷状態なので、 ものすごく痛い! このあと、 保冷材でガンガン冷やして、 夜には痛さは全くなくなりました。 4日目 化粧OKでしたが、 外出しなかったので、 ずっとスッピンで過ごしまして。 4日目には、 レーザー跡が、 まあるくハッキリしてきました。 レーザー跡が、 肌から浮いてきた気がします。 6日目 洗顔のあと、 ふと気づくと、 洗面器に黒いものが。。 かさぶたでした。 レーザー跡が、 自然にはがれてきています。 自分ではがせそうですが、 跡を残さないために、 ガマンガマン! 8日目 上の方は、 すっかりはがれました。 施術前より、 レーザー周りが黒い!? 10日目 レーザー跡のかさぶたは、 全部とれてしまいました。 でもやっぱり、 レーザー周りの黒さが気になります。 さらに、 ピンクと茶色のまだらの中に、 目立つ点が数か所。 どうもこれは、 イボのレーザー跡のようです。 左頬 左の頬の10日間は、 こんな感じでした。 施術前 ありますねー、 いろいろと。 1日目 こちらも顔中、 レーザーを当ててもらっています。 4日目 かさぶたが固まってきました。 なんだか、 お肌がピンと張っている気がします。 8日目 かさぶたはほぼ取れました。 右頬と同じように、 この頃から、 レーザー跡のピンク肌と、 レーザー周りの濃い茶色が、 気になるようになりました。 これは、 仕方ない過程なのかしら? 10日目 シミとイボは取れたんでしょうけど、 なんだかスッキリしない状態です。 うーん。 かさぶたが取れる快感に、 すっかり気を取られていましたが、 お肌の色ムラは、 いったいどうなる!? 色ムラを整える美白美容液ミラミン かさぶたが取れたら、 ミラミンを塗ってくださいね、 と美容皮ふ科で言われていました。 10日目の色ムラを見たら、 ビビりますもんね。 もちろん、 朝晩一生懸命塗りました。 効果、でてくれー! 1か月後に追加レーザー ミラミンをしっかり塗って、 日焼け止めの塗り方も改善し、 クレンジングや洗顔も、 皮ふ科の先生の指示に従って、 しっかり優しくお肌をケア。 1か月目に、 経過観察の受診です。 頬の経過 右1か月目 左1か月目 (画像が不鮮明ですみません) レーザー後の腫れや、 ミラミンによる肌荒れもなく、 肌の状態は治まっています。 でもやっぱり、 なんかモヤモヤまだらですね~。 追加レーザー 1か月目の状態を診た先生が、 「取り残したところを追加で取りましょう」 とおっしゃいました。 一度にたくさん施術すると、 肌に負担が大きい。 シミが多すぎて、 当てているかどうか、 見えにくくなっていた。 ということで、 肌が落ち着いたら、 残りを取る、 という方針だったようです。 そうなんだー。 ということで、 翌日追加でやってもらいました。 右1か月目追加レーザー後 左1か月目追加レーザー後 なんと。 今回はたいして痛くない。 場所が少ないので、 それくらい平気。 終わってしばらく、 火傷のような痛みはやっぱりあるけど、 この日は家に帰ってから、 自分で冷やしても十分でした。 そっか。 レーザー施術は、 いっぺんにやらずに、 少しずつやれば、 痛さも分散できるのかな。 スポンサーリンク 1か月~9か月 さてその後は。 ・ミラミンを塗る ・シナール配合薬とトラネキサム酸を飲む ・肌に良いクレンジング ・日焼け止めを毎日何度も塗る という先生の教えに従って、 日々を送りました。 追加レーザー後から、 9か月後の現在までの経過です。 右頬 右1か月目追加レーザー後 追加レーザー後の再掲です。 1か月とちょっと 初回レーザーから1か月ちょっと。 追加レーザーのあと5日目です。 今回はかさぶたも、 さっさと取れました。 2か月目 初回レーザーから、 2か月後です。 まだらな感じはありますが、 全体的にずいぶん、 肌が落ち着いてきた気がします。 このころから、 肌を触ると、 「なんか柔らかいな~」 と感じるように。 3か月目 この頃から、 化粧のノリの良さ、 肌の明るさ、 を感じるようになりました。 スッピンでもシミが気にならず、 化粧すると肌がぴかぴかな気分。 理由は、 ・1本分使い切った ・肌の色ムラは落ち着いた ・美白は目的ではない ・コスト削減 シナール配合薬とトラネキサム酸は、 続けています。 ビタミンがたくさんなので、 肌だけでなく体にもよさそうなので。 ミラミンなくても、 キープはできそうですよ。 左頬 右頬と経過は同じです。 左1か月目追加レーザー後 1か月とちょっと 2か月目 3か月目 9か月目 左頬は、 右ほどたくさんシミがなかったので、 レーザー後の回復も、 ずいぶん早かった気がします。 こちらもミラミンを止めても、 色ムラが目立たなくなってますね。 若い人だったら、 もっともっと、 早く改善すると思いますよ。 スポンサーリンク 私の感想 あれから9か月。 3か月目くらいから、 「おお!いい感じだ!」 と感じられるようになりました。 今ではこの顔が当たり前。 でも、 ビフォーアフターを改めて見てみると、 わあー、 だいぶ違うな~、 と思います。 なんといっても、 シミやでこぼこが少なくなって、 スッキリした肌が嬉しいです。 ほんとやってよかった。 もちろん、 簡単に誰にでもは、 オススメはしません。 (やはり痛いし) (人によって違うかもだし) でも、 よい美容皮ふ科の先生に相談して、 納得のいく施術をしてもらうなら、 レーザーでシミ取りというのは、 一考の価値はあるかと思いました。 私が感じたメリットは、 ・効果が分かりやすい ・医師と相談しながらすすめられる ・肌のケアについて専門家に聞ける ・やった感が大きい! でした。 いかがでしたか? レーザーを検討中の方は、 参考にしてみてくださいませ。 *-*-*-*-* さて、 せっかくキレイにしてもらったお肌。 できるだけキープしたいですよね。 施術を受けた美容皮ふ科さんで、 しっかりシミ予防の日々のお肌ケアを 教えていただきました。

次の

顔のシミ取り、レーザー治療のリスク(副作用)について

顔 シミ 取り レーザー

いわゆるシミと言えば、この老人性色素斑。 最も多いのがこの種類で、色も濃くはっきりとしたシミです。 「老人性」というショッキングな名前ですが、20代から出来始めます。 原因は主に紫外線。 ですから陽射しを浴びやすい頬骨の付近に出来ることが多く、目立ちやすいシミです。 紫外線対策には気をつけているし、特に陽射しを浴びるような生活はしていないのに、シミが目立つという方もいますよね。 これは短時間の陽射しでも、紫外線のダメージは浴びた分だけ肌に蓄積されてしまうため。 曇りの日や、ガラス越しにも紫外線は肌に深く届いているので、要注意です。 肌の中にあるメラニンの黒色だけを焼くルビーレーザーに、シャッターのように一瞬だけレーザー光を通すQスイッチをつけたマシン。 シミを狙いうちして取り除くので、肌の消しゴムとも呼ばれています。 ほとんどの美容クリニックで行われているポピュラーな施術で、初めての美容医療体験はこのマシンでのシミ取りレーザー治療だったという女性も多いです。 スイッチを押して一瞬だけシミのある狭い面積に強い光を集中照射。 シミの原因になっているメラニン色素だけを焼き、他の部分を傷つけたりダメージを与えることがない比較的安心な施術です。 繰り返し通わなくても一度の施術でシミが取れることが多いのも大きなメリット。 頬骨の上から目尻の下あたりにモヤッと広がるシミ。 左右対称にできるケースが多く、肝臓の形に似ていることから肝斑と名付けられました。 原因は肌のこすりすぎなどの摩擦・女性ホルモンバランスの乱れ・ストレス・日焼けであり一番の原因は摩擦です。 30代以降、ホルモン分泌の変化の影響を受けて出来るケースが多いと言われています。 強い刺激となり、かえって黒く濃くなり悪化してしまいます。 以前は肝斑の治療はトラネキサム酸などの飲み薬やハイドロキノンなどの塗り薬が中心でしたが、肝斑に向くヤグレーザーの登場でより早く確実に取れるようになってきています。 ヤグレーザーはルビーレーザーより、肌の深部のメラニンに反応するシミ取りマシン。 わざと出力を弱くして少しずつ色素を飛ばすレーザートーニングという施術で肝斑を解消します。 徐々にシミを薄くしていくので続けて5回程度の施術が必要。 微弱なパワーを均一にしながらレーザーを当てることにより、肝斑の原因となっているメラノサイトを活性化させずに、徐々に改善することができます。 耳慣れない単語ですが、そばかすのことを雀卵斑と呼びます。 先天性のケースがほとんどですが、紫外線を浴びると濃くなるので注意が必要。 濃いそばかすが目立つ場合と薄いそばかすが広い範囲に散らばっている場合では、施術方法が変わってきます。 5種類の光を照射できるフォトフェーシャルは、その代表的なマシン。 肌にやさしく働きかけます。 ただしQスイッチルビーレーザーのように一度で反応させる施術ではなく少しずつ薄くしていくので、効果を実感するためには5回程度の施術が必要。 ニキビの跡がうっすらとしたシミのように残ってしまった。 そんな経験のある方は多いのではないでしょうか。 このようにニキビや吹き出物、虫刺されなどで炎症を起こした跡が色素沈着したものをPIH(炎症後色素沈着)と呼びます。 同時に毛穴ケアもできるので、なめらかな美肌に変わることができます。 数回の施術が必要。 また、PIH(炎症後色素沈着)の状態のよってはヤグレーザー(レーザートーニング)が有効です。 ある程度の回数が必要ですが改善させることができます。 そのため、PIH(炎症後色素沈着)の場合はフォトフェーシャルとヤグレーザー(レーザートーニング)のどちらが適しているかは医師に診察してもらいましょう。 はっきりと目立つシミも気になりますが、年齢とともに増えてくるのが、広範囲に広がる薄いシミや、色ムラや、くすみ。 これらは特に日本人の肌に起きやすく、紫外線や加齢が原因です。 ライムライトはその代表で、日本人のための美肌マシンとも呼ばれています。 日本人のオークル系の肌を想定して調整されているので、薄いシミや、色ムラ、肌のくすみを改善。 同時に毛穴や小ジワも目立たなくして、若々しい美肌を作ります。 1回の施術では効果が出にくく、3~4週間間隔で3~5回の施術が必要。 レーザー治療で取ったシミは、もう二度と出てこないのでしょうか。 これはとても気になりますよね。 シミが出来ている部分は頬骨の上など元々紫外線を受けやすかったり、普段の生活で摩擦や刺激が多い部分。 せっかくシミ取りレーザー治療の施術を受けてもこれまでと同じライフスタイルだと、また新しいシミができる可能性があるので注意しましょう。 また新しいシミ以外に、シミ取りレーザー治療の施術後に出来やすい戻りシミというものがあります。 施術の失敗と慌てる方も多いのですが、これは炎症後色素沈着というもので、戻りシミとも呼ばれます。 徐々に薄くなって半年くらいで消えるものなので心配いりません。 <治療の流れ> ・メイクを落として、レーザーを照射する部分に麻酔テープを貼ります。 そのまま1時間程待ちます。 ・取りたいシミの部分にレーザーを照射します。 レーザー照射時間は直径1センチほどのシミなら約10秒程度。 痛みはわずかで、輪ゴムではじかれた程度の弱いものですが、痛みの感じ方には個人差もあるので、心配な方は施術前に確認しておきましょう。 ・レーザー照射後、軟膏をぬり、テープを貼って施術は終わり。 照射した部分以外はメイクして帰宅できます。 ・レーザー照射した部分にはかさぶたができます。 このかさぶたは色が濃く、元々あったシミより目立つので、その上から肌色のテープ、または透明のテープを貼り、ファンデーションやコンシーラーでカバーします。 ・照射から10日~2週間ほどで、かさぶたが自然に剥がれおち、下からきれいな皮膚が出てきたらシミ取り治療完了です。 ・ダウンタイム:10日~2週間 <必要な施術回数> 通常のシミ、つまり老人性色素斑の場合は、1回の照射でシミが取れることが多いようです。 思春期以降に発症することが多いアザ、遅発性太田母斑の場合は、3ヶ月~半年程間隔を開けて照射すると、だんだん目立たなくなります。 <治療の流れ> ・クレンジング後、担当ドクターが肝斑の部分を確認します。 ・肝斑にレーザーを照射します。 レーザー照射時間は、5~30分程度。 ・施術終了後すぐにメイクが可能ですが、レーザーを照射した部分は強くこすらないように気をつけましょう。 まれに内出血を起こすことがありますが、メイクでカバー可能です。 ・小さなかさぶたができることがありますが、無理にはがさず、自然に剥がれおちるのを待ちましょう。 ・ダウンタイム:ほとんどありません。 <必要な施術回数> この治療を繰り返し行うことで肝斑を改善していくものなので、複数回の施術が必要です。 最初の6回は1〜2週間に1回、その後の6回は2〜3週間に1回、それ以降は1ヶ月に1回というように肝斑の状態を見ながら照射するのが一般的。 レーザー照射だけでなく、トラネキサム酸の内服や塗り薬を併用することも。 治療期間の目安など事前に確認しておきましょう。 <治療の流れ> ・メイクを落とします。 ・肌を保護するために冷却効果のジェルを塗ります。 ・ジェルの上から顔全体に照射します。 照射時間は20分前後。 痛みは個人差もありますが、輪ゴムではじかれた程度です。 ・ジェルをふき取り、洗顔。 メイクして帰宅することができます。 ・施術直後には赤みが出ることもありますが、翌日には落ち着きます。 そばかすや細かいシミが反応してかさぶたになることも。 無理にはがさず、数日後自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。 ・ダウンタイム:ほとんどありません。 <必要な施術回数> 少しずつ薄くしていく施術なので、効果を実感するためには2~5回の施術が必要。 毛穴が引き締まるなどの美肌効果は1回目から感じることが多いようです。 一般的なシミである老人性色素斑の場合は、1回の施術が終わることがほとんどなので初診料(2000円~3000円の所が多い)とこの料金で、気になっていたシミを取ることができます。 複数回のコースだと、ややお得になるメニューも。 満足いくシミ取りレーザー治療を受けるためには、クリニック選び、ドクター選びがポイントになります。 治療技術や使っているマシンや薬品の質、診察室や待合室の雰囲気など、すべてを総合した結果がクリニックごとの価格差に。 HPなどで極端に安い価格を表示しているクリニックもありますが、実際に受診すると高い施術を勧めるというようなケースもあるので要注意です。 美容医療は相性もあるので、自分に合うクリニックか、信頼できるドクターかしっかり確認しましょう。 できれば複数のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

次の